京つう

  イベント  |  伏見区

新規登録ログインヘルプ



こちらです。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161129-00010005-bfj-soci
(以下は、コピーです)
実は「まったく潔くない 」朴大統領の辞任受け入れ 専門家が語るその背景

BuzzFeed Japan 11/29(火) 20:30配信

実は「まったく潔くない 」朴大統領の辞任受け入れ 専門家が語るその背景

韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領は11月29日、国民向けの談話を発表し、2018年2月の任期満了を前に大統領辞任を受け入れる考えを表明した。支持率が低迷しても、大統領の座にとどまろうとしているようにも見えた朴大統領。突然の辞任表明の背景はなにか。韓国政治の専門家、新潟県立大大学院の浅羽祐樹教授はこう語る。
「一見、潔く見えるが、まったく潔くない。狙いは政局の『錯乱』。今回の発言で、韓国政界はさらなる混乱の可能性が強まった」

Q1:突然の辞任表明、なぜいまなのか?→実はぎりぎりのタイミングだった

朴大統領を巡っては「長年の友人」崔順実(チェ・スンシル)氏の国政介入事件以降、支持率が低迷し、退任を求めるデモも広がりを見せていた。

Q1:突然の辞任表明、なぜいまなのか?→実はぎりぎりのタイミングだった

浅羽さん:11月30日は韓国国会が野党及び与党セヌリ党内の非朴派の賛成のなかで、合意した弾劾訴追(憲法で規定された大統領の責任を問う手続き)案が国会に提出される予定でした。

朴大統領の問題で、与野党がようやく一致して、弾劾訴追からの憲法裁判所での審判、そして罷免を目指すというシナリオが見えていたのです。

きょう29日は朴大統領が動くことができる、ぎりぎりのタイミングでした。今回の発言の狙いは明確にいえます。政局の「錯乱」です。

朴大統領は今回、直ちに退くことも、辞める時期を明言することもなく、いつ辞めるかを国会に丸投げしています。一見、出処進退を潔く表明したように見せつつ、まったく潔くない。

例えば退任時期を来年2月と表明すれば憲法の規定に則り、来年4月にそもそも予定されていた国会議員補欠選挙に合わせて大統領選も可能になった。しかし、朴大統領は明言せずに、「自身の進退は国会に委ねる」という。
与野党は弾劾訴追で方向は一致し、それが落とし所になっていました。

それが今回の朴大統領の発言で、各勢力から「状況が変わったので、弾劾訴追そのものも考えなおそう」「訴追しても、憲法裁判所による弾劾審判の結果を待つことなく、政治的に決着させるべきだ」「国会で話し合って、次期大統領選の日程決めを優先すべきだ」という声があがることが必至です。

つまり、オプションが増えたぶん、与野党の期待がまとまらず、割れることを狙ったわけです。 弾劾訴追までは一致していた、与野党もポスト朴のシナリオ想定はそもそも思惑が錯綜していて、分裂する余地を抱えていた。

野党は弾劾訴追をし、政治的な主導権を握ったまま次の大統領選を有利に戦いたい。一方の与党の場合、弾劾訴追に賛同していた非朴派のなかには「この際、憲法改正も同時に進めるべきである」という声もあがっていて、流動的になる。

与党とすれば、大統領選の日程が早ければ早いほど、不利なのは間違いない。今回の朴大統領の発言で、弾劾以外のオプションが出てきたことで、選挙時期や、さらには憲法自体が駆け引きの対象になります。

「ポスト朴」をめぐる分裂を狙って、朴大統領が投げたボールはくせ球だが、非常に
狡猾なわけです。

朴大統領は、弾劾訴追をされたら、最終的に罷免される可能性が高く、それは民間人になることを意味します。一民間人となれば、今回の国政介入問題で、刑事責任を問われるのは間違いない。

(大統領を辞任しても)そこは変わらないのですが、国会に任せて辞任表明をしたことで、朴の排除では一致していた国会や与野党、次期大統領候補たちの間に、「ポスト朴」をめぐる対立が惹き起こされる。

大統領選挙の候補者が「ルール」や「日程」をめぐって争う、憲政史上初めての事態になります。

Q2:韓国政界に与える影響は?→怒りの矛先が国会に向かう可能性も

浅羽さん:そもそも憲法のルールに則り、朴大統領を排除するという話を進めていました。今回、朴大統領の要求は「通常ルールではないところで決めてくれ」というところにポイントがあります 。

つまり、憲法のルールに則り決めるという「通常政治」ではない。もし、既存ルールとは関係ないところで決めるということになるなら、韓国政界の先行きは不透明になるでしょう。

