京つう

  イベント  |  伏見区

新規登録ログインヘルプ



こちらです。
http://mainichi.jp/shimen/news/20151009ddm003040030000c.html
(以下は、コピーです)
全国の児童相談所(児相、207カ所)が2014年度に対応した児童虐待件数は前年度比20・5%増の8万8931件(速報値)で、調査を始めた1990年度から24年連続で増加した。虐待から子どもたちを守る児相の職員1人あたりの仕事量は増え続け、現場では「もう限界」との悲鳴も上がる。専門家は「虐待に対応する仕組みを根本的に見直す時期にきている」と指摘している。

 ◇児相、増え続ける負担

 「本当に手いっぱいの状況。子どもを守ろうという職員一人一人の責任感が現場を支えている」。名古屋市中央児童相談所の白石尚・相談課主幹(55)は語る。

 名古屋市では2010年度に833件だった児童虐待の対応件数が、14年度には1969件と倍増した。その一方、現場で対応の中核を担う児童福祉司は45人(10年度)から66人(14年度)への増員にとどまり、1人にかかる負担は増している。

 多くの職員が1人で60ほどの家庭を受け持つ。平日は学校や行政機関などとの連携に追われ、休日返上で保護者面接や家庭訪問にあたらざるを得ない。支援する家庭の都合に合わせるため、自分のスケジュールさえなかなか見通せない。問題が親権停止の審判など法的な手続きに発展する可能性もあるため、経過を逐一記録するなど大量の資料作成も必要。全国の児相に共通する問題だ。

 厚生労働省の専門委員会が8日公表した13年度に虐待死した子ども36人の分析結果にも、職員の多忙さが表れている。死亡した子どもを担当した職員33人の平均受け持ち件数は109・1件。200件を超える事案を受け持っていた職員もいた。虐待だけでなく、親が離婚したり失踪したりした子どもの保護など多様な問題にも対応しなければならず、常に仕事に追われているのが現状という。

 虐待を巡る制度変更が職員の多忙さに拍車をかける。厚労省は07年、虐待通報から48時間以内に安否確認をする「48時間ルール」を決めた。13年8月には虐待を受けた子どものきょうだいも「心理的虐待」を受けたとみなすよう厚労省が指針を改定し、児相が調査するようになった。元児童福祉司の男性は「業務記録を記載する余裕がない。48時間ルールの対象に心理的虐待も加わり、人手が追いつかない」と打ち明ける。

 職員の精神的疲労も課題だ。虐待を認めない保護者との間では時に激しいやりとりになるといい、疲弊する職員は少なくない。

 一方、現場では工夫も始まっている。名古屋市は児相職員をバックアップするため、弁護士を公募し、4月に橋本佳子弁護士(30)を主幹として採用した。児相に配置され、法律の専門家として、虐待のため保護者から児童を一時保護する「緊急介入」にも立ち会い、保護者に分かりやすく説明する役割などを担う。橋本弁護士は「虐待がある家庭には両親の離婚や貧困などの問題を抱えている場合が少なくない。さまざまな問題を考慮し、どうすれば法的に適切で最大限の支援策が組めるのか、確認しながら対応している」と話す。白石主幹は「悩むケースは必ず橋本弁護士に相談している。確実に職員の負担が減った」と歓迎している。【岸達也、古関俊樹】

 ◇拡大する家庭の孤立

 全国の児童相談所が対応した児童虐待は2009年度は4万4211件で、わずか5年で2倍になった。主な要因の一つに虐待として扱う対象の広がりがある。

 虐待を受けた子どものきょうだいも心理的虐待を受けたとみなす13年8月の厚生労働省の指針改定もその一例だ。13年度の心理的虐待は2万8348件(38・4%)になり、統計を取り始めた1990年度から23年連続で最も多かった身体的虐待、2万4245件(32・9%)を初めて上回った。

 また、04年の児童虐待防止法改正で、親が子どもの前で配偶者に暴力を振るう「面前ドメスティックバイオレンス(DV)」も子どもへの心理的虐待になるようになった。全国の警察による通告件数は12年は5431件だったが、14年は1万1669件と2年で倍増した。

 社会福祉法人子どもの虐待防止センター(東京都世田谷区)理事長の松田博雄医師は「4〜5年前から心理的虐待の通告が増え、全体の相談対応件数を押し上げている。身体的虐待やネグレクトの割合が圧倒的な欧米ではみられない特徴だ」と分析する。そのうえで「その後の調査で深刻な虐待が判明し、早期の対応につながるケースもある。件数の増加をマイナス要因とだけみるのは誤りだ」と指摘する。

