京つう

  イベント  |  伏見区

新規登録ログインヘルプ



模倣ではないと言うならば、例えどんな状況になったとしても、取り下げるべきではありません。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150901-00000140-spnannex-spo
(以下は、コピーです)
 1日に使用中止が決まった2020年東京五輪エンブレムのデザインした佐野研二郎氏(43)が同日、自身のデザイン事務所のホームページで「エンブレムにつきまして」として経緯の説明と、騒動の謝罪を行った。更新された内容は以下の通り。

【写真】佐野研二郎氏がデザインを手がけたTBSマスコットキャラクターのBooBo

【エンブレムにつきまして】

 私は、東京オリンピック・パラリンピックの大会の成功を願う純粋な思いからエンブレムのコンペティションに参加致しました。エンブレムがフラッグに掲げられ、世界中の人に仰ぎ見られている光景や、金メダルに刻まれたエンブレムを強くイメージしながら伝統的かつ新しい日本、東京を表現すべく大胆に、そして丁寧にデザイン致しました。

 このような国をあげての大切なイベントのシンボルとなるエンブレムのデザイン選考への参加は、デザイナーにとっては大舞台であって、疑いをかけられているような模倣や盗作は、原案に関しても、最終案に関しても、あってはならないし、絶対に許されないことと今でも思っております。模倣や盗作は断じてしていないことを、誓って申し上げます。

 しかしながら、エンブレムのデザイン以外の私の仕事において不手際があり、謝罪致しました。この件については、一切の責任は自分にあります。改めて御迷惑をかけてしまったアーティストや皆様に深くお詫びいたします。

 その後は、残念ながら一部のメディアで悪しきイメージが増幅され、私の他の作品についても、あたかも全てが何かの模倣だと報じられ、話題となりさらには作ったこともないデザインにまで、佐野研二郎の盗作作品となって世に紹介されてしまう程の騒動に発展してしまいました。

 自宅や実家、事務所にメディアの取材が昼夜、休日問わず来ています。事実関係の確認がなされないまま断片的に、報道されることもしばしばありました。

 また、私個人の会社のメールアドレスがネット上で話題にされ、様々なオンラインアカウントに無断で登録され、毎日、誹謗中傷のメールが送られ、記憶にないショッピングサイトやSNSから入会確認のメールが届きます。自分のみならず、家族や無関係の親族の写真もネット上にさらされるなどのプライバシー侵害もあり、異常な状況が今も続いています。

 今の状況はコンペに参加した当時の自分の思いとは、全く別の方向に向かってしまいました。もうこれ以上は、人間として耐えられない限界状況だと思うに至りました。

 組織委員会の皆様、審査委員会、制作者である私自身とで協議をする中、オリンピック・パラリンピックを成功させたいとひとえに祈念する気持ちに変わりがない旨を再度皆様にお伝えしました。また、このような騒動や私自身や作品への疑義に対して繰り返される批判やバッシングから、家族やスタッフを守る為にも、もうこれ以上今の状況を続けることは難しいと判断し、今回の取り下げに関して私自身も決断致しました。

 今後につきましては、私の作品や仕事を通じて少しでも皆様の信頼を取り戻すべく日々の仕事に専念するしかないと思っております。

 図らずもご迷惑をおかけしてしまった多くの方々、そして組織委員会の皆様、審査委員会の皆様、関係各所の皆様には深くお詫び申し上げる次第です。上記事情のゆえ今回の判断に関しましてはどうか御理解くださいますようお願い申し上げます。

 2015年9月1日 佐野研二郎  


Posted by いざぁりん  at 23:57
模倣ではないと言うならば、取り下げる必要はありません。
取り下げたということは、模倣であったということになります。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150901-00000140-sph-soci
(以下は、コピーです)
2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会の武藤敏郎事務総長(72)が1日午後、都内で会見し、デザイナーの佐野研二郎氏(43)が制作した公式エンブレムの使用を取り下げると正式発表した。佐野氏は会見を欠席した。

