京つう

  イベント  |  伏見区

新規登録ログインヘルプ



ボブ・ディラン氏は、受賞を完全に無視された方が、カッコいいです。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161014-00000007-jct-soci
(以下は、コピーです)
 「ロックは芸術ではなかったのか」――。米ミュージシャンで作詞家のボブ・ディラン氏(75)がノーベル文学賞の受賞者に決まったことを報じた、日本経済新聞の記事の「見出し」がインターネット上で物議を醸している。

 音楽ファンの反感を買うことになったのは、日経が見出しに掲げた「ロックを芸術に高めた」という表現だ。ツイッターでは「アカデミズムの優位性を前提とした物言いがいらつく」「『高めた』という表現の時点で間違っている」などの反発が広がっている。

■「ロックを芸術に高めた」

 2016年のノーベル文学賞にディラン氏が選ばれたと発表されたのは、2016年10月13日20時過ぎ(日本時間)のこと。いまネットで物議を醸している日経新聞の記事は、発表からわずか十数分後に日経電子版で配信された。

 「ロックを芸術に高めた ボブ・ディラン氏ノーベル賞」。こんな見出しを掲げた記事の内容は、ミュージシャンとして初めての偉業を成し遂げたディラン氏を称えるもの。その足跡を「詩人」という視点から辿りつつ、

  「ロックに言葉を与え、ロックを芸術のひとつに高めた。その功績を含めての文学賞といっていいだろう」

とまとめている。この記事は翌14日の朝刊2面にも「ロックを芸術に昇華」という見出しで掲載された。

 だが、ディラン氏の受賞決定を祝福したこの記事に対し、一部の音楽ファンの間で「意外な反発」が生まれた。見出しにある「ロックを芸術に高めた(昇華)」という表現をめぐり、ツイッターやネット掲示板に、

  「意味が分からん。ロックは別に芸術の下にあるもんとちゃう」
  「『高めた』という表現の時点で間違っているし、ロックを舐めている」
  「アカデミズムの優位性を前提とした物言いがいらつく」
  「潜在意識レベルで『文学はロックより高等な芸術』みたいに思ってる」

といった批判的な投稿が数多く寄せられたのだ。

 なかでも、ポピュラー音楽研究を専門とする大阪市立大文学部の増田聡准教授は13日のツイッターで、

  「ディランにしろジョンレノンにしろ『ロックは芸術の域に達した。すばらしい』とか言いたがる連中とこそ闘ってきたわけです。それくらい常識で知っとけよ...」

と、別の評価をしている。

ディラン本人は「受賞」に触れず

 ただ、寄せられた批判の中には「ロックを芸術に高めた」という表現の意味を取り違えていると思われる投稿もあった。

 記事の本文では「ディラン氏の功績がロックを芸術にした」という意味で使われている表現を、「ノーベル文学賞がロックを芸術にした」と取り違えた読者が出たようなのだ。実際、記事に対しては「なるほどこれは納得」など、好意的な意見もネット上に寄せられていた。

 J-CASTニュースは14日、このような表現を用いた理由について日経新聞広報室に取材したが、回答はなかった。

 今回の日経記事をはじめ、国内メディアでは13日夜から14日にかけて、ディラン氏の文学賞受賞を称賛する報道が目立つ。経済紙の日経新聞ですら、14日の朝刊では4個面にわたってノーベル文学賞に関する記事を掲載した。

 しかし、当のディラン氏本人はノーベル賞の受賞発表を意に介さぬ、ということなのか、NHKなどの報道によれば、受賞が決まった後に行われた14日正午(日本時間)のライブでも、ノーベル文学賞について一切言及しなかったという。
  


Posted by いざぁりん  at 02:22
こちらです。
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161016-00010001-mensplus-life
(以下は、コピーです)
ノーベル文学賞受賞が発表されたボブ・ディランとは?

MEN’S+ 10月16日(日)22時50分配信

1973年のボブ・デュランは、映画に出演。そこであの名曲が生まれました。


沈黙をいつ破るのか? その前にボブとはな・に・も・のか?

 2016年10月13日、この年に75歳となったボブ・ディランが2016年度ノーベル文学賞授賞の発表がされ、全世界を驚かせました。シンガーソングライターとしては初受賞となる快挙であり、アメリカ人としては1993年のトニ・モリソン以来の文学賞受賞者となります。 
 
 ノーベル財団のサラ・ダニウス事務次官によれば、受賞の理由として「素晴らしいアメリカ音楽の伝統の枠で新しい詩的な表現を生み出した」ことを評価したとしています。

 さらにダニウス氏は、「英語圏での偉大なる詩人です。素晴らしいサンプラーでもあり、自身を再開拓しながら54年間そうあり続けているのです。5000年前には、ホメーロスやサッフォーがいますが、彼らはパフォーマンスされるための詩を書きました。それはボブ・ディランも同じです。我々はいまだにホメーロスやサッフォーの作品を読んで楽しんでいます」と、ボブの作品が長年愛されるものなるだろうと称賛していました。
 
