京つう

  イベント  |  伏見区

新規登録ログインヘルプ



2017年04月10日

最悪のケース

そもそも、軍事力で日本を守ることは、できないのです。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170404-00000050-sasahi-int&p=2
(以下は、コピーです)
 最悪のケースは、追い込まれた北朝鮮が核弾頭を積んだノドンを日本の人口密集地へと放つ場合だ。自殺攻撃に近い。

●核ミサイルの被害想定

 道下氏も参考にする被害想定がある。韓米の研究者2人が『ウォー・シミュレイション 北朝鮮が暴発する日』(2003年、新潮社)で示したもので、「米ヘリテージ財団の協力を得て、米国防総省が使用する軍事シミュレイションのソフトウェアを活用」と説明がある。

 04年5月31日午前8時、12キロトン級の核兵器(広島型は15キロトン、長崎型は21キロトン)が地表爆発したら──。天気や風向きもふまえた予測はこうだ。

 東京 爆心地・国会議事堂付近 死者42万3627人、全体被害者81万1244人

 大阪 爆心地・梅田付近 死者48万2088人、全体被害者88万1819人

 その時の表現は生々しい。

「2.5キロ以内に存在する人の90%以上はカメラのフラッシュのような閃光(せんこう)を見た瞬間に消える」「爆発で生き残っても、弾丸のように吹き込む大量のがれきで致命傷を負う」「永田町、霞が関、丸の内が壊滅すれば日本の中枢機能は一瞬で停止する」

 実は広島市も核攻撃の被害想定を07年に出している。国民保護法で自治体に求められる国民保護計画の策定にあたり、「原爆投下による惨害を受けた都市の使命」としてまとめ、ウェブサイトで公開している。

 想定は1945年当時と同じ爆心地で、8月の平日の昼間、晴れ。16キロトン級の核兵器が地上600メートルで爆発した場合、死者6万6千人、負傷者20万5千人、死傷率は46.4%にのぼる。

 45年末までに14万人が亡くなったとされる当時よりも頑丈な建物が増え、倒壊による圧死は大きく減る。それでも「建物内に窓ガラスや備品が飛散し凶器と化す。高層ビルでは避難階段に生存者が殺到し将棋倒し」「道路は建物や自動車の残骸で埋め尽くされ、火の手が迫り人々は逃げ惑う」とみる。

 自治体が国民保護計画を作る基準として政府が閣議決定した基本指針にも核攻撃の項目があるが、政府は、被害想定について、「攻撃類型、規模、環境などの前提で全く異なり、仮定を重ね想定するのは適当でない」(内閣官房)と示していない。

●その時避難できるか

 北朝鮮の度重なるミサイル発射で、着弾に備える動きは始まっている。政府は3月17日、日本海に面する秋田県男鹿市の漁村で、日本初のミサイル避難訓練を実施した。

 ノドン発射から着弾までは7~10分。政府が発射情報をつかみ、弾道を予測し、住民に防災行政無線で伝えるまで数分。残り数分で遠くへの避難は無理だ。とにかく近くの建物へ逃げ込み、周辺に落ちた時の爆風や高熱にさらされないようにする。

 訓練は一帯を通行止めにして住民110人が参加。校庭の小学生は校舎へ、掃除中の高齢者は公民館へ急ぐ。「男鹿半島西約20キロに落下」という訓練放送に、元漁師の加藤喜正さん(76)の表情が締まった。

 防災意識の高い集落だが、発射から避難完了まで7分前後とぎりぎり。立ち会った内閣官房幹部は、「他の自治体に訓練を働きかけたいが、都市部ではより丁寧な周知が必要」と話した。  


