京つう

  イベント  |  伏見区

新規登録ログインヘルプ



Posted by いざぁりん  at 20:21
Posted by いざぁりん  at 20:20

2015年10月30日

高音Bの替え指

1分10秒あたりです。
https://www.youtube.com/watch?v=2XMCxcnzhsA  


Posted by いざぁりん  at 20:12
現時点で、参院選後に解散することを公にするのは、運動としては誤りです。
この運動は、この解散発言をきっかけに、急速にしぼんでいくことでしょう。
それは、結局、為政者を有利にしたことになります。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151028-00003866-bengocom-soci
(以下は、コピーです)
先月成立した安全保障関連法に反対する学生グループ「SEALDs」(自由と民主主義のための学生緊急行動)のメンバー4人が10月28日、東京・有楽町の外国特派員協会で記者会見を開き、来年夏の参議院選挙に向けた活動プランを発表した。また参院選後には、同グループを解散する予定であることも明らかにした。

SEALDsは、集団的自衛権を容認する安保関連法に反対する学生たちのグループで、今年5月の結成後、毎週のように国会前で大規模な抗議活動をおこなった。安保関連法が成立したのを受けて、今後どのようなアクションをしていくのか、注目を集めていた。

●駅や大学、ショッピングモールなどに「投票所」設置を求める運動も

この日の会見に出席したSEALDsメンバーの本間信和さん(筑波大)は冒頭、来夏の参院選の「野党共闘」に触れた。「安保法制は日本の政治の根幹である立憲主義と民主主義をないがしろにするもので、個々の政策のレベルを超えている。さまざまな違いを超えて協力してほしい」と、野党の政治家に向けて訴えた。

メンバーの諏訪原健さん(筑波大大学院)は「私たちは選挙にも強くコミットする」と宣言。SEALDsは安保法制の成立の際、「賛成議員を落選させよう」と呼びかけていたが、来夏の参院選に向けて「野党共闘」が実現した場合、統一候補の応援活動などもおこなっていくという。

諏訪原さんはさらに「日本の民主主義のバージョンアップにつながる行動をしていく」と付け加えた。具体的には、投票率の低さを改善するために、駅や大学、ショッピングモールなど人が集まる場所に「投票所」の設置を求める運動をおこなうと説明した。

また、メンバーの芝田万奈さん(上智大)は会見で「SEALDsは来年の参院選で解散しようと思っている」と明かした。その理由について、「緊急行動として立ち上がったので、参院選をめどに解散して、そのあと個人でやりたい人がいたら、新しい団体をつくればいいと思っている」と話していた。  


Posted by いざぁりん  at 12:19
こちらです。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151030-00000029-mai-soci
(以下は、コピーです)
撤回されたSTAP細胞論文の筆頭著者だった小保方(おぼかた)晴子・元理化学研究所研究員(32)の博士号について、早稲田大が取り消す方針を固めたことが29日、複数の関係者への取材で分かった。小保方氏は博士論文に盗用や不適切な記述があると認定され、大学の指示で再提出したが、学内の審査委員会が検討した結果、博士号取り消しが妥当と判断したとみられる。早大が近く発表する。

【写真特集】「陽性かくにん!よかった」小保方氏、実験ノートの一部公表

 小保方氏は2011年3月に早大で博士号を取得。ところが昨年2月にSTAP論文の不正疑惑が浮上すると、博士論文でも全体の5分の1に当たる20ページ超に米国立衛生研究所のホームページと同じ記述があるなど多数の問題が指摘されるようになった。

 早大は同10月、「研究者としての基本的な注意義務を著しく怠った」として、博士号を1年程度の猶予期間を設けたうえで取り消すことを決定。大学側にも審査の不備などの責任があったことを理由に、期間中に小保方氏が研究倫理の再教育を受け、論文を適切に訂正すれば学位を維持するとの異例の判断を示していた。  


Posted by いざぁりん  at 12:14
Posted by いざぁりん  at 12:08
民主党は、自民党にこそ、政策が近いのです。
民主党は、無理して共産党と一緒になるよりは、自民党と一緒になられた方が、自然です。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151029-00050179-yom-pol
(以下は、コピーです)
民主党の岡田代表が、共産党が掲げる連立政権「国民連合政府」構想を拒否する姿勢を強めている。

