京つう

  イベント  |  伏見区

新規登録ログインヘルプ



こちらです。
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160609-00121939-toyo-bus_all
(以下は、コピーです)

 舛添要一東京都知事の政治とカネを巡る問題が終幕へと向かいつつある。舛添知事は「第三者」の弁護士に調査をさせ、それを明らかにさせれば批判の勢いは収まり辞任を回避できると考えていた。しかし、その目論見は完全に外れようとしているのだ。

 舛添知事は6月6日に「第三者調査報告書」を出し、「違法とはいえない」との“お墨付き”を公表した。また公用車で行き来していたことが問題視された湯河原の別荘を売却し、宿泊費や飲食費で不適切と指摘されたものは返金する意向も示した。これで東京都議会における7日の代表質問と8日の一般質問では追撃をなんとかかわすことができる。数日を挟んでの集中審議までは、批判の勢いは続かないだろう――。それが舛添知事の“戦法”だったはずだ。

 だが、そうは問屋が卸さなかった。

■ 「身内」であるはずの自民党からも批判

 6月7日の代表質問では、自民党、公明党、共産党と民進党の4会派の都議が質問に立った。知事の「身内」であるはずの自民党からも、調査結果の甘さが指摘された。第一、2014年1月に木更津のホテルで会談したという人物の名前がないではないか。これについて議会で尋ねても、舛添知事は答えなかった。

 議会軽視との批判の危険性を侵しても、秘匿にしたいものは何なのか。公明党からは、2020年東京五輪・パラリンピックの開催に際して知事に東北被災地の現状やニーズを把握してほしいとの訪問要請があったにもかかわらず、知事は「時間がとれない」とこれを断り、湯河原の別荘に滞在していたことが暴露された。
.

 日本共産党からは、報告書は知事の言い分を鵜呑みにしたもので、裏付けの検証がないことが指摘された。また知事の公務として行った講演の実態が舛添政治経済研究所の事業の一環であり、立場と肩書きを利用したビジネスである疑いも提起された。民進党からも、調査報告書の正当性への疑義が出されている。

 翌8日の一般質問では都議15人から次々と質問が飛び、舛添知事の立場はいっそう苦しくなった。各自が持つ時間は10分前後と短かったが、鋭い内容が舛添知事に突き刺さったからだ。

■ 公明党・斉藤泰宏都議が感じた大きな疑問

 「私に許されている時間は12分。その間にどのように鋭く知事に切り込むべきか、悩ましいところだ」

 質問に立つ予定だった公明党の斉藤泰宏都議は7日夜、その心中を吐露している。知事のスキャンダルが発覚する以前から、6月の定例会で特別支援学校や難病者の就労支援について質問すべく準備してきた。知事の公私混同問題を追及すれば、これら本質的な質問を行う時間が必然的に短くなってしまう。「都民のための重要な施策が、知事のスキャンダルのために後回しになってはいけないという思いもある。だがいまは何より都民の信頼を回復させることを優先すべきだと思う」。

 斉藤都議は大学時代に法曹の道を目指したこともあった。だからこそ、舛添知事の「第三者による調査報告書」に大きな疑問を感じていた。「舛添知事が選任した佐々木善三弁護士は、猪瀬直樹前知事の弁護人として、略式起訴を勝ち取った弁護士。小渕優子代議士の政治資金収支報告書虚偽記載問題でも第三者委員会の委員長として報告書を作成している。その内容を見ると、とても中立の立場に立っているとは思えない」。

 小渕優子代議士の政治資金収支報告書虚偽記載問題とは、2014年10月に週刊新潮が後援会の観劇費用2600万円の未記載を報じたことをきっかけに、同氏の関連団体の収支報告書の繰越金額よりも実際の預金額が約1億円も少ないことが発覚した事件のことだ。

 この事件の主犯は故・恵三氏の時代から地元事務所を牛耳っていた折田謙一郎前群馬県中之条町長で、2015年10月9日には政治資金規正法違反で東京地裁から禁固2年執行猶予3年の有罪判決を受けている。この事件の第三者委員会の委員長を務めたのが佐々木氏だが、10月19日に調査結果を公表した時の発言が問題視されたことがある。

