京つう

  イベント  |  伏見区

新規登録ログインヘルプ



日本も、TPPを離脱しなければなりません。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160629-00000019-jij-n_ame
(以下は、コピーです)
 米大統領選で共和党の候補指名を確実にした実業家ドナルド・トランプ氏(70)は28日、ペンシルベニア州で演説し、「米国を環太平洋連携協定(TPP)から撤退させる」と述べ、就任すれば、日本を含む現在12カ国の枠組みから離脱すると宣言した。

 同氏はTPP再交渉を訴えてきたが、完全に拒否する姿勢に転じた。

 トランプ氏はTPPで輸入が増え、「米国の製造業が致命的打撃を受ける」と強調。TPPのように米国を束縛する多国間協定ではなく、「2国間協定が必要だ」と語り、同日表明した通商政策の最優先事項にTPP離脱を据えた。

 また、中国の輸出拡大などを非難し、不公正貿易や通貨安誘導に強力な対抗措置を講じる方針を示した。

 TPPをめぐり、民主党候補になるヒラリー・クリントン前国務長官(68)も「ノーを突き付ける」と表明。両氏のTPP批判が勢いを増し、米議会のTPP承認審議の先行きは不透明さを増している。   


Posted by いざぁりん  at 11:04
自衛隊が「人殺し組織ではない」と認識することの方が、不快ですし、そもそも、自衛隊は違憲です。
自衛隊は、「人殺し組織」です。
防衛費は、「人殺し予算」です。
自衛隊は、軍隊なのです。
自衛隊は、災害救助で、どんなに善行を積もうとも、それは、戦争の訓練の一環であり、そして広報活動の一環でもあり、それゆえ、合憲となることは無いのです。
自衛隊は、直ちに解散しなければなりません。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160627-00000566-san-pol&pos=3
(以下は、コピーです)
 民進党の枝野幸男幹事長は27日、共産党の藤野保史政策委員長がNHK番組で防衛費を「人を殺すための予算」と発言したことについて、「自衛官や関係者に不快感を与える発言だ。どんな政党であれ、そうした(発言をする)ことのないようにすべきだ」と指摘した。川崎市で記者団に語った。  


Posted by いざぁりん  at 00:31
自衛隊の災害救助活動は、違憲です。
野党共闘は、無理ならば、しなくても良いのです。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160628-00000504-san-pol
(以下は、コピーです)
 共産党の藤野保史(やすふみ)政策委員長が26日のNHK番組で防衛費を「人を殺すための予算」と発言した波紋が、九州・山口でも広がっている。特に熊本地震の被災地では、自衛隊の活動を目の当たりにしただけに、反発の声が高まる。参院選(7月10日投開票)の「1人区」で共産党と共闘する民進党からは、「痛手だ」と悲鳴が上がった。

 「多くの患者の命を救えたのも、自衛隊が頑張ってくれたからだ。共産党の幹部が『人を殺すための予算』と発言したそうだが、なぜそういうことを口にするのか理解に苦しむ」

 熊本市中央区の医療法人「如水会」の嶋田英剛会長(83)は憤った。

 同法人は人工透析患者を受け入れる嶋田病院などを運営する。病院は熊本地震前震の4月14日から断水となり、陸上自衛隊が約10日間、給水車を使って病院の貯水タンクに“命の水”を運び続けた。この活動で透析患者約350人が生命をつなぐことができた。

 熊本地震で被災した熊本と大分両県には、延べ約78万8千人の自衛隊員が派遣された。

 隊員は倒壊家屋から住民を救出し、避難所での給水や入浴支援、がれきの搬出まで、黙々とこなした。

 そうした姿を実際に見ているだけに、被災地では藤野発言に批判が強まる。

 発言は選挙情勢にも影響しそうだ。熊本選挙区(改選1)では野党統一候補として、無所属新人の阿部広美氏(49)が立つ。阿部氏の事務所は、気まずい雰囲気になっているという。

 民進党熊本県連幹部は「ただでさえ支持者には根強い共産党アレルギーがあり、名簿も集まらず事務所は機能していない。あの発言で自衛隊に理解のある保守層の票がすっかり離れた。すべては共産と組んだ党執行部の戦略ミスだ」とこぼした。

