京つう

  イベント  |  伏見区

新規登録ログインヘルプ



審査自体を、完全に廃止すべきです。
少なくとも、審査員投票、を廃止すべきです。
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=84&id=4367240&from=home&position=6
(以下は、コピーです)
紅組の勝利で幕を閉じた、大みそか放送の「第67回NHK紅白歌合戦」(NHK)。しかし、その結果を巡り、モヤモヤとした気持ちになった視聴者が多いようだ。

勝敗は、デジタルテレビ・ワンセグ・アプリからの視聴者投票と、会場の観客による投票、そしてゲスト審査員の10票、「ふるさと審査員」1票によって決められた。

結果発表の壇上で、まず、視聴者投票の結果が「紅組 2,527,724票/白組 4,203,679票」と白組が圧倒していたことが明かされると、司会の相葉雅紀は控えめに「やったー!」。続けて発表された会場投票の結果は「紅組 870票/白組 1,274票」で、こちらも白組の獲得数が多く、相葉も「いえーーい!やったやった!」と喜んだ。

そして最後、審査員から投じられたボールの数を数えると……。こちらは紅組のほうが多く、結果、紅組の勝ちに。しかし視聴者投票、会場投票ともに白組が紅組に大差を付けていたこともあり、「紅組優勝!」のコールが鳴り響いたときには、司会の有村架純も「え? どういうこと? え? えええ?」と、なぜ勝ったのかが瞬時に理解できなかったようだ。そして「ちょっとビックリしました。てっきり白組が勝つかと思ってたので」と率直な感想も漏らしている。

実は視聴者投票、会場投票はともに、どんなに票差が開いていても「勝ったほうにボール2個」というルールで審査が行われており、実際、視聴者投票の結果が出るとくまモンがボール2個を白組のバケツに投入、会場投票の結果が出たときもくまモンがボールを2個白組のバケツに入れていた。この時点で白組のリードはボール4個だったが、最後のゲスト審査員と「ふるさと審査員」の段階で、紅組にボール9個、白組にボール2個が投じられたため、最終的には紅組がボール9個、白組がボール6個で、結果は紅組の勝利となったわけだ。

しかし、単純に視聴者投票の票数がそのまま結果に反映されると思い込んでいた視聴者たちからは不満の声が爆発。「紅白見て、こんなモヤモヤのまま新年を迎えることになるとは…」「視聴者投票の意味なくない?」「民意が全く反映されてなくて草」「結果二度見した(笑)」「投票システムはわかった。だが、問題はなぜ審査員の判断がこれほどまで視聴者とかけ離れているかだ」「来年の朝ドラヒロインは負けさせないっていう台本通りの進行か」「そんなにみんな紅白の勝敗気にしてるの?(笑)」「勝敗なんてどうでもよくないかw」などの声が上がっている。

☆投票まとめ(カッコ内はボールの数)

【視聴者投票】
紅組 2,527,724票(0個)/白組 4,203,679票(2個)

【会場投票】
紅組 870票(0個)/白組 1,274票(2個)

【審査員投票】
紅組 9票(9個)/白組 2票(2個)

【合計のボールの数】
紅組 0個+0個+9個=9個/白組 2個+2個+2個=6個
  


Posted by いざぁりん  at 00:46
Posted by いざぁりん  at 00:40
こちらです。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161231-00000076-spnannex-ent
(以下は、コピーです)
 SMAPが大みそかをもって解散する。メンバーが事務所を通じて改めてコメントする予定はなく、国民的グループとしてはあまりに寂しいラストになりそうだ。

 解散まで約1カ月に迫った先月下旬。香取慎吾(39)は都内で、今年1月の解散騒動でジャニーズ事務所を退社した元マネジャーの女性と会っていた。フジテレビ「SMAP×SMAP」のラストステージについての話し合いが直前に迫ったタイミング。ほかに気心の知れた音楽関係者2人が参加。母親のように慕う元マネジャーとの絆の深さをうかがわせるとともに、スマスマ最終回に生出演しないという決断に少なからず影響があったことをうかがわせる“極秘面会”だった。

 なぜ、香取は活動休止ではなく解散を選び、最後の生出演も拒んだのか。背景には元マネジャーが事実上の解雇処分になったことへの反発があるという。「香取さんにとって元マネジャーは小学生のころから接してきた恩人。その元マネジャーがいなくなったのだから、もうSMAPは活動するべきではないという考えに至った。それが香取さんなりの“正義”なんです」(音楽関係者)

 そんな香取の心を解きほぐすため、グループ活動を減らしながら存続させようと考えていたリーダーの中居正広(44)は、香取に同調する草なぎ剛(42)と“中間派”の稲垣吾郎(43)を交えて頻繁に飲みに行くようになった。ファンから「しんつよ」と呼ばれ愛される年少者コンビを、当初はうまく説き伏せられると「自信を持っていた」(同関係者)という。しかし、“飲み会”が回を重ねていくうちに中居の思惑とは逆に、メンバー間の考えは解散に傾いていくことになる。草なぎだけでなく、稲垣までもが香取から話を聞くうちに、同じような気持ちを抱くようになっていった。

 中居が最初に解散の危機を感じたのは今からちょうど20年前。その時は年少組エースの森且行(42)の脱退という予想外の出来事があった。そして今回も年少者コンビの強い思いが引き金となり、今回は20年前と同じ中居の危機感が現実になった。

