京つう

  イベント  |  伏見区

新規登録ログインヘルプ



アメリカ大統領が誰になろうとも、在日米軍は撤退させ、安保と安保法制は廃止し、自衛隊も廃止して、日本の非同盟・非武装中立を、実現しなければなりません。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160327-00000008-jij-n_ame
(以下は、コピーです)
米大統領選の共和党指名争いで首位を走るドナルド・トランプ氏(69)は、大統領に就任した場合、日本が駐留経費の負担を大幅に増額しなければ、在日米軍を撤退させる考えを示した。

 米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)が26日に掲載したインタビューで語った。

 トランプ氏はこれまでも「日米安全保障条約は不公平だ」と負担増を求める意向を示していたが、米軍撤退の可能性に言及したのは初めて。

 インタビューで、日米安保条約について「片務的な取り決めだ。私たちが攻撃されても、日本は防衛に来る必要がない」と説明。また「米国には巨額の資金を日本の防衛に費やす余裕はもうない」と述べ、米国の財政力衰退を指摘した。

 その上で、インタビュアーが「日本は世界中のどの国よりも駐留経費を負担している」とただしたのに対し、「実際のコストより、はるかに少ない」と強調。さらに「負担を大幅に増やさなければ日本や韓国から米軍を撤退させるか」と畳み掛けられると、「喜んでではないが、そうすることをいとわない」と語った。  


Posted by いざぁりん  at 08:49
話し合いを、しなければなりません。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160326-00000097-jij-kr
(以下は、コピーです)
北朝鮮軍前線大連合部隊の長距離砲兵隊は26日、韓国の朴槿恵政権に対する「最後通告状」を発表し、金正恩第1書記ら首脳部への攻撃を想定した演習について「公式謝罪」や責任者の「公開処刑」を要求した。

 その上で、応じなければ「軍事行動に移る」と威嚇した。朝鮮中央通信が伝えた。

 北朝鮮の祖国平和統一委員会は23日、朴大統領を「除去」するための「報復戦」に入ると警告。25日には青瓦台(韓国大統領府)などを標的に想定した砲兵隊の大規模演習が行われたと伝えられており、脅迫の度合いをさらに強めた格好だ。   


Posted by いざぁりん  at 02:33
日本は、挑発には乗らず、話し合いを行わなければなりません。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160325-00000158-jij-int
(以下は、コピーです)
ロシアのショイグ国防相は25日、国防省内の会議で、クリール諸島(北方領土を含む千島列島)に今年、最新鋭の地対艦ミサイルシステム「バル」と「バスチオン」を配備すると明らかにした。

 配備計画はこれまでも伝えられていたが、時期に言及したのは初めてとみられる。

 国防相は、クリール諸島への太平洋艦隊(司令部ウラジオストク)の基地設営を検討する考えも示した。艦艇を4月に派遣する。新型の無人機(ドローン)を配備するとも語った。

 バスチオンは、ロシアが編入したウクライナ南部クリミア半島を皮切りに、順次配備が進められている。

 国防相の発言は、北東アジアにおける軍事的要衝としてのクリール諸島の重要性を強調し、日本の領土要求をけん制したものだ。北朝鮮情勢を受けてミサイル防衛を強化する日米韓のほか、海洋進出を活発化させる中国に警告を発する狙いもあるもようだ。   


Posted by いざぁりん  at 02:31
こちらです。
http://www.dailyshincho.jp/article/2016/03132330/?all=1
(以下は、コピーです)
■稼ぎ頭を失った事務所

 民放プロデューサーが、狭い芸能界がベッキーの醜聞で埋め尽くされていたころを思い返す。

「番組ひとつに1万件くらいでしょうか。泥棒猫、不倫女に略奪女。そんな文字が並んでいる苦情のメールをたくさん見ました。加えて番組スポンサー企業にも“なんでこんな女を出すんだ”って内容の抗議が殺到していた。スポンサーから物言いがつくようなタレントは使えませんよ」

 ベッキーを長年に亘って見守ってきたマネージャーは、そんな先行き不透明な将来に失望し、

「これまでのものがゼロどころかマイナスになって、CMなんてもっと辛いんです。デビュー前から担当して16年。残念で残念で」

 と、むせび泣く日々だという。むろんこの涙は事務所(サンミュージックプロダクション)の苦境の裏返しでもある。

 ベッキーは年平均8億円ほどの売り上げを誇り、それは事務所の総収入の4割に相当する。それがすっぽり剥がれ落ちたうえに、CMクライアントに対する違約金も積みあがっており、それは8億円レベルだというのだ。

「契約金の全額返却はもちろん、再撮影費用も支払わなければならない。7年前、同じ事務所の酒井法子が覚醒剤(取締法違反容疑)で逮捕されたときは、すでにベッキーが稼ぎ頭だったから難局を乗り越えられた。けれど今回は、彼女に代わるタレントがいない。だから、事務所存亡の危機なのです」(芸能関係者)
  


Posted by いざぁりん  at 02:29
こちらです。
http://www.dailyshincho.jp/article/2016/03132320/?all=1
(以下は、コピーです)
 2016年3月1日に日本ユニセフ協会が発表したコメントを受けて、ネット上では「週刊新潮」の記事に“捏造疑惑”が囁かれている。

