京つう

  イベント  |  伏見区

新規登録ログインヘルプ



総理は、安保法制反対運動は、時間と共に力を失っていく、色あせていく、と考えています。
悪法を、強引に成立させても、その後反対運動はしぼんでいく。
だから、政権は安泰。
国民なんて、そんな程度の軽い存在。
国民なんて、馬鹿な奴ら。
これが、安倍総理の本音なのでしょうね。
今後、戦争が起きて、徴兵制が始まります。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150925-00000060-asahi-pol
(以下は、コピーです)
 安倍晋三首相は25日、通常国会会期末にあたり首相官邸で記者会見し、成立した安全保障関連法について「戦争法案、徴兵制になるという無責任なレッテル貼りが行われたことは大変残念。安全保障は冷静な議論をしていくべきだろう」と述べ、反対論を批判した。

 安保関連法は成立後の世論調査でも反対が賛成を大きく上回っているが、「かつての安保条約改定時、PKO法制定の時もそうだったが、時を経る中で、法制の意味について国民的な理解が広がっていくと確信している」と自信を示した。

 また、首相は近隣諸国との関係について「ロシア、中国、韓国との関係改善にこれまで以上に力を入れたい」と発言。「日中韓のサミットが開催される際には、(韓国の)朴槿恵(パククネ)大統領、(中国の)李克強(リーコーチアン)首相とそれぞれ首脳会談を行いたい」と語った。

 一方、10月上旬に予定する内閣改造では「1億総活躍社会担当相」を新設する考えを表明。首相は前日24日の会見で、アベノミクスの第2ステージとして「誰もが家庭で職場で地域で、もっと活躍できる『1億総活躍社会』をつくる」と発表していた。25日の会見では担当相のもとに国民会議を置く考えも示した。  


Posted by いざぁりん  at 01:15
裁判所は、違憲判決を出さなければなりません。
「国の進む方向」は、立法府が決めれば良いことですが、それが違憲か合憲かは、裁判所が決めれば良いのです。
立法の違憲性は、政権交代と関係無しに、判断出来ます。
政権交代だけが、合憲違憲の決定権を握るわけではありません。
三権分立の我が国の憲法には、違憲立法審査権があります。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150919-00000069-jij-soci
(以下は、コピーです)
 19日未明に成立した安全保障関連法に対し、三重県松阪市長らが結成した市民団体が集団違憲訴訟を起こす準備を進めている。
 市長は「国民全体の訴訟として、裁判の場で闘いたい」と、賛同する地方議員らと1万人規模の原告団を目指して参加者を募っており、早ければ年内にも提訴する。
 松阪市の山中光茂市長は昨年7月、集団的自衛権行使容認の閣議決定を受け、違憲訴訟に向けて市民団体を結成。これまでに1000人を超える会員が集まったという。
 弁護団長には、今年6月の衆院憲法審査会で「違憲法案」と指摘した憲法学者の小林節慶応大名誉教授が就き、20人以上の弁護士が参加する予定だ。
 ただ、日本の裁判制度では法律の違憲性だけを問うことはできず、審理対象となるには、具体的に原告の権利が侵害されたり、損害が生じたりしている必要がある。集団的自衛権の閣議決定をめぐってもいくつか無効確認訴訟が起こされたが、いずれも不適法として却下された。
 一方、各地で起こされた自衛隊イラク派遣差し止め訴訟では、訴えを却下する判決が相次ぐ中、名古屋高裁が2008年、「派遣は違憲」との判断を示したこともあった。
 あるベテラン裁判官は「訴訟が起こされたら裁判所は真剣に受け止め、考える。近年ないほどに重い事案となる」と話す。ただ、別の裁判官は「司法が国の進む方向を決めていいのか。選挙で選ばれた国会議員が決めたことで、裁判官は選挙を経ていない。間違いと思うなら、政権交代させるべきだ」と指摘している。  


Posted by いざぁりん  at 01:05
Posted by いざぁりん  at 00:57
こちらです。
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20150924-00000027-jnn-soci
(以下は、コピーです)
 世界記憶遺産への登録を目指す国内の候補に、第2次大戦中にユダヤ人を救うため大量のビザを発給した故・杉原千畝氏の「命のビザ」など2件が選ばれました。

 世界記憶遺産は、ユネスコが、世界的に記憶されるべき歴史的に重要な文書などを登録しているもので、「アンネの日記」など301件が登録されています。

 24日、日本ユネスコ国内委員会は、第2次大戦中にユダヤ人を救うため、日本通過ビザを大量に発給した外交官の故・杉原千畝氏の「命のビザ」に関連する資料と、群馬県にある7世紀から8世紀の石碑で、古代の家族制度や宗教について記されている「上野三碑」の2件を、来年ユネスコに申請することを決めました。

 「杉原リストは人道上、世界史的にも見ても有意義」(ユネスコ記憶遺産選考委員会・島谷弘幸委員長)

