京つう

  イベント  |  伏見区

新規登録ログインヘルプ



こちらです。
https://news.yahoo.co.jp/byline/kodamakatsuya/20170424-00070254/
(以下は、コピーです)
北朝鮮とアメリカとのチキンゲームが激しさを増している。

すでにアメリカはアメリカ原子力空母「カール・ビンソン」を中心とする空母打撃群を朝鮮半島近海に向かわせている。「カール・ビンソン」は巨大原子力空母で、全長333メートル・艦載機約90機を擁する。世界でもトップクラスの戦力を持つ空母である。自衛隊も準備を始めている。アメリカの空母を中心とする艦隊が朝鮮半島の周辺海域に向けて航行しているのに合わせて、海上自衛隊の護衛艦2隻は、アメリカの空母と合流して共同訓練を行った。臨戦態勢に入りつつある。カール・ビンソンだけでは有事には不十分だという声もあるが、すでに原子力空母ロナルド・レーガンは米海軍横須賀基地に停泊中だ。カール・ビンソンとロナルド・レーガンの二つの空母で、攻撃と在韓外国人の輸送の役割を分けるとみられる。有事の時には在韓米国人、在韓日本人などの救出も行わなければならない。その体制が整いつつあることになる。かなり本気モードに入りつつある。空母2艦を脅しだけの見せかけと切り捨てることはできない。狙うは北朝鮮軍事基地の総攻撃と金正恩氏の殺害だ。

北朝鮮はハッタリでは負けていはいない。BBCニュース(4月22日付)は「北朝鮮は国営メディアを通じて、朝鮮半島に向かっている米空母を『沈める用意がある』と主張した」ことを伝えている。北朝鮮の危険なハッタリだ。これまでハッタリでも米国も近隣国も北朝鮮に武力行使はしなかったので、まだハッタリが利くと思っているのだろう。ソウルを狙うというのであれば現実味があり威嚇になるが、世界最強の米軍に歯向かうのは無謀だ。あまりに軍事力に差がありすぎる。米空母カール・ビンソンには防衛用の空対空ミサイル「シースパロー」や近接防衛ミサイル等が搭載されている。何よりも北朝鮮が米空母を攻撃対象にしたら、トランプ大統領は北朝鮮軍事基地総攻撃をするだろう。金正恩氏は米朝の軍事力の差をどれだけ認識しているのかよく分からない。北朝鮮がこうしたハッタリを続けると、米空母が接近したら虚勢の中で本当にミサイル発射をするかもしれない。また米大統領はあのトランプ氏だ。こうしたハッタリを余裕で受け止めず、本気で北朝鮮に対ってくる可能性もある。これまで最悪の事態を想定して躊躇してきた一線を超えてしまうかもしれない。ハッタリがハッタリでなくなったら地獄だ。

このような危険な状態の中で中国はどのように行動するのだろうか。

中国は基本的には何も起きて欲しくない。危険な朝鮮半島情勢のリスクを犯すよりも、北朝鮮の核開発をストップさせ、有事の事態はなんとしても避けたい。習近平氏も金正恩氏には手を焼いている。以前は中国は基本的に北朝鮮の保護国的役割を担い、ほぼ制御できる状態であった。しかし金正恩氏は中国の忠告を無視して核開発など挑発行為を始めた。中国にとって、北朝鮮が核兵器と高性能ミサイルの開発をするのは嫌なことだ。北朝鮮は核開発やミサイル発射への中国の警告を無視してきた。トランプ大統領は非常に狡猾に中国に北朝鮮の制御を委託して実行できなければ米国が武力を使ってもいい、という構図を作り出した。中国が北朝鮮を制御できないのは中国の責任として米国は堂々と北朝鮮攻撃戦略を取ることを可能にしている。中国は経験から金正恩氏の挑発を止めることができないと危惧しており、朝鮮半島が混乱し秩序が崩壊されることを恐れている。習近平氏は北朝鮮有事の際には中国の武力行使を示唆している。中国は米国の武力行使はなんとしても止めたい。米中電話首脳会談の具体的な内容はよく分からないが、韓国大統領選の結果を待つ、にとりあえず落ち着いているのではないか。

しかし、トランプ大統領と金正恩氏とのチキンゲームはどのように展開するか読めない。アメリカの脅しに北朝鮮のハッタリは、韓国大統領選を睨みながら、有事の事態に発展する可能性がある。その時、中国はどうするのか。

