京つう

  イベント  |  伏見区

新規登録ログインヘルプ



こちらです。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160322-00000003-jct-soci
(以下は、コピーです)

たばこのポイ捨てを注意されたことに腹を立て、男児(6)の首を絞めたとして、兵庫県加古川市に住む無職の男(75)が逮捕された。

 ネット上では「最低な大人だな」「大人の行動とは思えぬ」と男への批判が相次いでいるが、本件に限らず「キレる老人」の姿は今やメディアで頻繁に取り上げられ、社会問題となっている。

■バス停で「降りにくい位置に停車した」として運転手攻撃

 兵庫県警加古川署は2016年3月22日、男児の首を絞めた暴行容疑で男を逮捕した。同署の調べに、「注意されて腹が立った」と容疑を認めているという。

 複数メディアの報道などによると、男は同日14時頃、自宅付近の公園でたばこの吸い殻を路上にポイ捨て。その様子を目撃していた小学1~4年生の男女4人に「捨てたらアカンのに」などと注意され、逆上した。大声で怒鳴り返し、6歳男児の首をいきなり両手で絞めると、他3人に対しても服を引っぱったり、腕をつかんだりした。

 児童らは男が自宅に入るのを見届けた後、帰宅して保護者に顛末を報告。保護者が同署に110番通報した。

 69歳年下の相手の注意を受け入れられず「逆ギレ」――そんな情けない75歳の姿にツイッター上では、

  「最低な大人だな」
  「大人の行動とは思えぬ」
  「75年も生きて来て何を学んできたのだ」

と厳しい声が寄せられている。「キレる老人」は、今回の男以外にも数多く報告されている。

 例えば、16年3月4日には、市バスの男性運転手(32)に小枝を投げつけて右目にけがをさせたとして、京都市中京区の男(65)が公務執行妨害容疑で逮捕されている。男は同日13時ごろ、中京区のバス停「堀川三条」で降車。その際、停車位置が歩道の縁石に近く、降車しにくかったと腹を立て、街路樹の枝を折って運転手に投げつけたという。
.

「ガキも生意気な言い方したんだろう」という声も

 また16年1月27日には、他人にわざと車でぶつかって重傷を負わせたとして、山梨県忍野村に住むパートの男(63)が傷害容疑で逮捕されている。男は同日15時すぎ、灯油を購入するため同県富士吉田市の給油所に来店。後から訪れた男性(66)が男に気づかず先に給油しようとすると、軽乗用車に乗り込んで給油中の男性にぶつけ、両足骨折の重傷を負わせた。

 「物理攻撃」のみならず、暴言事例も多い。15年10月15日、東京都世田谷区の自称・無職男(78)が同区の路上で、行きつけの喫茶店で働く20代女性に結婚を申し込む手紙を渡した。しかし、読まずに返されたため激高、その場で「ぶっ殺してやる」と女性を脅した。男は脅迫容疑で警視庁に逮捕されている。

 「キレる老人」が多いことは、統計でも裏付けられている。 JR3社や日本民営鉄道協会は15年7月6日、全国29の鉄道事業者で1年間に発生した暴力行為をまとめた「鉄道係員に対する暴力行為の件数・発生状況について」(2014年度)を発表した。それによると、加害者の年齢で最も多かったのは60代以上(21.9%)で、5年連続して最多だ。

 そして、『週刊東洋経済』(3月19日号)は、「人に注意されたり、何かを教えられたりするのを嫌がる人が多い」「高齢者のめちゃくちゃな要求なんて日常茶飯事」いうある鉄道会社社員の証言を紹介している。

 なお、今回の75歳男に首を絞められた6歳男児について

  「ガキも生意気な言い方したんだろう」

と批判する声もネット上で一部みられた。
  


Posted by いざぁりん  at 00:41
こちらです。
https://www.youtube.com/watch?v=DeGkiItB9d8
(以下は、コピーです)
遂に!!!欅坂46待望のデビュー・シングル
「サイレント・マジョリティー」のMVが披露されましたwもう神曲!


サイレントマジョリティー(TYPE-A)(DVD付)
欅坂46
ソニー・ミュージックレーベルズ
参考価格¥ 1,650
価格¥ 1,391(2016/03/29 20:41時点)
リリース日2016/04/06
商品ランキング15位
時間28分

因みにType-Aのジャケットは今回センターを務めた平手友莉菜さんですね!