 共産党との共闘路線に反発する党内保守派の突き上げに配慮したとみられる。ただ、来夏の参院選での共産党との選挙協力を模索する姿勢は崩しておらず、党内の火種は残りそうだ。

 岡田氏は29日の記者会見で、「(選挙協力の)前提として国民連合政府が条件になると難しい」と語り、事実上、政権構想の撤回を共産党に求めた。28日の講演では「政権構想の前提を外さないと(選挙協力の)話は進まない」「政策に相当開きがあり、有権者に説明できない」と語った。

 これまでは共産党との着地点を見いだせるとの期待も込め、「志位委員長は信頼している。いい結論に至るのではないか」と配慮も欠かさなかったが、ここへ来て「構想拒否」の姿勢を前面に打ち出し始めた。  


Posted by いざぁりん  at 02:20
我が国には、実質的な意味においては、政党は、自民党と共産党しか存在しません。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151027-00000063-san-pol
(以下は、コピーです)
■議席倍増「8」、第二党に浮上

 25日に投開票された宮城県議選での共産党の躍進は国政にも衝撃を与えた。同党幹部は、安全保障関連法に対する批判票が議席獲得につながったとして、来夏の参院選に向けて攻勢を強める構え。さらに同法廃止を目指すため、同党が打ち出した各野党との国民連合政府構想の実現にも弾みをつけたい考えだ。しかし、産経新聞社とFNNの合同世論調査では、同党に対する支持率は依然低く、党勢拡大が期待通りにいくかは微妙だ。

 宮城県議選では、共産党が安全保障関連法や環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)大筋合意への批判といった国政選挙ばりの選挙運動を展開。結果的にはこれが奏功し、共産党の躍進につながったとみられる。

 自民党は過半数に届かず27議席にとどまった。茂木敏充選対委員長は26日、産経新聞の取材に「共産党が与党の議席を食ったというより、野党の中で議席の移動があったというのが実態だろう」と分析。菅義偉(すが・よしひで)官房長官も記者会見で、「社民党、民主党が大幅に議席を減らしたのが非常に印象的だった」と述べた。

 ただ、別の自民党幹部は「共産党をバカにできなくなっている。TPPは『農業は守った』と言っても、ワンフレーズで批判が続けば公約違反と思われる可能性もある」と語り、影響は自民党にも及ぶ可能性があると警戒する。

 一方、民主党は2議席減の5議席。枝野幸男幹事長は26日、記者団に「発信力のある民主党候補は票をとり過ぎだというくらいの結果を出した」と強弁したが、「非自民の受け皿」の座を共産党に奪われた形となり、焦りもうかがえる。

 民主党は参院選に向け、維新の党などと候補者調整を本格化させる考え。共闘が成功しなければ、衰退が避けられない状況になる。選挙協力の前段として両党は国会での統一会派結成も模索する。

 岡田克也代表ら党執行部は、共産党との選挙協力にも含みを持たせているが、産経新聞社とFNNの合同世論調査では、政策面で違いのある野党間の選挙協力には「望ましいとは思わない」が58・8%に達した。

