京つう

  イベント  |  伏見区

新規登録ログインヘルプ



こちらです。
https://www.youtube.com/watch?v=ZwSwZ2Y0Ops
http://tanosimukoto.com/archives/330
(以下は、コピーです)
CM動画のホバーボードが宙に浮く原理について、レクサスのホームページには「液体窒素で冷却された超電導体と永久磁石を組み合わせて…」と書かれています。

超電導…

どこかで聞いた名前ですよね。

お分かりの方も多いと思いますが、2027年に営業開始を目指しているリニアモーターカーで、超電導リニアという言葉が使われています。

超電導とは電気抵抗がゼロになる状態のことで、超電導体と呼ばれる特殊な金属を超低温で冷やすことで起きる状態のことだそうです。

超低温というのは-196℃というとても冷たい温度なのですが、その温度まで超電導体を冷やすのに液体窒素を使います。

今回のCM動画でも、超電導体を冷やすのに液体窒素を使用していると書いてありましたね。

もっと小さい規模で分かりやすい実験動画がありました↓

このように液体窒素で冷やされた超電導体の上に磁石を持って行くと、磁石は宙に浮いた状態をキープします。

宙に浮いているため摩擦抵抗がありませんので、このように磁石を回転させるといつまでも回っているわけですね。

-196℃に冷やされた超電導体の上に置かれた磁石は、磁力によって位置を変えることなく固定されるそうなんですが、それをマイスナー効果やピン止め効果と呼ぶそうです。

その原理については調べたのですが、難しすぎてよく分かりませんでした…

もう一度物理の勉強をしてきちんと理解したいところです。

レクサスがホバーボードにかけた最新技術とは?

超電導体と磁石の実験で、液体窒素で冷やされた超電導体の上で磁石は安定して浮くことが分かりました。

今回のレクサスのCM動画の場合は、この2つの位置が逆になってるわけですね。

スケボーの中に超電導体が仕込まれていて、磁石はおそらく地面の中に埋まっています。

スケボーの中は空洞になっていて、そこに液体窒素と超電導体が入れられていると思います。

外気の温度で気化した窒素の冷気が、白煙となってスケボーのボディの隙間から漏れていますからね。

これだけ大きな物体を浮かすのに、どれだけの超電導体や磁石が必要なのかは分かりませんが、かなり大掛かりな実験であることは間違いないと思います。

液体窒素で冷やされているはずのボディに霜が全く付いていないので、本体の厚みも結構あるのではないでしょうか。

足を乗せる部分はバンブーを使ってるみたいですが、その下の本体にはカーボン素材を使ってるように見えます。

浮力を得るために極力軽い素材を使ってると思いますが、果たしてこのスケボーに人が乗ることは出来るのでしょうか?

宙に浮いているため地面との摩擦がありませんので、もしこのスケボーに乗って地面を蹴ったら、そのままのスピードで動き続けるわけですよね。

実際は磁石の上という限られた範囲でしか浮くことが出来ないわけですが、これがもしどこでも走れるようになったとしたら…

そんな想像をふくらませると、楽しそうな未来が浮かんできますね。
  


Posted by いざぁりん  at 00:29
それならば、五輪自体を、やめてしまえばいいのです。
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150831-00000009-sasahi-spo
(以下は、コピーです)
 猛暑日が続いた今年。誰もが5年後の東京五輪は大丈夫?と思った。だが、関係者らが7~8月の開催に執着するのには理由があった。

 東京は今年の夏、35度を超える「猛暑日」が8日続き、過去最長を記録した。5年後の2020年東京五輪の開会式は7月24日で、8月9日に幕を閉じる。まさに、今年のうだるような暑さの時期と重なる。

 6月の就任以来、新国立競技場の建て替えに忙殺されている遠藤利明五輪担当相だが、自然との闘いも覚悟する。大会組織委員会や環境省、国土交通省、東京都などによる熱中症対策の連絡会議が動き始めている。

 マラソンや競歩では、太陽の赤外線を反射させて路面の温度上昇を抑える特殊な舗装の導入が検討されている。「敵」は単純な暑さではなく、湿度だ。蒸し暑さに慣れていない国の選手には、相当こたえるだろう。

 1964年の東京五輪の開会式は、秋晴れの青空が広がる10月10日だった。実は、当時も7~8月開催が候補に挙がったが、暑さ、湿度、食中毒など衛生面の懸念から却下となった。

 20年大会も気候的には秋開催が理想なのだが、そうはいかない。国際オリンピック委員会(IOC)が、7月15日~8月31日におさまるよう、立候補都市に求めているからだ。

 IOCは五輪憲章で「選手の健康を守る施策を奨励、支援する」「スポーツを商業的に悪用することに反対」とうたっているが、実際には「憲章」に抵触している現実がある。

 最大の理由は、テレビの放送枠で人気プロスポーツとの争奪戦を避ける狙いがある。秋は欧州ならサッカー、米国は大リーグが佳境を迎え、アメリカンフットボールのNFLとも競合する。夏ならスポーツ界の「繁忙期」ではないため、放送枠を確保しやすい。逆に言えば、10月に五輪が開催されても、今のような天文学的な放送権料なんて払えない、という理屈である。

 それほど、テレビマネーの威光は絶大なのだ。IOCの繁栄を支える最大の収入源である放送権料は、10年バンクーバー冬季五輪と12年ロンドン五輪で計約39億ドル(約4690億円)。IOCは収入の9割を各国オリンピック委員会や各競技の国際連盟などに還元している。巨額の補助金を受け取る側からは異を唱えにくい。
  


