京つう

  イベント  |  伏見区

新規登録ログインヘルプ



消費税は、廃止しなければなりません。
http://jisin.jp/serial/社会スポーツ/POL/23308
(以下は、コピーです)
「もともと自民・公明・民主の3党合意で決まった消費税増税です。しかし消費税を上げたことで経済が悪化しているいま、臨機応変な対応をすべきなんです。8%据え置きなんて生ぬるいんです」

本誌記者にそう明言したのは、民主党で筆頭副幹事長を務める馬淵澄夫議員(55)。民主党政権時には国土交通相も務めた馬淵議員は、民主党内での政策決定において今なお大きな影響力を持つ。来年4月に10%に引き上げられる消費税。しかし馬淵議員は今月1日、自身のブログでこれに待ったをかけ、「消費増税を5%に戻します!」という政策をぶち上げた。

《(前略)景気回復のために2年間の特例措置で5%へ引き下げる》

《いち早く、民主党が、(消費税増税の)凍結のみならず引き下げまで検討、言及すべきだ》

このままの消費増税に異を唱える声は、政府内からもあがっている。2月26日、菅義偉官房長官(67)は記者会見で「税率を上げても税収が上がらないようでは、消費税をあげることはあり得ない」と述べた。増税によって買い控えが起きれば、結局税収が上がらない。そう見込まれるのなら、消費増税はしない、と言及したのだ。経済の成長を表す日本のGDP(国内総生産)の成長率は、昨年10月~12月期で減少している。

しかし今月3日に行われた参院予算委員会で、安倍晋三首相(61)は「リーマン・ショック、震災ほどの事態にならないかぎり消費税は予定どおり引き上げる」と言明。その発言に対して、「いま、まさにそういう事態が起ころうとしているんです!」と警告するのは経済アナリストの森永卓郎さんだ。

「このままGDP成長率が落ちていけば、’08年のリーマン・ショック以来の“2年連続の経済悪化”になるんです。増税を行えば、3年、4年とGDPマイナスが続いていく。日本経済を救うためにも、消費税は5%に下げてしかるべきでしょう」

消費税率がさがることは、一見消費者にとってはうれしいこと。だが今月、自民党は消費増税を前提として軽減税率の導入を盛り込んだ予算案を、衆院で通過させたばかり。増税を取りやめれば、これまでの軽減税率の議論は全くのムダになる。10%への増税法案の可決をしながら、水面下で増税取りやめに動いているのだとすれば、これまでの国会審議そのものが“茶番劇”だったということだ。政治評論家の有馬晴海さんは、こう語る。

「これらの消費税増税への反対政策は、 選挙で票を集めるための党利党略。安倍首相は何が何でも自分の手で憲法改正をしたい。そのために、夏の参院選で議決に必要な3分の2以上の議席を参院選で獲得したい。そこから“増税をやめる”というシナリオも生まれているんです」

また菅官房長官の“増税凍結”発言の裏には、安倍首相の巧妙な打算が見え隠れするとも有馬さんは続ける。

「日本の増税による財政再建はいわば国際公約。増税の取りやめは、国際的な信用を失うことになりまねません。ですから、安倍さんは増税の取りやめを自分からは決して言い出さないのです。菅官房長官に増税延期をにおわせるような発言をさせて、有権者の様子を見ているのでしょう。国民のためではなく、首相は自身の野望を達成するために“増税延期”を引き合いに出しているんです」

