京つう

  イベント  |  伏見区

新規登録ログインヘルプ



病理という言葉ならば大丈夫だった?。

(以下は、コピーです)
大阪市の橋下徹市長を激しく批判する論客のひとりとして有名なのが精神科医の香山リカ氏だ。香山氏が橋下氏を診察もせずに「病気だと診断」したとして、橋下氏からツイッターで「サイババか!」と罵倒されたこともあった。

 その橋下氏を非難する記事をめぐって、別の精神科医が訴訟を起こされて1審で敗訴した。香山氏との違いはどこにあるのだろうか。

■橋下氏の高校時代の先生の証言を根拠に「診断」

 橋下氏が問題視したのは、橋下氏の大阪府知事時代の11年10月に発売された「新潮45」11年11月号に、精神科医でノンフィクション作家の野田正彰氏が「大阪府知事は『病気』である」と題して寄稿した記事だ。この号では「『最も危険な政治家』橋下徹研究」と題した大特集が組まれており、野田氏の寄稿はその一部だ。記事は

  「挑発的発言、扇情的な振る舞い、不安定な感情――それらから導き出せるのはある精神疾患である」

というリード文で始まり、

  「橋下青年の高校生の頃を最もよく知る先生」

が橋下氏の高校時代を

  「嘘を平気で言う。バレても恥じない。信用できない。約束をはたせない。自分の利害にかかわることには理屈を考え出す。人望はまったくなく、委員などに選ばれることはなかった」

などと解説。この発言を踏まえて、野田氏は橋下氏について

  「これ以上私たちは、自己顕示欲型精神病質者(C・K・シュナイダーの10分類のひとつ)に振り回されてはならない。WHOの分類(ICD10)を使えば、演技性人格性障害と言ってもいい」

と分析している。野田氏の記事中の説明によると、演技性人格性障害には(1)自己の劇化、演劇的傾向、感情の誇張された表出(2)他人に容易に影響を受ける被暗示性(3)浅薄で不安定な感情性(4)興奮、他人の評価、および自分が注目の的になるような行動を持続的に追い求めること(5)不適当に扇情的な外見や行動をとること(6)身体的魅力に必要以上に熱中すること、の6つの特徴がある。

 野田氏は、橋下氏は「(2)をのぞいて5項目が当てはまる」と評価。これに前出の「嘘を言う、バレても恥じない、信用できない」という評価を加味した結果として

  「彼の言葉をまともに受け止め対応していけば、常に彼の内容空虚性に突き当たるのである」

と結論づけた。


判決は「客観的な証拠なく真実と認められない」

 この記事に対して、橋下氏は発行元の新潮社などに1100万円の損害賠償を求めて提訴。その判決が15年9月29日に大阪地裁(増森珠美裁判長)であった。判決では、客観的な証拠がなく真実と認められない上、真実と信じた相当の理由もないとして「橋下氏の社会的評価を低下させ、名誉を毀損する内容」だと評価。新潮社側に110万円の支払いを命じた。

 「新潮45」の記事から約10か月後の12年8月、野田氏は橋下氏のツイートに1回だけ登場している。維新の会の政治塾に公務員が参加していることを問題視する論調に橋下氏が反論する中で、

  「頼んでもいないのに俺の精神鑑定を8流雑誌で勝手にしやがった8流大学教授が勉強不足を露呈していた」
  「この大学教授は光市母子殺害事件の加害者について、母体回帰説なる珍説を唱え、無罪の根拠とし、このことが最高裁で反省の欠如と断罪され死刑となった。母体回帰説なる珍説を唱えた責任など微塵にも感じない俺の最も嫌いな無責任学者だ。野田正彰氏。もう評論家になったのか」

と罵倒していた。この時点で、かなり腹に据えかねていたようだ。
.

