京つう

  イベント  |  伏見区

新規登録ログインヘルプ



こちらです。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160530-00000140-jij-pol
(以下は、コピーです)
 安倍晋三首相は30日、東京都内のホテルで麻生太郎副総理兼財務相と約3時間会談し、2017年4月予定の消費税増税を19年10月まで2年半延期する方針について重ねて理解を求めた。

 麻生氏はこれを容認し、増税延期の場合、実施を主張していた参院選に合わせた衆院解散についても見送る首相方針を受け入れた。首相は、増税延期に慎重だった麻生氏が了承したことで、国会会期末の6月1日にも正式表明する。

 これに先立ち、首相は自民、公明両党幹部と首相官邸で個別に会談し、増税延期方針を説明し、協力を要請。衆参同日選を見送ることも伝えた。自公両党は政権を支える立場から容認する方向で31日に意見集約を図る。

 首相は増税延期について、6月22日公示―7月10日投開票予定の参院選で信を問う方針で、30日の自民党役員会で「近日中に会見を開き、私から国民に直接説明する考えだ」と述べた。

 公明党の山口那津男代表は首相との会談で、社会保障・税一体改革に関する旧民主、自民、公明3党合意や、首相が14年の衆院解散に際し「(次は)確実に実施する」と約束したことなどを挙げ、予定通りの引き上げが望ましいとの認識を示した。ただ、首相から再延期への「強い意向を感じた」と語った。

 首相は、山口氏との会談の前後に、自民党の高村正彦副総裁や二階俊博総務会長らとも個別に会った。高村氏らは増税実施を主張する一方、二階氏は再延期を支持する考えを伝えた。

 自民党内の一部に異論が出たが、首相の意思は固いというのが与党側の受け止めで、最終的に受け入れる流れだ。自民党の二階派と鳩山邦夫元総務相のグループは30日、首相方針を支持することを確認した。

 首相は自民党幹部との会談で、衆参同日選についても言及。二階氏はこの後の二階派会合で、首相から「同日選はやらない」と伝えられたことを明らかにした。

 一方、民進、共産、社民、生活4党は30日、党首会談を国会内で開き、安倍内閣不信任決議案を31日に共同提出することを決めた。民進党の岡田克也代表は会談後、記者団に増税延期について「アベノミクスの失敗以外の何物でもない。内閣総辞職に値する」と批判した。与党は不信任案が提出されれば否決する方針。  


Posted by いざぁりん  at 01:26
Posted by いざぁりん  at 01:26
Posted by いざぁりん  at 01:25

2016年05月31日

座席倒しのトラブル

こちらです。
http://digital.asahi.com/articles/DA3S12382284.html?_requesturl=articles%2FDA3S12382284.html&rm=150
(以下は、コピーです)
 このごろ新幹線や飛行機、長距離バスで、前の乗客から「イスを倒していいですか」と声をかけられることが増えた。そのひと言で旅の気分はほんのり温まる。かと思うと無言でグワッと倒され、一気に冷える日もある▼外国の航空路線で少し前、座席の倒し方をめぐるトラブルが続いた。「急に倒されてスマホが割れた」「頼んでも戻してくれない」。後ろの客が前の客を殴って警察へ連行された。交通手段が高速化するにつれ、乗客の頭に血がのぼるスピードまで速まったのだろうか▼鹿児島交通で長距離バスを運転する村瀬芳尚さん(39)はもめないよう一計を案じた。走り出してすぐマイクで語りかける。「後ろの方が気になって席を倒しにくいってことありますよね。後腐れのないよういま一斉に倒しましょうか。はいドーン」▼効果はてきめん、乗客が苦笑いしつつこぞって倒しにかかる。運転手が言うなら気兼ねはいらない。さえた車内放送をツイッターで紹介した客がいて、評判は広がった▼乗務マニュアルに書かれていたわけではない。「倒す倒さないでもめると、終点の福岡まで6時間ずっと雰囲気が重くなります。僕が声かけ役を一手に引きうけようと考えました」▼座席倒しトラブルの多さに手を焼いた英航空業界には、全席を倒せないよう固定した社もある。だが乗る側の快適さでいえば、一斉ドーンの村瀬さん式のほうが格段に上だろう。費用はかからず警察沙汰にもならない。何より旅の気分が温かくなる。  


Posted by いざぁりん  at 01:25
こちらです。
http://digital.asahi.com/articles/DA3S12382302.html?rm=150
(以下は、コピーです)
 被爆地・広島を訪れたオバマ米大統領は、「サプライズ」の贈り物を残した。大統領手作りのカラフルな4羽の折り鶴。原爆投下の10年後、白血病で亡くなった少女にまつわる「平和のシンボル」だ。核廃絶の願いを世界へ広げようと、託された広島平和記念資料館(原爆資料館)は公開の準備を始める。


 オバマ大統領は2ログイン前の続き7日夕、広島到着後すぐに原爆資料館を見学した。同行者らによると、オバマ氏は約5分間、数点の展示資料と向き合い、岸田文雄外相の説明に熱心にうなずいた。なかでも関心を示したのが、佐々木禎子さんの折り鶴。アクリルケースを特別に外すと、オバマ氏は顔を近づけてじっと見ていたという。

 「実は折り鶴を持ってきました」。オバマ氏が突然そう切り出すと、随行スタッフがトレーに載せて運んできた。梅や桜の花が彩る和紙を丁寧に折り、「少し手伝ってもらったけれど、私が作りました」。白と淡いピンクの2羽を小中学生2人に1羽ずつ手渡した。

 「私たちは戦争の苦しみを経験しました。共に、平和を広め核兵器のない世界を追求する勇気を持ちましょう」。芳名録にメッセージを書くと、その上に別の2羽をそっと置いた。