改憲のため、そして議席獲得のための増税凍結だとすれば、国民生活を考えての決断ではないに等しい。馬淵議員は減税実現に関して、本誌にこう答えた。

「国民の危機的状況を救うためにも、実現させるべきです。責任を持って、粘り強く訴えていきたいと思います」

本当に国民のための減税ならば大歓迎なのだが……。
  


Posted by いざぁりん  at 00:54
この種のコラムは、強者の理論に基づいた、独善的ゆえ一般化できない、間違った議論です。
余程の先駆性が無い限り、わずかしか起こりえない事象を、一般化してはなりません。
大学に行かなくても成功を掴める人は、わずかしかいません。
野心がある人も、わずかしかいません。
現在の大学教育に、質的低下があるのならば、質を高めることで、問題を解決しなければなりません。
学位の価値が下がっているのならば、学位の価値が上がるように、教育を充実させればいいのです。
日本では、学歴フィルターがありますから、高卒者や偏差値の低い大学の出身者は、圧倒的に不利な位置にいるのです。
そもそも、先進国の大学進学率は70%ですし、オーストラリアに至っては94%です。
日本は、たった50%しかない大学進学率を、もっと高めて、オーストラリア以上にしなければなりません。
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=210&id=3895141&from=pickup_news
(以下は、コピーです)
1990年代初頭までは20%台だった日本の大学進学率は、2009年に50%を超え、いまや「大学全入時代」とまで言われています。子どもを大学に行かせることが当たり前になり、「進学にお金が掛かりすぎる」という理由で結婚や出産を諦める人もいるほどです。

しかし低レベルの大学は教育研究機関というより、ほとんど学位ビジネスになっているという手厳しい指摘もあります。理系学部など専門性の高いコースを別とすれば、本当に「大卒」の学位は必要なのでしょうか。(文:夢野響子)

「カネや時間をかけなくても、よいコネは作れる」と起業家

2月25日付のEntrepreneur 誌では起業家のプラティック・ドラキヤ氏が、キャリアを築くために「学位は本当に必要か」という疑問を投げかけています。もしもあなたの思い描くキャリアが、学位を絶対的には必要としない場合、みんなが行くからといって、あなたも大学へ行く必要はないのではないかというのが彼の主張です。

もちろん経験不問の求人などでは、学位があると有利です。たとえば新しい劇場のアシスタントディレクターの求人に100人の候補者が応募した場合、学士号を持つ30人がまず上位に食い込むでしょう。そこから先へ進むのは、もっと上の学位をもった数人に絞られるかもしれません。

しかしドラキヤ氏は「それは学位を必要とする理由にはならない」と言います。成功に本当に必要なのは、純粋にキャリアを築くためのもっと創造的な方法、そして誰にも負けない野心だからです。

2014年の米国経済政策研究所のデータによれば、大卒者はそうでない者より時給で98%以上多くを稼いでいるそうです。トータルでいえば、明らかに大卒者の収入は高めです。大学生活に時間とお金を費やしてきているのですから、当然かもしれません。運よく築いた人間関係をコネに、就職にこぎつけられる場合もあるでしょう。

しかし「成功したい」という野心を持った人は、多額の費用を大学教育にかけず、興味の持てない授業に時間を割かなくても、よいコネを自分で作り出すものだということを、このような統計は見落としていると彼は言います。キーワードは「育てる」こと。情熱は人々の心に宿っているもの。要はそれを育成する準備ができているかどうかです。

成功に必要なのは「自分の好きなことを見極めること」

とはいえ18歳の段階で、人生の正確な軌道をつかめる人はいないでしょう。そのために親や学校の勧める無難な道へ慣習通りに進むのですが、「それが唯一の考え方ではない」とドラキヤ氏は言います。一般的な学生にとって、大学生活は自分を見つけ出す時間。しかし大学へ行く行かないにかかわらず、自分探しはこの年齢では誰もができることなのです。

ドラキヤ氏の意見では「成功に必要なのは、自分の好きなことを見極めること」。好きなことはふつう、得意なことでもあります。そしてそれを達成可能な、理にかなった方法で磨けばいいのです。

テニスが大好きでもウィンブルドンで勝つ実力がない場合は、最高のテニスインストラクターを目指すのです。そこには仕事としての需要があり、十分な生活費を得られ、達成可能なゴールといえます。

自分の心に素直に従った時の理想的なキャリアに、学位が本当に必要かどうか。もし不要なら、大学へ行く代わりの4年間でキャリアのヘッドスタートを切れば、成功への手がかりは得られるはずだと彼は結んでいます。

