京つう

  イベント  |  伏見区

新規登録ログインヘルプ



こちらです。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160216-00000074-mai-soci
(以下は、コピーです)
◇北海道大などの研究チームが発表

 コロニー(集団)の中に必ず2~3割いる働かない働きアリは、他のアリが疲れて動けなくなったときに代わりに仕事をし、集団の長期存続に不可欠だとの研究成果を、北海道大などの研究チームが16日、英科学誌「サイエンティフィック・リポーツ」に発表した。

 これまでの研究で、働くアリだけのグループを作っても、必ず働かないアリが一定割合現れることが確認されている。仕事をする上では非効率な存在で、働かないアリがいることが謎だった。

 自然界では、働きアリが全て同時に働かなくなると、必要な卵の世話が滞ってそのコロニーが滅びてしまう。チームは日本全国に生息するシワクシケアリを飼育し、1匹ずつ異なる色を付けて個体識別した上で1カ月以上にわたって8コロニーの行動を観察。最初よく働いていたアリが休むようになると、働かなかったアリが動き始めることを確認した。

 さらに、コンピューターシミュレーションで、1コロニー75匹の働きアリが全て同じようによく働き、疲れがたまるペースも一緒のケースと、働き度合いがばらばらのケースを比較。勤勉なアリだけのケースでは一斉に疲労で動けなくなってコロニーが滅びてしまうのが早く、働かないアリがいる方が長続きする傾向があった。

 チームの長谷川英祐・北海道大准教授(進化生物学)は「働かないアリを常駐させる非効率的なシステムがコロニーの存続に欠かせない。人間の組織でも短期的な効率や成果を求めると悪影響が出ることがあり、組織を長期的な視点で運営することの重要性を示唆する結果ではないか」と話す。  


Posted by いざぁりん  at 23:55
こちらです。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160216-00000053-asahi-soci
(以下は、コピーです)
10代の長女に金魚の死骸を食べさせたとして、福岡県警は16日、福岡県久留米市荒木町荒木、無職尾形優子容疑者(46)と同居する自営業江上孝容疑者(46)=いずれも逮捕監禁致傷罪などで公判中=を強要の疑いで再逮捕し、発表した。

 久留米署によると、2人は昨年6月初旬ごろ、自宅アパートで当時16歳だった長女に「全部食べて」などと言い、30匹以上の金魚の死骸を無理やり食べさせた疑いがある。飼っていた金魚のえさのやり方に文句をつけ、水槽に洗剤を入れて金魚を死なせた上で、食べさせたという。尾形容疑者は容疑を認め、江上容疑者は「そんな事実はありません」と否認している。

 両容疑者は昨年、長女をロープでベッドの柵に縛り付けて監禁して顔を殴るなどの暴行を加えたほか、舌にたばこの火を押し付けたなどとして逮捕され、起訴された。両容疑者の逮捕は5回目。  


Posted by いざぁりん  at 23:47
こちらです。
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/159278
(以下は、コピーです)
 20日に自宅で自殺していたことが分かった「ザ・ワイルドワンズ」のリーダーで、音楽プロデューサーの加瀬邦彦さん(享年74)。突然の訃報にファンからは驚きの声が上がっているが、加瀬さんは今月に入り体調が優れず、精神的に不安定だったという。

「加瀬さんは昨年2月に下咽頭がんを発症。“恩師”の加山雄三さんの助言で同3月に声帯を切除したそうです。ミュージシャンにとっての命である声を捨て、苦渋の選択で『延命』を優先させました」(芸能ライター)

 それが、自殺の引き金になった可能性もある。

「ミュージシャンが声を奪われたということが、より一層うつ状態に拍車をかけたのかもしれません」(都内の大学病院の精神科医)

 これは決して他人事ではない。警察庁の統計によると、2014年の自殺者は2万5427人で、70歳以上が約24%を占める。4人に1人の割合だ。うち約71%が「健康問題」を動機に挙げている。