香山氏は当時の連載で「病気だとは言っていない」

 では、香山氏の場合はどうか。橋下氏は2012年1月、ツイッターで

  「香山氏は、一回も面談もしたことがないのに僕のことを病気だと診断してたんですよ。そんな医者あるんですかね。患者と一度も接触せずに病名が分かるなんて。サイババか!」

などと非難。これに対して香山氏は直後にダイヤモンド・オンラインの連載で、

  「私は、橋下さん個人が病気だとは言っていません。確かに、大阪市長選挙の際は反対陣営の平松さんを応援する中で、これまでマスコミで報じられている橋下さんの特徴を分析し、そこに見られる心理的傾向を類推する発言はしました。それでも、橋下さんご自身を病気だと『診断』したわけではありません」

と反論している。

 橋下氏は、香山氏のどの発言が「診断」にあたるかは明示していない。ただ、香山氏は11年9月17日に開かれた橋下氏を批判するシンポジウムで「病理」という言葉を使っている。香山氏の発言は薬師院仁志氏、山口二郎氏との鼎談(ていだん)の中で出た。この鼎談を収録している2011年11月発行の「橋下主義(ハシズム)を許すな!」(ビジネス社)によると、香山氏は「丁か半か」といった二項対立の構図に持ち込む橋下氏の手法を指摘しながら、

  「そういうやり方に対して、迷ったすえにやっぱりそっちが正しいんじゃないか、みたいなためらいを含んだ曖昧さではなく、バトルの構図の中でどっちを取るのかと迫ってくる方が、魅力的に見える。そういうふるまい方というのは、私たち精神科医からすると、ある種の危機や不安を抱いている病理のひとつの証拠だと思えてしまいます」
  「つまり黒か白かという判断しかできない人たちを見ると、私たちは、ああこの人自身が今かなり不安に心を占拠されてるんだなと。精神医学的な病理を感じてしまいます」

と述べている。「病理」という言葉は、橋下氏の人格そのものではなく、橋下氏をめぐる社会的状況のことを指しているようにも読める。この点が野田氏との大きな違いだと言えそうだ。
  


Posted by いざぁりん  at 11:43
こちらです。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150930-00000567-san-soci&pos=5
(以下は、コピーです)
 安全保障関連法案への反対運動をしてきた学生グループ「SEALDs(シールズ)」の中心メンバー、奥田愛基(あき)さんと家族が殺害予告を受けている問題で、奥田さんが在籍する明治学院大学は29日、「言論の自由に対して許しがたいこととして認識しております」などとするコメントを発表した。同大は警察に相談すると共に今後、学生らの安全に配慮した対応をとるとしている。  


Posted by いざぁりん  at 11:38
こちらです。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150930-00000005-jct-soci
(以下は、コピーです)

 「我が母校の知名度の低さがつらい...」――ツイッターでこんな声が相次いでいる。安全保障関連法案に反対する学生団体「SEALDs(シールズ)」の中心メンバーで、明治学院大4年生の奥田愛基さんに対する殺害予告が奥田さんと無関係の「明治大学」へ届いた一件を受け、明治学院大卒業生らが母校名の「間違われやすさ」を嘆いているのだ。

 明治大と名前を間違えられる、というエピソードは、ネットでも「明学あるある」ネタの1つに数えられるほど、昔から関係者には馴染み深いものだった。

■合コンで何百回も「明治大ではなく明治学院大です」と訂正

 殺害予告はシルバーウイーク明けの2015年9月24日、奥田さんとは無関係の「明治大学」に届いた。

 SEALDsの名は安保法案に反対する国会前デモで広く知られるようになり、奥田さんも数々のマスコミ取材に応じた。奥田さんが在籍する大学の名前は今まで何度も報じられている。しかし、ツイッターには、奥田さんが明治大学や明治大学「大学院」に在籍している、との事実誤認の書き込みが依然多い。

 確かに、明治学院大の名前は明治大とよく間違われる。9月29日、殺害予告「誤送」がJ-CASTニュースに報じられると、明治学院大の卒業生はツイッターで、自分も同じ経験した過去を吐露する一方、

  「我が母校の知名度の低さがつらい...」
  「(違うと)否定するのもめんどくさい」

と嘆く声が相次いだ。中には「合コン」などの場を含めて過去何百回も「いえ明治大ではなく明治学院大です」と説明した、という苦労話(?)を明かす卒業生もいた。
.