 日本ユニセフ協会が発表したコメントとは、概要以下の2点である。

〈『ユニセフ関係者が特定個人の寄付履歴を開示した』との内容の記述が週刊誌に掲載されたが、当協会がそうした情報を第3者に開示した事実はない〉

〈掲載前に同誌から電話で連絡を受けたが、個人情報保護と法令順守の点から明かせないと伝えた。寄付の有無について肯定も否定もできない〉

 具体的な媒体名を挙げてはいないが、これが「週刊新潮」3月3日号に掲載された記事「ゲス川谷と決別!『ベッキー』の告解」の以下の記述を否定したと見られているのだ。

 ほとんど知られていないが、ベッキーはユニセフに自ら連絡してはコツコツ募金を続けてきた。

「そのお蔭で、すでにアフリカなどに5つほど校舎が建設されているのです。先日ある人を通じ、“苦しいでしょうが、何とか乗り越えてください”とメッセージを託しました。募金のことは決して口外しないでほしいと彼女からは念押しされていたのですが、いてもたってもいられず……」

 と、ユニセフ関係者は美談佳話を教えてくれる。だからといって、ベッキーに早期復帰の道が拓かれるかというと、そうたやすいものではない。 

 つまり、週刊新潮が報じた寄付話を日本ユニセフ協会が「開示していない」と発表したことから、“捏造疑惑”が生じたのだ。

 だが、日本ユニセフ協会の主張は、あくまで、公式に〈当協会がそうした情報を第3者に開示した事実はない〉というもの。すなわち、週刊新潮が報じた「ユニセフ関係者」による証言や、寄付行為そのものを否定しているわけではない。

 この捏造疑惑について、週刊新潮編集部に尋ねると「ユニセフ関係者から得た証言に基づき、日本ユニセフ協会へも取材を行いました。協会のコメントの通り、公式な形で認めてもらうことはできませんでしたが、情報には別の裏付けもあり、記事の信頼性は保たれていると判断し、掲載に踏み切りました」との答えが返ってきた。
  


Posted by いざぁりん  at 02:28
こちらです。
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=3912704&media_id=61
(以下は、コピーです)
 今夏の参議院議員選挙において、自民党の擁立で出馬すると報じられている乙武洋匡氏に、“下半身スキャンダル”が勃発した。24日発売の「週刊新潮」(新潮社)が、不倫相手という20代後半の一般女性との海外旅行、さらには乙武氏本人による「肉体関係もある」という“自供”までスクープしたのだ。乙武氏の誠実なイメージを覆すスキャンダルだけに、世間に大きな衝撃が走ることとなりそうだ。

 乙武氏といえば、1998年に出版した『五体不満足』(講談社)がベストセラーを記録。大学卒業後はスポーツライターとして活動し、また小学校教諭として教壇に立つ姿もメディアで伝えられていた。また、私生活では2002年に大学の後輩だった一般女性と結婚しており、現在は3人の子どもをもうけているが、その裏では不倫に勤しんでいたようだ。

「同誌では、乙武氏と女性が昨年のクリスマスから、カムフラージュのため男性を交えて3人で海外旅行をしていたことを詳報。現地では2人きりで行動していたものの、帰国後は別々に移動するなど、徹底して人目を避けていたそうです。さらにこの女性とは、出馬に際しての“身辺整理”のため、4年半に及んだ関係に“ケジメ”をつけたという証言も掲載されています」(芸能ライター)

 さらに記事では、乙武氏が自ら「肉体関係もあります。不倫と認識していただいて構いません」と関係を認める発言も飛び出した。

「乙武氏に近い関係者の間では、彼の“肉食ぶり”は有名な話でした。介護職員など、身近にいる女性を手当たり次第に口説いており、それは結婚後も変わっていない。5人の不倫相手がいたと本人も認めていますが、少なく見積もっても、こうした女性はその10倍、50人近くはいるでしょう」(ワイドショースタッフ)

 ちょうど1年ほど前には、乙武氏の不倫相手とみられるギャル風の金髪女性とのツーショット写真が流出したこともあった。

「この女性も、本人が明かした『5人』のうちの1人なのかもしれませんね。しかし、一度こうしたスキャンダルが発覚すると、他メディアの報道合戦によって、関係を持った女性自らが『私も』と挙手する可能性が出てくる。乙武氏も今後の身の振り方次第では、加藤紗里と川本真琴との三角関係で大炎上した、狩野英孝状態になってしまうかも」(同)

 乙武氏は2月に出演した『ワイドナショー』(フジテレビ系)で、当時騒動になっていた宮崎謙介元衆院議員の“ゲス不倫”報道について、「基本的に政治家のプライベートがどうであっても私はいいと思ってる」とコメントしていた。近い将来の出馬を見据え、自身も同様に妻以外の女性と関係を持っていたことが、こうした発言につながったのかもしれないが、少なくとも世間のイメージダウンは避けられないだろう。年始からさまざまな著名人の不倫が取り沙汰されているが、新たな“主役”が出現してしまったようだ。
  