 勢いに乗る共産党の票に目がくらみ、憲法改正など基本政策の隔たりをないがしろにするようだと、有権者の目には「野合」と映る危険性もはらんでいる。  


Posted by いざぁりん  at 02:19
こちらです。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151029-00000154-jij-cn
(以下は、コピーです)
中国共産党の重要会議、第18期中央委員会第5回総会(5中総会)は29日、4日間の討議を終え閉幕した。
 閉幕後公表された総会コミュニケによると、中国政府は全ての夫婦に2人までの子供を産むことを認め、夫婦に子供は原則1人までと定めた国策「一人っ子政策」の完全廃止を決定した。
 世界最大の人口を持つ中国で1979年から続いた独自の産児制限は、36年で終止符を打ち、人口政策の歴史的転換を図った。コミュニケは廃止時期を明記していないが、中国メディアは「早ければ年内」と伝えた。
 共産党は2013年の同中央委員会第3回総会(3中総会)で「夫婦のどちらか一方が一人っ子の場合、2人目を産むことができる」と定め、政策の緩和を決めた。決定の背景には、中国で進行する深刻な高齢化への危機感がある。労働力人口が12年に減少に転じる一方、50年には60歳以上が全人口の35%を占め、世界で最も高齢化が進んだ国になるという国際機関の予測も出ている。
 中国政府にも誤算があった。13年の政策緩和の結果、対象となる全国1100万組の夫婦から毎年200万人が生まれると見込んだが、実際に2人目の出産申請は今年5月までに13%前後にとどまっているとされる。習近平指導部は、このまま一人っ子政策を続ければ、高齢化に歯止めがかからず、景気減速の中で最優先課題である経済の安定成長に悪影響を及ぼすと判断。中国メディアによると、一人っ子政策の完全廃止で年間300万~800万人が新たに出生すると予測される。
 コミュニケは「バランスの取れた人口発展を促進し、計画出産の基本国策を堅持するとともに、人口の発展戦略を改善し、夫婦が2人の子供を産む政策を全面的に実施し、高齢化に対応する行動を積極的に展開する」と記した。   


Posted by いざぁりん  at 02:19
こちらです。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1232416382
(以下は、コピーです)
まず「ハロウィン」の概要ですが、
(1) もともとはケルト人の収穫感謝祭
(2) この世とあの世の間の「門」が開いて行き来が可能になる
(3) 死者の霊が家族を訪ねる
(4) 墓参りをする
(5) 悪い霊もくるのでジャックランタンを飾って追い払う
(6) 子供たちが仮装する
(7) 子供たちが近所の家を訪ねまわって菓子をもらう
以上、だいたいこんなところかと思います。


(1) もともとはケルト人の収穫感謝祭
日本では、月見(十五夜・十三夜)が収穫感謝を兼ねた行事であり、宮中の神嘗祭・新嘗祭は収穫感謝祭そのものであり、各地の神社の秋祭りは収穫感謝祭をルーツにしているものが多いです。

(2) この世とあの世の間の「門」が開いて行き来が可能になる
日本では、7月1日に地獄の釜の蓋があいて7月いっぱいはこの世とあの世の行き来が可能になります(広義のお盆は7月全体が盆の月)。
また、丑月(旧暦12月)と寅月(旧暦1月)の分かれ目にあたる大晦日・節分の頃も、暦月・節月それぞれの丑寅の「鬼門」の時期で、悪霊・鬼が行き来します(そのため、大晦日は追儺、節分は豆まきで悪霊や鬼を払います)。

(3) 死者の霊が家族を訪ねる
日本では、お盆に先祖の霊が訪ねてきます。

(4) 墓参りをする
日本では、お盆とお彼岸に墓参りをします。

(5) 悪い霊もくるのでジャックランタンを飾って追い払う
日本では、節分のときに、柊の枝にイワシの頭を刺したものを飾って鬼を追い払います。

(6) 子供たちが仮装する
日本では、節分のときに仮装する「節分お化け」という風習がありました。
現在は、祇園などの一部の地域に残るほか、町おこしのための仮装行列イベントとして復活している地域もあるようです。

(7) 子供たちが近所の家を訪ねまわって菓子をもらう
日本では、月見(十五夜・十三夜)のときに子供たちが近所の家を訪ねまわって月見団子や菓子をもらう風習がありました。
これを「お月見泥棒」といい、現在でも一部の地域で残っているようです。
また、北海道では、七夕のときに子供たちが近所の家を訪ねまわって菓子やローソクをもらう風習があり、これを「ローソクもらい」というようです。


以上から、
月見(十五夜・十三夜)…(1)(7)
お盆…(2)(3)(4)
七夕…(7)
ただし、七夕も広義の盆行事に含まれるので、広義のお盆…(2)(3)(4)(7)
節分…(2)(5)(6)
がそれぞれハロウィンと共通する要素となるかと思います。
したがって、
ハロウィンを日本の行事でいうなら、「お盆」と「節分」と「月見」を足して割ったようなもの、といったほうがよいのではないでしょうか?  


Posted by いざぁりん  at 02:18
Posted by いざぁりん  at 02:18