 「(折田氏に)責任感が強くなかったら(1億円のずれを)放置していた可能性もある」

 まるで折田氏に強い責任感があったがゆえに、違法行為が行われたような言い方だが、報告書にも「単純に折田氏を批判することに躊躇を覚える」との意見が記載され、これが「公正さを欠くのではないか」と批判された。

 8日の一般質問では、斉藤都議の口から第三者報告書に対する厳しい疑問が次々と飛び出した。「誰に対して何に対して、厳しい眼を持つ第三者なのか」「客観性のある調査ができる弁護士とは思えない」「(知事が)自分を守るために調査を依頼したのではないか」。

■ 政治とカネに執着した哀れな姿

 また新党改革時代の政治資金の使途について、舛添知事は「自民党時代は党の内規に基づき、厳しくチェックされていた。新党改革になってそういう内部チェックがなくなったので慢心した」と弁明していたが、斉藤都議はこれを次のように切り捨てた。

 「そもそも知事が自民党を離党した際は、当時の鳩山首相と小沢幹事長の政治とカネの問題で、自民党の対応の甘いことで離党し、新党改革を立ち上げたはず。慢心が起こったというのでは全くの論理矛盾だ」。さらに「新党改革時代、そして都知事になってからも一貫していえることは、政治とカネに執着した哀れな姿」とまで言い切っている。

 こうした批判をじっと聞いていた舛添知事は、「心から深く反省するとともに、信頼回復に努めたい」と繰り返すのみで、相変わらず自分から辞める様子を見せてはいない。

 この後に自らの給与を減額する条例案を提出する意向を示したが、これは集中審議の日程を決する理事会の開催前の再度の“ガス抜き”だろう。吝嗇家と言われる舛添知事にとっては給与減額は知事の地位を失うよりもマシということで最大の譲歩なのかもしれないが、それで都民の怒りが収まると思っているのだろうか。

 すでに他の逃げ道はふさがれており、辞職までまっしぐらの舛添知事。しかしてそのタイミングはいつなのか。与党が参院選との“ダブル選”を嫌がっているため、「9月辞職説」が聞こえている。

 参院選が終われば、リコールが始まる可能性も大きい。リコールには約147万もの有権者の署名が必要になるが、多くの都民は進んでこれに応じるだろう。いくら舛添知事が抗おうとも、それを止めることは不可能だ。すでに政治の歯車は大きく動き出している。  


Posted by いざぁりん  at 00:37
こちらです。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160610-00000059-mai-pol
(以下は、コピーです)
 政治団体「国民怒りの声」(代表・小林節慶応大名誉教授)は10日、7月の参院選比例代表に小林氏や俳優の宝田明氏ら新人7人と、民主党元職の円より子氏の計8人を擁立すると発表した。安倍政権に対抗するためとして野党各党に呼びかけた統一名簿が実現せず、独自候補の擁立に踏み切った。

 政治団体が参院選比例代表に候補者を擁立するには、公選法の規定で10人以上の候補者が必要で、怒りの声はさらに2人を擁立する方針だ。民進党など野党各党には政権批判票が分散するとの懸念があるが、小林氏は記者会見で「棄権してしまう人たちを投票に駆り立てて、野党全体のウイングを広げるのが目的だ」と説明した。  


Posted by いざぁりん  at 00:36
争点隠しは、卑怯です。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160610-00000099-mai-pol
(以下は、コピーです)
 安倍晋三首相が参院選に向けた全国遊説で、悲願の憲法改正への言及を避けている。賛否が割れる改憲に重点を置かず、アベノミクスによる景気回復の是非に焦点を当てたほうが有利との判断とみられる。ただ、参院選後に改憲論議が加速する可能性は否定できず、野党は「争点隠しだ」と批判を強めている。

 「アベノミクスは決して失敗していない。デフレから脱却し、国民をさらに豊かにしていく」。首相は10日、奈良、三重両県で街頭演説し、雇用改善などの「成果」の説明に多くの時間を割いた。マイクを握った約2時間で憲法改正には一度も触れなかった。政府関係者は「自民党は憲法改正が党是だ。演説でわざわざ言う必要はない」と話す。

 自民、公明両党が発表した参院選公約も、憲法改正を正面から掲げていない。自民の憲法改正についての記述は全26ページのうち末尾の2項目のみ。「衆参の憲法審査会で議論を進め、各党との連携を図り、国民の合意形成に努める」との表現にとどめた。