最古のミッションスクール「ヘボン塾」が起源

 「明学生と話すときに知っておきたいこと」「明学あるある」といった明治学院大の学生が共感するエピソードなどを集めたまとめサイトには、高い割合で「明治大と間違われる」という記述が見られる。

 明治学院大OBで東京都内に住むサラリーマンの男性もJ-CASTニュースの取材に対し、「確かに間違われることが多かったです」と語る。

 そして、「早稲田大学を目指す予備校の早稲田学院(埼玉県蕨市)を念頭に、『明治学院は明治大を目指す予備校』などと自虐的に語る学生もいました」「外部の人からは、明治薬科大学(東京都清瀬市)も含めた(架空の)『明治グループ』に属する大学と誤解されることもありました」と在学中のエピソードを話してくれた。

 ちなみに、明治大と明治学院大の間に系列関係や沿革における共通点はない。学校法人明治大学の運営する明治大は明治時代に設立された法律学校を前身とし、「東京六大学」にも名を連ねる。一方の明治学院大は学校法人明治学院が運営し、日本最古のミッションスクール「ヘボン塾」を起源としている。  


Posted by いざぁりん  at 11:37
この水準では、老後破綻します。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150930-00000127-jij-pol
(以下は、コピーです)
 民間企業に勤める人が2014年の1年間に受け取った給与の平均は415万円で、2年続けて増加したことが30日、国税庁の民間給与実態統計調査で分かった。
 前年に比べ1万4000円増えたが、ピーク時の1997年より52万3000円少なくなった。
 1年通じて勤めた給与所得者数は4756万3000人(前年比110万9000人増)で過去最多となった。国税庁は緩やかな景気回復を背景に働く人が増え、給与水準も上がったとみている。   


Posted by いざぁりん  at 11:34
国勢調査は、廃止しなければなりません。
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=3&from=access_ranking&id=3639979
(以下は、コピーです)
 枚方市の男性国勢調査員(75)が、調査中に対象世帯の一覧表を紛失したと市が29日、発表した。


 市によると、市内のワンルームマンションで27日午前10時半ごろ、男性はバインダーに挟んでいた調査世帯の一覧表の写し4枚を、2階踊り場窓枠に置いたまま調査を実施。午後2時ごろ、帰宅して書類を確認したところ一覧表を置き忘れたことに気づき、マンションに戻って探したが見つからなかったという。紛失した4枚の一覧表には、計62世帯の世帯主・代表者の氏名や住所、人数などの個人情報が記入されている。


 報告を受けて市は28日、調査員に枚方署へ遺失物届の提出を指示。同日から紛失した表に記入されている世帯を訪問し、謝罪と事情説明を行っている。
  


Posted by いざぁりん  at 01:00
安倍総理は、自分の国さえよければそれでいいと、一国繁栄主義を唱えています。
安倍総理の言う、一国繁栄主義は、利己主義だと思います。
一国繁栄主義は、安倍総理の言う積極的平和主義(「積極的平和」概念とは異なります)に、繋がるものなのでしょう。
安倍総理の態度は、住む場所を失って大変な困窮状態にある人々に対して、非常に冷淡なものです。
移民問題は移民問題であって、移民問題を人口問題(少子化問題)と関連付けるべきではありません。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150930-00000070-asahi-pol
(以下は、コピーです)
 安倍晋三首相は29日(日本時間30日)、訪問先の米ニューヨークでの記者会見で、日本がシリア難民を受け入れる可能性を問われ、「移民を受け入れるよりも前にやるべきことがある。女性、高齢者の活躍だ」と述べた。

 首相の発言は複数の海外メディアで取り上げられ、ロイター通信電子版は「首相はシリア難民を受け入れる前に、自国の問題を解決しなければならないと発言」などと報じた。

 首相は会見の冒頭で「(国連総会の)今年の最大のテーマは難民問題だ」と強調した。ただ、その後の質疑で難民受け入れの可能性について問われると、「国際社会で連携して取り組まなければならない課題だ。人口問題で申し上げれば、移民を受け入れるよりも前にやるべきことがある」と述べ、女性の活躍など政権が掲げる政策の必要性を訴えた。
  


Posted by いざぁりん  at 00:50
恋愛禁止は、違憲です。
「恋愛が公になればアイドルの世界は成り立たない」ならば、アイドルなるものは、今後、廃止すればいいのです。
「『24時間どんな指示にも従う』とか、一見して公序良俗に反する規約なら無効」であるならば、恋愛禁止も無効にならなければ、おかしいです。
恋愛無効は、一見して、公序良俗に違反します。
http://digital.asahi.com/articles/ASH9T6TC7H9TUTIL046.html
(以下は、コピーです)
 「交際禁止」のルールを破ったアイドルグループの少女に、マネジメント会社が損害賠償を求めた訴訟で、ルールは妥当とする判決が出た。アイドルが売れるためには「恋愛の自由」を縛る必要があるのか?