産経ニュース(4月22日付)は、「中国共産党機関紙、人民日報系の環球時報は22日付の社説で、『中国は武力によって朝鮮半島の現状を変えることには反対する』と強調、米韓両軍が北朝鮮に軍事進攻した場合は中国も軍事介入すべきだと主張した」ことを伝えている。中国も軍事介入するということはどういうことなのか、明確ではない。

四つのシナリオがある。

1)アメリカが軍事攻撃をすることが明らかになった時点で、攻撃の前に中国が北朝鮮を制圧し、傀儡政権を築くシナリオ。

2)次には、アメリカが北朝鮮の軍事基地を爆撃したら、アメリカ軍が入る前に、すぐに北朝鮮に攻め入り、中国主導の傀儡政権を樹立するというシナリオ。

3)アメリカが北朝鮮に攻撃し、さらに侵攻してくるなら、アメリカに対して立ち向かうというシナリオ。

第3のシナリオは大戦争、ロシアも関われば第三次世界大戦にも発展するような危険なシナリオだ。中国はアメリカの軍事力は十分に知っている。これはなんとしても避けるシナリオだ。

最も可能性があるのが、第1と第2のシナリオだろう。第1のシナリオだと軍事行動の口火を中国が最初に開くことになり、中国は批判の矢面に立たされるかもしれないが、中国主導の傀儡政権樹立のレジティマシーを得ることになる。朝鮮半島は中国のもの、という歴史観があり、アメリカに先を越されたくないという感覚はあるだろう。

第2のシナリオは北朝鮮の軍事基地の空爆だけアメリカに任せて、結局は中国が北朝鮮をとるという中国からすればいい案だ。トランプ大統領にしてみれば不満が残るかもしれないが、トランプ大統領が中国と対立するリスクを冒すほど北朝鮮の覇権に興味を持っているかどうか怪しい。中国がしっかりと非核の北朝鮮を作るのならそれでいい、と判断するかもしれない。その代わり、韓国はアメリカが覇権を持つ国だということを明確にすることになるだろう。

4)第2のシナリオの変形で、米中が協働して、金正恩亡命を容認し、平和裏に中国主導の傀儡政権を作るというシナリオ。

これが最も安全なパターンだ。無血の解決策と言えるかもしれない。

とにかく朝鮮半島有事は、日本を含め東アジアに大きな打撃を与える。日本でも犠牲者が出るかもしれない。経済は大打撃を受けるだろう。いかにこの有事の危機を避け、問題を解決に向かわせることができるか。関連諸国の知恵が求められている。

児玉克哉
一般社団法人社会貢献推進国際機構・理事長
国際平和研究学会(IPRA)事務局長、トルコ・サカリヤ大学客員教授、パキスタン・マリル科学技術大学特別教授、ネパール・トリブバン大学客員教授、日本大学法律経済研究所研究員、CSRジャーナル編集長。三重大学副学長・教授、国際社会科学評議会(ISSC)副会長を歴任し現職。専門は地域社会学、国際社会論、政治社会学など。公開討論会を勧めるリンカーン・フォーラム理事・事務局長を務めている。「ヒロシマ・ナガサキプロセス」や「志産志消」などを提案し国際活動や地域創生活動を行っている。2012年にインドの非暴力国際平和協会より非暴力国際平和賞を受賞。
  


Posted by いざぁりん  at 01:28
米朝は、戦争をしてはなりません。
日本は、今こそ、安保を破棄しなければなりません。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A9%BA%E6%AF%8D%E6%89%93%E6%92%83%E7%BE%A4  


Posted by いざぁりん  at 01:28
米朝は、戦争をしてはなりません。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170424-00010000-asiap-kr
(以下は、コピーです)
北朝鮮では、軍に入隊したその日から与えられる任務は食べ物を確保するための仕事である。

【関連写真を見る】 哀れな女性兵士たち 母親が心配する軍内のセクハラと栄養失調(写真4枚)

