京つう

  イベント  |  伏見区

新規登録ログインヘルプ



こちらです。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170224-00010001-bfj-soci
(以下は、コピーです)
学校法人「森友学園」が購入した大阪の国有地をめぐる疑惑。10億円級の土地ですが、学園側が支払っていたのは実質200万円。この土地にできる小学校の名誉校長は安倍晋三首相の妻、昭恵さんです。

この土地には4月、森友学園が運営する「瑞穂の國記念小學院」が開校します。「日本初で唯一の神道小学校」だそうです。

この小学校のサイトの「ごあいさつ」の欄には、昭恵さんが「名誉校長」として、顔写真とあいさつ文が掲載されていました。

しかし、それが2月23日までに、削除されていました。

疑惑の森友学園、サイトから安倍昭恵氏のあいさつ削除→実は、ソースに残ってる

たしかに、丸ごと削除されていることがわかります。

現段階であいさつが残っているのは、校長の籠池泰典氏(森友学園理事長)のもの。政権に近く、改憲を目指す保守団体「日本会議」の大阪支部役員です。

また、衆議院議員の平沼赳夫氏の言葉も残っています。

疑惑の森友学園、サイトから安倍昭恵氏のあいさつ削除→実は、ソースに残ってる

ただ、サイトの「ソースコード」を覗いてみると。

指定した範囲をブラウザに表示させないことができる「!--」というタグを使って、見えないようにしていただけでした。削除ではありません。

2月24日午前0時現在、もともと掲載されていた昭恵氏の顔写真もサーバーに残っています。

「削除」された昭恵氏のあいさつには、こんなことが書かれていました。

“籠池先生の教育に対する熱き思いに感銘を受け、このたび名誉校長に就任させていただきました。

瑞穂の國記念小學院は、優れた道徳教育を基として、日本人としての誇りを持つ、芯の通った子どもを育てます。

そこで備わった「やる気」や「達成感」、「プライド」や「勇気」が、子ども達の未来で大きく花開き、其々が日本のリーダーとして国際社会で活躍してくれることを期待しております“

なぜ、突如として「!-」のタグが使われたのか、説明は掲載されていません。

森友学園の不明瞭な土地取引については、昭恵さんが名誉校長だったこともあり、政治家ぐるみの疑いの声が高まっていました。そうした疑念を配慮したのかもしれません。

疑惑の森友学園、サイトから安倍昭恵氏のあいさつ削除→実は、ソースに残ってる

週刊ポスト(3月3日号)には、「安倍夫妻と日本会議と私の関係」という特集が組まれています。

インタビューに応じている森友学園の籠池泰典理事長は、昭恵氏について「3~4回ほど幼稚園に来ていただきました」と語っています。

森友学園は海外メディアが注目する「塚本幼稚園」も運営していて、籠池理事長はその園長。

この幼稚園は、園児に教育勅語を暗唱させることなどで知られています。

テレビ東京が2月17日に報じた映像では、昭恵氏がこの幼稚園で講演を開き、その教育方針を肯定するあいさつしていることが、明らかになりました。

籠池氏は前出のポストのインタビューで、小学校の名称を当初「安倍晋三記念小学校」として寄付を募っていたことを認め、こうも語っています。

「学校名に安倍さんの名前を冠することは、総理(自民党総裁)になる前に、昭恵夫人を通じて内諾をいただいたんです」

一方、安倍首相は2月17日の衆院予算委員会で、売買との関与をこう否定しています。

「妻が名誉校長になっているのは承知している。私や妻が(売却に)関係していたとなれば、首相も国会議員も辞める」

BuzzFeed Newsは、今後もこの疑惑に関する取材を継続します。

情報をお持ちの方は、BuzzFeed Japanのニュースチーム(japan-report@buzzfeed.com)までご連絡ください。
  


Posted by いざぁりん  at 11:07
世の中が右傾化しています。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170223-00010005-bfj-soci&p=1
(以下は、コピーです)

「韓国土下座修学旅行…生徒悲痛 ツイート」というブログ記事が、FacebookやTwitterで拡散している。記事の内容は正しいのか。

記事は、韓国への修学旅行の参加同意書を、智弁学園和歌山高校の生徒がTwitterに投稿したと紹介して、「内容が ヤ バ す ぎ る !!!」などと伝えるもの。

Twitterの当該アカウントはすでに削除されているが、ウェブページを記録できるInternet Archiveに投稿内容が保存されている。

あるユーザーが、韓国への修学旅行の参加同意書を撮影した写真とともに、以下の文言を投稿している。

“今日韓国修学旅行の同意書を渡された。
同意書には参加の欄しかなく思想心情に関係なく強制らしい。
前理事長が中央日報に対し植民地を贖罪するような趣旨の事を述べた。
韓国国民の一部は謝罪旅行だと思っているだろう。
勿論私は行きたくない。”

投稿後、このユーザーは他のユーザーとコメントをやり取りしている。

「やっぱり土下座とかさせられるんですか?」との質問に対し、「土下座などはさせられないようです。しかし軍事境界線に行くことや渡航方法は船など生徒も不安を抱いています」と答えている。
.