 その後、原爆死没者慰霊碑への献花や演説を終え、原爆ドームを望む場所まで移動。岸田氏が、禎子さんの像が空に手を広げる「原爆の子の像」も紹介すると神妙な面持ちで答えた。「この一帯は、平和にとって大変重要な場所ですね」

 折り鶴4羽はすべて資料館へ寄贈された。志賀賢治館長(63)は「オバマさんは禎子さんの話を米国で知り、折り鶴を準備されたのかもしれない。なるべく早く公開したい」と話す。

 禎子さんの同級生で、被爆証言を続ける川野登美子さん(73)は「空に向かって大きく手を広げるさだちゃんの思いが、ついに米大統領にまで届いた。さらに多くの人に思いが広がるよう願っています」と喜ぶ。

 オバマ氏の折り鶴は海外でもさっそく報じられ、米紙USAトゥデー(電子版)は「象徴的な振る舞い」と紹介。禎子さんの折り鶴は「核戦争の痛切さの重要な象徴」と伝えた。英BBC(電子版)は「サダコと折り鶴」と題する記事を掲載。作り方の動画を添え、「今、折り鶴は平和の象徴」と報じた。(岡本玄、宮崎園子、平井良和)

     ◇

 佐々木禎子さんの兄・雅弘さん(74)は28日、朝日新聞の取材に答え、オバマ大統領について「禎子の千羽鶴に関心を寄せていただき、大いに感激。謝罪とともに平和への強い決意、寛容な心のぬくもりを受け取りました」と感謝した。

 雅弘さんは、禎子さんの生涯を語り継ぐ活動に国内外で取り組む。オバマ氏の広島訪問にあたっては関係者を通じ、米国側に禎子さんの折り鶴の意味を伝え、折り鶴も贈っていたという。「大統領は事前に広島のことを学習してこられたと思う。心の終戦に向け、日米の新たな一歩を示していただいた」と評価した。


 ■国内外から共感

 28日、原爆の子の像の足元に折り鶴を納める人の姿が絶えなかった。広島女学院高校1年の岩本彩香さん(15)ら同級生4人は、交流を続ける米ペンシルベニア州の小学生約20人から今月届いた千羽鶴を手に訪れた。オバマ氏の折り鶴をニュースで知り、「核をなくしたいというオバマさんの思いが本気だと、よくわかりました」と話した。

 スペインからの旅行客トニー・トゥバウさん(32)は、初めて折った鶴を友人と1羽ずつ納めた。広島・宮島の宿の人から「あす平和公園に行くなら」と折り方を教えてもらい、行きの電車の中で作ってみたという。なぜ平和を願って鶴を折るのか。禎子さんの折り鶴を原爆資料館で見学し、その意味を初めて知った。「原爆で苦しんだサダコは鶴を折れば病気が治ると信じていたんですね。平和のシンボルだと学びました」(矢吹孝文)


 ■回収後再生紙に

 原爆の子の像には、国内外から年間約10トンの千羽鶴が届く。広島市は一定の期間がたつと焼却処分してきたが、2002年度以降は倉庫で保管している。

 NPO法人・おりづる広島(広島市南区)は、公園内にある様々な慰霊碑に供えられた折り鶴を回収し、再生紙にする事業に取り組む。12年からは原爆の子の像の千羽鶴も原料に。約15年間で4トン以上の折り鶴に新たな命を吹き込み、はがきや色紙、名刺に生まれ変わった。(半田尚子)


 ◆キーワード

 <佐々木禎子さんと折り鶴> 平和記念公園に立つ「原爆の子の像」のモデルとなった佐々木禎子さん=写真、兄の雅弘さん提供=は2歳の時、広島の爆心地から1・6キロの自宅で被爆。小学6年の時に白血病と診断され、闘病の末に亡くなった。鶴を千羽折ると願いがかなうとの言い伝えを信じ、薬の包み紙などを使って1300羽以上を病床で折り続けた。原爆の悲劇として国内外で広く語り継がれ、実物の一部は原爆資料館に展示されている。
  


Posted by いざぁりん  at 01:24
こちらです。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160529-00000011-asahi-int&pos=3
(以下は、コピーです)
 広島への原爆投下の直前に、世界で最初の核実験が行われた米ニューメキシコ州の「トリニティ・サイト」。その周辺で健康被害を訴えている住民らが、オバマ大統領に「私たちの所にも来て、実態を見てほしい」と訴えている。

【写真】オバマ大統領に、トゥラローサを訪れてと手紙を書いたティナ・コルドバさん。3年前にがんで亡くなった父の思い出のアルバムを手にする=アルバカーキ、平山亜理撮影

 トリニティ・サイトでは1945年7月16日、原爆を開発する「マンハッタン計画」の一環として、プルトニウム型原爆を使った実験が行われた。近くのトゥラローサに住むヘンリー・エレラさん(82)は、当時11歳。立ち上るキノコ雲を自宅の庭から見たという。

 核実験の実施を事前に知らされていなかった住民らは避難せず、その後も地元の農作物を食べ、水を飲み続けた。「トゥラローサ盆地風下住民組合」の共同創立者で、今は同州のアルバカーキに住むティナ・コルドバさん(58)は「サイト近くに住んでいた4万人は放射能の影響を受けた」と話す。実験から10年、20年と経つうちにがんで亡くなる人が増えたという。自ら始めた住民の健康調査のデータは約千人に上り、分析して公表する予定だ。  


Posted by いざぁりん  at 01:24
こちらです。
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016052800176&g=pol
(以下は、コピーです)
 安倍晋三首相が24日、衆参同日選について「今の当選1、2回生は(強固な)後援会を持っていない。衆参ダブル選挙をしても相乗効果はない」と述べ、衆参同日選に否定的な見解を示していたことが分かった。地域政党「新党大地」の鈴木宗男代表が28日、札幌市内で行った講演で明らかにした。