 一方、虐待増加の背景に、所得格差の拡大や家庭のあり方、環境の変化を指摘する専門家もいる。元大阪市中央児童相談所長の津崎哲郎・関西大客員教授(児童福祉論)は「所得格差の拡大があり、精神疾患を抱えたひとり親や子連れの再婚家庭、夜間就労せざるを得ない親など、孤立した不安定な家庭が増加している」と語る。「健全とみられる家庭も地域や親族の支えがなく、不安定になるケースもあり、こうした環境下で親の未熟さとして虐待が表れる面はある。地域や家庭の特性に応じた支援が虐待予防のためにも重要だ」と強調する。

 松田医師は児相を取り巻く環境の悪化も懸念する。「ハードワークな上に何かあれば周囲にたたかれ、職員のなり手がいない。虐待への対応を児相に任せきりにせず、警察や医療、福祉などが広く連携するなど、根本的に虐待対応の仕組みを考え直す時期にきている」と訴える。

 厚労省の専門委員会は虐待対応を巡る課題について議論しており、厚労省はその結論を踏まえ、児童福祉法などの改正を目指す方針。  


Posted by いざぁりん  at 02:15
こちらです。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151024-00000052-mai-soci
(以下は、コピーです)
◇福井大などの研究 他人の表情も読み取りにくく

 虐待など親から不適切な養育を受けて反応性愛着障害(RAD)になった子供の脳は、そうでない子供に比べて視覚的な感情処理に関わる部位が小さい傾向があることが福井大などの研究で明らかになった。やる気や意欲などに関わる部位の活動が低下していることも判明。褒められても心に響きにくいと考えられ、被虐待児に一般的に施される「成果を褒める」などの心理療法の効果が少ない可能性も出てきた。

【あなたの地区の児童虐待件数は?】各都道府県の虐待数をみる

 研究成果の論文が欧州などの専門誌電子版に掲載された。

 RADは、子供時代に養育者から受けた体罰や暴言によって養育者への愛着がうまく形成されずに発症する精神疾患の一種。衝動や怒りのコントロールが難しいなどの症状がある。

 研究グループは、10~17歳のRADの21人とそうでない22人の脳の断面を磁気共鳴画像化装置(MRI)で撮影。形態や働きを比べたところ、RADの子供は「視覚野」の灰白質(脳神経細胞が集まる領域)の容積が2割ほど少なかった。この部位はダメージを受けると他人の表情から感情を読み取りにくくなるといい、虐待などが脳に影響を与え、症状につながっている実態が分かった。

 また、10~15歳のRADの子供16人とそうでない20人に金銭報酬を得られるゲームをしてもらい、脳の活動を調べたところ、やる気や意欲などに関わる「線条体」の活動量の平均が、RADの子供はそうでない子供の半分以下だった。

 こうした結果から、RADの子供は「報酬」へのモチベーションが低いとみられ、一般的な治療とは別の方法が必要な可能性が高まったという。福井大子どものこころの発達研究センターの友田明美教授(小児発達学)は「RADや関連する精神疾患の発症メカニズムの理解や治療法の開発につながる成果」と話している。  


Posted by いざぁりん  at 02:15
こちらです。
http://mainichi.jp/classic/news/20151021mog00m200999000c.html
(以下は、コピーです)
 世界の若手ピアニストが5年に1度、腕を競う「第17回ショパン国際ピアノ・コンクール」の最終審査結果が21日未明(日本時間同日午前)、ポーランドの首都ワルシャワで発表され、本選に出場していた山口県宇部市出身の小林愛実さん(20)は6位までに入らず、入賞を逃した。韓国人男性のチョ・ソンジンさん(21)が優勝した。

 1次予選は3日に開幕、予備審査を通過した日本人12人を含む世界各国の約80人が参加。2次、3次予選を経て、18〜20日に本選が行われ、小林さんのほか地元のポーランドや米国、カナダ、韓国など計8カ国の10人で争われていた。

 小林さんは結果発表後「これが結果だから仕方がないです。少し休んで、また向き合えるようになったら頑張ります」と話した。

 コンクールは1927年に始まり、優勝経験者にはマルタ・アルゲリッチさんやスタニスラフ・ブーニンさんらがいる。日本人では1970年の内田光子さんの2位が最高位。80〜2005年は毎回入賞者を出していたが、前回の10年は全員が予選で姿を消した。
  


Posted by いざぁりん  at 02:14
こちらです。
https://www.kobe-np.co.jp/news/bunka/201510/0008504791.shtml
(以下は、コピーです)
 神戸市などが4年に1度開催し、世界三大フルートコンクールの一つとされる「神戸国際フルートコンクール」について、同市は22日、これまで負担してきた約5千万円の補助金を打ち切る方針を明らかにした。市の補助は運営費全体の約8割を占め、2017年に予定される次回の開催が不透明になった。(小川 晶、松本寿美子)