 首相は1月、参院選について「自公だけでなく、改憲を考えている人たちと3分の2を構成していきたい」と前のめりの姿勢を示した。一転して遊説で憲法に触れない意図について、首相周辺は「憲法改正が現実的な政治日程となってきたからこそ慎重になっている」と解説する。

 公明は憲法に新たな条項を加える「加憲」の立場だ。ただ、争点化は好ましくないとみており、公約では憲法改正について全く触れていない。

 これに対し、野党は憲法への言及を避ける首相や与党を批判し、「アベノミクスの失敗」と並ぶ2大争点に据える方針だ。

 民進党は参院選ポスターで「2/3をとらせない」と安倍政権での憲法改正阻止を呼びかける。山尾志桜里政調会長は10日、東京都内の街頭演説で「首相は選挙になると自民党憲法改正草案を蔵にしまってしまう。選挙が終わると蔵から出して、憲法草案も賛成してもらったと必ず言う」と指摘。自民党憲法改正草案の9条について「自衛隊を国防軍にし、集団的自衛権の制限をなくす。この国の平和の形を一気に変える」と批判した。

 共産党は公約で憲法について「自民党憲法改正草案に反対」を掲げる。志位和夫委員長は9日の記者会見で「自民党改憲案を許していいのかどうかが大争点だ」と述べ、参院選で首相の姿勢を問う考えを示した。

 ◇憲法改正に関する主要5党の参院選公約

自民 衆参の憲法審査会で議論を進め、各党との連携を図り、国民の合意形成に努め、憲法改正を目指す

公明 (記述なし)

民進 「国民主権」「基本的人権の尊重」「平和主義」の理念は堅持。時代の変化に対応した憲法のあり方は国民参加で構想(公約案)

共産 自民党改憲案は海外での武力行使を無条件で可能にし、基本的人権を制限する。時代逆行の自民案にノーの審判を下す

おおさか維新 憲法改正による教育無償化、道州制実現を含む統治機構改革、憲法裁判所の設置  


Posted by いざぁりん  at 00:36
こちらです。
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=99&id=4036851&from=home&position=5
(以下は、コピーです)
不倫騒動後、活動を自粛していたベッキーが、1月4日に行った会見以来、5カ月ぶりにレギュラー番組に復帰。BSスカパー!の音楽番組「FULL CHORUS ~音楽は、フルコーラス~」(火曜夜9時)の収録前に報道陣の取材に応じた。以下、会見全文。

「本日はお忙しい中お集まりいただきまして、ありがとうございます。また今年に入ってからの一連の報道で多くの方々にご迷惑をおかけしました。本当に申し訳ありませんでした。今日からお仕事をまたスタートさせていただくことになりました。ゼロから頑張りたいと思っております。よろしくお願いいたします」

―今日いよいよレギュラー番組に復帰となるが

「お仕事させていただけることがものすごくありがたいです。頑張りたいです」

―休業中はどのような気持ちで過ごされましたか?

「ずっと反省の気持ちを抱きながら過ごしておりました」

―復帰についての喜びは?

「やはりお仕事をする場があるということが本当にありがたくてうれしい気持ちです」

―テレビ復帰となった5月13日放送の「金スマ」の反響はどのように

「色々な意見をいただきまして、全ての意見を受け止めようと思っています」

―反省して過ごしていたとありましたが具体的にどのように過ごされましたか?

「お詫びと反省の気持ちがベースにありながらですけれども、家の中でできることをしていました。読書ですとかお料理の勉強をしていました」

―1月4日の会見の時に事実と異なる「友達である」という会見をしましたが、改めてそのような事実と異なる会見をした理由とお気持ちをお聞かせください

「本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。申し訳ありませんでした」

―復帰に収録番組(金スマ)を選んだ理由は?

「理由は、私の中では今日が復帰なのですけれども、スタッフさんと話し合って決めました」

―川谷さんとは最後に連絡を取ったのはいつか? 内容は?

「時期は一月の中旬なんですけれども、内容に関してはまたご迷惑をおかけしてしまうので控えさせていただきます。申し訳ありません」

―今、川谷さんに気持ちは?