 年老いて病を患えば誰だって、いつかは「延命」か否かの選択を迫られる時がやってくる。その「いつか」がいつくるのかは誰にも分からない。

「家族や周りの人の希望で延命治療を受けることが、必ずしも患者本人の『人生の質』を高めるわけではありません。15日に亡くなった愛川欽也さんのように、自分らしく生きることを優先し、延命治療を拒否する選択肢もあるのではないでしょうか。個人の死生観の問題ですが、薄い意識の中で生かされるような状態をよしとしないのなら、その意思を周囲にあらかじめ伝えておいた方がいいでしょう」(全国介護者支援協議会理事長の上原喜光氏)

 必ずしも「命あってこそ」とは言えないのかも知れない。   


Posted by いざぁりん  at 23:46
こちらです。
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/173174/1
(以下は、コピーです)
「マリー・アントワネットかよ」――ネット住民もカンカンだ。安倍首相が8日の衆院予算委で、パートで働き始めた妻の月収を「25万円」とトンチンカンな例え話をしたことで、ネット上では、「貧困の実態を分かっていない」と非難囂々だ。庶民感覚からズレまくっているボンボン首相に任せていたら、庶民は殺される。

■首相は庶民感覚ゼロ

 8日の衆院予算委で、第2次安倍政権の方が実質賃金の減少率が高いと野党から指摘された安倍首相は、「私が50万円、妻が(パートで)25万円だったら75万円に増えるが、2で割って平均は下がる」などと下手な答弁をした。この発言にネット住民が噛みついているのだが、怒って当然だ。ボンボン育ちで月給200万円超の安倍首相は、パート主婦の「103万円の壁」をご存じないらしい。

 カツカツの家計を支えるためにパートに出る主婦のほとんどは、税金がかかって“働き損”にならないよう、年収を103万円以下に抑えるように計算して働いている。月平均8万6000円というわけだ。

 安倍首相は夫の月収を50万円とも例えたが、厚労省が8日発表した昨年11月の毎月勤労統計調査(速報)によると、現金給与総額は平均27万4108円、パートタイマーは9万6638円だ。いかに例え話とはいえ、安倍首相の認識は「パンがなければケーキを食べればいい」と言い放ったマリー・アントワネット並みにズレまくっている。

 庶民感覚が抜け落ちているからだろう。安倍首相は10日のNHKの番組で、来年4月に予定する消費税率10%について「前回のような景気判断は行わず、予定通り引き上げていく」と言い切った。

 経済評論家の荻原博子氏は「夏の参院選が近くなったら『消費税は上げない』などと人気取りに使う狙いがあるのかもしれませんが」と前置きしてこう続ける。

「消費税5%→8%の増税で、個人消費は完全に冷え切った。それなのに安倍首相は新3本の矢などと絵空事を唱えています。個人消費が約6割を占めるGDPをどうやって600兆円にするというのか。庶民の現実の生活が見えていない証拠でしょう。増税に加えて社会保険料の負担増、給料は上がらないのに物価は高騰と、家計はとっくに干上がっています。今の状況で消費増税なんて無謀と言うほかない」

 庶民は死ねと言わんばかりだ。実際、97年に消費税を3%→5%に引き上げた翌年は年間自殺者数が前年比で8000人以上も増え、初めて3万人を突破。景気の悪化が主因とされている。

 安倍バブルに沸いた12年以降は2万人台に減ったものの、今は97年当時の状況に似てきている。中国リスクに原油安もあって、円安頼みの日本経済は円高・株安と危機に直面。アベノミクス不況に消費増税で、またぞろ自殺者が3万人を突破する恐れもある。

 消費増税の旗振り役、麻生財務相もかつてカップ麺を「400円」なんて“セレブ発言”で、ヒンシュクを買った過去がある。庶民感覚ゼロ、見殺しにするだけの安倍政権は、マリー・アントワネットのように断罪されてしかるべきだ。  