→欅坂46・平手友梨奈が激カワだから全力でプロフ晒す

めちゃくちゃカッコイイ歌詞やPVになってますよ!!!

サイレントマジョリティーの意味って何!?

歌詞や動画をご覧頂く前に!!
先ずは「サイレント・マジョリティー」の真の意味
を知って頂いた方がより楽しめると思いまして、
wikiでお調べしました!


サイレント・マジョリティ(英: silent majority)とは、「物言わぬ多数派」、「静かな多数派[1]」という意味。積極的な発言行為をしないが大多数である勢力のこと

引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/サイレント・マジョリティ

物言わぬ多数派/静香な多数派・・
カッコイイ・・

積極的に発言しないけど、大多数な勢力。
まさに日本人を象徴するかのような語句な気がします。。

前置きが長くなりましたが、
そんな意味を踏まえ、歌詞・動画をお楽しみくださいw

欅坂46サイレントマジョリティー歌詞はコレ!!

作詞:秋元康
作曲:バグベア
編曲:久下真音


人が溢れた交差点を何処へ行く
似たような服を着て 似たような表情で
群れの中に紛れるように 歩いてる

誰かと違うことに何を躊躇うのだろう
先行く人が振り返り 列を乱すなと
ルールを説くけど その目は死んでいる

君は君らしく 生きていく自由があるんだ
大人たちに支配されるな
初めからそう諦めてしまったら
僕らは何のために生まれたのか

夢を見ることは時には孤独にもなるよ
誰もいない道を進むんだ
この世界は群れていても始まらない
YESでいいのか
サイレントマジョリティー

どこかの国の大統領が言っていた
声をあげない者たちは賛成していると
選べることが大事なんだ 人に任せるな
行動をしなければ NOと伝わらない

君は君らしく やりたいことをやるだけさ
One of themに成り下がるな
ここにいる人の数だけ道はある
自分の夢のほうに歩けばいい
見栄やプライドの鎖に繋がれたような

詰まらない大人は置いて行け
さあ未来は君たちのためにある
NOと言いなよ
サイレントマジョリティー

誰かの後を付いて行けば
傷つかないけど
その群れが総意だと
ひとまとめにされる君は君らしく 生きていく自由があるんだ

大人たちに支配されるな
初めからそう諦めてしまったら
僕らは何のために生まれたのか
夢を見ることは時には孤独にもなるよ

誰もいない道を進むんだ
この世界は群れていても始まらない
YESでいいのか?
サイレントマジョリティー

引用元:http://nogizaka46taimuzu.

「自分の意志を貫くことに戸惑っている」
そんな人を後押ししてくれる歌詞の感じがします。

「群れ」ていう語句がよく出てきますね。
僕自身は「孤独」や「自由」という言葉に
とても共感が持てます。

デビュー・シングルにしては
とても完成度の高い、それでいて人の確信に迫った
迫力ある歌詞の内容だと思いました。
  


Posted by いざぁりん  at 00:40
女性だけが罰せられるべきだという、トランプ氏の女性差別意識の現れです。
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=3924052&media_id=168&from=category_news
(以下は、コピーです)
 米大統領選の共和党候補者指名争いでトップを走るトランプ氏(69)が30日、人工妊娠中絶をした女性には「何らかの形で罰があるべきだ」と発言した。他の候補者たちから非難の声が上がり、同氏は発言を事実上、撤回した。


 テレビ局主催の集会で司会者から「中絶に罰が必要か?」と問われ、トランプ氏が「罰があるべきだ」と返答。司会者が「(罰されるのは)女性か?」と重ねて聞くと、「そうだ、何らかの形で」と答えた。


 トランプ氏と指名を争うクルーズ上院議員(45)は「彼は問題を真剣に考えず、注目を集めるために何でも言う。女性を罰することなど話すべきではない」と批判。民主党の有力候補クリントン氏(68)はツイッターで「ゾッとする」と非難した。


 トランプ氏は、問題化してから数時間後に声明を発表。米国で中絶が「違法になれば」と前置きしたうえで、「女性ではなく違法な施術をした医者らに法的責任がある」「女性と子宮内の命は被害者」などと主張した。トランプ氏の女性の間での「非好感度」は7割超で、さらなる悪化を恐れて弁明したとみられる。