安倍首相に選挙協力伝達=長女の自民入り「時間かかる」-鈴木宗男氏

 首相と鈴木氏は熊本地震後の先月28日と今月24日に約30分ずつ首相官邸で会談しており、鈴木氏がその際のやりとりとして紹介した。
 首相は熊本地震の復旧・復興対応を優先し、同日選を見送る意向だが、地震発生から間もない先月28日の会談では「今やっても(衆院は)20~30議席減ることは覚悟しなければいけない」と述べ、衆院で「3分の2」以上持つ与党の現有議席を確保できない可能性に言及していたという。 
 鈴木氏は講演で一連の首相発言を踏まえ、「99%ダブル選挙はない。与党に対する追い風にならない限り(選挙は)ない」と語った。(2016/05/28-15:52)
  


Posted by いざぁりん  at 10:49
こちらです。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160530-00000015-jij-pol
(以下は、コピーです)
 安倍晋三首相が来年4月予定の消費税率10%への引き上げを2019年10月まで延期する方針を示したのは、「景気回復」「財政健全化」「選挙」の三つの条件を勘案した結果と言える。

 
 経済政策面からは、延期幅を当初浮上した「2年」から「2年半」に拡大することで、デフレ脱却を着実に達成する時間を確保するとともに、20年の東京五輪・パラリンピック特需を当て込んだ。また、20年度にプライマリーバランス(基礎的財政収支)を黒字化させるという財政健全化目標を堅持する必要性も考慮した。

 首相側近の下村博文自民党総裁特別補佐は29日、東京都内で記者団に「首相はデフレ脱却を最重点課題として考えた時に、増税延期はやむを得ないと判断した。最終的には与党もまとまると思う」と説明。延期慎重派の谷垣禎一幹事長も富山市での党会合で「非常に重い決断だ。進むも地獄、退くも地獄という世界だ」と述べ、苦渋の判断で延期を考えざるを得ないとの認識を示した。

 一方、公明党幹部の一人は「景気回復に延期が必要というのは『名目』」として、政局的な意味合いが大きいとの見方を示す。2年半の延期幅なら、今年夏の参院選だけでなく、3年後の19年4月の統一地方選と、同年夏の参院選への影響も併せて回避できるためだ。

 さらに、18年12月の衆院議員の任期満了よりも後に増税を先送りすることにより、首相は衆院解散の時期についてもフリーハンドが得られる。

 ただ、首相の自民党総裁としての任期は18年9月まで。任期が延長されない限り、増税実施は次の政権に委ねられることになる。

 これに関し、民進党の岡田克也代表は29日、三重県いなべ市で記者団に「安倍首相の間は上げないという宣言に等しい。無責任ではないか」と批判。与党内からも「増税できる経済環境をつくれなかったと攻撃される」(自民党中堅)と懸念する声が出ている。   


Posted by いざぁりん  at 10:40
こちらです。
http://digital.asahi.com/articles/ASJ5Y5G9HJ5YULFA006.html?rm=349
(以下は、コピーです)
安倍晋三首相が消費増税を2年半再延期する方針を示したことで、政府・与党内に不協和音が生じている。麻生太郎財務相は再延期には衆院解散・総選挙が必要だと主張して反対しており、自民党内では将来のリスクを盾に増税を先送る首相の説明に批判の声も上がる。野党は「アベノミクスは失敗」と攻勢を強め、内閣不信任決議案を国会提出する方向だ。

首相、増税再延期へ与党調整 野党、不信任案提出へ

 28日夜、首相公邸。安倍首相が増税先送りの政府・与党内調整を始めるにあたり、最初に呼び込んだのが麻生氏だった。

 「世界経済が危機に陥るリスク」を理由に、来年4月に予定されている消費税率10%への引き上げを2019年10月まで再延期する方針を伝えた首相に、麻生氏は真っ向から反論した。「衆院を解散すべきだ。前回延期を決めたとき、17年4月に引き上げると約束しましたよね」

 首相は今回、増税延期の是非について「政策変更のたびに衆院を解散する必要はない」(首相周辺)との理由から直後に控える参院選で国民に信を問う考えで、参院選と同時に衆院選を行う衆参同日選は見送る意向だ。堅調な支持率をもとに「ダブルでなくても、シングル(参院選単独)でも勝てる」(自民党幹部)との見立ても首相判断を後押しする。

 これに対し、麻生氏は増税延期と衆院選はセットとの考えを示し、首相に翻意を迫った。12年末の政権発足当初から財務相を務める増税派として、自らの求心力にも関わるだけに簡単に引けない事情もある。麻生氏は「宰相になるか、ポピュリストになるかですよ」とも語った。

 ただ、首相は明確な返答をしなかった。その後、会談に加わった谷垣禎一自民党幹事長も増税先送りに難色を示す。一方、菅義偉官房長官は「公明党が困っている」と語り、衆参同日選は公明党の協力を得るのが難しいとの考えを示した。政権中枢の4人の立ち位置がほぼ二つに割れた。

 政府・与党内で戸惑う声があるのは、首相が主要7カ国(G7)首脳会議(伊勢志摩サミット)で示した世界経済の認識だ。閣僚の一人は「経済指標をつまみ食いして、つじつまを合わせようとしている」。首相は一昨年に増税を延期した際、「再び延期することはない」などと述べて衆院解散・総選挙に踏み切っており、首相の言葉の整合性を問う声もある。自民党の稲田朋美政調会長は朝日新聞の取材に「2年半先送りするなら、国民との約束を破ることになる。衆院を解散して信を問うべきだ」と述べた。