【写真】取り下げられたデザインと、その原案と修正案

 武藤氏は、この日、午前に佐野氏、審査委員代表の永井一正氏(86)と三者会談を行い、使用取り下げで一致したと明かした。席上、佐野氏は「私はデザインが模倣であるということで取り下げるのではなく、模倣ではないけれども、昼夜を問わず、自分と家族にいろいろな誹謗(ひぼう)中傷がなされることが続いている。デザイナーとして五輪に関わるのが憧れ、夢だったけれども、今や一般国民からは受け入れられない。むしろイメージに悪影響を及ばせてしまう。(デザイン)原作者として提案を取り下げたい」と語ったという。  


Posted by いざぁりん  at 23:55
オリンピックは、廃止すべきです。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150901-00000108-jij-soci&pos=4
(以下は、コピーです)
華々しい発表から一転、盗作疑惑から使用中止に至るドタバタぶりに、東京都内では厳しい意見が聞かれた。
 
 JR東京駅周辺。近くの会社に勤めるパート従業員の女性(48)=千葉県松戸市=は「新国立競技場の問題もあって、がっかり続き。また決め直すんですか」とあきれ顔。駅改札口で待ち合わせ中という会社役員小川洋一さん(65)=中野区=は、「責任感不在の組織運営。お粗末だ」と大会組織委員会の対応を批判した。
 銀座を訪れていた会社員の男性(33)=葛飾区=も「準備の遅れは海外の話と思っていたが、国立競技場も見直し。日本の組織は大丈夫なのか」と五輪の開催自体を危ぶむ。岩手県から来た手芸家高橋容子さん(59)は「何のための審査だったのか。日本の恥だ」と断じ、主婦の嘉島順子さん(81)=品川区=は「良いデザインだと思ったが、ケチの付いたものはやめた方がいい」と話した。
 新宿の都庁を訪れた主婦の金子亜由美さん(33)=江戸川区=は「日本のゴタゴタを世界に発表したみたいで恥ずかしい」。庁舎の出入り口やロビーには撤回が決まったエンブレムのポスターが貼られており、記念撮影する人もいた。
 渋谷のスクランブル交差点。佐野研二郎氏は応募時の説明資料で他人が撮影した交差点の画像を無断転用したとされる。近くを通りかかった男子大学生(19)は「もやもやした感じで五輪を迎えたくないので納得」と使用中止を歓迎。始業式帰りという中学2年の三好結女さん(14)は「次は一般公募にすれば、意外といいのができるかもしれない」と期待を寄せ、女子大学生(20)は「『和』をテーマにして日本らしさを出してほしい」と注文を付けた。   


Posted by いざぁりん  at 23:54
こちらです。
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2015/09/01/kiji/K20150901011047980.html
(以下は、コピーです)
2020年東京五輪の公式エンブレムがベルギーの劇場のロゴに似ていると指摘されている問題で、大会組織委員会は1日午後、五輪の関係団体トップでつくる調整会議を開催。佐野研二郎氏(43)デザインのエンブレムの使用を中止することを正式に決定した。

 会議後に行われた会見で武藤敏郎事務総長はエンブレム使用中止決定について「組織委員会に佐野さんから、現時点で一般国民から受け入れられない、東京五輪に悪影響を与えてしまうという理由で、提案を取り下げたいとの申し出があった。申し出を受け、組織委員会と審査委員と話し合い、使用中止を決めた」と説明した。

 その後の主な一問一答は以下の通り。

――佐野さんへのギャランティーは?

「もともとのギャランティーは100万円。支払いの手続き中であった。支払いの手続きはやめる」

――IOCとの連絡は?

「密接に連絡を取っている。IOCの事務方トップやバッハ会長のも連絡をしており、今回の取り下げ決定について理解を得ている」

――サントリーのキャンペーンバッグ取り下げの問題もあったが?