 米国で中絶は大きな社会問題だ。共和党では胎児の生きる権利を尊重し、中絶に反対する立場がほぼ定着しているが、女性を罰するべきだとのトランプ氏の主張には党内からも批判が集まった。一方の民主党は女性の選ぶ権利を重視する立場で、両党の候補がぶつかる11月の本選挙でも争点になりそうだ。  


Posted by いざぁりん  at 00:37
日本は、医療用や研究用のわずかの量を除いて、核物質を保有してはなりません。
もちろん、世界のいかなる国も同じです。
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=3915006&media_id=97
(以下は、コピーです)
 米国のワシントンD.Cで3月31日から4月1日まで核セキュリティ・サミットが開催される。中国からは、習近平国家主席が出席する。今のところ、同サミットは今回が最終回とされている。中国が改めて、日本の核関連物質保有を問題視する主張を可能性がある。

 多くの日本人にとって核兵器は廃絶、あるいは仮にただちに廃絶できないとしても、保有国は数量をできるかぎり削減すべき存在だろう。とすれば、核兵器を保有する中国が、日本の関連物質保有を問題視することについて「お門違い」と思えるはずだ。

 しかし中国にとって、日本が核拡散防止条約加盟国であることは、「日本は自らは核兵器を持たず、同時に米・露・英・仏と中国は核兵器を保有できることを承諾した国」ということになる。国際的な交渉事となれば、中国が核拡散防止条約を大前提に論理を展開するのはあきらかだ。

 中国は米オバマ政権が2014年に、冷戦時代に日本に提供したプルトニウム300キログラムの返還を求めた時にも、中国は敏感に反応した。日本が実験用として米国および一部を欧州から買い付けたものだったが、中国は「日本は核兵器に使うことができるプルトニウムを大量に保有している」と強調。中国政府・外交部の華春瑩報道官は同年11月17日の記者会見で、「中国は日本が保有する『兵器級』の材料物質に極めて強い関心を持っている」と説明。

 さらに中国メディアの中国新聞社は、中国国際問題研究所・曲星所長の「もしも日本が(プルトニウム問題で)合理的な説明をしなければ、国際社会は日本が核物質を持つ真の目的を懸念せねばならない。日本が兵器級の材料物質を保有することは、国際的な核不拡散の体系を破壊するかもしれない。これは、東アジアと世界にとっては深刻な脅威だ」と主張する発言を報じた。

 また、今月(2016年3月)22日に、日本が米国に引き渡す高純度プルトニウム331キログラムを積んだ船が出港した直後に華報道官は、「日本側は早期に真剣に履行すべきだった」などと日本を批判。さらに「日本はまだ、(核関連の)敏感な材料物質を大量に溜めこんでいる。分離されたプルトニウムと高濃度のウラニウムだ。これは明らかに国際社会が関心を持つ問題だ」と主張した。

 中国の主張には、国際社会において「日本は危険な国」とのイメージを強め、日中間の対立がエスカレートした際に自国に対する国際世論を、より有利にする下地づくりという思惑が見て取れる。

 3月31日に米国で始まる核セキュリティ・サミットは中国にとって、「日本の核疑惑」をアピールできるよい機会だ。しかも、直前の3月22日には華報道官は、日本の核物質保有を強く懸念する発言をしている。さらには、今回の同サミットは今のところ最終回とされており、核に関連して日本を「有効に」批判するチャンスが、今後いつ到来するかは分からない。

 したがって、中国が今回のサミットで日本の核関連物質保有を問題にする可能性は、かなり高いと言わざるをえない。

 なお、中国は北朝鮮の核兵器開発についても、強く非難している。ただし、親密な関係を構築してきたパキスタンの核兵器保有については発言を控えている。  


Posted by いざぁりん  at 00:34
こちらです。
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=235&id=3925180&from=home&position=3
(以下は、コピーです)
近年、暴走した高齢者が事件を起こす事例が目立つ。人生経験豊富なはずの高齢者が、公共の場でわれを忘れて“ブチ切れ”てしまうのはなぜなのか?

刑法犯として検挙される高齢者は、'89年の6625人から'13年には4万6226人と7倍に増加。高齢化が進む中、“ブチ切れ高齢者”は本当に増えているのだろうか?