「申し訳ないですという気持ちです」

―復帰の会見を今日にした、今日をリスタートの日にした理由は?

「スタッフさんとその番組である『フルコーラス』さんがお話をして、今日と決めてくださったので、今日になったという感じです」

―川谷さんはあれ以来公の場に出ていません。会見も行っていません。そのことに関して率直にベッキーさん自身はどうお感じに?

「それぞれの考えや立ち位置があると思うので、私は特に…」

―芸能界以外の復帰は考えなかったか?

「私は芸能界で復帰したいという気持ちが一番にあったので、ここでの復帰を選ばせていただきました」

―当時の自分に声をかけるとするならば?

「しっかりと人の気持ちを考えながら、正しい道を歩みなさいと言いたいです」

―今後なんですけども恋愛する時期が来るかも知れません。今後の恋愛との向き合い方は?

「今はまだお仕事のことしか考えられないんですけど、そういうご縁があったのなら人を傷つけない恋愛をしたいなと思います」

―約束できますか?

「約束いたします」

―復帰の段取りについて、奥様と会う前に(「金スマ」の)収録を行っていた部分について

「配慮が足りなかったと思います。本当に申し訳ありませんでした」

―間違っていたと思っている?

「配慮が足りなかったと思っております」

―ベッキーさんは優等生のようなキャラが根強かったと思うのですが、今後はどういうベッキーさんを見せていきたいですか?

「自然体でありのままの自分でテレビに出られたらいいなと思っています」

―川谷さんの新曲の歌詞の内容がベッキーさんを連想させる内容だった。お聞きになりましたか?

「私は聞いていないです」

―まだ向こう側に気が合ったとしたら、どうお感じになられますか?

「憶測でお伝えすることもできませんので、何とも言えません」

―川谷さんへの思いが冷めたのはどのタイミング?

「徐々にという感じなので、タイミングといわれると難しいんですけれども…」

―自分の中で吹っ切れたなという時期はあった?

「はい」

―それはいつですか?

「いつ頃でしょうか…いつとは言えませんけど徐々に気持ちが無くなったので…いきなりパっと気づくことではないというか…徐々になくなっていった感じです」

―思い悩み、涙した時もあったんですよね?

「はい」

―何か月くらい続いたのでしょうか?

「自分でもはっきり期間は覚えてないですけれども、割とありましたそういう時期は」

―それは恋愛関係に戻りたいという思いだったんですか?

「色々なことがありましたので色々(な思いが)あったと思います」

―今後会うことは?

「無いと思います」

―改めて不倫について、どう思われますか?

「自分自身の行動は本当に軽率だったと思います」

―今後の仕事の予定は?

「まだ今日収録をする『フルコーラス』さん以外は未定なので、わからないですね。まずは『フルコーラス』さんを頑張りたいです」

―今回の騒動から待っていたファンに向けて

「ファンの方々を、悲しませてしまい、本当に申し訳なく思っております。そんな中でも温かい言葉をかけてくださり本当にありがとうございます。ゆっくりと恩返しをさせてください」

―復帰となった金スマでインタビューに答えていたが、その一社のみ。ベッキーさんの対応が公平性に欠けるのではないか?という意見があるが

「申し訳ありません」

―それは他にないですか?

「もし不快な思いをさせた方がいるのであれば申し訳なく思っています」

―復帰までの5カ月は長かった?

「長かったです」

―今、体調面はいかがですか?

「大丈夫ですありがとうございます」

―食事や睡眠も?

「食事もとれています。睡眠も」

―体調面でつらい日々もありましたか?

「そういう日々もありました」

―今、何が楽しみですか?

「お仕事できることが楽しみですね」

―川谷さんの一番の魅力は?