韓国への修学旅行で「土下座」?デマ記事が大量拡散 智弁和歌山に批判の電話が相次ぐ


ブログ記事が取り上げた、削除されたツイート(Internet Archiveより)


なぜ「土下座」?

ブログ記事は「韓国土下座修学旅行」と見出しを取っているが、「土下座」の根拠は示されていない。

記事には制服を着用した土下座姿の人々の写真が掲載されているが、これは智弁和歌山高校の生徒でなければ、土下座をしている姿でもなさそうだ。

一点目の画像内の数字「1」の写真は、恩師に感謝の気持ちを伝える「先生の日」(5月15日)にあわせた行事の様子とみられる。

土下座のように見えるのは、「クンジョル」と呼ばれる韓国伝統の挨拶をしている姿。韓国で最も丁寧なお辞儀であり、体勢は似ているが土下座とは別物だ。

駐日韓国大使館 韓国文化院の広報担当者はBuzzFeed Newsの取材に、「クンジョルは強制されて行うものではありません」と説明する。

「日常的に行うことは少ないですが、式典などのかたい場面、たとえば結婚式で新郎が新婦の両親にクンジョルを行うことがあります」

「2」「3」の写真は、韓国での大学入試の当日、受験者と同じ学校の後輩たちが、先輩の健闘を祈るためにクンジョルをしている姿だとみられる。

「クンジョルは感謝の気持ちを伝える時だけでなく、何かを願ったり、ご先祖さまに祈ったりする際などにも行います」

「4」の写真のみ、日本からの修学旅行生の姿である可能性が高い。

同じ写真を掲載した記事を、産経新聞が1999年3月6日、韓国日報の記事を紹介する形で報じている。以下に一部を引用する。

“卒業式の「日の丸・君が代」問題を苦に石川敏浩校長が自殺した広島県立世羅高校が毎年、生徒を修学旅行で韓国に送り、ソウル市内にある独立運動記念公園で謝罪文を朗読するなど“謝罪行事”をしていたことが明らかになった。五日付の韓国日報が社会面トップ記事で伝えたもので、記事には、生徒たちが市民の前でひざを折り、頭を垂れている写真が添えられ、案内を担当した年配の韓国人通訳の「生徒たちのまじめな表情に感動した」という感想も紹介されている。”

“韓国への修学旅行を引率した世羅高校の複数の教員は「韓国でどう報道されているかは分からないが、宣言文を読み上げる前に生徒たちが座った形で集会を開催。座ったままで黙とうして、頭を下げた生徒もいたと思う」と話している。”

写真を見れば、うつむいている人がいれば、正面を見ている人、後ろを振り返っている人もいる。「土下座をしている姿」というよりも、「座って話を聞いている姿」の方が近いのではないか。

産経新聞の記事でも、修学旅行生が土下座をして謝罪したとは報じられていない。

同意書は本物?智弁和歌山の回答

記事に校名が出ている智弁和歌山高校は、このブログ記事を把握していた。

BuzzFeed Newsは同校広報担当者に、ブログ記事内容の真偽について聞いた。

まず、開学当初から修学旅行で韓国を訪れているのは事実だが、その目的は「謝罪」ではないという。土下座をするようなことはない、と強く否定した。

「国際理解を深めるために、一番近い『外国』である韓国を訪れています。韓国に姉妹校(漢陽工業高校)があるため、若者同士で交流をして、国際人として力を養っていこうという目的があります」

記事に掲載されていた「同意書」については、「智弁和歌山高校のものではありませんが、学園の同意書であることは間違いありません」と回答した。

つまりこの書類は、3つの学校を経営する智弁学園の、和歌山高校を除くいずれかの学校が作成し、生徒に配ったものということだ。

学校側は、先述の投稿をしたTwitterユーザーが学園の生徒であることをすでに確認しているという。具体的な校名は、生徒の特定につながる可能性があることを理由として明かさなかった。