高齢犯罪者の事情に詳しい慶應義塾大学法学部の太田達也教授は「断言はできないでしょう」「情報社会になったことで昔よりも(高齢者の暴走事例を)知る機会が増えただけと言える側面もある」と前置きしたうえで、キレる高齢者の存在について、こう話す。

「高齢者自身の資質が変わったのではなく、高齢者を取り巻く環境の変化が要因だと考えるべきです」

太田教授は、高齢者が暴走する要因に、“3つの社会的孤立”があると見る。

「家族からの孤立、近隣からの孤立、行政からの孤立。この3つが高齢者犯罪が増加する共通要因となっていることが、実態調査からもうかがえます。家族と離別、死別していたり、子どもがいてもほとんど関わらない高齢犯罪者が非常に多くなっています」

子どもや孫との同居や、近所に住んでいて物理的・精神的支援を受けられるのは、幸福なひと握りの高齢者だけ。

「平成に入ってから、独居家庭の高齢者、もしくは夫婦のみの高齢者世帯の数は激増しています」と太田教授が指摘するように、支えのない高齢者、2人だけで生きている高齢者夫婦が増えているのだ。

「長寿化が進み、まだまだ体力も気力もあり余っている高齢者がたくさんいます。ですが、活動の場は広がっておらず、居場所がない人も多い」(社会評論家の小沢遼子さん)

高齢者が置かれている、切ない現状に理解を示し、キレる高齢者の発生メカニズムを解き明かす。

「理想と現実のギャップから芽生えた喪失感と、エネルギーの注ぎ先がないことなどにより、日々イライラがつのっていくのではないでしょうか。それがあるとき一気に暴発し、暴走してしまうのだろうと思いますね」

好々爺、ご隠居といった枯れたイメージが薄れ、心身ともにエネルギッシュなまま、そのちからの使い道に困っているという現代の高齢者。

「普段のストレスを軽減するためには、少しでも身体を動かすこと。人とのコミュニケーションを回復すること、の2つが重要だと思います」

小沢さんはそう訴える。具体的には朝、玄関先を掃除する。散歩する。仲間と旅行や散歩を趣味にする、といった具合。

「1日中、家にいて趣味もないなら、デモに行くのもいいと思いますよ。“バカな政治家引っ込めー”と思い切り叫んだらスッキリ。お金もかからないし、仲間もできますしね」

フラストレーション解消のひとつの策としてのデモ参加をすすめる。

太田教授も、「高齢者は地域ネットワークに参加することです」と予防策を指南し、次のように訴える。

「誰かひとりでも相談できる人がいれば、大きなトラブルになったり、爆発してしまう前に助けたり、解決できる可能性は高い。周りも高齢者を孤立させず、高齢者のためのグループやサービスを教えてあげるなど積極的に社会の輪の中に取り込んであげるべきです。双方の働きかけを」

日ごろから高齢者に接している、『愛デイサービスセンター』の岡田勝子代表は、思いやりをもって高齢者と接することの大切さを説く。

「身体の不調や持病などを抱えている方も多く、ときどき機嫌が悪くなったり口が悪くなる方はいます。そういうときは“ああ、今日はつらい日なんだな”と受け止め言葉を優しくして相手に寄り添う、できる限り要望を聞いてあげる、などの対応を取ります」   


Posted by いざぁりん  at 00:28
兵器も、戦争そのものも、無くさなければなりません。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160327-00010002-sorae_jp-sctch
(以下は、コピーです)
以前は潜水艦を探す「対潜水艦ドローン」を紹介しましたが、今回は海面の下を征く「潜水艦型ドローン」です。ボーイングが開発した潜水艦型ドローン「Echo Voyager」は人の手助けなしに数ヶ月運行し、ミッションを遂行することができます。(動画URL:https://www.youtube.com/watch?v=L9vPxC-qucw
 
Echo Voyagerは全長が51フィート(約16m)の潜水艦で、偵察や深海探索、さらには軍事的なミッションもこなすことができます。動力機関はハイブリッドシステムで、補給なしに最低6ヶ月のミッションが可能です。さらに、潜水艦の進水に特別なサポート船も必要ありません。

最大潜行深度は1万1000フィート(約3,300メートル)。ボーイングは以前にも
Echo RangerやEcho Seekerなどの類似艦を作成していますが、それらは小さくさらに2~3日しか水中で駆動することができませんでした。Echo Voyagerがいかに進化し、そして現実的なミッションが可能なドローン潜水艦として開発されたかがわかりますね。
 