「サントリーの問題に関しては五輪組織委は関知していない」

――新エンブレムの選定だが、今後も同じような類似問題が起こるのでは?

「インターネット社会でデザインの独自性を主張するのは本当に難しい。同じような問題が起こることはあると思う。いろんな人の知恵を拝借しながら考えていきたいと思う」

――パラリンピックのデザインも取り下げるのか?

「パラリンピックのデザインも取り下げる。ワンセットなので」

――過去にも他の五輪などでエンブレムの撤回はあったのか?

「デザインの取り下げがあったかは分からない」

――責任の所在は?

「大勢の人が関与しているので、誰か一人が責任を取るかたちであってはならない。もちろん組織のトップが責任を取らないといけないという論もわかりますが」

――いつまでに新エンブレムを決めるのか?

「できるだけ早くとは思っているが、いつまでにとは言えない」

――エンブレム審査会議や今回の調整会議に税金は使われていないのか?

「税金は使っていない。スポンサー協賛金を使っている。日当、会議室を借りるくらいのもの」  


Posted by いざぁりん  at 20:30
こちらです。
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20150901-00000075-nnn-soci
(以下は、コピーです)
アートディレクターの佐野研二郎氏がデザインした2020年東京オリンピック・パラリンピックのエンブレム使用中止について、遠藤五輪相が1日午後5時半前、取材に応じ、「佐野さん本人から取り下げの申し出がありましたので組織委も了承し、IOC(=国際オリンピック委員会)にも報告した」と述べた。  


Posted by いざぁりん  at 18:44
こちらです。
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20150901-00000074-nnn-int
(以下は、コピーです)
アートディレクターの佐野研二郎氏がデザインした2020年東京オリンピックのエンブレムが、自らがデザインしたベルギーの劇場ロゴと似ていると主張していたデザイナー、オリビエ・ドゥビ氏が日本時間1日午後、エンブレム使用中止決定を受けてNNNの電話インタビューに応じ、「私たちの勝利だ」と話した。

 ドゥビ氏は組織委員会がエンブレムの使用中止を決めたことを受け、「とても驚いています。私たちの勝利だ。私たちの望んでいたことだ」と話した。

 ドゥビ氏と劇場側は先月14日、国際オリンピック委員会(=IOC)を相手取ってエンブレムの使用停止を求める訴えを起こしていた。これについてドゥビ氏は訴えを取り下げる意向を示し、「弁護士と相談する」と話した。  


Posted by いざぁりん  at 18:42
Posted by いざぁりん  at 18:40
こちらです。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150901/k10010212111000.html
(以下は、コピーです)

2020年東京オリンピックのエンブレムを巡り、アートディレクターの佐野研二郎氏が、審査の応募資料として提出した空港や街中でのエンブレムの使用例の画像について、佐野氏が大会の組織委員会の調査に対してインターネット上に掲載されていた画像を無断で転用していたことを認めたことが分かりました。

組織委員会によりますと、去年11月、エンブレムの審査の際に佐野氏からの応募資料でエンブレムの使用例として提出された2つの画像について、インターネット上に似た画像があることから無断で転用しているのではないかと、外部から指摘があったということです。
指摘されているのは、羽田空港のロビーにエンブレムの描かれたポスターなどが掲示されている画像と、渋谷駅前のスクランブル交差点で周辺のビルの壁などにエンブレムが掲載されている画像の2点です。
指摘を受けて組織委員会は、佐野氏本人に事実関係を確認した結果、佐野氏が無断での転用を認めたことが分かりました。
組織委員会は、ベルギーのグラフィックデザイナーがIOC=国際オリンピック委員会に対し、エンブレムの使用差し止めを求める訴えを起こしたことを受けて先月28日に会見した際、これらの画像を公開していました。
東京大会のエンブレムを巡って大会の組織委員会は、佐野氏のデザインしたエンブレムの使用を中止する方針を固め、このあと臨時の会議を開いて、最終決定することにしています。そして、午後6時から記者会見を開いて、詳しい経緯を明らかにすることにしています。
.

