京つう

  イベント  |  伏見区

新規登録ログインヘルプ



こちらです。
https://www.youtube.com/watch?v=RtfQF1p_2NQ
http://locatv.com/tamoriclub-opsong/
(以下は、コピーです)

タモリ倶楽部オープニング曲『Short Shorts』歌詞、意外な有名バンドメンバー

毎度お馴染み流浪の番組、タモリ倶楽部。金曜の夜という最もウキウキした時間に、脱力した空気を提供してくれる貴重な番組です。

そんなタモリ倶楽部のオープニング曲といえば、お尻フリフリダンスの画像が流れつつ、「フーウェイショーイショーイ♪」と歌い出すアレ。

このオープニング映像を真剣に見ている人は居ないとは思われますが(笑)、このバックに流れている曲が番組の主旨と同様実にくだらない歌詞なので、ご紹介します。


ザ・ロイヤル・ティーンズ 全米3位!

この曲は、アメリカのロックバンド、ザ・ロイヤル・ティーンズ(The Royal Teens)のヒット曲『Short Shorts』(ショートショーツ)。なんと1958年に全米チャートで3位に入ったという有名な逸品です。

『Short Shorts』の歌詞は?

問題の「くだらない」歌詞ですが、以下のような感じです。若い男女が楽しそうに、しかしながら毅然と、ショートショーツ(当時アメリカで流行していた短い下着)について歌っています。


男:Who wear short shorts? ショートショーツは誰がはくんだい?
女:We wear short shorts! ショートショーツはあたしたちがはくのよ!
男:They like short shorts!  おれたちゃショートショーツが大好きだぜ!
女:We like short shorts!  あたしたちショートショーツが大好きだわ!
(以下繰り返すw)

女性の掛け声はバンドマネージャー!

この気の抜けた男女の掛け合いが何ともクセになるのですが、実は女性側の掛け声は、当時バンドのマネージャーだった10代の女性2人によるものだとか。結果的にこの素人脱力感が曲に面白みを与えています。

豪華メンバー→アル・クーパー、ボブ・ゴーディオ

結局ザ・ロイヤル・ティーンズはこの『Short Shorts』しかヒット曲に恵まれなかったのですが、そのメンバーのうち、多くのアーティストに楽曲を提供しているアル・クーパー(当時は14歳前後の少年だった)、それに「ザ・フォー・シーズンズ」のプロデューサーであり偉大なソングライターでもあるボブ・ゴーディオは、その後大変有名になりました。

こうした歌詞やエピソードを知った上で例のお尻フリフリOP映像を見ると、よりタモリ倶楽部が好きになるかと思います。
  


Posted by いざぁりん  at 23:29
袋はすべて、直ちに交換すべきです。
http://news.mixi.jp/view_news.pl?widget_type=1&media_id=168&widget_setting=0&from=widget&id=3613851
(以下は、コピーです)
 除染で出た汚染土などが詰まった袋(フレコンバッグ)が耐用年数をこえて使用されることについて、福島環境再生事務所の関谷毅史所長は12日、「巡回などふだんの管理の中で確認し、問題があれば現場で対応していくことに尽きる」と述べた。袋の詰め替えなどの抜本対策は当面必要ないとの考えを示したものだ。


 福島県川内村であった汚染土などの仮置き場に関する住民説明会の後、朝日新聞などへの取材に語った。


 汚染土などの保管をめぐり、環境省は当初、3年をめどに中間貯蔵施設に運ぶと表明し、屋外での想定耐用年数が3年の袋も多く使っている。だが村内には、すでに保管が3年をこえた仮置き場もある。運搬先の中間貯蔵施設の建設の遅れから、保管中に耐用年数をこえるおそれがあるため、周辺住民らからは「袋が傷んで汚染土が外に漏れ出さないか」といった不安が出ている。