Posted by いざぁりん  at 01:41
こちらです。
http://digital.asahi.com/articles/DA3S12883865.html?rm=150
(以下は、コピーです)
安倍晋三首相の妻、昭恵氏は私人と言い切れるのか。公務員が問い合わせに回答するのは職務ではないのか。先月から相次いで閣議決定された政府答弁書にまつわる疑問。さらに、「首相への侮辱」だとして私人が証人喚問される一方、官僚は文書を廃棄したと開き直る。このような行政権力、とりわけ官邸の「暴走」の底流に何があるのか。長谷部恭男・早稲田大教授(憲法)と杉田敦・法政大教授(政治理論)に語り合ってもらった。


 ■「昭恵氏は私人」簡単に割り切れぬ 長谷部/「偽証罪で告発」と内閣言及、筋違い 杉田

 杉田敦・法政大教授 森友学園問題に関連して、さまざまな閣議決定が出ています。安倍晋三首相夫人の昭恵氏は公人ではなく私人である。夫人付の政府職員が調査・回答した行為は職務ではない。いずれも説得力を欠き、こんな決定を乱発していいのか疑問ですが、そもそも、閣議決定の法的性格とは。

 長谷部恭男・早稲田大教授 新たな閣議決定で上書きされるまで、内閣はその決定に拘束されます。ただそれは自身を拘束するだけで、立法権や司法権を必ずしも拘束するわけではない。政府への質問書に対する答弁を決めるには閣議によるしかなく、決定してはいけないとは言いにくい。結局は、中身の問題です。

 杉田 では、首相夫人は私人でしょうか。

 長谷部 公人か私人か、簡単には割り切れません。天皇の行為は、国事行為以外はすべて私的行為かというと、違います。やはり公人としての行為があり、それがいわゆる象徴としての行為です。同じようなことが首相夫人についてもあるのではないか。

 杉田 森友学園の籠池(かごいけ)泰典前理事長は私人ですが、国会で証人喚問されました。ところが公人たる政治家や、官僚は、野党の要求にもかかわらず誰ひとり証人喚問されていない。

 長谷部 国政調査権の使い方がいかにも党派的です。米議会や英議会では、国政調査権を党派的に発動しないというのが大原則です。どちらかの党派に有利/不利だから呼ぶ/呼ばないという判断は、少なくとも建前としてはしないことになっている。中長期的な国政上の課題について調べることが目的ですから。

 杉田 証人として呼ぶのは、犯罪の嫌疑がある人だとする政治家もいました。

 長谷部 話が逆転しています。従来議論されてきたのは、国政調査権を行使することで犯罪の捜査や裁判の遂行に不当な影響を及ぼすのはよくない、捜査対象者は呼ぶべきではないのではないか、という点でした。

 杉田 官房長官は籠池氏を偽証罪で告発する可能性にも言及しましたが、これは国会が判断することで、行政権、内閣がとやかく言うのは筋が違うのでは。

 長谷部 議院証言法で、告発は議院や委員会の権限と明記されていますから、その通りです。さらに、偽証罪が問われる「虚偽の陳述」とは、客観的事実に反する陳述ではなく、証人の記憶に反する供述を意味するというのが判例ですから、立証のハードルはかなり高いですね。


 ■教育勅語、国民主権と相いれぬ 杉田/教えていい話か、線引きは当然 長谷部

 杉田 昭恵氏が国会で証言すれば、白黒がつく可能性もある。安倍首相は「悪魔の証明」は出来ないなどと言いますが、当事者の言い分が食い違うことは、よくあること。どちらが信用できるかを裁判等で判断するのであって、それは悪魔の証明でも何でもない。単なる事実認定です。

 長谷部 ボールは政権側のコートにある。同じコートに出て打ち返すことは、悪魔でなくてもできます。首相を侮辱した、というわけのわからない理由で私人が証人喚問されている。私人にそこまで要求しておきながら、文書は破棄したので何も言えないと官僚は開き直り、首相夫人は私人だからで済ませています。極めてバランスが悪い。

 杉田 官僚の文書廃棄については専門家から、違法ではないかとの指摘さえあります。保存期間を定めた公文書管理法の欠陥もありそうですが、仮に違法とまでは言えないとしても、そうした無責任な行政のあり方が許されるものなのか。