 ただ、今のところ党内で麻生氏らへの同調は広がっていない。自民党のある派閥会長は「サミット前ならともかく、今さら増税延期に反対しても受け入れられない。消費税や解散をめぐる議論は終わりだ」と冷ややかだ。

 一方、野党からは29日、首相の方針は「アベノミクスの失敗」だとして退陣を求める声が上がった。

 民進党の福山哲郎幹事長代理はNHKの討論番組で「1年半前の衆院選の公約を果たせなかった責任をとり、総辞職するのが筋だ」と強調。共産党の志位和夫委員長も、静岡市で記者団に「自分の失政の責任を世界経済に転嫁し、厚顔無恥、無責任」と批判した。
  


Posted by いざぁりん  at 10:37
こちらです。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160529-00000081-spnannex-ent
(以下は、コピーです)
自民党の金子恵美衆院議員(38=新潟4区)が29日、自身のフェイスブックを更新し、夫の宮崎謙介前衆院議員(35)と「離婚しないことを決断」したと報告した。

【写真】2月12日の会見で涙を浮かべながら議員辞職を表明した宮崎謙介氏

 宮崎氏は昨年12月、金子氏の出産に合わせて育児休暇取得を検討していると宣言したが、今年2月の金子氏の出産直前に京都市内の自宅マンションで不倫密会していたことが報じられたことから“ゲス議員”として批判を浴び、議員辞職に追い込まれた。

 金子氏は2月に長男を無事出産し、4月5日には約2カ月の産休を終えて国会に復帰している。離婚については明言を避けていたが、この日に直筆の手紙の画像をフェイスブックにアップするとともにその全文を掲載。「私事で恐縮ですが、夫である前衆議院議員宮崎謙介とは離婚しないことを決断し、ここにお伝えします」と報告し、一連の騒動をあらためて謝罪。「一時は離婚を考えたこともありますが、その後の夫の姿勢から判断し、今回は家族として歩む道を選ぶことにいたしました」と家族として出直す道を選択したことを明らかにした。

 宮崎氏の行為について「決して許されることではなく、今もその思いに変わりはありません」としながらも、「私に対しての裏切りについて深く反省をしていることは十分に伝わってきています」とつづった金子氏。現在、宮崎氏は「働きながら家事・育児も率先して行って」いるといい、「夫は息子の唯一無二の父親」「子供の将来を考えた時に、二人で子供を守っていくことが最善の道だと考えるに至りました」と説明している。  


Posted by いざぁりん  at 00:15
こちらです。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160529-00000007-mai-soci
(以下は、コピーです)
 在沖縄米海兵隊が沖縄に着任した兵士を対象に行う研修用に作成した資料に、基地問題に関する沖縄の世論を「論理的というより感情的」「二重基準」などと指摘する記述があることが分かった。沖縄の政治状況について「基地問題を『てこ』として利用する」とも表現。元海兵隊員の男が女性の遺体を遺棄した容疑で逮捕された事件を受けて米兵の綱紀粛正が求められる中、部分的とはいえ、指導者の認識が問われかねない研修内容が明らかになった形だ。

 資料は英国人ジャーナリストのジョン・ミッチェル氏(41)が情報公開請求で入手した。「沖縄の文化認識研修」と題され、沖縄の歴史や風土を学び、沖縄との関係を深めることが目的だと説明。スライド形式で「2016年2月」「2014年2月」と記載されたものもある。

 沖縄の人々について「一般的に限られた情報源しか持っておらず、情報を得るための努力をしない」と説明。「住民の大半は沈黙しているが、反基地を訴える少数派の声が地元メディアによって増幅されている」と記述し、「多くの人々にとって軍用地料が唯一の収入で、土地の返還を望んでいない」としている。

 米兵による事件や事故については「歴史やその解釈が反基地の物語を生み出し、事件や犯罪、事故など全てを否定的に捉えさせ、必要以上の注目を集める」と指摘。「メディアや地元の政治は半分の事実と不確かな容疑を語って負担を強調しようとする」と批判する一方、米兵に対し繁華街などでの行動について「突然身についた(異性にもてるという)『ガイジンパワー』によって我を忘れ、社会的に許容されない行動をとってしまう」と注意喚起している。

 日本政府の基地問題への対応について「交渉や話し合いは(計画の)実現よりも結果を取り繕うことを重視する官僚によって主導されている」との見方を示した。米軍普天間飛行場の移設問題に関し、政府の県内移設方針を「本土に代替地を見つけられないから」と解説。移設先とされる名護市辺野古については「漁業やジュゴンに悪影響を与えることから評判が悪い」としている。

 ミッチェル氏は「米軍が沖縄の人々を見下していることを示しており、新任兵士の認識や態度にも悪影響を与えかねない」と指摘。翁長雄志(おながたけし)知事も、沖縄が基地問題を政治利用していると説明していることについて「上から目線の最たるものだ」と批判している。県は6月中に県職員が米軍の研修を視察する調整を進めており、在沖縄米軍トップのローレンス・ニコルソン沖縄地域調整官は28日の記者会見で「沖縄社会と対話し、不適切だという指摘があれば議論したい」と話した。