 民進党佐賀県連代表の大串博志衆院議員は「人を殺すという表現は不適切で、撤回は当然」と語った。その上で「佐賀では民共が別々に活動しており、私たちの活動に直接影響するものではないと思う」と説明した。とはいえ、別の佐賀県連幹部は「政治家の発言としてまずい。自公の批判材料に使われるかもしれず、『困ったな』というのが率直な感想だ」と懸念を口にした。

 × × ×

 与党側は藤野発言を問題視し、攻め口とする。

 「とんでもない話だ。熊本地震で被災者の命を助けてくれたのは、自衛隊の皆さんだ。バカも休み休み言えといいたい。しかも、なかなか(撤回を)言えないところに共産党の本質が現れている」

 今月27日、福岡市のJR博多駅前で公明党の山口那津男代表は声を張り上げた。

 同党の幹部からは「藤野発言によって、共産党は比例代表で100万票減らした。こちらはあと2週間がんがん攻める」との声まで飛び出した。

 攻勢に出る与党に対し、共産党熊本県委員会の日高伸哉委員長は「不用意な発言だったが、誤解だ。言葉尻をとらえての攻撃には断固反対だ」と語った。

 一方、「言葉足らずだったかもしれないが、発言に問題は全くない」(佐賀県委員会の今田真人委員長)と強気の声も漏れる。

 × × ×

 今回の発言で、民進党側からは「巻き込まれた」という声が出る。

 「野党共闘の実態は、共産党の党勢拡大のために共産色を隠す『隠れみの』に民進党が使われ、抱きつかれただけだ」(九州のある県連幹部)

 九州選出の民進党国会議員は「共産党は国政選挙で党勢拡大しているからと、調子に乗りすぎた。それが藤野発言につながった」と声を潜める。

 だが、民進党執行部が共産党との共闘を推進したのは間違いない。身から出たさびといえる。

 26日のNHK番組には、民進党からも山尾志桜里政調会長が出演していた。山尾氏は、藤野発言をとがめず事実上、追認した。

 身内の民進党福岡県連幹部も「あの発言をおかしいと思う見識が、山尾氏にないことこそおかしい。共産をかばっているようで、『野合』といわれても仕方がない」と顔をしかめた。

 「こちらは『お前も共産と同じだ、けしからん』と保守系の支持者に言われ、苦しい。言い訳もできない。そこにきての人殺す予算発言だ。熊本の被災地で活動した自衛官に、面と向かって『人殺し』と言えるのか? 民共合作は止めたがいい」  


Posted by いざぁりん  at 00:30
防衛費は、人を殺す予算です。
防衛費は、全額、違憲の支出です。
防衛予算は、全否定しなければなりません。
自衛隊は、違憲ですから、直ちに解散しなければなりません。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160628-00000139-jij-pol
(以下は、コピーです)
 共産党の藤野保史政策委員長(46)は28日夜、党本部で記者会見し、防衛費について「人を殺すための予算」と述べた自らの発言は不適切だったとして、政策委員長を辞任する意向を表明した。

 政府・与党から批判が相次いだのに加え、参院選で共闘する民進党からも問題視する声が上がったのを踏まえ、共産党として事実上の更迭に踏み切ったものだ。

 国政選挙の期間中に政党の主要幹部が辞任するのは異例。後任は当面置かず、小池晃書記局長が兼務する。

 藤野氏は会見で、発言内容は防衛予算を全否定はしていない党の立場に反したと説明。「自衛隊の皆さんを傷つけるものになり、深く反省し、国民に心からおわび申し上げる。野党共闘の関係者や支持者に多大な迷惑をおかけした」と陳謝した。

 藤野氏の発言は26日のNHKの討論番組で出たもので、同日中に取り消した。しかし、政府・与党は発言をとらえて野党共闘への攻撃を強め、菅義偉官房長官は28日、横浜市内の街頭演説で「民共合作の無責任さの象徴だ」と強調。民進党からも「自衛官ら関係者に不快感を与えた」(枝野幸男幹事長)との声が出た。
  