 ボブ・デュランの出生名は、ロバート・アレン・ツィンマーマンですが、後に自身が影響を受けた詩人ディラン・トマスからステージ名を取り、後に法律上の本名もボブ・ディランに改名しています。 
 
 60年代にエレクトロにスタイルを変えたりと、常に新たに挑戦する姿勢を貫き、現在も音楽界の第一線に立ち続けています。『The Times They Are a-Changin'(時代は変わる)』などのボブの曲は、1960年代のベトナム戦争の反戦運動のテーマ曲となったのでした。

【ボブ・デュランが何者なのか? 理解できる7つの画像を見る!】
.

 しかし、いまだボブ・デュラン自身とは話ができていないようです。

 スウェーデンで発行されている新聞『Dagens Nyheter(ダーゲンス・ニュヘテル)』の公式Twitter 2016年10月15日21:26の発表によれば、「ノーベル賞受賞のボブ ・ ディランの沈黙は続きます…」とのこと。
 
 果たしてボブ・デュランは、このまま辞退することを選ぶのでしょうか? 「辞退」に対し美学を見出すファンも多いようです。頑なに沈黙を守っているボブ・ディラン、その真意はどこにあるのでしょうか? 
 
 …とはいえ、「メンズ・プラス」ユーザーの中には、ボブ・デュランってな・に・も・の?」とわからない方も少なくないはずです。ここで、写真で彼の軌跡を追ってみましょう。もし、興味ある方はスライドでご覧ください!
 
 
 では最後に、1964年10月22日にノーベル文学賞を辞退した、サルトルの言葉を…。
 
「ノーベル文学賞を得たら、その後、すべてがつまらぬものになってしまいます。なぜなら、すべてが回顧的な価値として認めるだけのものになってしまうからです。想像していただきたい。栄誉を得て、そしてその後転落していく作家と、栄誉はないが常に今一歩前進していく作家と、この2つの作家のうち、どちらが本当に栄誉に値するのでしょうか…」
  


Posted by いざぁりん  at 02:21
こちらです。
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=128&id=4247888&from=pickup_news
(以下は、コピーです)
 Twitter上で、急須の注ぎ口に付いている“ビニールキャップ”について「お茶を淹れる際には不要ですので外してください」という投稿がされ話題になっています。

 ツイートしたのは三重県四日市市のお茶屋さん、お茶の川村園のTwitterアカウントで、「ビニールキャップは、輸送中の破損防止のために付いています」と説明。実際には捨ててもいいぐらいだとし、「付けたままお茶を淹れ続けますと隙間に茶渋や水垢を蓄積させて不衛生ですので、外してください、外してください」と注意を呼びかけています。

 これに対しTwitterでは、「衝撃の事実!!!!!!!!」「子供の頃にモヤモヤしてた疑問が晴れた!」と驚きの声と同時に、「付けっぱだった」と付けて使用していたという人の声が多く上がっています。また、ビニールキャップの形が斜めに切られている点やそのままでも使える点に疑問を感じる声もみられ、注げないよう「塞がってる方が良い」というコメントや、他にも「垂れ防止なのかと思ってた」やこぼれないように「わざわざ買ってきてつけて使ってます」という声も。

 お茶の川村園アカウントでも「困ったことに、ホームセンターなどでビニールキャップだけ売っていたりします」と誤解が広まっていることを指摘。「使用中の破損防止として、熱湯利用を前提に作られていればアリかもしれませんが、その場合でもよく洗うなど衛生面を考えてご利用いただければと思います」ともリプライで答えています。
  


Posted by いざぁりん  at 02:20
こちらです。
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=128&id=4247820&from=pickup_news
(以下は、コピーです)
 元SPEEDメンバーで参議院議員の今井絵理子さんが、選挙当日に候補者の名前をツイートしたことに対し、公職選挙法に違反するとの指摘が寄せられています。

 今井さんは新潟県知事選当日の10月15日、「本日は新潟県知事選挙の投票日。13日から15日まで応援の為、新潟県に入らせていただきました」とTwitterに投稿。この際、立候補者である森たみおさんの名前をハッシュタグとして添えていました。ツイートはその後削除されています。

 公職選挙法では、選挙運動は公示・告示日から投票日の前日までしかできないと定められています。当日に候補者の名前をツイートするのはこれに違反するとの指摘が相次ぎました。

 今井さんは指摘を受けて「以後気をつけます」とTwitterで返答。これに対しても「以後気を付けます、で済む問題ではない」との批判が寄せられています。

  


Posted by いざぁりん  at 02:20