Posted by いざぁりん  at 23:46
こちらです。
http://www.iza.ne.jp/kiji/politics/news/160215/plt16021513580012-n1.html
(以下は、コピーです)
 自民党の宮崎謙介衆院議員(34)=議員辞職を表明=が、妻で同党の金子恵美衆院議員(37)の出産直前に不倫していた問題で、不倫相手の女性タレントが15日、情報番組「白熱ライブビビット」(TBS系)のインタビューに答えた。

 女性はバレエのインストラクターを務めており、顔出しはNG。12日に宮崎氏の辞職会見をテレビで見ながらインタビューに応じた。

 女性によると、2人は1月4日に国会内で行われた和服の着付けで女性が宮崎氏を担当し初対面となった。宮崎氏は「着付けってどうやるの?」などと言って手を握り、積極的にアプローチしてきたという。

 その後、フェイスブックに共通の知人がいることから友達申請をすると、宮崎氏から激しいアタックが始まった。LINEでのやりとりは「『おはよう』から始まって1日に400回ぐらいきた」。「会いたくてソワソワしてるが今日は我慢しとく。私のど真ん中はソナタ」などのメッセージを送ってきたという。

 2人は都内で2回密会し、金子議員が切迫流産で緊急入院した翌日も会っていた。ベッキーの不倫報道を受け、宮崎氏が「LINEの会話を消そうとちょくちょく言われるようになった」と“証拠隠滅”を持ちかけてきたことも明かした。宮崎氏の別の不倫相手についての話も「聞いていた」という。

 女性は「家庭を壊そうとか、奥さんと別れてとはこれっぽっちも思ってなかった」「私と出会わなければこんなことにならなかったのかなと思うと、出会わなければよかった」と涙ながらに詫びた。
  


Posted by いざぁりん  at 02:37
こちらです。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160214-00000087-spnannex-ent
(以下は、コピーです)
 不倫疑惑騒動のため休業したタレントのベッキー(31)がパーソナリティーを務めるTOKYO FM「ベッキー♪GO LUCKY」(日曜前9・30、FM OSAKAなど日曜前8・30)が14日、最終回を迎えた。いつも通り、明るく番組を進行したが、最後まで騒動には触れなかった。

 休業は1月30日付で、所属事務所が今月5日に文書で正式発表。レギュラーを務めたテレビ番組10本の休演は、既に各局が発表。唯一残っていたのがこのFMラジオで、休業の正式発表とともに14日で終了することが判明。騒動の影響で、番組が打ち切られるのは初となった。

 番組冒頭、ベッキーは「元気のおすそ分けをテーマに、昨年の4月からお送りしてきた『ベッキー♪GO LUCKY』なんですけれども、実はきょうが最後の放送となります」と自ら報告。理由には触れなかった。

 有名人の言葉を紹介する「セレブリティ・ファイル」、リスナーの悩み相談「音楽の処方箋」のコーナーは休止。いつもは3曲だが、この日は矢野顕子(61)「春咲小紅」、NakamuraEmi「YAMABIKO」、森山直太朗(39)「さくら(独唱)」、最後は感謝の意味を込めたのか、SMAP「ありがとう」と4曲をかけた。トークは激減した。

 エンディングで「私は1人でラジオをやるというのが夢だったので、こうやって自分の番組が持てたこと、本当にうれしかったです。番組というより、自分のお部屋のような感覚で、リスナーの皆さまともつながっているなぁと、毎週温かく感じておりました。今までリスナーの皆さまに本当にたくさんのメッセージやメールを頂きました。ありがとうございます」と感謝。涙などはなく「またどこかでお耳にかかれればと思います」と別れを告げた。  


Posted by いざぁりん  at 02:37
こちらです。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160214-00000008-mai-soci
(以下は、コピーです)
 介護疲れなどが原因とされる殺人や無理心中の約7割は男性が加害者であることが、日本福祉大の湯原悦子准教授(司法福祉論)の調査で分かった。過去18年間に国内で起きた事件の記事データベースから分析した。在宅介護の担い手の約7割は女性とされているが、女性よりも男性の方が介護によって追い詰められやすいことをうかがわせた。【渋江千春、向畑泰司】