Posted by いざぁりん  at 00:29
アメリカ英語は、どうなるのでしょうか?
http://dot.asahi.com/afp/2016062800079.html
(以下は、コピーです)
 英国が国民投票で決めた欧州連合(EU)からの離脱をめぐり、英語を受け付けないフランスの「フランス語至上主義者」の間で、少なくともEU本部から英語を追放する絶好の機会と捉える動きが出ている。

 フランス国内では、英仏海峡(Channel)の向こうで英国が決定したEU離脱の衝撃は、政治家2人が英国に対して、国の離脱に先立って英語もEUの公用語から取り下げるべきだと要求したことでようやく浸透してきた。

 極右として知られる南部ベジエ(Beziers)のロベール・メナール(Robert Menard)市長は「(EUの本部がある)ブリュッセル(Brussels)で英語が使用される正当な理由はもはやない」とツイッター(Twitter)に投稿した。

 極左政党の左翼党(Left Party)を率いるジャンリュック・メランション(Jean-Luc Melenchon)氏も「英語は欧州議会(European Parliament)の第3公用語にもなれない」とツイート。EUからの英語排除論は国内のあらゆる党派を超えて広がっているもようだ。

 とはいえ、EU域内で英語を使うのは英国民に限らない。両氏に対しては「英語が公用語から外れるなら、英語を話す国民が過半を占めるアイルランド人はどうすればよいのか」という質問も寄せられているが、メナール市長は「アイルランドの第1公用語はゲール語だ」とかわしている。

 EUでは現在、英語やフランス語を含む24言語が公用語として採用されている。

 フランスはEU域内の英語習熟度のランキングで最下位になることが多いが、若年層の間では英語の上達に意欲的な人も増えている。
  


Posted by いざぁりん  at 00:28
そもそも、不正が出来ない投票制度でなければなりません。
そうでないと、再投票を求める投票を、再投票してもらわなければ、ならなくなります。
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20160628-00000049-ann-int
(以下は、コピーです)
 国民投票のやり直しを求める署名に大規模な不正がありました。
 イギリス議会のホームページには、EU(ヨーロッパ連合)からの離脱を巡って投票のやり直しを求める400万人近くの署名が集まっています。BBCは27日、この署名を巡って自動プログラムを使った不正が見つかったと報じました。1人で3万3000回も署名したとするものもあり、イギリス議会はすでに7万7000人分を削除したということです。南極や北朝鮮から署名したとされるものもありました。.  


Posted by いざぁりん  at 00:28
こちらです。
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20160628-00000045-jnn-int
(以下は、コピーです)
 ロンドンにあるポーランド移民が集う施設。その玄関に、「出ていけ!」と汚い言葉で書かれていたのが発見されたのは、反移民感情が強いとされるEU離脱派が国民投票で勝利した後、最初の週末の朝でした。こうした出来事は、施設のオープンから42年間で初めてだといいます。

 「50年もここで暮らしてきて初めてのことよ。ショックで落ち込んだわ」(ポーランド系住民)

 「直接、面と向かって言われたという話も聞きました。でもイギリス人は本来こんなことをする人たちではないですし、限られた事例だと思いたいわ」(ポーランド社会文化協会 代表ジョアンナさん)

 しかし、被害を受けているのは、ポーランド人だけではありません。イギリスのイスラム教徒の団体によれば、国民投票後の週末の2日間だけで、非常に多くの差別的な言動、いわゆるヘイトクライムが報告されたといいます。

 「『自分たちは離脱を選んだ。お前らは出ていけ!』と言われたと。(国民投票は)偏見やイスラム教徒に対する嫌悪の『パンドラの箱』を開けたのかもしれません。これまで言わなかった人も言うようになっているのかも」(英国イスラム評議会 ヴェルシ副事務局長)

 イスラム教徒で初めてロンドンの市長になったカーン市長も、表情を曇らせます。
 「私が懸念しているのは、先週の木曜日以降、移民の悪口を言ったり、差別的なことを落書きしたりしてもいいと思い込んでいる人が増えていることだ。そんなことは許されない」(カーン ロンドン市長)

 警察当局によると、国民投票以降のヘイトクライムの件数は、前の月の同時期に比べ57パーセントも増加しました。  


Posted by いざぁりん  at 00:27