なぜなら、いまの大統領制、韓国憲法でまったく想定されていない事態が始まっているからです。

憲法典は改正されていないのに、憲法体制は、この瞬間にも刻一刻と変わっているわけです。そもそも憲法が予定していないかたちで、解決策を見出さないといけないのです。

もちろん、憲法典そのものの改正を主張する動きも出てくるでしょうし、落とし所をめぐって争いが起きます。

弾劾でまとまった野党と与党の非朴派の動きで、既存のルールに従って政治を動かしてきた世界から、一気にルールそのものがない、なんでもありの世界になることになります。

このまま混乱が続けば、国民は朴大統領もダメだが、弾劾訴追もできず、政治決着もできない国会もダメだとなる。国民の怒りが国会に向かう可能性も否定できなくなります。ここで、朴大統領を排除できなければ、国会の責任は重くなる。これは間違いないことです。

Q3:日本への影響は?→安全保障面への影響は必至

浅羽さん:大統領選のスケジュールが読めなくなり、流動性が高まっているのは事実です。次期大統領候補を検証する時間もなく、さらに動向も読みにくい。

いま韓国に吹いている、ダイナミックな風にのった人が勝つということになるが、風の向き方も読めません。

いま日韓関係はようやく正常化しつつあったところです。

日米韓で安保連携も強まり、北朝鮮問題に対応するという方向でまとまっていました。しかし、本来の大統領選の予定より前倒しで選挙が確実視されているなかで、北朝鮮に対して融和的な政策をとる候補の当選、あるいは対アメリカより、対中国との関係を重視する候補の当選もありえます。

そうなった際には、慰安婦問題、軍事情報協定など既存の合意事項は見直しの可能性もあり、トランプ次期大統領の誕生のなかで、不透明度が増していた日米韓の関係は、さらに不透明になるでしょう。韓国の政局がアメリカも交えた日韓の安全保障に影響を及ぼすのは必至です。
  


Posted by いざぁりん  at 02:01
こちらです。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161129-00000080-jij-kr
(以下は、コピーです)
 韓国の朴槿恵大統領は29日、3回目の国民向け談話を発表し、親友の崔順実被告による国政介入事件が招いた混乱について改めて謝罪した上で、「任期短縮を含め進退問題を国会の決定に委ねる」と述べ、任期満了を待たずに辞任する考えを表明した。

 任期満了前の大統領辞任は1987年の民主化宣言後初めてとなる。

 2012年12月の大統領選で当選し、13年2月に就任した朴氏は、18年2月の任期満了前に大統領府を去る可能性が高まった。

 ただ、聯合ニュースによると、最大野党「共に民主党」は「弾劾の局面から脱するための方策」と批判し、弾劾手続きを継続する方針を示した。

 大統領は「与野党が論議し、国政の混乱と空白を最小限にして、安定的に政権を移譲できる方策が整えば、その日程と法手続きに沿って大統領職から離れる」と語った。   


Posted by いざぁりん  at 01:57
こちらです。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161129-00000004-jij_afp-int
(以下は、コピーです)
 米大統領選で結果が確定していない最後の州となっていた中西部ミシガン(Michigan)州は28日、共和党候補だったドナルド・トランプ(Donald Trump)氏がわずかな差で民主党候補のヒラリー・クリントン(Hillary Clinton)氏に勝利したと発表した。最終的な獲得選挙人数はトランプ氏が306人、クリントン氏が232人となった。

 州の開票点検委員会が結果を認証した。その後ルース・ジョンソン(Ruth Johnson)州務長官が出した声明によると、トランプ氏の得票はクリントン氏を1万704票上回った。認証を受けて、ミシガン州に割り振られた16人の選挙人票は正式にトランプ氏のものとなった。

 ただミシガン州の開票結果については、緑の党の大統領候補だったジル・スタイン(Jill Stein)氏が中西部ウィスコンシン(Wisconsin)州に続いて再集計を請求する見通しとなっている。申し立ては30日が期限。

 申し立てが行われたとしても、再集計は自動的に行われるわけではない。トランプ氏は再集計の要請に異議を申し立てる期間として1週間が与えられ、実施は来月半ばまでずれ込む可能性もある。

 選挙人が各州の得票数結果に応じて正式に票を投じる選挙人投票は、来月19日に予定されている。  


Posted by いざぁりん  at 01:57

2016年11月30日

Bitter sweet Samba

Posted by いざぁりん  at 01:56
こちらです。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161127-00000002-tospoweb-ent
(以下は、コピーです)
 所ジョージ(61)が司会を務めるテレビ朝日系「大改造!!劇的ビフォーアフター」が27日の放送を最後に、レギュラー放送を打ち切ることになった。打ち切りの原因は、東日本大震災や東京五輪などの建設工事の影響で業者の確保が困難なためとしていたが、同番組をめぐっては複数の訴訟トラブルも発生。ここ数年は建築業者側も番組側の依頼を敬遠する傾向にあったという。足かけ15年間続いた名物番組に一体何があったのか。