ボーイングのランス・タワーズ氏は以下のように語っています。「Echo Voyagerは海中でデータを集め、海面に向けて浮上し、オペレーターに環境データをリアルタイムで送信することができます。既存のドローン潜水艦は毎日のオペレーションに海上艦を必要としましたが、Echo Voyagerはそのような必要はなく、コストも削減できます」
 
Echo Voyagerは今年の夏に、カルフォルで運用のテストが行われる予定です。近年は空を飛ぶドローンを市街地戦に用いたり、あるいはドローン船による無人ミッションなども計画されています。遠くない将来、ドローンによって前線から人がいなくなることはありうるのでしょうか?
  


Posted by いざぁりん  at 00:24
こちらです。
http://www.kobe-np.co.jp/news/jiken/201603/0008935058.shtml
(以下は、コピーです)
 STAP細胞論文の研究不正問題に絡み、舞台となった神戸市中央区の理化学研究所の研究室から、胚性幹細胞(ES細胞)が盗まれたとする窃盗容疑で告発を受けていた兵庫県警は28日、容疑者不詳のまま捜査書類を神戸地検に送付し、捜査を終えた。捜査関係者への取材で分かった。

 告発をめぐっては、論文の主著者で元理研研究員の小保方晴子氏(32)から参考人として任意で事情を聴いていた。

 捜査関係者によると、県警は昨年5月、別の元研究員で、NPO法人「地方再興・個別化医療支援」の石川智久理事長から容疑者不詳の告発状を受理。何者かがSTAP論文共著者の研究室からES細胞を盗んだ疑いが指摘されており、県警は今年2月、この研究室に一時在籍した小保方氏を任意聴取したが、関与を否定したという。

 県警は神戸新聞の取材に「個別の告発事件なので、捜査内容は言えない」とし、ES細胞の窃盗があったかどうかも明らかにしなかった。

 理研の調査委員会はこれまでにSTAP細胞に関し、ES細胞が混入したものと「ほぼ断定できる」との見解を示す一方、誰が混入させたかは特定できなかったとしていた。

 告発状を提出した石川氏は「警察に期待したが、残念だ」とした上で「STAP細胞の問題は、理研の責任を国会などで厳しく追及すべきだ」と述べた。

 また、小保方氏の代理人、三木秀夫弁護士は「問題のES細胞は、STAP論文共著者の若山照彦氏=現・山梨大教授=の研究室が理研から山梨大へ引っ越す際に残った物を引き継いだだけで、窃盗が問題になるものではない。引き継いだ細胞も実験とは全く無関係だ」とコメントした。
  


Posted by いざぁりん  at 00:19
日本語版も、公開しなければなりません。
日本語版を出さないのは、不親切であり、そして、国内からの批判がしにくいようにしているとしか、思えません。
誰かが、全訳を出されるでしょうけれど。
存在しない物のレシピをネットで示す行為は、保身を有利にするためとしか思えません。
本当に存在するならば、もう一度、大学院に入りなおして、再度研究者になって、小保方氏自身が証明されるべきです。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160331-00000006-kobenext-sctch
(以下は、コピーです)
 STAP細胞論文の著者だった理化学研究所の元研究員、小保方晴子氏(32)が31日、STAP細胞の作製手順などを記したホームページ(HP)を公開した。小保方氏は、理研が否定したSTAP現象の存在を主張しており、HPで「将来、他の科学者がSTAP細胞を作製できるよう、手順を公開する」としている。

【写真】全文英語の小保方氏ホームページ

 HPの名称は「STAP HOPE PAGE」(スタップ ホープ ページ)で、全文英語で表記。「STAP細胞を開発した」と発表した当時の資料のほか、理研による検証実験の写真や図表、自身が行ったとするSTAP細胞の作製過程で使った薬品やその濃度なども示した。

 小保方氏は2014年1月、理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(現多細胞システム形成研究センター、神戸市中央区)の研究ユニットリーダーとして、万能細胞の「STAP細胞」を作ったと英科学誌ネイチャーに発表。画像や文章に不自然な点が発覚し、理研は小保方氏にねつ造と改ざんがあったと認定した。論文は14年7月に撤回され、成果は白紙に戻された。  


Posted by いざぁりん  at 00:17