 ◇米海兵隊研修資料の不適切表現

・基地問題に関する沖縄の世論は論理的というより感情的で二重基準

・沖縄の政治は基地問題を「てこ」として利用する

・沖縄の人々は一般的に限られた情報源しか持っておらず、情報を得るための努力をしない

・住民の大半は沈黙しているが反基地を訴える少数派の声が地元メディアにより増幅されている

・多くの人々にとって軍用地料が唯一の収入で、土地の返還を望んでいない

・沖縄の歴史やその解釈が反基地の物語を生み出し、事件や犯罪、事故など全てを否定的に捉えさせ、必要以上の注目を集める

・メディアや地元の政治は半分の事実と不確かな容疑を語って負担を強調しようとする  


Posted by いざぁりん  at 00:15
軍隊は、存在自体が、人権侵害です。
http://bylines.news.yahoo.co.jp/shivarei/20160527-00058140/
(以下は、コピーです)
沖縄県・うるま市で、米軍属で元海兵隊員のシンザト・ケネフ・フランクリン容疑者が、20歳の女性会社員に性的暴行を加え、殺害、遺体遺棄した事件について、とんでもない暴言が飛び出した。発言の主は、おおさか維新の会の前代表、大阪市前市長の橋下徹氏。「米兵等の猛者がバーベキューやビーチバレーでストレス発散できるのか。風俗の活用でも検討してはどうだと言ってやった。これは言い過ぎたとして撤回したけど、やっぱり撤回しない方がよかったかも」等と自身のツイッターに投稿。さらに、「今回の事件で米軍基地の存在が事件の原因だとして、米軍基地を否定する主張を自称人権派は展開している。これこそまじめに活動している米兵等への人権侵害だよ」等、とも投稿。沖縄の現地紙や基地問題に取り組む市民らから反感の声が上がっている。

◯橋下氏の主張に沖縄二紙も批判

橋下氏の「風俗活用」発言には、昨日25日に首相官邸前で行われた抗議集会(関連記事)でも、批判の声がいくつもあがった。アジア女性資料センターの竹信三恵子さんは「政府や米軍の問題を女性たちに負わせるな!と言いたい」と憤り、I女性会議の池田万佐代さんも「沖縄の状況を理解しない政治家がますます米軍犯罪を許容させている」と指摘した。また、沖縄の地方紙の沖縄タイムズも26日付けのウェブ版で橋下氏の投稿を取り上げ、「沖縄戦で軍事占領され、米施政権下で強制接収された土地に基地ができ、県民が望まない形で駐留する軍人や軍属の事件であることや、沖縄の過重負担などには触れていない」と指摘。同じく、現地紙の琉球新報も23日付けのウェブ版で「橋下氏は米軍関係者の犯罪を米軍基地ある故とする報道を『移民差別』だとし、地位協定で保護されている米軍関係者と移民と同一視した。論理のすり替えと批判が出そうだ」と報じている。

◯あまりに短絡的な橋下氏の主張

今回の一連の橋下氏の主張には、大きく分けて2つの問題がある。一つは、「風俗を活用すれば米兵による犯罪はなくなる」という短絡的かつ女性達の人権を無視した発想。もう一つは、在日米軍への批判を「真面目な米軍兵士への人権侵害」「差別」とする、沖縄の状況や米軍基地問題の構造的な部分を無視した、悪質な論理のすり替えだ。

「米軍犯罪抑止に風俗活用」という橋下氏の主張は、大阪市長時代の2013年5月13日の会見に、従軍慰安婦制度と絡めて、発言。国内外の反発を受け、撤回したという経緯があるように橋下氏の「持論」なのだろう。だが、朝鮮戦争時代、在日米軍兵士と日本人女性との売買春が在日米軍の黙認、或いは積極的な推進により、日常的に行われていたが、米軍による犯罪はなくならず、むしろ、売春街周辺での強盗、強姦、暴力事件などが多発した。

参考:

東アジアの米軍基地と性売買・性犯罪

http://www.geocities.jp/hhhirofumi/paper75.pdf

また米軍兵士に「風俗を活用」させたとしても、今度は風俗業界に従事する女性達が殺されたり、怪我を負わされたりする可能性も高い。実際、韓国では、米兵がいわゆるセックスワーカーの女性を殺害し懲役15年の判決を受けるという事件が起きている。なぜならば、基地から戦地に派遣される米兵達は極度のストレス状態にあり、また米軍の訓練においても、差別や暴力を助長することが積極的に行われているからだ。筆者がインタビューしたあるイラク帰還米兵も「上官がイラク人捕虜をナイフで殺せたら、ビール券をやるぞ、と言っていてショックを受けた」「米軍兵士らはイラクの人々を人間とみなしていなかった」と話していた。仮に在沖米軍兵士に「風俗を活用」させたとして、風俗従業員女性が殺される事態になったら、橋下氏は自身の言動の責任を取るつもりはあるのだろうか。

◯悪質なすり替え

沖縄二紙が指摘するように、橋下氏の主張は、沖縄の状況や米軍基地問題の構造的な部分を無視した、悪質な論理のすり替えだ。橋下氏は在日米軍への批判に対し「まじめに活動している米兵等への人権侵害」「差別」だと評している。



「今回の事件で米軍基地の存在が事件の原因だとして、米軍基地を否定する主張を自称人権派は展開している。これこそまじめに活動している米兵等への人権侵害だよ」

「容疑者が属する集団の存在を否定するのは違うだろ。ある日本企業に属する日本人が殺人事件を犯したときに、その企業の存在自体を否定するのか」

「外国人が犯罪を犯したらその外国人を排斥する。これこそ移民排斥のロジックと同じ。朝日・毎日、その一派は移民や難民に優しいきれいごとを言って、米軍軍属など外国人が犯罪を犯せば外国人は日本から出て行け!とのロジック。きれい事ばかり言う人権派の典型例」