Posted by いざぁりん  at 00:17
審査には、透明性の確保が必要です。
ネット投票でも、問題ありません。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150903-00000267-sph-soci&pos=1
(以下は、コピーです)
 エンブレムの再公募のコンペ準備に入った2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会が、コンペの審査委員会のメンバーを見直す方針であることが3日、分かった。

 この日午前、民主党が開いた文科部門会議にエンブレム撤回の経緯説明に訪れた組織委の小幡泰弘企画部長は、民主党議員との質疑を終えた後、報道陣に「再公募の方法はコンペの審査委員の人員を含めてイチから見直すことになる」と説明。募集方法については「なるべく早く決める」と答えた。

 前コンペで博報堂出身のデザイナー、佐野氏の案を選んだ、永井一正氏(86)を代表とする審査委員8人は、佐野氏と面識があったことなどから「出来レースだったのではないか」という疑念がもたれ、選考過程の不透明性を指摘する声が上がっている。組織委の武藤敏郎事務総長は、主要デザイン賞のうち2つ以上の受賞者を対象とした前回の応募条件を緩和し「できるだけオープンで行う選考にしたい」と話しているが、撤回に至るトラブルを招いた審査委員にもメスを入れざるを得ない状況だ。

 だが、組織委関係者によると、グラフィックデザインに関わる専門家の数は限られており、審査委員の総入れ替えは難しいとの見方もあるという。専門家以外に第三者性の強い人物を入れるなどの人選が必要となりそうだ。  


Posted by いざぁりん  at 00:15
国民軽視の、安倍内閣。
http://nikkan-spa.jp/919706
(以下は、コピーです)
安保法制の審議がなければ、最も論議を呼んだであろう法案が、残業代ゼロ法案と派遣法の改正だ。非正規労働者の状況やブラック企業問題などに詳しい河添誠・都留文科大学非常勤講師は「これまで労働法規の改悪は何回かあったが、今回のはレベルが違う」と憤る。


安保議論の陰でこっそり進む重要法案
派遣法成立をめぐり、民主党議員が「審議の進め方が一方的だ」と激しく抵抗。もみ合いになる場面も
「残業代ゼロ法案は、働く人々にとっては、長時間労働、低賃金、そして首切りという最悪のセットメニューというところでしょうね」

 河添氏は「残業代ゼロ法案は、単に残業代が出なくなるというものではない」と指摘する。

「一定の条件の下で、労働基準法に定められた一日8時間、週40時間という労働時間の規制をないものにしてしまう、しかも残業代は出ない。この法案が『定額働かせ放題』だと批判されるゆえんです。ただでさえ長時間労働が問題となっている日本ですが、この法案が通れば残業が当たり前となる。過度な長時間労働が続けば、人間の心身は簡単に壊れてしまいます。若者たちを使い捨てにしてしまう。過労死も増えていくでしょう。残業代ゼロ法案は、社会問題化しているブラック企業に、エサを与え増殖させるような悪法です」

 法案では、残業代ゼロの対象となるのは、「年収1000万円以上」の高給取りとされているが、法案可決後には、対象はなし崩しに拡大される恐れがある。今年4月、塩崎恭久厚生労働大臣は企業トップらとの会食の場で、残業代法案について「小さく産んで大きく育てる」と発言。経団連も対象を「年収400万円以上」と提言しているのだ。この残業代ゼロ法案は継続審議となり、次期国会に持ち越される。

◆いつでも好きなときに企業がクビにできる!?


安保議論の陰でこっそり進む重要法案
派遣法の改正について厚労省の派遣法の担当課長が「これまで派遣労働というのが、期間が来たら使い捨てだったというふうな、モノ扱いだった」と発言。国会でも問題に(ANNニュースより)
 一方、派遣法の改正案は、衆院で採決され、現在参院で審議中だ。

「派遣法の改悪の最大の問題点は、これまで建前上は限定的とされた派遣労働の制限を取り払い、企業側が必要なときだけ人々を働かせて、いつでも好きなときにクビにするということが一般化するだろう、ということです。これまで、26の専門業務に限り、3年以上の派遣労働が認められていました。これも実際にはパソコンが使えるなど、現在では専門性があるとはいえないのに、派遣労働の対象とされていましたが、改悪案ではこうした建前さえもなくしてしまった。

これまでは、3年以上派遣として働かせた場合、正社員として登用することが義務付けられていましたが、改悪案ではその業務につく人を代えれば、3年以上の派遣社員の使用が許されるようになっています。つまり、多くの派遣労働者が、3年ごとに仕事を失うことになります。年齢が上がっていけばそれだけ仕事を得るのも難しくなりますから、仕事につけず困窮する人々も増えるでしょう。

派遣労働が認められる前提として、正社員との置き換え、つまり常用代替を禁止というものがあったのですが、正社員が派遣社員に置き換えられていくことになるでしょう」(河添氏)


派遣法改正でこう変わる
これまで派遣法は「業務」に対し、3年以下という規制があった。しかし今回の改正案では「人」に規制がかかるため、3年以上働いた派遣労働者が首切りされる恐れがある
 河添氏は「フリーハンドで派遣労働者を使い捨てにする企業のやり方が人々の人生をめちゃくちゃにする」と批判する。

「技術を持った人でさえ、企業の都合で使い捨てにされてしまうのです。このようなことが一般化してしまえば、人生設計が成り立たなくなってしまいます」

 河添氏は「そもそも、残業も派遣労働も例外的なものだったのに、それが当たり前になることが危機的」と語る。「本来であれば、人々の心身を壊す長時間労働、人々を使い捨てにする派遣自体が見直されるべき。世界的にも働く人々の待遇改善、労働環境の改善が大きなテーマとなっていますが、そうした世界の流れとも逆行しているのが、安倍政権の政策なのです」。
  


Posted by いざぁりん  at 00:08