 長谷部 違法でなければ何をやってもいいのか。私人であればOKです。人のひんしゅくを買うような行為でも、それは個人の判断です。しかし、公人や公務員は違う。中長期的な社会公共のために行動する、そのために様々な権限や便宜を与えられているのだから、私人と同じように法に触れなければいいということには、なりません。

 杉田 先日、教育勅語を教材に使うことは否定しないという閣議決定もされました。たしかに親孝行とか友達と仲良くとか、その部分だけを切り取れば、普遍的な道徳と重なります。ただ、勅語はそういう道徳律を、天皇が臣民に教えるという形になっており、危機の際には「皇運」を助けよと義務づけている。それを朗読させたり、正しいものとして教えたりするのは、日本国憲法に基づく自由民主主義の政治システムや国民主権と相いれません。ところが文部科学副大臣は、教育基本法に反しない限り朗読は問題ないと国会で答弁し、一部の新聞は、言論の自由や思想信条の自由を盾に、戦前のような考え方を教えるのも信じるのも自由だと主張しています。

 長谷部 それは間違いです。学校は、街頭やネット上のような一般的な表現の自由が成り立つ場所ではありません。教育の出発点は憲法26条の子どもが学習する権利です。将来、子どもが自分自身で物事を判断できるようになるための材料を提供しないといけないのだから、教えていい話とそうでない話の線引きがあるのは当たり前です。


 ■派閥・メディア、弱まるブレーキ 杉田/余裕失いなりふり構わず、危険 長谷部

 杉田 政府に刃向かう者への脅迫的手法という点では、沖縄の件も見過ごせません。反対派への見せしめ的な捜査とも見られることが行われています。また、翁長雄志(おながたけし)知事が辺野古埋め立て承認の撤回方針を表明したことに対して、政権側は一時、翁長知事個人に賠償を求めることもあり得ると言いました。

 長谷部 知事の公権力行使によって国が損害を被ったというなら、国は県を相手に国家賠償訴訟を起こすことになる。しかし国賠法は、知事個人を相手にする制度ではありません。仮に国が勝った場合は、沖縄県が知事個人に求償できますが、それは故意・重過失がある場合だけで、極めて限定されています。

 杉田 国に損害賠償を支払ったのは県財産の損失だとして、政権支持派の住民に住民訴訟を起こしてもらうといったことを想定しているのかもしれませんが。

 長谷部 ええ。ずいぶんと迂遠(うえん)な話を持ち出して、翁長知事に嫌がらせをしているのでしょう。

 杉田 そうした手法をいとわぬ政権の下で、ついに「共謀罪」が審議入りしました。

 長谷部 犯罪行為をやり終わった人を処罰するのが刑事法の大原則です。刑罰は最も苛烈(かれつ)な国家権力の行使だから、行使は控えめであるべきなのに、277の罪名について、計画段階で処罰できることにする。しかもその理由がはっきりしない。国際組織犯罪防止条約批准のためだと政府は説明していますが、この条約の対象はマフィアです。すでに日本政府はテロ対策の条約を多く締結しているので、共謀罪をつくらないとテロ対策ができないという理屈もよくわかりません。

 杉田 共謀罪への反対が強い理由のひとつは、特定秘密保護法と同じで、恣意(しい)的に運用される危険性があるからです。特定秘密法には賛成した長谷部さんが、どうして共謀罪には反対なのですか。

 長谷部 確たる理由もなく、法の基本原則を動かすことになるからです。特定秘密法は法の基本原則を動かすものではありません。

 杉田 それにしてもなぜこれほど行政権力、特に官邸が暴走できるのかというと、ブレーキをどんどんはずしてきたからです。党内派閥は弱体化し、内閣法制局は無力化し、メディアも牙を抜かれている。国民への説明責任を果たそうとしない姿を見ると、「絶対的権力は絶対的に腐敗する」(アクトン)という格言を改めて思い起こします。