「奥様のお気持ちもありますので、それに関してはコメントを控えさせていただきたいです。申し訳ありません。ごめんなさい」

―(進行)以上で、会見を終了いたします。

「ありがとうございました。これからもどうぞよろしくお願いいたします」   


Posted by いざぁりん  at 00:35
あるのではないでしょうか?
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=4037410&media_id=32&from=shared_ranking
(以下は、コピーです)
 携帯電話の発する電磁波について、よいニュースと悪いニュースがある。ではまず、よいニュースから。

 英WIRED誌が伝えるところによると、シドニー大学で公衆衛生学を研究するサイモン・チャップマン名誉教授のチームは、携帯電話の電磁波と脳腫瘍の発生率に相関関係はないことを疫学的に明らかにした。

 オーストラリアでは法律によって、癌の診断がすべて公式に記録されている。このデータに基づいて同チームは、1982年から2012年の間に脳腫瘍の発生率はほとんど変化していないという結果を得た。オーストラリアでは1987年に携帯電話の普及が始まっており、この30年間に携帯電話は爆発的に普及している。電磁波と脳腫瘍になんらかの関連があるなら、統計的に変化が生じるはずだ。したがって、両者に関連は認められないという結論になる。

 ただし厳密に言えば、女性では脳腫瘍の発生率に変化はないものの、男性ではわずかに増加が見られるという。しかしチャップマン教授は、この傾向は1987年以前から始まっており、やはり携帯電話とは関係ないとしている。検査技法の進歩によって、それまで見落とされていた脳腫瘍を発見できるようになったことが、統計に影響を与えていると指摘している。

●電磁波は脳腫瘍に影響を与える

 悪いニュースもある。

 米CNNによれば、携帯電話が発するものに相当する電磁波をラットに照射した実験で、腫瘍の発生率が上昇したという。米国立環境衛生科学研究所(NIEHS)が明らかにした。

 実験では、2年間にわたって高い頻度で、GSMやCDMAに相当する900〜1900MHzの電磁波を2500匹のラットに照射した。そして電磁波を浴びていない群と比較したところ、照射されなかった群では脳腫瘍が発生しなかったのに対して、照射された群のオスのラットには2〜3パーセントの割合で脳腫瘍が発生したという。なおメスのラットでは脳腫瘍の発生率は1パーセントにとどまり、誤差の範囲かもしれないとされている。また、心臓の神経細胞に腫瘍が発生した割合は照射されたオスで2〜7パーセント、メスで2パーセント、照射されない群ではいずれもゼロだった。

 ただし、この結果を人間にそのまま当てはめることはできない。実験結果をどう解釈するべきかは、慎重な議論が必要になるとCNNは指摘している。
  


Posted by いざぁりん  at 00:35
こちらです。
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=4036187&media_id=17&from=shared_ranking
(以下は、コピーです)
 ここ数か月、さまざまな形で話題となってきた「Windows 10への強制アップグレード」問題。その執拗さからユーザーの反感を買うとともに、思わぬタイミングでアップグレードが開始されるなどのエピソードに事欠かなかったが、ついに日本の国会でも問題となった。

 1月からこの6月まで開催されていた第190回国会には、161項目の質問主意書が提出されていたが、そのなかには、「Windows 10の強制アップグレード」に関連する質問が含まれていた。元東京大学工学部助教授でもある民進党参議院議員の藤末健三議員によるもので、「パソコンの基本ソフトウェアの半強制的アップグレードに関する質問主意書」というものだ。

 質問主意書は5月30日に提出され、「1・本問題に関し国民生活センターや消費生活センターに寄せられた苦情の内容や件数を調査し、公表すべきであると考えるがどうか」「2・半強制的に同意を求める契約形態は、消費者契約法、特定商取引法などに照らして法的に問題はないか」「3・パソコンのソフトウェアを利用者が意識しないところで事業者が勝手に書き換えることは法的に問題ないのか」という3つの質問を行っている。

 これに対し6月7日、安倍晋三内閣総理大臣による答弁書が、参議院に提出され、一般にも公開された。それによると、「1・情報の公開に関する法律の規定などを踏まえ、原則として当該事業者を特定できる情報は公開していないが、必要に応じて調査を行い、注意喚起を行う」「2・“半強制的に同意を求める契約形態”の意味がかならずしも明らかではないが、消費者の利益を一方的に害する条項が含まれている場合は、当該条項は無効とされる」「3・指摘の意味が明らかではないので、お答えすることは困難である」などと回答している。

 ついに国会の俎上にまで上ったWindows 10のアップグレード問題。ここまで大ごとになってしまったが、期限の7月29日までに新たな動きがあるのか、あるいは無償アップグレード期間が過ぎたあとになんらかのマイクロソフトのアクションがあるのか、のっぴきならない状況だといえる。
  


Posted by いざぁりん  at 00:34