 東京地裁であった9月18日の判決によると、当時15歳だった少女は2013年3月、マネジメント会社と専属契約を結び、「異性との交際禁止」などの規約を告げられた。7月に6人組のグループとしてデビュー。ライブやグッズ販売などで220万円を売り上げたが、10月に男性と映った写真が流出して交際が発覚。会社はグループを解散した。

 判決で児島章朋裁判官は、アイドルとは芸能プロダクションが初期投資をして媒体に露出させ、人気を上昇させてチケットやグッズなどの売り上げを伸ばし、投資を回収するビジネスモデルと位置付けた。

 その上でアイドルである以上、ファン獲得には交際禁止の規約は必要で、交際が発覚すればイメージが悪化するとした。会社がグループの解散を決めたのも合理的で、少女に65万円の支払いを命じた。ただ、会社側の指導監督が十分ではなかったとも指摘し、賠償額は、請求の約510万円から、大幅に減額した。

 そもそも恋愛の自由を縛っていいのか。芸能関係の法律問題に詳しい太田純弁護士は「『24時間どんな指示にも従う』とか、一見して公序良俗に反する規約なら無効だが、『恋愛禁止』の規約そのものは即無効ではない」と指摘する。私生活を縛る必要性や本人が得られる対価、事務所と本人が対等な関係かなど総合的に判断されるという。

 ある人気アイドルグループのマネジャーによると、ダンスのレッスン料などを負担して、手塩にかけて育てたアイドルの「熱愛発覚」は、グループ全体の人気やスポンサーとの契約にも影響が及ぶという。「恋愛が公になればアイドルの世界は成り立たない。判決は、恋愛を踏みとどまるきっかけになる」と話す。

 名古屋から東京・秋葉原までよく来るアイドルファンの会社員の服部和幸さん(37)も「応援するアイドルが恋愛していたら、事務所よりも、むしろこっちが訴えたいぐらい」と話す。アイドルファンの女性(35)も「年頃の若者が恋をするのは無理もない。でも、アイドルの一生懸命さを応援しているので、隠れて恋をしていたと分かれば気持ちは冷めてしまう」と手厳しい。

 一方、判決は会社の指導監督も不十分だったと指摘した。あるご当地アイドルグループのプロデューサーは「どこまで管理できるかは難しい」と話す。握手会の時に、ファンから「プレゼントを贈りたい」と住所を尋ねる手紙を手渡されることもある。「預けてくれるかどうかは、本人次第。隠れてやりとりされたらどうしようもない」

 アイドルが続々と誕生するブームの中で、冷めた意見もある。大阪から頻繁に秋葉原に来る男性(26)は「アイドルの恋愛は珍しいことじゃないけど、裁判にまでなるのかと驚いた」と話す。仕事というよりも部活感覚のアイドルも多いという。「裏切られたというよりも、よくあることだと達観していました」

 アイドルに詳しい評論家の中森明夫さんは「裁判沙汰にまでなったのはアイドル界にマイナスイメージを与えた」と見る。かつてテレビの中の遠い世界だったアイドルが握手会やライブ中心の身近な存在になり、5千人とも1万人とも言われる「誰でもアイドル」の時代が到来しているという。「我が子を訴えるような業界に自分の子を入れたいと思う親はまずいない。裁判をきっかけに、まだ40年余りと歴史の浅いアイドル業界が成熟する機会にしてほしい」と話す。  


Posted by いざぁりん  at 00:42

2015年10月01日

「ザ・コア」

Posted by いざぁりん  at 00:23

2015年10月01日

「舞妓Haaaan!!!」

Posted by いざぁりん  at 00:03

2015年10月01日

「真夏のオリオン」

Posted by いざぁりん  at 00:01