【介護状況や動機など…】介護殺人44件の一覧

 湯原准教授は今年1月、1998~2015年の18年間に、60歳以上の被介護者が家族・親族に殺されたり、死亡させられたりした事件を毎日新聞など30紙の過去記事を基に集計した。介護による疲れや将来への悲観が背景として疑われるケースに絞っている。

 その結果、全国で発生した介護殺人や心中は計716件だった。夫婦間333件(47%)と子が親を死亡させたケース331件(46%)が大半を占めた。

 加害者の性別をみると、男性512件(72%)、女性194件(27%)、不明か複数犯10件(1%)と男性の多さが際立っていた。

 夫婦間の事件では、加害者が夫だったのは240件(72%)に対し、妻は93件(28%)だった。子が親を死なせた事件でも、息子235件(71%)と娘の夫10件(3%)を合わせて7割以上が男性だった。一方、女性の内訳は娘76件(23%)と息子の妻10件(3%)。また、介護殺人や心中は98年は24件、99年は29件だが、近年は40~50件で推移している。

 厚生労働省の13年の調査によると、在宅で介護をしている人の性別は約7割が女性だ。男性の比率は増える傾向にあるが、介護家族の中では依然として女性が中心になっているという。湯原准教授は「仕事中心で生きてきた男性は悩みを周囲に打ち明けることが少なく、孤立するケースが多い。介護の負担を抱え込んで、うつ状態になりやすいのではないか」と分析している。

 ◇相談や支援必要

 介護者支援のNPO法人「つどい場さくらちゃん」(兵庫県西宮市)の丸尾多重子理事長の話 在宅介護での悩みは女性より男性の方が深刻だ。介護は思い通りにいかないことが多く、孤独な作業。家事や育児に不慣れな男性ほど戸惑いやすい。介護をしている男性特有の事情を踏まえた相談の場や家事支援がもっと必要だ。

 ◇認知症の妻に暴力…80代男性が後悔

 介護現場では男性特有の悩みや苦労もあるとされる。認知症の妻に暴力をふるっていた兵庫県の80代男性が振り返る。「仕事と同じ感覚で、介護も完璧にこなせると勘違いしていた」

 2007年にアルツハイマー型認知症と診断されてトイレにも行けなくなった妻を、男性は一人で介護していた。

 ある日、便で汚れた妻を入浴させようとしたが、暴れるように拒んだ。妻をひっぱたき、無理やりに浴室へ連れていった。他にも介護がうまくいかないと、妻に手をあげた。妻が認知症になるまでは暴力などふるったことはなかったという。

 男性は建設会社で定年まで約40年働き、現場監督として数十人の部下をまとめていた。欠陥のない仕事をし、従業員の安全も確保するため、決められた手順を厳守してきた。妻の介護でも1日の計画や手順を細かく決めた。しかし、介護は思い通りではなかった。

 朝起きると、妻がおむつから便を垂れ流し、部屋中の畳が汚れていた。深夜には突然起きて奇声を発した。降ってわいたような出来事に、男性は頭が真っ白になり、落ち込んだ。次第に妻にいらだつことが多くなり、いつの間にか手をあげた。

 男性は誰にも相談しなかったが、疲れ切った姿を見かねたケアマネジャーに強く勧められ、妻を施設に入れた。経済的に余裕があったこともあり、施設が見つかるのにそう時間はかからなかった。

 男性は悔やんでいる。「全てを一人で抱え、自分を追い込んでいた。妻に申し訳ない」

 約13年前に脳内出血で倒れた妻を自宅で介護している大阪府大東市の鷲尾良孝さん(68)も慣れない介護生活でストレスをため、追い詰められたという。

 約30年勤めた食器販売会社をやめ、スーパーの買い物かごを洗う会社でパートの仕事をしながら一人で妻を介護することにした。

 しかし、仕事を終えて帰宅してからの食事の準備、便で汚れた妻のシーツの洗濯などに追われた。夜中に何度もトイレ介助をして寝不足になり、職場で居眠りすることもあった。自分の時間がほとんどない暮らしに疲れ切り、次第に妻への口調はきつくなった。「死んでもいい」と考えることもあった。