国からの資給食糧だけではとても足りないため、多くの部隊で「副業地」と呼ばれる畑でトウモロコシや野菜を栽培する。

訓練の他に、耕作、収穫、脱穀など「食うための作業」が兵士たちの日常業務だ。また、川でおかずの魚を獲り、暖房煮炊き用の薪やわらを集めるのも兵士の仕事である。

「韓国人や外国人は軍事パレードだけを見て、人民軍は強そうだと言うれど、実体はとても戦える軍隊ではないんですよ」
落下傘部隊に所属していた脱北者の弁だ。

煮炊き用に収穫後の畑からトウモロコシの葉や茎を運ぶ兵士。近隣の農民に牛車を貸し出してもらったようだ。2008年10月黄海南道にて撮影シム・ウィチョン(アジアプレス)

韓国に航空機で侵入し敵後方に降下して攪乱させるのが任務だったという。しかし、その実態はお粗末なものだったとして次のように証言する。

「まず、燃料が足らず降下訓練用の飛行機がなかなか飛ばせません。それで高い塔から飛び降りる訓練で代用していました。パラシュートの他に銃などの装備が合計70キロになるのですが、大半の兵士が背負って飛行機に上がれないのです。空腹で力が入らないから」

金正恩政権は、国営メディアで「我が国は軍事強国」だと自賛を繰り返している。そのために、ミサイル発射場面や勇ましい軍事パレードの映像を巧み使って宣伝している。

「朝鮮人民軍には全面戦争は絶対に無理。兵士は腹ペコ、軍用車両はまったく不足している上、油がなくて動かない車が多い」という。

北朝鮮が核兵器とミサイルの能力を向上させているのは間違いない。それは日韓中にとって脅威になっている。しかし、だからといって全面戦争を遂行する能力があるのかははなはだ疑わしい。

金正恩政権のプロパガンダに惑わされず、冷静に実像を見る必要がある。(石丸次郎)

川で魚を獲るための網を整える国境警備隊の兵士。2007年8月平安北道のサクジュ郡を中国側から撮影(アジアプレス)

下着姿になってトウモロコシ畑で草取りをする兵士たち。2007年8月平安北道のサクジュ郡を中国側から撮影(アジアプレス)

  


Posted by いざぁりん  at 01:27
こちらです。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170417-00190948-newsweek-int
(以下は、コピーです)
北朝鮮は戦争をしたいのか?したくないのか? - 金香清 朝鮮半島3.0

ニューズウィーク日本版 4/17(月) 20:00配信

広場には軍事パレードを行うために朝鮮人民軍が隊列を作り、吹奏楽隊が入場、客席には外国からの客人や外信記者が入った。

楽隊の指揮者が手を挙げると、演奏者だけでなく、並んでいる軍人、そして客席などにも緊張が走った。バルコニーになっている席に幹部たちが入ってくると共に、「1号歓迎曲」と呼ばれる曲が流れた。これは金正恩委員長が入場したという合図だ。

パレードのみならず、マスゲームや芸術公演などの開演前にこの音楽が流れると、北朝鮮の国民は金正恩本人の姿が見えなくても、いつもより力を込めて拍手をしながら「マンセー(万歳)」を叫ぶ。逆に一般的な「歓迎曲」が流れると、金正恩委員長は来ないことがわかり、出演者たちは落胆する。

金正恩はバルコニーから満面の笑顔で国民の拍手と歓声に応えて手を振った。

この日、日本や韓国では米朝間の緊張状態を伝える報道が相次いでいた。金正恩が笑顔の裏で何を目論んでいるのは何なのか、テレビや新聞では北朝鮮の次の行動を推測した。

威嚇しあいながらも、衝突を避けている米朝

3月以降の両国の動きを時系列で追っていく限りでは、全面衝突はないだろうと推測できると思う。

まず3月1日、韓国では以前から予定されていた米韓軍事合同演習が行われた。ここには昨年の31万人を上回る、過去最大の兵力が動員された。そして3月末、北朝鮮は行動に出た。これまでに4回、核実験が行われたとされる咸鏡北道の豊渓里にある核実験場で、車両が出入りしたり、通信ケーブルが敷かれるなど、核実験の準備を進める様子が衛星にキャッチされたのだ。

しかし今回の動きはいつもと違った点が指摘されている。これまでは核実験の準備は密かに行われていたのが、今回は偵察衛星を意識しているかのように、わかりやすい動きをしていたというのだ。