無断で複製なら著作権法違反に当たる

写真の無断複製について、文化庁の著作権課は、著作物に当たる写真には自然に著作権が発生するので、それを無断で複製すれば原則として著作権法違反に当たるとしています。
著作権の侵害により、損害賠償の責任を問えるかは故意もしくは過失の有無によって判断されますが、中には「著作権フリーの素材だと思い込んでいた」などとトラブルになるケースもあるため、最近では一般の人の中にも自分の著作権であることを表記するケースもあるということです。
今回、イメージ画像のもとになったと指摘されている羽田空港の写真の撮影者も著作権が自分にあることを写真に記していました。
文化庁では「一般的には著作権者が記されているにもかかわらず、無断で写真を複製したのであれば、悪質な侵害の部類に入り著作権法に抵触するおそれがある」と話しています。  


Posted by いざぁりん  at 18:38
東京五輪は、競技場・予算無駄遣いと、エンブレム・パクリデザインで、嫌なものとなってしまいました。
「佐村河内&小保方」事件の、再来です。
以下は、アンケートです。
http://polls.dailynews.yahoo.co.jp/other/18722/vote  


Posted by いざぁりん  at 16:34
欠席されるということは、疑いが真実であり、しかし謝罪するつもりはない、との意思表示になります(あるいは、単に逃げているだけ、となります)。
すべてを正直に話し、謝罪された方が、今後の復活につなげられたと思うのですが、現状からすれば、今後は無くなった、となります。
100万円の仕事1件を、不誠実に請け負ったために、人生のすべてを失うことに…。
五輪が、利権と不正の温床であることが、証明されました。
五輪は、廃止するのがベストですが、仮にやる場合、エンブレムは、一般公募でノーギャラで、例えば、既にネット上にあふれているものから、ネット投票で選べば、安上がりで高品質になります。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150901-00000100-sph-soci
(以下は、コピーです)
東京五輪組織委員会は1日、デザイナーの佐野研二郎氏(43)が制作したエンブレムの使用を中止する方針を決めた。大会組織委は都内で1日午後6時から会見することを発表した。組織によると、会見出席者は武藤敏郎事務総長のみで、エンブレムを制作したデザイナーの佐野研二郎氏(43)は欠席するという。

【写真】新エンブレム発表時の佐野氏。自らのデザインを指さしご満悦

 会見前に、組織委や東京都など開催準備に関わる組織や団体の代表者で構成する臨時の調整会議が開催され、今後の対応を緊急協議する。会議には組織委の森喜朗会長、遠藤利明五輪相、東京都の舛添要一知事らが出席する見通し。

 組織委は、佐野氏が作成し、エンブレムの発表会見などで示したエンブレムの活用例のイメージ画像が、インターネット上の他人のサイトから無断転用された疑いがあると指摘されたため、調査している。

 決定した五輪公式エンブレムの見直しが決まれば、メーンスタジアムとなる新国立競技場(東京都新宿区)に続いて、大会のシンボルが見直される極めて異例の事態だ。

既に組織委スポンサーはエンブレムをテレビCMなどに使用しており、影響も予想される。

 安倍晋三首相は1日、「組織委がさまざまな状況を判断したと思う。国民から祝福されるオリンピックでなければならない」と述べた。

 都庁幹部らは、驚きの表情を見せるとともに、事実関係の確認に追われた。舛添都知事は、エンブレムを制作した佐野氏に対し「裏切られた感じがする」と述べた。

 エンブレムは五輪開幕まで5年となった7月24日に東京都庁で発表された。しかし、ベルギーのリエージュ劇場のロゴを制作したデザイナーが「驚くほど似ている」と指摘し、劇場側は8月14日、国際オリンピック委員会(IOC)を相手に使用差し止めを求めて地元裁判所に提訴したと発表した。