 長谷部 なりふり構わなくなっているのは、余裕を失っているということでもあります。トランプ米政権は、国際法の根拠も不明なままシリアのアサド政権軍を攻撃しましたが、それも内政が行き詰まって余裕を失っていることのあらわれと言えなくもない。余裕のないまま暴走する。危険すぎます。
  


Posted by いざぁりん  at 01:26
こちらです。
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=4489845&media_id=128
(以下は、コピーです)
 第12回「あなたが選ぶオタク川柳大賞」の結果が発表されました。「ネ申de賞(大賞)」に輝いたのは「『君の名は』 聞いてくれたの ポリスだけ」。


 2月にスタートし、7000近い票が集まった一般投票で順位が決定。2位には「ネ申de賞」受賞作同様、流行を盛り込んだ「逃げ恥だ? こちらは常に 生き恥よ」がランクインしました。3位以下は順に「『可愛すぎ… 尊い…』だけで 意思疎通」「チケ3万 グッズで10万 靴千円」「気になるの 婚期じゃないの 今期なの」と、オタクらしさあふれる作品が続いています。


 一方、前衛的でやや理解しにくい表現を取り入れた「二郎から セイクで優勝 魔剤ンゴ!?」「『My waifu ブログ上で解説しています。


 また、同時開催されていた公式マスコット「にゃんこ式部」9代目を決定する「猫耳キャラコンテスト」の結果も明らかに。三次元部門では、福岡県で活動している"男の娘"のコスプレイヤー・榎本玲依さんがグランプリを受賞しました。


 両企画の入選者などには「萌えるオタクグッズ」として「レディビアードちゃんの記憶装置」がプレゼントされる予定。先代の「にゃんこ式部」にちなんだアイテムなのですが……なんなんだろう、いったい。
  


Posted by いざぁりん  at 01:26
人災です。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170328-00000003-jct-soci
(以下は、コピーです)
 栃木県那須町で起きた雪崩に巻き込まれ、男子高校生7人と引率していた男性教諭を合わせ8人が死亡した事故が起きた。そして、その時に教諭と生徒の間で交わされたやり取りが報じられると、ツイッターなどでは、あり得ないといった声が上がった。

 引率教諭はベテランとされていたが、雪崩が起きた時に「伏せろ!」と叫び生徒を従わせたというのだ。雪崩の時はとにかく必死に逃げるのが常識であり、伏せて雪崩に飲み込まれれば助かるものも助からない、との指摘が出ている。

■「雪崩が来たら走るんだよ、叫んで叫んで走るんだよ」

 今回の事故は2017年3月27日の午前9時20分ごろに「那須温泉ファミリースキー場」付近の標高1300メートルで起きた。栃木県高校体育連盟主催の「春山安全登山講習会」が開かれていて、県内7校の山岳部1、2年生と教員の計62人が参加していて、先頭で登っていた県立大田原高校の8人が巻き込まれ死亡し、40人が重軽傷を負った。何とも痛ましい事故だが、NHKが報じた内容でネット上の空気が一変した。

 NHK は17年3月27日夕のニュースなどで、講習会に参加し雪崩に巻き込まれた男子高校生に電話取材し、雪崩が起きた時の状況について、

  「引率の教員が『伏せろ!』と声を上げた。私たちは伏せたが、体に雪をかぶった形になった」

という男子生徒の証言を放送。さらに、

  「講習中に教員たちは雪崩は全く想定していない様子だった。けさ積雪がひどかったので慎重に状況を見極め、講習を中止する決定をしてほしかった」

という言葉も報じたのだ。

 大田原高校山岳部は、県の強豪で引率教員はベテランと報じられていただけに、「教員はシロウトじゃないか」「伏せたら死ぬぞ!」などといった声がツイッターなどに挙がった。「レスキュー屋」を名乗る人物は、