そして4月5日には翌日の米中首脳会談を意識したかのようなミサイル実験が行われ、米国は「核実験を行えば先制攻撃する」と警告し、15日には原子力空母を朝鮮半島近海にまで接近させた。それに対し北朝鮮は「先制攻撃をするなら戦争を辞さない」としながらも、核実験ではないミサイル発射実験を16日に行った。

こう見ると、北朝鮮と米国は威嚇しあいながらも、全面衝突を避けているように見える。そもそも原子力空母カールビンソンは当初から合同訓練に参加する予定だった。

一方でトランプ新政権では国防長官は任命されたものの、副長官以下はまだオバマ政権の前任者がついているという。そのような環境で北朝鮮に対して本格的な軍事攻撃をする可能性は低いことも指摘されている。

今年4月15日は金日成の生誕105周年で、その日に合わせて、何かしらの軍事行動を起こすのではないかといった見方がメディアで見られた。北朝鮮は確かに金親子の生誕日などの国家的な記念日に合わせて度々、大きなことをしてきたが、当日にミサイル実験をしたことはなく、通常はその数日前か、数日後に行われた。

それは記念日に合わせる目的が国威高揚だからだ。数日前から当日に向けて国中を盛り上げるのだ。また、過去のミサイル実験を振り返って見ると、記念日に合わせたのは多くが北朝鮮が「人工衛星を打ち上げるためにロケットを打ち上げた」としている、一応は形式的にでも平和目的を掲げているのだ。

むしろ核やミサイル実験を北朝鮮が明らかな軍事的な示威行為として行うのは、米韓軍事合同演習や国連の制裁決議があったときなど米国との緊張関係を意識した時期に重なっている。

米韓軍事演習に無抵抗のままでいられない

北朝鮮は米韓軍事演習をとても嫌がる。米韓の想定する相手国は北朝鮮なので、それは当たり前のことだが、もう一つ理由がある。米韓軍事演習をした場合、北朝鮮が大人しくしているわけにはいかない。なので38度線付近に飛行機を飛ばしたり、あるいはミサイル実験を行うなど、反発しているジェスチャーを見せる。

するとどうなるのか、その分、国の石油が消費され、それはそのまま国民生活に影響を及ぼす。当然、国民はそれを不満に思う。国民を過度に思想統制する北朝鮮だが、100%国民の心を操るのは不可能なことだ。

2015年の世界の国防費用は1位が米国(5960億ドル)、2位が中国(2148億ドル)だった。北朝鮮はずっと下の75億ドル、46位のギリシャと同じ規模だ(4位・ロシア664億ドル、8位・日本409億ドル、10位・韓国364億ドル)。

一方でGDP対軍事費の比率を見ると、1位は北朝鮮(23.3%)だ。つまり経済力のおよそ4分の1を軍事費に割いているということだ。ちなみに米国は15位で4.3%、ロシアが20位の3.8%、中国は68位の2.0%、日本は136位の1.0%となっている。

そして兵力は北朝鮮は米国と並ぶ138万人で世界3位。北朝鮮の人口はおよそ2500万人。つまり18人にひとりが軍人だという計算になる。

軍事費がいかに北朝鮮経済、そして国民の生活の負担になっているのかがわかる。しかし休戦状態にある中で、駐韓米軍の存在や北朝鮮攻撃を念頭にした軍事演習は、当然、北朝鮮のプレッシャーになり、無抵抗のままではいられない、そこで軍事的アクションを起こす、という悪循環を起こしているのだ。

トランプ政権は挑発をどこまで許容できるのか

しかしトランプ新政権同様、金正恩政権はこれまでの文法では読み切れない未知数の部分も秘めている。

金正日政権は18年の間に31発のミサイルを発射しているが、金正恩政権は7年間ですでに80発近いミサイルを発射している(韓国紙「中央日報」)。

金正恩政権が明らかに軍事力で太刀打ちできない米国と、全面衝突を願っているとは考えにくい。北朝鮮が米国に望んできたことは「体制維持」に尽きる。そのために大小の軍事的挑発を起こしては、米国と交渉のテーブルに着かせようとしているのだ。

「読み切れない部分」は金正恩政権が挑発の度合いをどこまで強めるのか、そしてトランプ政権はそれをどこまで許容できるのか、である。その兼ね合いがいつかバランスを崩すとき、危機的な状況に陥るだろう。
  


Posted by いざぁりん  at 01:26