同園の生徒である先述のTwitterユーザーは、「同意書には参加の欄しかなく思想心情に関係なく強制らしい」と書いていた。

これについて広報担当者は、「同意書は、『行かない』という選択肢がないわけではなくて、行く場合に出していただくものです。和歌山高校であっても、同意をせずに修学旅行に行かない生徒もおります」と説明した。

智弁学園の故藤田照清初代理事長が「日本が韓国を支配した35年を贖罪する」という信念により訪韓修学旅行を実施している、との情報に対しては、「過去になにかのタイミングでそういう発言をしたかもしれませんが、実態はまったく異なります」とした。

ブログ記事が掲載されたのが2016年2月。それ以降、智弁和歌山高校には批判の電話やメールが数多く届いているという。

広報担当者はこう話した。

「『なぜ土下座なんてさせるのか!』『反日学校か!』と、多くの電話がきます。学園を飛び越えて県庁にも『そんな修学旅行はやめさせろ!』と連絡がいっているようです」

現在、当該ブログ記事の内容が事実無根であることを伝える記事を、学園のウェブサイトに掲載することを検討しているという。
  


Posted by いざぁりん  at 10:59
こちらです。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170223-00000112-asahi-soci&pos=4
(以下は、コピーです)
 学校法人「森友学園」(大阪市)が大阪府豊中市の国有地を購入し、現地で4月に開設を予定している小学校のホームページ(HP)から、安倍晋三首相の妻昭恵氏についての記載が23日までに削除された。

 これまでHPの「ごあいさつ」のページで、昭恵氏を顔写真とともに名誉校長として紹介。写真の近くには、「日本人としての誇りを持つ、芯の通った子どもを育てます」とする記載があった。23日午後の時点で削除されていた。削除について、安倍事務所は「特に聞いていない」と回答した。

 また、豊中市民や市議らでつくる市民団体は23日、小学校の開設認可の可否を審査している大阪府教育庁に対し、適正・厳正な審査を求める申し入れをした。  


Posted by いざぁりん  at 10:58
こちらです。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170224-00000037-jij-pol
(以下は、コピーです)
 学校法人「森友学園」が国有地を格安に取得した問題をめぐり、安倍晋三首相は24日の衆院予算委員会で、昭恵夫人が同法人の設立する小学校の名誉校長を辞任することを明らかにした。
 また、同法人が「安倍晋三記念小学校」名で寄付集めをしていたことについて、首相は「遺憾だ」と抗議したことも明らかにした。  


Posted by いざぁりん  at 10:50
こちらです。
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170223-00119004-diamond-cn&p=3
(以下は、コピーです)
 「金正男氏の死によって、韓米は必然的に北朝鮮に対して一層強硬姿勢を取るだろう。もし事件が北朝鮮の行為だと広範に認定されれば、韓米が北朝鮮に打撃を与える次の行動は、おそらく国際世論の広範な支持を得られるだろう」

 「当然のことながら、もし半島情勢がこのまま推移すれば、中国にとって極めて不利である。それでは、中国はどのように介入すれば、国益を維持、擁護できるのか?」

 「第1、中国が介入する根本的出発点は中国の核心的利益の保護にあることは当然であり、非核、改革、開放の北朝鮮政府ならば支持すべきであり、核保有国家を継続的に擁護すべきではない。繰り返される北朝鮮の核実験は国際社会容認の限界に達しており、同様に中国の利益と安全を損なっている。中国政府も北朝鮮が『主体(チュチェ)革命』思想の指導下では、国際社会と協力共生の関係を構築することは難しいというはっきりとした認識がなければならない」

 「第2、中国介入の力点は韓米同盟が電撃戦方式で北朝鮮全土を占領、制御する事態を抑止することに置くべきである。韓国が劇変を利用して『急襲統一』戦略を実行し、もし朝鮮半島に統一韓国が出現すれば、おそらく(中国の)思うようにならない地縁政治がもたらされるに違いないことを、中国は考慮すべきだ」

 「第3に、中国が介入する最終目標は朝鮮半島問題を共同で解決し、朝鮮半島の恒久平和を実現することである。中米は国連安全保障理事会で朝鮮半島問題に関する決議を採択する必要があり、国連朝鮮半島事務機関を創立して、人道主義に対する挑戦を速やかに解決するために指導と支援を行い、北朝鮮の改革開放と対外関係の正常化を促進しなければならない」