 その点について、関谷所長は「フレコンバッグの耐用年数は最低3年間だが、これは日光を直接当てた想定だ。実際には袋の上にシートをかぶせ、日光が当たらないようにしている。3年が経ったから直ちに問題が起きるとは思わない」と述べた。そのうえで「現時点で管理の方法を変える必要はない」とし、すでに取り組んでいる定期点検や災害時の巡回などで対応できるとの考えを示した。
  


Posted by いざぁりん  at 23:29
こちらです。
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=121&id=3613590&from=home&position=8
(以下は、コピーです)
9月12日、大阪万博公園ではMSBラジオ「アッパレ」の公開収録が行われた。アンガールズ"キモカワイイ"でブレークし、最近は"カワイイ"が取れてしまった田中卓志が登場。

リスナーからの問い合わせで「貯金1億というウワサは本当?」と聞かれた田中。「ないないない」と否定はしながらも、「数千万円は・・・」と明かした。貯金は「言った方がモテる!」と胸を張った。



実は失恋したばかりという田中。憧れていた新潟県の女性が他の男性と結婚してしまったという。「貯金は四捨五入したら1億か?」との問いに「いきますね」と答えた。周囲から7000万~8000万と推測されたが、否定はせず、むしろ笑っていた。




相方の山根はお金がたまらないといい、その理由は後輩芸人との飲み会にあるという。一方の田中は毎日、チェーン店の「なか卯」にいくといい、「なか卯すごく好き。芸能界で一番なか卯にお金を落としている」と豪語。庶民的な生活スタイルが貯蓄の秘訣のようだ。

なお、貯金額を明かした上でオアシズ大久保に交際の意思はあるかと尋ねたところ、「私も(お金は)あるからね」とあっさりと拒否されてしまった。

ジャンガジャンガでデビューして10年、ずいぶん貯蓄に励んだようだ。

  


Posted by いざぁりん  at 23:28
消費税もマイナンバーも国勢調査も、すべてやめるのが代案です。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150911-00000099-mai-bus_all
(以下は、コピーです)
<還付金制度>麻生財務相「けちつけるなら代替案を」
◇17年4月の増税と同時には「こだわらない」

 財務省が消費税率10%への増税の負担軽減策として提案した還付金制度は、2017年4月の消費増税に間に合わない可能性が大きい。制度は来年1月から始まるマイナンバー制度の個人番号カードの利用が前提。しかし、総務省は11日の公明党税制調査会の総会で、現状の予算措置では初年度で1000万枚の交付にとどまり、最大でも年間4000万枚と説明した。全国民が交付を希望すると行き届くには3年かかる計算だ。

【刺身単品は対象商品、刺盛りは対象外】軽減税率、線引き難航

 全国の小売店へのカード読み取り端末の設置にも時間がかかり、麻生太郎財務相は11日の記者会見で、17年4月の増税との同時導入には「こだわらない」と述べた。さらに、財務省案への批判に対し「けちつけるなら代替案を出さなきゃ。代案を出してもらったらそれで良い」と突き放した。

 公明党の上田勇政調会長代理は10日の与党協議で「制度に欠陥があると消費税引き上げ自体、できなくなる可能性だってあるのだからよく考えてほしい」と懸念を示した。  


Posted by いざぁりん  at 00:52
こちらです。
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150906-00082234-toyo-soci&p=2
(以下は、コピーです)
 ──読売、産経が“朝日たたき”と並行して展開した販促キャンペーンに、池上さんは冷ややかですね。

 はい、そうですね。一連の騒動で朝日は部数減らしましたけど、読売はそれ以上に減らしました。朝日をたたけば読者が流れると思ったら流れてこなかった。要は自分の金儲けのためだろって見透かされた。読者はますます引きますね。新聞界全体への信用が失われたってことですよ。

 それに誤報という事実と、もともとの朝日の論調を一緒くたにして攻撃したのも乱暴ですよね。従軍慰安婦の「吉田証言」を長く訂正しなかったという問題と、慰安婦問題そのものとはまったく別の話ですから。