出典:橋下氏のツイッターより
あまりに低レベルな詭弁なので、いちいち反論するのもバカバカしいが、これらの主張にも反論しておく。問題は、真面目な米兵がいるかいないかではなく、在日米軍という組織の問題だ。沖縄県基地対策課によると、1972年の本土復帰以来、殺人・強盗・強姦・放火などの凶悪犯罪が574件も発生している。つまり毎年13件の米軍兵士による凶悪犯罪が沖縄で起き続けており、その度に「綱紀粛正」「再発防止」が強調されるが、一向に事態が改善される気配がない。橋下氏は日本企業の例え話をしているが、一般企業だって、社員が重大犯罪を犯し、しかもそれが何度も繰り返された上、その社員らを企業がかくまうようなことがあれば、当然、批判されるし、経営者の責任も問われるであろう。まして、在日米軍は、日米安保条約に明記されているように「日本その他極東の平和と安定」のために日本にいられるのである。一般企業より、その責任ははるかに重い。その在日米軍が沖縄の人々の命や尊厳を繰り返し奪い、現地の社会に不安と過度のストレスを強いているのならば、その駐留の是非自体を問われてもおかしくない。

そもそも、在日米軍兵士の犯罪とその他の外国人犯罪とを混同すること自体、基地問題の本質を理解していない。一般の外国人と異なり、在日米軍兵士は、日米地位協定により様々な特権があり、刑事事件を起こしても、日本の警察当局がその特権に捜査を阻まれることが少なくない。 地位協定により、公務執行中の米兵・軍属に対する第一次裁判権は米軍側にあり、公務外での犯罪でも、米兵等が米軍基地内にいるときは、その身体は、起訴されるまで日本側に移されない。そのため、犯罪を犯した米兵が基地に逃げ込み、そのまま帰国してしまうということが相次いだ。その上、日米密約(1953年)において、米兵等による公務外の犯罪においても「日本国にとって著しく重要と考えられる事例以外は、第一次裁判権を行使するつもりがない」と日本側が自ら、一次裁判権を放棄してしまっている。酷いことに、沖縄米兵少女暴行事件(1995年)以降も、1996~2011年までの米兵による女性暴行事件のうち8割強が不起訴で、逮捕すらされなかったのだ。

〇中学校で習うことも理解していないのでは?

ネット上で、日米地位協定のことを指摘された橋下氏は、「集団的自衛権の行使を認めてこそ、対等になれる」とも書き込んでいるが、これも論外。集団的自衛権の行使を禁止する日本国憲法は、言うまでもなく、国の最高法規であり、それを日米地位協定と同列にするなど、いかに破たんした論理か、法律の専門家でなくてもわかるはずだ。日米地位協定は、日米安全保障条約に基づくものであり、条約より憲法の方が高位にあることは、中学校の公民の授業で習うレベルの話だ。おおさか維新の会の前代表として、安倍政権をフォローしているのかどうかは知らないが、破たんした論理を振り回して、これ以上、沖縄の人々の心を傷つけるのは、やめるべきだろう。
  


Posted by いざぁりん  at 00:14
こちらです。
http://bylines.news.yahoo.co.jp/ogawatamaka/20160527-00058117/
(以下は、コピーです)

被害者の落ち度を問うことは、加害者の利につながる

被害に遭ったことがない人は、実際の現場で何が行われているのかを知らないままに、「だまされるほうも悪いのでは?」と推測してしまう。彼女たちも決して「自分に落ち度がなかった」とは言わない。むしろ、「自分が悪い」と強く自責している。そして、そういった自責の念が、「だます側」への告発を躊躇させる。

  


Posted by いざぁりん  at 00:14
人災ということになります。
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=4&id=4015628&from=home&position=2
(以下は、コピーです)
 ファンの男に刺された冨田真由さん(20)は事件前、警視庁に相談していたが、ストーカー事案として扱われず、事件当日も現場のライブ会場の警備は行われなかった。警視庁は対応が適切だったか検証する方針を示しており、捜査幹部からも「食い止められたかもしれない事件が起きてしまった」と悔やむ声が上がっている。


 「ツイッターへの執拗(しつよう)な投稿をやめさせてほしい」。冨田さんは今月9日、岩埼友宏容疑者(27)=殺人未遂容疑で送検=からの書き込みを印刷した紙の束を抱え、警視庁武蔵野署を訪れた。1月以降、書き込みは数百件に及んでいた。


 警視庁はしかし、身の危険を感じているような相談ではなかったとして、「緊迫性は高くない」と判断。ストーカー事案を一括して扱う「人身安全関連事案総合対策本部」には報告しなかった。


 冨田さんは岩埼容疑者の住所も伝えていたが、警視庁は本人と接触していなかった。理由について「本人か確認中だった」と説明している。


 事件の2日前、警視庁は冨田さんに連絡。21日にライブがあることを把握したが、「岩埼容疑者は最近ライブ会場には来ない」と話していたため、当日の警備は行わなかった。


 捜査幹部は「ストーカー対策の専門部署はできたが、対処する警察官の判断次第で結果が大きく変わってしまうのが現状だ。組織内部の認識を変えていくしかない」と話した。 
  


Posted by いざぁりん  at 00:13
こちらです。
http://resemom.jp/article/2016/01/27/29263.html?utm_source=ycd&utm_medium=yahoojp-p4-c3-dl
(以下は、コピーです)
帝国データバンクは、「2016年全国社長分析」を公表した。社長の出身大学のトップ10は前年度と同様で1位は日本大学、2位は慶應義塾大学だった。また、外国の大学出身の社長が前年度より200人以上増えていることがわかった。

 2015年12月末時点の約146万社を収録した企業概要ファイル「COSMOS2」から「株式会社」「有限会社」の114万9,108社のデータを抽出。社長の年齢と2015年の1年間の社長の交代状況について分析した。

 社長の平均年齢は過去最高の59.2歳で、3年連続で前年を上回っている。業種細分類別に社長の平均年齢をみると、もっとも高いのは「貸事務所業」で65.07歳。一方で携帯電話ショップなどの「通信付帯サービス」やIT関連業種の平均年齢は低くなっており、「通信付帯サービス」の社長の平均年齢は47.38歳だった。