 上記の文言は、金正恩氏に次のように語っているのに等しい。つまり、あなたの果てしない乱行は、国際的な人心を失っており、米韓がひとたび刺激され行動を取れば、あなたの政権を転覆させることになる。その時になって私を非難してもあなたを助けることはできない。あなたを助けられないばかりか、新政権を樹立することに参画し、中国の意図に合うかたちで再編を図りたい(韓国の「急襲統一」は受け入れず、国連が前面に立つかたちであれば容認する)。新政権が中国の国益の助けになるならば、私は喜んで事に当たる……というわけである。  


Posted by いざぁりん  at 02:14
こちらです。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170223-00000156-jij-kr&pos=1
(以下は、コピーです)
 朝鮮中央通信は23日、中国による北朝鮮産石炭の輸入停止を受け「『友好的な隣人』という周辺国が、国連の制裁決議を口実に、対外貿易を完全に遮断する非人道的な措置を講じた」と批判する記事を配信し、中国の対応を暗に非難した。

 名指しを避けたとはいえ、北朝鮮が中国の対応を非難するのは異例。

 中国政府は18日、北朝鮮からの石炭輸入を19日から年末まで停止すると発表した。記事では、中国を念頭に「大国を自任する国が米国の笛に踊らされ(停止措置を)核計画を防ぐためと弁明している」と指摘。「事実上、われわれの体制を崩壊させようとする敵の策動と同じだ」と非難し、今後も核・ミサイル開発を継続していくと強調した。   


Posted by いざぁりん  at 02:14
こちらです。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170223-00050097-yom-int
(以下は、コピーです)
北朝鮮の金正男氏殺害事件に絡み、ロイター通信は23日、マレーシア政府が北朝鮮のカン・チョル駐マレーシア大使の国外退去処分を検討していると報じた。

 当局者は、北朝鮮による批判が止まらなければ、国交断絶もありうるとしている。

 マレーシア政府当局者によると、大使が公表した声明でマレーシア政府を「信用できない」と批判したことを問題視。対抗措置として、大使を「ペルソナ・ノン・グラータ(好ましからざる人物)」と認定し、国外退去とすることや、在北朝鮮のマレーシア大使館の閉鎖や北朝鮮国民によるビザなし訪問停止などを検討しているという。

 北朝鮮国営の朝鮮中央通信は23日、事件を初めて報じ、マレーシアを痛烈に批判。「マレーシア警察が客観性と公正さを欠き、意図的に事件の容疑を我々にかけようとしている」とする朝鮮法律家委員会報道官の談話を伝えた。  


Posted by いざぁりん  at 02:13
こちらです。
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170220-00000017-pseven-soci&pos=2
(以下は、コピーです)
「日本では取り上げられていない……」というフレーズが、ネットユーザーは大好きだ。先頃行われた日米首脳会談をめぐる、海外のネットユーザーの間で話題になり、日本のテレビメディアではカットされがちだったある動画について、ネットニュース編集者の中川淳一郎氏が解説する。
.

 * * *
 日米首脳会談及びその後のゴルフや夕食会では、安倍晋三首相とドナルド・トランプ大統領の蜜月ぶりが多数報じられた。象徴的だったのが「19秒間の握手」シーンだ。会談終了後、椅子に座って握手をする2人。日本人のカメラマンが「こちらお願いします!」と2人に目線をもらうよう声を掛けたところトランプ氏は「なんと言ってるんだ?」と安倍氏に質問。「Look at me」と安倍氏は頓珍漢な返事をし、結局トランプ氏が安倍氏を見つめるというワケのわからない展開になった。
.

 安倍氏は「Smile for the camera」と言えば良かったのである。
.

 それはさておき、日本のテレビメディアでは、ここまでしか放送していない状況が多かったが、海外のネットユーザーにとってはその後が重要視された。19秒間の握手の後、安倍氏は悶絶の表情を浮かべていたのである。これがGIF動画化(複数の静止画をコマ送りで動画のように見る)され、これを紹介したツイートが世界中に拡散したのだ。
.

 このツイートをした人物は米メディアの関係者で、「安倍の表情がホット」とツイート。これが約3万7000リツイート(引用)され、約6万の「いいね」がついたのだった。安倍氏の今回の外交については、民進党の野田佳彦幹事長が「スネ夫」と評するなど、一部では不評だ。海外の一般人は今回の外交についてどう見ているのか。件のGIF動画につけられた海外の人によるコメントをいくつか紹介しよう。
.