 ──安保法制に関する報道では完全に二極化していますね。

 7月に衆議院特別委員会で採決された際、これを「強行採決」と報じた新聞と「与党単独採決」とした新聞、その夜国会前に6万人が集結した抗議デモを大きく扱った新聞と無視した新聞があるわけでしょ。各論調とは別に、あれだけの人が集まった事実は報道する価値がある。産経は、あれを安倍晋三さんに対するヘイトスピーチだって言ってますけど(笑)。

 安保法制賛成の新聞は反対意見をほとんど取り上げない。そこが反対派の新聞と大きく違う点です。読売は反対の議論を載せません。そうなると、これがはたしてきちんとした報道なのかってことになる。

■ 世論調査は誘導尋問調査になっている

 読売でとりわけ驚いたのは、安保法制への賛否を問う世論調査の質問文です。「日本の平和と安全を確保し、国際社会への貢献を強化するために、(中略)こうした法律の整備に賛成か反対か」って、これ、明らかに誘導ですよね。こんな聞き方されたら、それはいいことかもって思わされるような質問の仕方です。

 ──世論調査については、本の中でも特に問題視されてます。

 たとえば集団的自衛権を認めるか否かを調査したとき、読売は賛成か反対かだけじゃなく、「必要最小限ならいい」という選択肢を入れたんですね。必要最小限っていう言葉自体、そもそもいいことを前提としての聞き方でしょう。そりゃ何だろうと必要最小限はいいですよね。賛成・反対の間に必要最小限を置いて、賛成と足し合わせた答えが多くなるよう誘導しているんですよ。以前はまだ客観的な聞き方をしてたはずなんですけど、去年からの読売の世論調査は明らかな誘導尋問調査ですね。  


Posted by いざぁりん  at 00:51
消費税そのものを、なくしましょう。
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=3612819&media_id=4
(以下は、コピーです)
 2017年4月に消費税率を10%に上げる際の負担軽減策として検討が始まった2%相当分の還付策は、景気の下支え効果が限定的となりそうだ。経済効果は国内総生産(GDP)を0.03%押し上げるにすぎないとの試算もある。税負担を重く感じる国民の「痛税感」はなかなか払拭(ふっしょく)されず、消費抑制の緩和効果は乏しい可能性がある。


 与党税制協議会が検討している財務省案は、酒を除く飲食料品にかかる消費税が対象。社会保障と税の共通番号(マイナンバー)制度に基づく個人番号カードを使う。購買情報をポイント化してためておき、インターネット経由で還付を申告する。


 還付限度額は1人当たり年4000円程度を軸に検討する。ただ事後的還付では、購入時の直接的な負担軽減とはならない。財務省は、還付される金額をレシートに記載することで買い物のたびに消費者は負担軽減を実感できると主張するが、還付までの期間や頻度などの詳細設計はこれからで、その効果は不透明だ。


 永浜利広・第一生命経済研究所主席エコノミストは、還付による負担軽減案について「痛税感は緩和されず、消費が冷え込まざるを得ない。国民には受け入れられないだろう」と指摘する。永浜氏の試算では、消費税率の2%引き上げは17年度の実質GDP成長率を0.24%押し下げ、還付方式を導入しても、0.21%下がるという。 
  


Posted by いざぁりん  at 00:44
この件も、想定外&絶対安全と、無責任無反省に、責任も対策も取られずに終わるのでしょうか?
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150912-00000095-mai-sctch
(以下は、コピーです)
東京電力福島第1原発事故の除染による廃棄物を詰めた大型袋(容量1立方メートル)が、大雨で氾濫した福島県飯舘村の河川に流出した問題で、環境省は12日、同村内で238袋、下流の南相馬市原町区で2袋の計240袋を発見したと発表した。南相馬市の2袋は中に何も入っておらず、流失したとみられる。飯舘村では111袋を回収したが、残る127袋は重機や人が近づけない河川の中州や対岸にあり、水位の低下を待って回収する。
 中身が入っていなかった2袋について、同省は「いずれも最近刈り取られた草などで放射性物質濃度は比較的低く、周辺環境への影響はほとんどない」と説明している。  


Posted by いざぁりん  at 00:43