 社長の出身大学上位50位では、トップ10は前年と同様の結果だった。1位は日本大学で22,196人、2位は慶應義塾大学で11,440人、3位は早稲田大学で10,826人。上位20位はすべて私立大学(11位は外国の大学)で、国公立大学では21位に東京大学がランクインし2,575人となっている。

 上位10位では、首都圏の大学以外で7位に近畿大学6,262人、9位に同志社大学5,555人、10位に関西大学4,365人がランクイン。また、前年度から241人増えて、14位から11位と上位に食い込んできたのは外国の大学出身で4,094人だった。

 社長の出身地と社長の輩出率をみると、1位は福井県、2位は山梨県、3位は富山県。東京都は38位、大阪府は42位で、もっとも少なかったのは埼玉県だった。
  


Posted by いざぁりん  at 00:13
憲法25条が軽視された結果、我が国は、崩壊するのです。
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=210&id=4015552&from=home&position=3
(以下は、コピーです)
自動車大国ニッポン。その車を整備しているのが国家資格を持つ自動車整備士だが、責任の重さとは裏腹に、低賃金の実態があるようだ。

5月25日、自動車整備士1年目だという人物がツイッターに自身の給与明細を投稿した。手取り額は14万1654円。「車好きなら整備士になるのやめましょう」と呼びかけた。

確かに少ないが、これに対して7年目だという自動車整備士が「多いほうやな」と反応した。「こちらが残業なしでガソリン代を1万弱引かれたディーラー整備士7年目の給与支給額になります」と投稿した給与明細の差引給与額は10万8366円だった。

「整備士ってなんでこんなに儲からないの」「検査員にならないと生活できない」


求人・転職情報サイト「はたらいく」の「2014~2015 職種別平均年収・月収100職種徹底調査」によれば、自動車整備士の平均年収は275万円、月収は20万円となっている。ツイッターに投稿していた2人の収入は平均よりもかなり低いということになる。

このツイートは2300件近くリツイートをされ、話題に。7年目で手取りが10万円台だという事実に、「冗談だろ?バイトだよな?」「生きていけるの」と額が低すぎるという意見があがった。


「自動車整備士が自分の自動車を所有できない収入しかないっての、カカオ農園で働く子供たちがチョコレートを食べられない、の日本版かよって思う」
「自動車整備士の給料が安すぎる問題 命を直接的に預かる医者の給料が高いなら、間接的に命を預かる整備士の給料も高くするべきなのでは?」

また、他の整備士たちからも給与の低さを訴える声が相次いだ。


「毎日のように思うんだけど、整備士ってなんでこんなに儲からないのw 自動車業界離れようかなww」
「自動車整備士で食ってける世の中じゃないんだよなぁ…最低でも検査員にならんと生活すら出来ない、それか似て異なる業種へ進むか」

中には、11時間の残業がなかったら手取り額が10万円を切るという人もいた。また、元整備士で現在はOLをしているという女性は、仕事を変えたことで「給料も休みもストレスも倍以上良くなってる」と投稿。「整備士人口減るのも理解出来る。 今ならあの仕事は1年目で月の手取り30万もらってもいいと思う..」と考えを語っていた。

低賃金のせいで自動車整備士を目指す若者はこの10年間で半減

自動車整備士は国家資格であり、国土交通省が実施する「自動車整備士技能検定」に合格しなければいけない。試験を受けるには実務経験が必要となるので、自動車大学校や専門学校に通うのが一般的だ。

だが、熱意を持って資格を取得し整備士になったのに、給与が見合わないとあれば、整備士を辞めようと考える人が出てもおかしくない。実際に整備士不足は深刻なようだ。2016年4月に国交省の「自動車整備人材の確保・育成に関する検討会」がまとめた報告書によれば、自動車整備士を目指す若者は10年間で半減。また、約5割の整備事業場において整備士が不足しているという。

また、自動車整備業から転職をした100人に取ったアンケート結果では、転職の理由として、「賃金の条件が良くなかった」「労働時間の条件が良くなかった」があがっていた。

そのため報告書では、「自動車整備業の人材確保・育成のための課題、取り組むべき対応」に「『賃金向上』『勤務時間、休日・休暇の確保』『作業環境の改善』『興味にあった仕事、責任ある仕事の割り当て』」をあげている。労働環境を改善しなければ人材の流出は止まらない。ツイッターでは先行きを不安する意見もあがっていた。


「ほんと国家試験とって整備士やってる人間が10万に毛が生えたような給料で仕事してんのが理解に難を覚えるよな… 技術職としてかなりレベルの高い水準に置かれてる日本のサービスマンがこんな扱いだと車直す人がいなくなるぞ」


  


Posted by いざぁりん  at 00:35
こちらです。
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20160528-00000995-fnn-soci
(以下は、コピーです)
元陸上選手で、熊本県議会議員の松野明美さんが、熊本県議会を欠席して、東京で講演を行っていたことが明らかになった。
松野議員は「(講演会は)半年前からの約束で、臨時議会が何日になるかわからないということで、その辺りは、どうしようかということは相談しております」と述べた。
松野議員は、2015年4月の統一地方選で、熊本市議から転身して、トップ当選した。
熊本地震などに関する審議のため、5月13日に開かれた臨時県議会を欠席して、同じ日に、東京・府中市で行われたイベントで、子育てなどに関する講演を行っていた。
東京都の担当者は「大変な地震が起こったということで、講演を引き続き、お願いしても大丈夫か、確認させていただきました」と話した。
今回の欠席について、議会事務局には、届けを出していて、本人は「病気のために欠席した」と話している。
ほかの県議からは、「県議の仕事の本分を考えるべき」といった批判の声が上がっている。.  