 約6年前、ケアマネジャーの勧めで、男性介護者が集う民間の「陽だまりサロン」(大東市)に参加した。鷲尾さんは、他の男性も介護や家事に苦労していることを知る。つらさを他人に理解してもらい、気持ちがすっとしたという。今は旅行などで気分転換し、妻と向き合えているという。

 陽だまりサロンの代表になった鷲尾さんは言う。「男性の多くは悩みを相談するのが苦手だ。一人で介護をする男性には仲間と愚痴を言い合う場が必要だ」  


Posted by いざぁりん  at 02:37
すごいです。
児童虐待です。
http://jin115.com/archives/52119105.html

  


Posted by いざぁりん  at 02:36
こちらです。
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160215-00001468-cakes-soci
(以下は、コピーです)
美人バイオリニストとして有名な高嶋ちさ子さんの育児コラムが話題です。自由な教育が主流のイギリスからみたスパルタ教育についてMay_Romaさんが語ります。

【その他の画像はこちら】


美人バイオリニストとして有名な高嶋ちさ子さんが新聞に掲載した育児コラムが大炎上しています。

子供『どうせ僕は豚なんでしょ』『発表会で間違えたら殺すんでしょ』 虐待レベルのヒステリー持ち、高嶋ちさ子にとってDSを折る事は反射的行動。

この事件を簡単にまとめると、高嶋ちさ子さんの長男が、約束以外の時間にDSをやっていたので、お仕置きのためにDSをバキバキに破壊し、ついでにチェロの練習をサボった弟の分も目の前で破壊したところ、子どもたちが悲鳴を上げたとのことです。

DS を破壊されて反省したお子さんは翌週算数のテストで満点を取り、同級生の母親たちからは「子供には本気を見せないとだめなんですね」というメールが来たということが書かれています。

高嶋ちさ子さんのTwitterをみると、子供の日記や宿題をビリビリに破り捨てた、子供に家出すると言ったという、星一徹のような生活が書かれています。

ちさ子さんの育児コラムが大新聞に掲載されたのもドン引きですが、DS破壊を少なからず賞賛している親がいることにちょっとした恐怖を覚えました。

確かに子供に厳しくすることは、子供の才能を最大限伸ばしてやりたいという親心であり、愛情の裏返しだというのはわからんでもありません。

英語圏ではイェール大学法科大学院教授で中国系移民の二世であるエイミー・チュア教授が2011年に出版したタイガーマザーという書籍が大きな話題になりました。チュア教授は子供に遊びを禁止し、楽器の練習や勉強を徹底的にやらせるというスパルタ教育をやり、娘さん達は学業でも音楽でも大成功します。

先進国では子供の良い所をほめて、好きなことを選択させる、詰め込み教育はしない、自尊心を尊重するために一方的な否定はしない、というのが育児の主流になっています。要するに褒めて伸ばすという方式なのですが、チュア教授の手法はその正反対です。

しかし褒めて伸ばす方式のアメリカやイギリスの白人の子供は、学業や芸術で中国系に劣ることがよく知られています。権威のある大学の教授が、自分の娘達を、正反対の方法で教育して大成功したことで、スパルタ式にも意味があるんじゃないか、いや、スパルタ式には問題がある、という議論が起こります。

確かに子供を有名校に入れたり、スポーツや音楽で成功させたい場合、親が厳しく指導せざる得ない場合もあるわけですが、厳しく鍛錬することが、どの子供にとっても良いかどうかというのは、数十年たってからわかる、取り返しがつかないことになる、誰にも向くわけではない、というのは心に留めておいた方が良い気がします。