ホリエモンも「そこまで価値のある大学?」と疑い投げるが

日本でも、ホリエモンこと堀江貴文さんが、借金してまで大学に進学することに対して疑問を呈し、「そこまで価値のある大学なのか?」と疑いを投げかけています。

これに対する反論としては「自分には好きなことも得意なこともない」「とりあえず就職するためには大学に行った方が有利」というものです。いずれもドラキヤ氏やホリエモン氏が対象にする「野心のある人」ではなく、それもひとつの生き方なのかもしれません。

そういえば、大学を中退してマイクロソフトを創ったビル・ゲイツも、明確な目標のない限り、大学は卒業しておく方がいいと言っていました。
  


Posted by いざぁりん  at 00:53
こちらです。
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160311-00825252-number-spo&p=1
(以下は、コピーです)

 テニス界で絶大な人気を誇るマリア・シャラポワ(ロシア)が1月の全豪オープンでのドーピング検査の検体から、禁止薬物『メルドニウム』の陽性反応が検出されたことを発表した。偶然にも同時期に、フィギュアスケートのアイスダンスのエカテリーナ・ボブロワ(ロシア)も同じ薬物での違反が発表されている。

 陸上や自転車などと異なり、ドーピングとは比較的縁のない競技での相次ぐロシア人選手の違反、そしてテニスだけではなくスポーツ界全体でも人気のシャラポワの薬物使用とあり大激震が走った。

 「今まで飲んできた常用薬がたまたま世界反ドーピング機関(以下WADA)の禁止薬物になったことに気づかなかっただけでは」

 シャラポワの記者会見を見て、彼女の言葉を額面通りに受け取り、こう考えた人もいたかもしれない。しかし今回の件には、不可解、そして疑問符がつく部分がとても多い。
.

居住する米国では販売禁止の薬をなぜ10年も?

 今回シャラポワが陽性反応を示したメルドニウムは、ラトビアの医師が開発した狭心症の薬で、ロシアを中心に東欧諸国で販売されている。昨年のロシア人の死因の第1位は心疾患という結果をみると、この薬がロシアで流布し、常用薬として摂取している人がいることは理解できる。

 しかし20年以上も米国在住の彼女が、なぜ家族のかかりつけの医者に米国では販売が許可されていない薬を10年もの間、処方してもらっていたのだろう。糖尿病や不整脈の治療のためならば、米国にも認可されている薬はあるはずだ。

 シャラポワやボブロワの違反を受けて、ロシア陸連で働いていた知人は「ロシアでは安価で簡単に手に入る薬。みんなビタミン剤のように飲んでいるものなのに、WADAが禁止リストに入れるなんて馬鹿げている」とツイッターで噛みついていたが、シャラポワも同じような認識だったのだろうか。

 だが、特定の地域で飲まれている薬物やハーブなどで違反になった際に、「うちの庭で採れた薬草を飲んで何が悪いんですか。近所の人もみんな体調が良くなるって言ってます。自然の物で手作りですからドーピングじゃないです」と言ってももちろん通用しない。試合が国際基準のルールに則って行なわれるように、ドーピングにも明白なルールがある。今回の問題は、ロシア基準が世界のルールから大きくかけ離れていることを露呈してしまった。


禁止リストの公開、そして5度にわたる連絡。

 シャラポワは会見で、禁止薬物が掲載されているHPのリンクをメールで受け取ったが確認しなかったため、メルドニウムが1月から禁止薬物になったことを知らなかったと話している。

 WADAが急に決定し、周知が徹底されていなかったのでは、選手はむしろ被害者なのではと思った方もいるかもしれない。しかし、確かに施行は1月1日だが、昨年9月には新たに禁止リストに入る薬物が指定され、WADAや国際テニス連盟(以下ITF)のホームページなどにもその旨が掲載されている。

 またITFの広報に問い合わせたところ、ITFと女子テニス協会(WTA)は12月3日、7日、11日、22日、29日と5回にわたって、1月からのドーピング規則の変更について選手に連絡をしたと返答があった。

 シャラポワはIMGアカデミーという巨大スポーツ組織に所属し、練習はもちろん、メディカル面でも手厚いサポートを受けている。そのような環境にありながら、チームのドクターやトレーナーが常用薬を把握できていないうえに、上記のような連絡を無視しているのは、残念ながら管理不足というしかないだろう。
.