Posted by いざぁりん  at 00:34
こちらです。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160528-00000044-mai-bus_all
(以下は、コピーです)
 27日閉幕した主要7カ国(G7)首脳会議(伊勢志摩サミット)で、安倍晋三首相が「世界経済はリーマン・ショック前に似ている」との景気認識をもとに財政政策などの強化を呼びかけたことに対し、批判的な論調で報じる海外メディアが相次いだ。景気認識の判断材料となった統計の扱いに疑問を投げかけ、首相の悲観論を「消費増税延期の口実」と見透かす識者の見方を交えて伝えている。

 英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)は「世界経済が着実に成長する中、安倍氏が説得力のない(リーマン・ショックが起きた)2008年との比較を持ち出したのは、安倍氏の増税延期計画を意味している」と指摘した。首相はサミット初日の26日、商品価格の下落や新興国経済の低調ぶりを示す統計などを示し、自らの景気認識に根拠を持たせようとした。しかし、年明けに急落した原油価格がやや持ち直すなど、金融市場の動揺は一服している。米国は追加利上げを探る段階だ。英国のキャメロン首相は26日の討議で「危機とは言えない」と反論。FTは英政府幹部の話として「キャメロン氏は安倍氏と同じ意見ではない」と指摘した。

 英BBCは27日付のコラムで「G7での安倍氏の使命は、一段の財政出動に賛成するよう各国首脳を説得することだったが、失敗した」と断じた。そのうえで「安倍氏はG7首脳を納得させられなかった。今度は(日本の)有権者が安倍氏に賛同するか見守ろう」と結んだ。

 仏ルモンド紙は「安倍氏は『深刻なリスク』の存在を訴え、悲観主義で驚かせた」と報じた。首相が、リーマン・ショックのような事態が起こらない限り消費税増税に踏み切ると繰り返し述べてきたことを説明し、「自国経済への不安を国民に訴える手段にG7を利用した」との専門家の分析を紹介した。首相が提唱した財政出動での協調については、「メンバー国全ての同意は得られなかった」と総括した。

 米経済メディアCNBCは「増税延期計画の一環」「あまりに芝居がかっている」などとする市場関係者らのコメントを伝えた。

 一方、中国国営新華社通信は「巨額の財政赤字を抱える日本が、他国に財政出動を求める資格があるのか?」と皮肉った。首相が新興国経済の減速を世界経済のリスクに挙げたことへの反発とみられ、「日本の巨額債務は巨大なリスクで、世界経済をかく乱しかねない」とも指摘した。  


Posted by いざぁりん  at 00:34
こちらです。
http://mainichi.jp/articles/20160527/ddm/008/010/105000c
(以下は、コピーです)
 26日開幕した主要7カ国(G7)首脳会議(伊勢志摩サミット)で、安倍晋三首相は、世界経済の現状がリーマン・ショック前と似た状況にあるとの認識を示した。原油価格の下落などを示す資料を提示し、消費増税を再延期する根拠にするとみられる。だが、エコノミストからは「市場は落ち着きを取り戻しつつあり、リーマン・ショックと比べるのは無理がある」との指摘が出ている。【安藤大介、宮川裕章】


 首相が示した資料は、国際通貨基金(IMF)などのデータを引用した国際商品価格の下落▽新興国への投資減少▽世界経済の2016年成長率見通しの下方修正−−など。国際商品価格は原油や食料、鉄鉱石などを総合した指数で、14年6月から今年1月までに55%下落した。首相は「(08年9月の)リーマン・ショック前後の08年7月から09年2月までの下落幅と同じ」と指摘した。

 また、IMFの世界経済見通しについても、リーマン・ショック直前まで09年の成長率をプラスと予測していたが、実際はマイナスに陥ったとの資料を提示。16年の成長率見通しが下方修正されたことに言及し、「リーマン・ショック直前の北海道洞爺湖サミットで危機の発生を防げなかった。政策対応を誤ると、危機に陥るリスクがあるのは認識しておかなければならない」と訴えた。

 しかし、エコノミストからは疑問が相次いでいる。大和総研の熊谷亮丸チーフエコノミストは、商品価格の下落について、リーマン・ショック時は世界経済の悪化で需要が大幅に減少したものだが、最近は石油輸出国機構(OPEC)や米国産シェールオイルの増産による供給過剰も要因として「背景が根本的に違う」とみる。成長率に関しても「16年は下方修正されても成長率は3%台。マイナスに陥ったリーマン・ショック時ほど低水準ではなく、理屈に無理がある印象だ」と指摘した。

 三菱UFJモルガン・スタンレー証券景気循環研究所の嶋中雄二所長も「商品価格の下落幅が同じでも、リーマン・ショック時と最近ではかかった時間に違いがある。今回は時間をかけて下がっており、『ショック』とは呼べない」と述べた。

 また、G7会場でも懐疑的な見方が出た。イタリアのテレビ局のピオ・デミリオ記者は「今の状況は悪いが、リーマン・ショック時と比較するのは不自然だ。選挙を前に財政出動などを正当化する口実にしているのだろうか」と首をかしげた。英国の政治アナリスト、ジョン・カーソン氏は「リーマン・ショックは予期せぬ状況に世界は衝撃を受けた。現在はそこまで深刻ではない」と語った。
  


Posted by いざぁりん  at 00:33
消費税は、廃止しなければなりません。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160528-00000553-san-pol
(以下は、コピーです)
 安倍晋三首相は28日夜、平成29年4月に予定していた消費税10%への引き上げ時期を31年10月まで2年半延期する方針を麻生太郎副総理兼財務相らに伝えた。

 政府関係者が明らかにした。  


Posted by いざぁりん  at 00:33