  「雪崩が来たら走るんだよ、叫んで叫んで走るんだよ 呑まれたら泳いで泳いで、もがいてもがいて、最後に閉じ込められそうになった時に口元を覆ってエアポケット作るんだよ。 可能なら片腕は上へ突き上げて目印になる可能性に賭ける。雪崩で『伏せろ』なんて誰が提唱してるの?事実なら犯罪レベル」

などと投稿。賛同する声が多く見られる。

 本当に引率教諭と生徒の間にこのようなやり取りがあったのか、J-CASTニュースは大田原高校と県の教育委員会に3月28日に取材した。

顔が埋まれば15分から20分で窒息死する

 しかし、

  「そのような話は初めて聞いたが、詳細についてはまだ分からない」(大田原高校)
   「事実確認はできていない」(教育委員会)

という返事だった。引率教員のレベルについては、

  「メディアで報じられている通りです」(大田原高校)

と、ベテランで十分なキャリアを持っていた、とした。

 それでは雪崩に遭遇した場合にはどうすればいいのか、J-CASTニュースが28日に防災科学技術研究所雪氷防災研究センターに取材したところ、まず、雪崩が起きそうな場所には近づかないことが大前提、とした。さらに、雪山に登るときは雪崩が起きた場合の逃げ道を確保、確認して行くこと。そして雪崩に遭ってしまった場合は、

  「伏せるのは正しい方法ではありません」

という。

 雪崩に巻き込まれた場合は体周辺の雪が固くなり、自力では抜け出せなくなるし、顔が全部埋まった場合は、15分から20分で窒息死してしまうからだ。そのため全力で逃げなければならない。流れに巻き込まれないようにし、下に逃げる場合と上に逃げる場合があり、それは状況次第だが、下に逃げれば蛇行した雪崩に飲み込まれることもあるという。複数人いた場合は、それぞれバラバラに逃げること。それは誰かが助かる可能性があるからで、助かった人は埋まった人を掘り起こす作業に移れるからだという。

  「泳ぐように逃げる、という表現がありますが、それは雪をかき分け顔だけでも表面に出すよう努力する、ということなんです」

と担当者は話していた。
  


Posted by いざぁりん  at 01:24
こちらです。
http://yoyomasilkroad.com/  


Posted by いざぁりん  at 01:24
こちらです。
http://digital.asahi.com/articles/DA3S12867688.html?rm=150
(以下は、コピーです)
 沖縄の音階と三線(さんしん)を全国に広めた「島唄」。ラブソングのように聞こえる歌に込められた本当の意味は?

     *

 「THE BOOM」のボーカリスト、宮沢和史さん(51)は山梨県出身。沖縄音楽の魅力にとりつかれたきっかけは、1989年のデビューから間もない頃、土産にもらった沖縄民謡のカセログイン前の続きットテープだった。

 「バブルの空気に居心地の悪さを感じて、日本から世界へ発信できる音楽を探していたとき、大地につながりをもつ沖縄民謡に日本の原風景を感じたんです」

 90年、アルバムのジャケット撮影のため、初めて沖縄の土を踏む。翌年には沖縄県糸満市のひめゆり平和祈念資料館を訪れ、ひめゆり学徒隊生存者の話を聞いた。住民を集団自決に追いやったものに対してだけでなく、沖縄戦に無知だった自分自身にも腹が立った。

 人々が息絶えたガマ(洞窟)の中に自分もいるような恐怖を覚え、資料館の外へ出ると、さとうきびが静かに風に揺れていた。

 宮沢さんは振り返る。

 「牧歌的な光景と、その下で行われた殺戮(さつりく)とのギャップが信じられなかった」

 伝えなければと思った。自分には音楽がある。「体験を話してくれた方に恥ずかしくない曲を作ろう」。そう考えて一気に書き上げたのが「島唄」だ。

 「ウージ(さとうきび)の森であなたと出会い ウージの下で千代にさよなら」。単純に恋の始まりと終わりを描いたとも取れる一節は、ガマの中で自決した二人の幼なじみの男女をイメージしているという。