ロシア選手の6分の1が心疾患とは考えづらい……。

 今回の薬物「メルドニウム」が、シャラポワだけではなく、アイスダンス、スピードスケート、自転車などのロシア人選手や、エチオピアの陸上選手から検出されていることも興味深い。研究者たちの分析によると、この薬は持久性を高めたり、故障後のリハビリを助ける作用もあるという。

 昨年のドーピングの検体分析によると、ロシア選手から集められた4316中724の検体、つまり、およそ6人に1人からメルドニウムが検出されている。ドーピング検査を受けるほどのエリート選手の6分の1が心疾患などの病気を抱えている、とは考えづらく、治療目的というよりもむしろ競技力の向上を目的に使用している選手が多いのでは、と考えるのが普通だろう。
.

テニス連盟の処分はひとまず評価できる。今後は?

 今回の問題に関し、ITFが国際陸連のように隠蔽工作をせず、きちんと処分を下す姿勢を見せたことは評価できる。しかし今回の問題を3月2日にシャラポワに通達したにもかかわらず、組織としての公式発表を控え、シャラポワの会見後に声明を発表したことには疑問符をつけざるをえない。広告価値の高いシャラポワのイメージを守りたいという意識が働いたのだろうか。

 シャラポワには12日以降、暫定の資格停止処分が下されるが、ITFは「処分の期間などについては未定」と話している。治療目的で、故意ではないことが証明されれば警告で3~9カ月、そうでなければ1~2年程度になるだろう。

 昨今のロシアを中心にしたドーピング問題を受けて、世間の目は厳しくなっている。彼らが下す処分はイコールITFのドーピング問題に対する方針になるのだろうか。興味深く見守りたい。
  


Posted by いざぁりん  at 00:52
こちらです。
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=3894749&media_id=3&from=category_news
(以下は、コピーです)
 世界文化遺産・東寺(京都市南区)近くの歩道にキャベツが自生し、近所の人たちも「なぜこんなところに」と首をかしげている。近所の人によると、キャベツが生え始めたのは昨年6月ごろから。舗装された車道と歩道のコンクリートの隙間にあるわずかな土に根をはっており、厳しい環境をものともせず成長する姿に“ど根性キャベツ”と呼ぶ人もいる。


 京都市南区役所の職員によると、周辺では少なくとも6個のキャベツを見つけることができるという。


 なぜ、道路にキャベツが生えているのか。同区内でキャベツなどを栽培している農家の男性(60)は「鳥がタネを運んできたのではないか」と推測。キャベツについて、「通常より成長は遅いが、おそらく品種は秋冬キャベツ。昨年6月ごろに根付いて、徐々に育ったのだろう。よく頑張っているなと思う」と話していた。今年4~5月ごろには黄色い花が咲くかもしれないという。


 近くでオーガニック製品などを扱う会社を経営する女性(42)は「最初は小さな芽が出ていたが、いつの間にかこんなに育った。これからも、静かに見守ります」とほほえんでいた。
  


Posted by いざぁりん  at 00:52
サンテレビ 4月8日(金)から毎週金曜 午後11:30~。
http://www.tbs.co.jp/anime/sakamoto/onair/
  


Posted by いざぁりん  at 00:51
復帰のための工作でしょうか?
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160311-00000004-dal-ent
(以下は、コピーです)
 ロックバンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音との不倫騒動で休業中のベッキーが、川谷の夫人宛てに謝罪の手紙を送っていたことが10日、分かった。

【写真】ベッキーの“後釜”に早々に収まったのは…

 関係者によると、手紙の内容は今回の不倫をわびるもの。すでに2人は交際を絶っているとのことだが、夫人へのケジメとして、川谷の所属事務所を通じて送った。ただ、夫人のもとに届いているかは分からないという。

 騒動内容を鑑み、直接の謝罪ではなく、手紙を通じた形に落ち着いたようだ。

 また、この件に所属事務所は「一切、お答えできない」としている。

  


Posted by いざぁりん  at 00:50