カルフォルニア大学の心理学の学者が589人の中国人の子どもと親を調査したところ、親が厳しい子供は、うつ病にかかりやすく、自己イメージに大きな問題を抱える傾向があるという調査結果が出ています。

親が厳しく教育すれば結果がでる子供がいる一方、常に自分を否定され、もっとできる、完璧ではないとなじられるために、自分自身を肯定することができません。成長してからいくら仕事をしても達成感が感じられなかったり、自分に自信を持つことができないので、精神的な問題を抱えます。

カルフォルニア大学で実施された別の調査では、ロサンゼルスに住む5,000人以上の中国系、ベトナム系、メキシコ系の移民二世に対する調査を行なったところ、中国系の移民は他の人種グループよりも教育レベルが高いが、一方で、学業が思わしくないと中国系コミュニティの中で孤独を感じ、孤立してしまう、という結果がでています。

高学歴や移民の親の間では、高学歴、多くの資産を持つという「狭い指標」が成功の定義になってしまうため、そこからこぼれ落ちる子供は、自己否定するばかりか、自分の民族的コミュニティから孤立し、自分の人種的背景や文化すら否定します。

成功に関して「狭い指標」を重視する中国系の親達にとって、芸術や自分が好きなことで生計を立てることは「成功」の定義にはいらないので、芸術家を目指す子どもや、職人の様な仕事は否定されます。

家族であっても自分は自分、人は人です。精子と卵子が受精した瞬間からそれは別の生命体であり、好きなものも、向くものも、勤勉さもすべてが違います。

何が楽しいか、何が幸せかはその人によりけりで、ヒップホップが好きな人間にメタルを聴かせてもそれは拷問でしかないわけで、誰もが有名校に入ってテレビに出て金を稼げば心が満たされるかというと、そういうわけでもありません。

そもそも人間の欲求というのは思った以上にシンプルで、腹が満たされて、好きな人に囲まれ、好きなことができれば、それでもう幸せ、だったりするのですが、いざ、自分の体が動かない、あと数年しか生きられませんとなって、そういうことに気がついたりするわけです。

私個人としては、デイサービスや老人ホームや救命救急センターで、体が動かなくなったり、家族の判別すら困難になったような老人たちが「好きなことをしたかった」とつぶやく姿をみているので、中国系の親達のスパルタ方式には、人生の短さや儚さを考えると、だから何だという感想しかありません。

音楽そのものよりもエキセントリックなキャラが売りのちさ子さんがバイオリンも引ける鬼親としての活躍も視野に入れているのかどうかはわかりませんが、成長した息子さんたちに汎用機で殴打されないことを祈念いたします。

ところで以下はイギリスのNSPCCという児童虐待防止団体による子供の心理的虐待の定義です。

Emotional abuse Signs, symptoms and effects

Emotional abuse is the ongoing emotional maltreatment or emotional neglect of a child. It’s sometimes called psychological abuse and can seriously damage a child’s emotional health and development.Emotional abuse can involve deliberately trying to scare or humiliate a child or isolating or ignoring them.

Children who are emotionally abused are usually suffering another type of abuse or neglect at the same time – but this isn’t always the case.

感情的な虐待は、児童を感情的に不適切に扱うこと、感情的な無視のことを指します。これは心理的な虐待と呼ばれることもあり、児童の心の健康や発展を深刻に阻害することがあります。

感情的な虐待には児童に意図的に恐怖心を与えたり、バカにすること、孤独にすること、無視することを含みます。

感情的に虐待されている児童は、それ以外の虐待や無視を受けていることもありますが、常にそうだとは限りません。  


Posted by いざぁりん  at 02:36
こちらです。
http://laughy.jp/1429190913409100717
(以下は、コピーです)
彼女自身が「桐朋の落ちこぼれ」と公言している
彼女は早々に演奏家としての道をあきらめ、自身のキャラクターを生かした職業としてタレントを選んだだけ。

出典:高嶋ちさ子ってバイオリンどのくらい上手いんですか?
  


Posted by いざぁりん  at 02:35