 同コンクールは1985年以来、8回を数え、1回の経費約6千万円のうち市が約5千万円を負担してきた。

 国際的な評価の一方、市民の認知度に課題があり、市は第9回開催を2年後に控えた15年度の予算編成で、廃止を含め在り方を検討する方針を決定。運営方法や負担割合の見直しなどを続けてきたが、「市民への還元の度合いが低い」などとして補助金を支出しないと結論付けた。

 同コンクールをめぐっては、存続を願う市民らの2団体が計約1万3千人分の署名を集め、久元喜造市長宛てに提出。子ども向けイベントの開催や市民基金の募集など活発に運動を展開してきた。

 11月に過去の受賞者を招いたコンサートを開く「存続を希(のぞ)む会」代表の竹田レイ子さん(68)は「何とか市民らの手で続けられる方法を探したい」。「応援団」共同代表の一人、渡辺玲子さん(54)は「コンクールが築いた国際的な評価はれっきとした市民への還元だ」と訴えた。

 市は今後、日本演奏連盟など他の主催団体に方針を伝え、開催の実現性について協議。担当者は「存続を願って動く市民がいる中で、公費を支出しない形でどう支えていけるか検討したい」と話す。


 【神戸国際フルートコンクール】 神戸のPRなどを目的に1985年、フルート単独の世界初の定期コンクールとして始まった。ミュンヘン、ジュネーブと共にフルートの世界三大コンクールに位置付けられる。第8回には21カ国・地域から57人が出場し、予選と本選、特別コンサートなどで延べ約4300人の観客を集めた。これまでにベルリン・フィルハーモニー管弦楽団首席奏者のエマニュエル・パユ氏ら世界の著名な演奏家が入賞を果たしている。
  


Posted by いざぁりん  at 02:14
こちらです。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151024-00050061-yom-pol
(以下は、コピーです)
 分裂した維新の党で、除籍(除名)処分とされた大阪系国会議員らは24日、大阪市内のホテルで「臨時党大会」とする会合を開き、「解党」を決めた。

 松野代表ら党に残留する国会議員は、除籍者らによる臨時党大会を承認しておらず、総務省も解党届を受理しない見通し。松野氏らは党が存続しているとして、法的措置も視野に対抗する構えだ。

 大阪系国会議員らは、5月の松野氏の代表選出や11月までの任期延長手続きは不当で、「執行部は不在」と訴えている。この日の「臨時党大会」では、松野代表に代わる新代表に馬場伸幸衆院議員を選んだ後、投票した230人全員の賛成で解党を決議した。今月にも解党を総務省に届け出る。使い残した政党交付金を国庫に返納することも決めた。

 解党届の取り扱いについて、総務省幹部は「(大阪系、残留組の)どちらの肩を持つわけにもいかない。解党届を出されても判断材料がない」と困惑している。  


Posted by いざぁりん  at 02:11
こちらです。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151024-00000104-dal-ent
(以下は、コピーです)
大阪市の橋下徹市長(46)=大阪維新の会代表=が24日夜、自身のツイッターで、維新の党の解党に反対している松野頼久代表に関して「松野氏はつい最近、政党の事務所所在地などを変更する書類を維新の党の代表者として作成し、関係各署に提出した。本日成立した維新の党の新執行部は松野氏を有印私文書偽造、同行使罪で告訴することを決定した」と投稿した。そのうえで「維新の党は、週明け、松野氏を刑事告訴するようだ」と記載した。

 一連の維新の党の分裂問題は、橋下氏に近い大阪組が、松野氏ら執行部を「任期切れ」と指摘し、この日、大阪市内で開いた臨時党大会で解党を議決。解党および政党交付金の国庫返還手続きを行うために、馬場伸幸衆院議員を代表とする新執行部を選出した。

 これまでに松野氏ら東京組は、大阪市の党本部で保管されている政党交付金が入金される口座通帳、印鑑の返還を求めたが大阪側は拒否。橋下氏は23日の会見などで、松野氏らが「勝手に住所変えて、印鑑証明を使えなくしている」と述べ「もうヤミ金融の手口と同じだ」と批判していた。

 一方で、東京側の執行部は、この日、今井雅人幹事長名で「告知文」を発表。大阪側が開いた臨時党大会を「代表が招集していない集会は、何ら維新の党の党大会といえるものでない」とし「解党を決議する権限も、解党届を提出する権限も一切存しない」と主張。

 今後、新執行部が総務省に提出する見込みの解党届などに関して「登記されている松野頼久名義以外の一切の届け出を受理しないものと認識している」とし「代表である松野頼久以外のものが、松野頼久の名義を盗用して係る書面を作成・提出した場合、明白に有印私文書偽造・同行使に該当するものである」と指摘した。  


Posted by いざぁりん  at 02:08