 「レ」と「ラ」がない琉球音階で作られた曲の中で、このフレーズだけは通常の西洋音階にした。「何が誰がそんな状況に追い込んだのかを思うと、沖縄の音階はつけられなかった。ヤマトの音階にした」

 当初は92年に発売されたアルバムの中の一曲にすぎなかったが、同年末、沖縄言葉(ウチナーグチ)に換えたシングルを沖縄限定で発売。県内で放送された泡盛のCMに起用されると、レコード会社に問い合わせが殺到した。

 93年6月、標準語の「オリジナル・ヴァージョン」がリリースされるやチャートをかけのぼり、年末のNHK紅白歌合戦にもバンドとして出場した。

 アンケートからは、歌に込めた思いが広く共有されていることがうかがえた。

 「最初はメロディーにひかれた。歌詞に込められた思いを知ってからは聴くたびに涙腺が緩む曲になった」(千葉、50歳女性)、「修学旅行で沖縄に行った先輩から『島唄』の歌詞の意味を教えてもらい、衝撃的だった。戦争の愚かさと平和を願う歌として永遠に歌われ続けてほしい」(福島、28歳男性)、「ボブ・ディランの『風に吹かれて』に匹敵する格調高い非戦の思想の歌だと思う」(福岡、68歳男性)、「沖縄をリゾートからではなく、負の記憶から理解することができたのは『島唄』のおかげ」(東京、44歳女性)、「長兄が沖縄戦で戦死し、平和の礎(いしじ)に名が刻まれている。この歌を聴くたび、兄への思いが募る」(岐阜、80歳男性)。


 ■沖縄に根付く民謡に

 宮沢さん自身が、創作の経緯や歌詞の意味について積極的に語るようになったのは、2000年代半ば以降のことだという。当初は、「音楽で勝負したい」と、言葉で説明することをかたくなに避けていた。

 「戦争体験者も減っていくなかで、伝えなければという思いで作った曲なのに、次の世代に手渡せているか心配になってきたんです。沖縄の歌を伝えることが次の僕の役割だと思えてきた」

 14年12月、バンドは解散してソロに。ここ数年は沖縄民謡を収録保存する活動に力を入れてきた。200人を超える歌手を訪ね、245曲を録音、CDにして沖縄県内の学校などに寄贈した。三線の棹(さお)の原料である黒木(くるち)を育てるプロジェクトも発足させた。

 「島唄」については、「戦争体験もなく沖縄の人でもない自分が沖縄戦を歌っていいのか」と悩んだ時期もあったという。本土のロックバンドが三線をふり回しているのは何事かと、沖縄では批判もされた。

 「理解されるには、誰が作った曲なのかは関係なくなるまで、土地に根付く民謡になるまで、歌い続けていくしかない」

 最近、そんな思いが少しずつ現実になってきたと感じている。
  


Posted by いざぁりん  at 01:23
こちらです。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170409-00000064-mai-soci
(以下は、コピーです)
 9日投開票された岡山県の備前市長選で、山陽放送(岡山市北区)が、落選した現職の吉村武司氏(70)について字幕で「再選確実」と誤って報じ、吉村氏が支持者とともにバンザイをしてしまう一幕があった。

 山陽放送によると、誤報を流したのは開票が始まった午後7時半ごろ。吉村氏はこれを受け、事務所で「2期目の抱負」を語った。しかし、午後8時45分に開票が終了し、158票の僅差で新人の田原隆雄氏(72)に敗れたことが判明。吉村氏は集まった支持者らの前に改めて出て、「市民の皆さんが決めたこの結果を受け入れる」と敗戦の弁を述べた。

 山陽放送は取材に「出口調査の結果などで再選確実と判断した」と説明。同日夜のニュースで正しい結果を報じるとともに、当選者を間違えたことを謝罪した。  


Posted by いざぁりん  at 01:23