Posted by いざぁりん  at 02:28
不倫ではないならば、男性を同行させる必要はなく、女性と海外旅行する必要もなかったはずです。
乙武氏は、一夫多妻を、実践していた、ということでしょうか?
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160326-00000061-nksports-ent
(以下は、コピーです)
 産婦人科医で性科学者の宋美玄氏(そん・みひょん=40)が、5人の女性と不倫関係を持ったことを認めた作家、乙武洋匡氏(39)とは友人だとして、乙武夫妻の間に特別な事情があったことをにおわせた。

【写真】乙武氏不倫でなぜ妻が謝罪? 鈴木紗理奈「建前感」

 乙武氏は「週刊新潮」で、5人の女性と不倫関係を持ったことが報じられて、24日に謝罪コメントを発表したが、妻の仁美さんも「妻である私にも責任の一端があると感じております」と一緒に謝罪したことについて、「奥さんは悪くないのに」と新たな批判が巻き起こっている。

 宋氏は25日にブログを更新し、乙武氏とは一昨年から「飲めばいろいろ話す仲」になり、家族を含むプライベートや性についてもいろいろ聞いていたと明かす。その上で、問題となっている仁美さんの「私にも責任の一端がある」発言について、「乙武さんが言及していたような産後のパートナーシップの変化などをきいていたので、奥様のおっしゃりたい意味は分かります」として、夫婦間で特別な事情があったことをにおわせる。「内容を詳しく書く訳にはいきません」としながらも、「夫婦間ではある程度それでうまく行っていたということもあるということです」と強調した。

 宋氏も、乙武氏が教育職についていたことや、出馬が取りざたされていたことから、公人としての清廉性が求められて、今回のスキャンダルで批判を浴びることはよくわかるという。だが、「私の視点では、夫婦双方でバランスが取れていたという面もあるので、公人だからと言って『あるべき夫婦の姿』と離れているという批判は当事者からみるとズレている可能性があるし、奥様のFAXも『言わされている』とかではなくある程度真意も分かる気がするのです」と繰り返し、だからこそ現在の乙武氏を取り巻く言説には「そうじゃないのだよね」と感じることもあると告白した。

 宋氏は「飲みの席で乙武さんが話してくれたことなので『守秘義務』がある訳ではないけれど、なにぶんプライベートなことなので奥歯にものが挟まったような表現になってしまい、申し訳ありません」とつづった。

 なお作家の古市憲寿氏(31)は同日にツイッターで、「今回の現場で起こっていたことは、普通『不倫』と聞いて想像する光景とは、かなり違っていた気もするんです」「『不倫相手』がしていたことは、愛情表現としての実質上の介護に近いものだったろうし、奥さんは3人の子育て中だった。確かに『不倫』には違いないんだけど、当事者しか知らない、何か別の名前で呼んだほうがいい関係がそこにあったんじゃないのか…?そんな風に想像してしまいます」と憶測している。  


Posted by いざぁりん  at 02:27
こちらです。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160326-00000014-spnannex-ent
(以下は、コピーです)
 「週刊新潮」に女性5人と不倫し、昨年12月にパリとチュニジアに同伴旅行したと報じられた乙武洋匡氏(39)が、昨年8月にも東欧諸国に不倫旅行していたことが25日、分かった。乙武氏の関係者への取材で判明した。

【写真】ソフトバンクの春季キャンプ地を訪れた乙武氏

 週刊新潮で報じられた不倫旅行には、女性の存在を隠すための“ダミー役の男性”があったが、昨夏の旅行にも、そのダミー役とは別の男性を伴っていた。

 乙武氏のツイッターには昨年8月、チェコ、スロバキア、ハンガリー、オーストリアを周遊する様子が写真付きで投稿されていた。ヨーロッパの交通機関のバリアフリーの状況や、各国の料理に舌鼓を打つ様子、現地の人々と笑顔で交流する姿などを伝えていた。

 この旅行には同行者が2人いた。本紙の取材では1人が不倫相手の女性で、もう1人が20代男性。乙武氏の関係者は「男性をダミー役として同行させていました。帰国後に口裏を合わせて2人で行ったことにしていた」と明かした。乙武氏は帰国後、友人らに「旅行は男2人で行っていた」と告げていた。この口裏合わせは、週刊新潮が報じたパリ・チュニジア旅行でも行われていた。

 乙武氏の所属事務所は、スポニチ本紙の取材に「プライベートなことは把握しておりません」と回答。東欧旅行の目的については「本人から海外旅行へ行ってくるとは言われたが、目的までは聞いていない」とした。

 不倫が明るみに出たことで、自民党が検討している夏の参院選への擁立が暗礁に乗り上げそうな雲行き。ただ当初、出馬表明の場と言われていた、4月5日に都内の高級ホテルで開かれる誕生会は予定通り開催する。

 インターネット上には金髪ギャルら複数の女性との密着ツーショット写真まで流出。不倫スキャンダルは収束せず、ネット上には「ゲスの極み乙武。」という書き込みまである。  


Posted by いざぁりん  at 02:27