 自らの“正義”を貫いた香取は今、「前向きに仕事に取り組んでいる」(テレビ局関係者)。現時点では来年、元マネジャーとともに仕事をする予定はないという。  


Posted by いざぁりん  at 00:40
こちらです。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161230-00000034-reut-n_ame
(以下は、コピーです)
フィリピンのドゥテルテ大統領は29日、米国の大使の多くはスパイで他国の政府を弱体化させることを得意としているとの見解を示した。テレビのインタビューに応えた。

現地紙マニラ・タイムズは27日、ゴールドバーグ前駐フィリピン米大使が「ドゥテルテ氏の力を削ぐ計画」を準備していたと報じた。米国務省はそうした計画は存在しないと否定している。

ドゥテルテ氏は報じられたような内容の報告は情報機関から上がっていないとしたものの「大半の米大使は実際は専任の外交官ではない。米中央情報局(CIA)と結託してスパイ行為を働いている」と主張。「米大使は外国政府を弱体化させることを得意としている」と述べた。  


Posted by いざぁりん  at 00:39
国民の個人情報が、丸裸にされます。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161230-00000052-jij-pol
(以下は、コピーです)
 企業が持つ購買履歴などの個人情報の利活用を推進するため、政府のIT総合戦略本部(本部長・安倍晋三首相)は今年度中に、こうした情報の企業向け取り扱い指針案を策定する。

 個人の権利保護などが中心になるとみられる。情報を一括して預かり、提供する民間サービス「情報銀行」の創設につなげる。

 政府は規制緩和の一環として、個人情報の商業転用を模索してきた。だが、個人情報保護法に基づく複雑な許諾手続きに加え、取り扱う情報の多様化もあり、転用は進んでいない。指針策定は、政府が前面に立つことで安全性への信用力を高め、こうした分野への参入を促す狙いがある。  


Posted by いざぁりん  at 00:38
安倍内閣は、外交を失敗しています。
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20161229-00000076-nnn-pol
(以下は、コピーです)
稲田防衛相が靖国参拝 与野党から批判の声

日本テレビ系(NNN) 12/29(木) 22:37配信
 28日まで安倍首相の真珠湾訪問に同行していた稲田防衛相が、29日朝、靖国神社を参拝したことについて、与野党から批判の声が出ている。

 稲田防衛相「いかなる歴史観に立とうとも、いかなる敵味方であろうとも、祖国のために命をささげた方々に対して感謝と敬意と追悼の意を表するのは、どの国でも理解をしていただけるものだと考えております」

 稲田防衛相は参拝後、周辺に「肩の荷が下りた」と話しているということだが、事前に安倍首相には参拝の意向伝えていた模様。一方、野党からは参拝への批判が出ている。

 民進党・野田幹事長「その(真珠湾訪問)直後に(靖国)参拝というのはどういう意味なのかを、きちっと内外に説明する責任があるのではないかと思います」

 さらに自民党の防衛相経験者も「真珠湾で和解を強調した次の日に参拝して、日米両方の顔に泥を塗ることになった」との見方を示している。

 また、防衛省関係者からは「せっかく積み上げた中国や韓国との交流が止まる」と不安視する声も出ている。
  


Posted by いざぁりん  at 00:38
対米・対ロ・対韓・対中、全ての外交に、安倍内閣は失敗しています。
安倍内閣の存在自体が、国益を損ねています。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161229-00000034-jij-kr
(以下は、コピーです)
稲田朋美防衛相が靖国神社を参拝したことについて、中韓両政府は29日、「断固として反対する」(華春瑩・中国外務省副報道局長)などと批判するとともに、日本政府に抗議した。

 
 華氏は記者会見で「日本の侵略の歴史を美化する靖国神社を参拝したことは、日本の一部の人物の頑固な誤った歴史観を反映している。真珠湾(訪問)の『和解の旅』を大いなる皮肉にした」と批判。「侵略の歴史を正視し、深く反省し、歴史と未来に責任を負う態度で適切に対応するよう、日本の指導者に促す」と語った。この後、同省の肖千アジア局長が、在北京日本大使館の伊藤康一公使に抗議した。

 韓国外務省は29日、在韓日本大使館の丸山浩平総務公使を呼び、鄭炳元東北アジア局長が「強い遺憾と抗議の意」を伝えた。同省報道官は、記者会見で「日本の指導者が歴史を正しく直視し、真の反省を行動で示したときに、周辺国と国際社会の信頼を得られる」と主張。参拝は関係改善の努力に逆行し、不適切だと批判した。

 日韓両政府は11月末に、韓国世論の反発が強い軍事情報包括保護協定(GSOMIA)を締結したばかりで、今後の運用に影響を及ぼす可能性もある。GSOMIAを締結した国防省は29日、靖国参拝に「慨嘆を禁じ得ない」とした上で、「深刻な憂慮と遺憾」を表明。在韓日本大使館の防衛駐在官を呼んで抗議した。

 韓国紙・朝鮮日報(電子版)は、稲田氏を「『女安倍』と呼ばれる安倍(晋三)首相の側近」と説明。聯合ニュースは、韓国世論が反発する中、対日関係改善の流れを考慮してGSOMIAが締結されたと指摘し、防衛相の参拝は「(他閣僚の参拝とは)深刻さの次元が違うというのが、政府の認識だ」と伝えた。   


Posted by いざぁりん  at 00:37