 一方、佐野氏は同14日、自身の管理の下で制作したサントリービールのキャンペーン賞品に、他の作品の模倣があったことを自身のサイトで認め、謝罪。エンブレムについては「模倣は一切ない」と主張した。しかし、他の作品にも似ているものがあるとの指摘が相次いでいた。

  


Posted by いざぁりん  at 16:27
2015年9月1日05時00分、の記事です。
http://digital.asahi.com/articles/ASH805QCNH80UCLV00Z.html
(以下は、コピーです)
2020年東京五輪のエンブレムのコンペに佐野研二郎氏が応募した「原案」デザインが、2年前に東京で開かれた展覧会のポスターに似ていると、ネット上で指摘されている。8月28日の会見で組織委は、世界の商標を調べたところ、原案に「若干類似する作品が見つかった」としていたが、展覧会に関するものは商標登録されておらず、調査対象にしていなかった。

五輪エンブレムの使用例、無断転用か 他サイトに類似
五輪エンブレム問題をタイムラインで

 展覧会は東京・銀座のギンザ・グラフィック・ギャラリーで2013年11月に開かれた「ヤン・チヒョルト展」。チヒョルトはドイツに生まれ、1920年代から新しいタイポグラフィー(活字書体のデザイン)の創生に努めた。その業績をまとめた展示で、展覧会のポスターやDMは、グラフィックデザイナーの白井敬尚(よしひさ)氏がデザインした。白井氏は「ポスターなどは、チヒョルトが31年に制作した書体をもとにデジタル化し、さらにグラフィックの要素として手直しして用いたもの。佐野さんの原案については、いまの段階で申し上げることはない」と話した。

 佐野氏のエンブレム原案は「T」を太い長方形と二つの三角形で構成、赤い丸が右下に配置されているが、同展のポスターでの「T」のデザインも、色は違うが、ほぼ同じ要素で構成されている。文字の下の丸はピリオドを表している。

 大会組織委の高谷正哲戦略広報課長は「事実関係は確認中」としている。これまで組織委は、エンブレムの決定案は、「類似する作品が見つかった」「躍動感が薄まった」といった理由から、採用後に修正を経て公表したと説明している。

〈デザイン評論家・柏木博さんの話〉 アルファベットを三角形や四角形、円などの単純な形態でデザインすれば似てくる。「原案」は、正方形を9等分したマス目にレイアウトして図形を作っている。白井さんの作品とはデザインの設計方法が違う。佐野さんはその点も含めて、デザイン全体の自分の考えを説明した方がいいのではないか。(
  


Posted by いざぁりん  at 16:18
Posted by いざぁりん  at 01:19
返金すべきです。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150831-00000098-mai-pol
(以下は、コピーです)
分裂状態になった維新の党に「党費を返せ」という抗議が相次いでいる。10月1日に告示する党代表選で投票できることを売りに党員の急拡大を図っていたが、党の混乱への反発は想像以上だったようだ。

 関係者によると、同党の分裂騒ぎや橋下徹大阪市長による新党宣言を受け、党本部には31日までに「金を返せ」「入党を取り消したい」などの抗議が少なくとも数百件寄せられた。これを受けて、まだ党員証を発送していない人などには返金に応じているという。

 党代表選を巡っては、橋下氏が党員にも国会議員と同じ1票を与える制度を提案し、同党は31日までに年2000円の党費を納めれば「有権者」と認めることにした。複数の県で2000人以上が新規入党するなど成果を上げつつあっただけに、「橋下ファンで入った人は多く、党員をやめたいというのはもっともだ」と党側の落胆は大きい。  


Posted by いざぁりん  at 01:13
こちらです。
http://www.asaho.com/jpn/bkno/2007/0820.html
(以下は、コピーです)
2006年中に陸自で扱った体験入隊件数は、一般男子が約470件約9700人、一般女子が約70件660人、学生約360件4720人の計約900件約1万5000人とされている。  


Posted by いざぁりん  at 01:11