 登録が実現するかどうかは、再来年の夏ごろに決まる予定です。  


Posted by いざぁりん  at 00:54
日米安保を、破棄しなければなりません。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150924-00003731-bengocom-soci
(以下は、コピーです)
米軍普天間飛行場の移設をめぐり、スイスでの国連人権理事会で「沖縄の人々は自己決定権や人権がないがしろにされている」「あらゆる手段を使って、新基地建設を止める覚悟だ」とスピーチした沖縄県の翁長雄志(おなが・たけし)知事が9月24日、東京・有楽町の外国特派員協会で記者会見を開いた。

翁長知事は、スイスでの21日(現地時間)の演説にさきだって、普天間飛行場(宜野湾市)の移設先である名護市辺野古沖の「埋め立て承認」を取り消す考えを表明している。この日の会見でも、戦中・戦後の沖縄の歴史や民意を強調しながら、辺野古への移設反対を改めて訴えた。

海外メディアの記者から「本当に基地移設を止めることはできるのか?」と質問された翁長知事は「私たちは小さい島だが、27年間の米軍施政権下で、人権を蹂躙されながら、戦ってきた強さがある」「日本国憲法や法律にしたがって、取り消しができるようにやる」と真剣な表情で答えた。

さらに、翁長知事は「あんな美しいサンゴの海を埋め立てることは許されない」「日本の安全保障のためなら、十和田湖や松島湾、琵琶湖を埋め立てるのか。自分たちのところでできない人たちが、沖縄の美しい海を埋め立てるということ自体、日本の民主主義がおかしなものになっているのではないか」と怒りをにじませた。

●「沖縄が日本の品格を高めることができる」

沖縄の基地問題が混迷するなかで、たびたび浮上する「独立論」についての見解を求める質問もあがった。翁長知事は「私たちからすると、1952年に日本の独立と引き換えに、政府は沖縄を切り離した。そういったことも踏まえて、どうあるべきかを考えていかないといけない」と、言葉を慎重に選びながら語った。

そのうえで翁長知事は、沖縄の経済的発展を強調しつつ、「沖縄が平和の緩衝地帯として生きていくことに意味を持っているからこそ、基地にも反対している。むしろ沖縄が日本の品格を高めることができると思っている」と述べていた。  


Posted by いざぁりん  at 00:53
こちらです。
http://www.recordchina.co.jp/a119455.html
(以下は、コピーです)
なぜ安保法制反対デモはあれほどの参加者を集めたのか、日本人に根付く平和主義の力―仏メディア
2015年9月18日、RFI中国語版は記事「なぜあれほど多くの日本国民が安保法制に反対しているのか」を掲載した。

日本時間19日未明、日本参議院は安保法制を可決した。国会前には連日、法案に反対するデモ隊が押し寄せていたが、なぜこれほど多くの人々が反対しているのだろうか。ある研究者は「デモ隊にはたくさんの高齢者が参加していた。戦後の苦しみや1960~70年代の冷戦と平和主義運動を経験してきた人々だ。また子どもを連れた母親の姿もあった。平和主義が日本に深く根付いていることの証明だ」と分析している。

AFP通信も日本の平和主義がデモの背景にあると分析している。第二次大戦と原子爆弾の被害は日本人の心に深く影響しており、平和憲法こそが70年間の安全保障の礎、幸福な生活のシンボルとして受け止められていると紹介している。  


Posted by いざぁりん  at 00:52
アメリカや日本と、同盟関係や友好関係のある国にとっては、日本軍を自国の下請けに使うことが出来るうまみがあり、彼らが憲法改悪を支持するのは、当然です。
しかし、日本が、彼らの下請けに満足しなくなった場合は、彼らは、日本と戦争するリスクを負うことになります。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150924-00000006-rcdc-cn
(以下は、コピーです)
2015年9月22日、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で、世界の大半の国が日本の憲法改正に賛成していると伝える投稿があった。

投稿者は、「日本の憲法改正について米国は、アジア太平洋地域の平和と安定に寄与すると述べ、英国やドイツも賛成を表明している。NATO加盟国は基本的にどこも賛成で、ASEAN加盟国もほとんどの国が賛成、一部の国が黙認状態だ。でも、中国中央テレビは世界中が日本の憲法改正を非難していると伝えている」と指摘した。

これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「中央テレビは党が飼っているイヌだからね。イヌは主人に永遠に忠実」
「中国にとっての真理は、他人からするとただの笑い話」
「真実を知るより夢を見ていた方がまだいいんだよ」

「もううそには慣れているし」
「ネットが発達した時代だからな。うそはすぐにばれる」
「日本の憲法改正に多くの国が賛成というのは事実。反対は中国と韓国だけ。でも日本人自身が一番激しく反対しているという事実はどうなんだ?」

「憲法改正は日本国内こと。内政に干渉しちゃ駄目だよなあ」
「賛成する人が多ければそれが真理だとは限らない」
「ヒトラーが軍拡する時も反対の声は少なく、英仏も黙認だったろ。でも結果はどうだ?」

「なんだかますます孤立しているようだな」
「なんで多くの国が日本の軍隊建設を支持するのだろう?中国はなんて孤立しているんだ。だからもっと強くならないと」  


Posted by いざぁりん  at 00:51

2015年09月26日

Saint Maarten Airport

Posted by いざぁりん  at 00:50