〈もし、安倍のこの表情が「さっさとここから退出させてくれ」でないとすれば、オレにはこれが一体どんな表情なのか分からない〉


〈私は安倍氏が「助けて!」と言わないまでも目で訴えかけていると思う〉
.

〈安倍の真意を翻訳してやろう。「オレはなんでこんな狂った野郎と一緒にいるんだ」〉
.

 これらはアメリカの反トランプ派によるものと思われるが、まぁ、安倍氏が相当被害者扱いされている。トランプ氏のような極悪人と付き合わされて可哀想……といった論調もあるのだ。
.

 安倍氏及び政権与党への批判をする際、リベラル派は「海外メディアはこう報じている」と述べることが多い。だが、実際にその記事を書いているのは日本人(または日系人や外国籍を持つ元日本人)であることが多い。今回の件についてもトランプ氏に批判的なニューヨークタイムズの電子版ではMotoko Richという記者がこう書いている。
.

〈2人のリーダーの間でぎこちなく長すぎるハンドシェイクがあった。(そして安倍氏が解放された際の不快げな表情もあった)〉
.

 冒頭のGIF動画については、多くの日本のテレビメディアがカットした部分であり、それには異議を呈してもよいだろう。しかしながら「海外メディアが報じた」といってもそれは所詮電子版で、日本に批判的な日本人が書いていることが多い点も留意すべきである。あたかも「世界は安倍に批判的だ! 海外メディア様もこう言ってる!」と政権叩きに利用するも、書いているのが日本人だと分かった時にネットでは反論をくらうことがある。幸いなことに、海外メディアは署名記事が多いので、誰が書いているのかわかるのは良い点である。
.

●なかがわ・じゅんいちろう/1973年生まれ。ネットで発生する諍いや珍事件をウオッチしてレポートするのが仕事。著書に『ウェブはバカと暇人のもの』『ネットのバカ』など。
.

※週刊ポスト2017年3月3日号
  


Posted by いざぁりん  at 02:12
こちらです。
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170220-00000003-pseven-soci&pos=3
(以下は、コピーです)
 もしかしたら海外メディアはすべて偽ニュースになったのか。そう疑念を抱くほど、日米首脳会談をめぐる日本と海外のメディア報道はズレまくっていた。
.

 日本では安倍政権に批判的なスタンスの朝日新聞までが、1面から4面まで全部使って〈「満額回答」といえる内容〉〈市場に安心感〉など首脳会談の成果をヨイショし、他紙も横並びで絶賛した。
.

 対照的にドナルド・トランプ氏の入国禁止令に批判的な欧米メディアは冷ややかだった。
.

〈日本の首相はトランプ大統領の心をつかむ方法を教えてくれた。それは媚びへつらうことだ〉(米誌タイム)
.

〈トランプ大統領との個人的な結びつきを強めようとする安倍首相の強い決意は他の国の首脳とは対照的〉(ワシントン・ポスト)
.

 と、安倍晋三首相のなりふりかまわぬ擦り寄りぶりを皮肉たっぷりに報じたのをはじめ、英国エコノミスト誌は〈安倍は多くの日本人が不信感を抱いているリーダーに擦り寄ることで政治的なリスクを犯している〉と評し、フランスの有力紙ル・モンドは東京特派員の署名記事で〈フロリダの太陽の下でゴルフと気前のいい贈り物があればトランプを落とせるのか?〉と疑問を投げかけ、スペインの有力紙エル・パイスも〈日本の首相はイスラム7か国からの入国拒否を行なった感情的な大統領にも『信頼』を示した〉と皮肉交じりに書いた。
.

 ネットでも、ホワイトハウスの日米共同会見でトランプ氏と熱い「19秒間の握手」を交わした安倍首相の表情が拡散され、トランプ氏との浅い握手で距離があることを示したカナダのトルドー首相の“大人の握手”と対比されて物笑いのタネにされている。外交評論家の孫崎享氏(元外務省国際情報局長)が指摘する。
.

「英国のメイ首相は就任直後のトランプ大統領と真っ先に会談したが、安倍首相のようにべったりではなく、入国禁止令などの政策には賛成できないとはっきり反対している。米国ではいまやトランプ氏の不支持率が支持率を15%も上回っている。首相が米国民から支持されていない大統領とゴルフをしていくら個人的に蜜月関係になっても、それが国益になり得るのか」
.

※週刊ポスト2017年3月3日号
  


Posted by いざぁりん  at 02:11