 番組MCの所は今月7日、改装中だった事務所兼遊び場に「所ジョージ死刑」「サトラレ電波」と謎の落書きの被害に遭ったばかり。残念な形で“ビフォーアフター”されてしまったが、同番組の突然の終わりを残念がるファンは多いだろう。

「大改造――」は不便な家を匠がリフォームし、家庭内の問題を解決に導く“家族応援バラエティー”として2002年4月にスタート。06年3月にいったんレギュラー放送を休止し、不定期放送となったが、09年4月に「SEASON II」と銘打ち、再始動した。関東地区では03年3月16日に17・2%の最高視聴率を記録した人気番組だった(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区)。

 最終回は今月27日放送。来年1月の改編期を待たずしての打ち切りは異例だ。後番組について制作する朝日放送(ABC)は「未定」とし、今後は特番として放送する意向を示している。

 打ち切りの原因について、番組担当者は11年の東日本大震災と20年の東京五輪を挙げ、こう話した。

「震災復興に伴い、建設業者やリフォーム業者が東北に向いています。加えて、東京五輪に向けた建設ラッシュが始まっており、番組で業者を集めるのが困難になってきました。我々としても震災復興と東京五輪の成功は重要なことと考えているので、無理は言えません。かれこれ5年ほど前から、番組内で発表する工期に狂いが生じるリスクが高まっており、週1回のレギュラー放送の継続は困難と考えました」

 一方、同番組は様々なトラブルも抱えていた。今年7月には番組側の指示で追加工事を行ったものの、その代金が未払いだとして、工事を担当した愛知県の建設会社が朝日放送などに約2900万円の損害賠償を求める訴えを起こした。

 訴状によると、改修したのは14年7月に放送された岐阜市の住宅。当初の費用は約2200万円だったが、制作会社などから追加工事を指示され、さらに約2700万円の追加費用がかかった。制作会社と交わした覚書では、予算を超える恐れが生じた場合、話し合うことになっていたが、協議の場は設けられず、追加費用は支払われていないという。

 テレビ関係者は「ニュースになっていない訴訟もあると聞いています。年々制作費が削られるテレビ局において、高額訴訟を抱えるのは好ましくない。そうした背景も打ち切りの遠因にあるのでは?」と指摘する。

 前出の番組担当者は訴訟トラブルと打ち切りの関連性について「全くの別問題と考えております」と否定した上で「現在も係争中であり、弊社としては真摯に対応していく所存です」とした。

 このほか、同番組の名をかたった悪質なリフォーム工事詐欺も横行。番組ホームページ上でも注意勧告している。

「放送開始当初は“テレビ効果”で、番組に出たリフォーム業者に仕事の依頼が殺到するなどの恩恵があったが、最近は復興工事や五輪関連の仕事の方が圧倒的に金になるので敬遠される傾向にある。また番組側の指示が無理難題で『割に合わない』とグチる業者も出てきた。週イチのレギュラー放送だけに納期や撮れ高のプレッシャーはハンパではなく、現場のスタッフはいつも疲れていた」(関係者)

 番組的に限界を迎え「そろそろ潮時…」といった表現が適切なようだ。  


Posted by いざぁりん  at 01:56
ということは、失われた原爆は、まだどこかの海底に沈んでいるということ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161128-35092815-cnn-int
(以下は、コピーです)
カナダ・ブリティッシュコロンビア州の沖合で奇妙な物体が発見されたとされる件で、カナダ海軍は28日までに、発見された物体は1950年に行方が分からなくなっていた「失われた原爆」ではないと発表した。

海軍の発表した声明によれば、発見された装置は、より大きな機械の金属部品で、産業機器の一部であるようだという。

ブリティッシュコロンビア州の沖合で今月に入り、ダイバーが水深約8メートルの場所で奇妙な物体を発見したと明らかにしていた。これを受けて、警察が海軍に調査を依頼していた。

海軍は爆弾の専門家を派遣し、遠隔操作できる潜水装置で調査を実施。写真を撮ったり、情報を収集するなどした。調査員は、見つかったのが、長さが約5.5メートル、高さが約90センチの鉄製の装置だと断定した。当局によれば、公共の安全に影響はないという。

ダイバーが発見した物体について、1950年に米軍が投棄した原爆ではないかとの見方が出ていた。

当時、米爆撃機B36が爆弾「マーク4」を米アラスカ州からテキサス州へ移送中、エンジンなどに不具合が発生。乗員17人はパラシュートで脱出したが、その際、上空約2400メートルで爆弾を投棄していた。爆弾には鉛やウラニウム、TNT火薬が搭載されていたが、核爆発に必要なプルトニウムは積まれていなかった。爆弾はその後、行方不明となった。  


Posted by いざぁりん  at 01:55