京つう

  イベント  |  伏見区

新規登録ログインヘルプ



こちらです。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170428-35100533-cnn-int&pos=5
(以下は、コピーです)
米国務省のティラーソン長官は27日、フォックステレビのインタビューの中で、中国が北朝鮮に対し、再度の核実験を強行すれば制裁に踏み切ると警告していると語った。

ティラーソン長官によると、中国は米政府に対し、北朝鮮にこれ以上の核実験を実施しないよう求めたことを確認したという。「我々が中国から聞いた話では、(北朝鮮に対して)これ以上の核実験を実施すれば、中国が独自の制裁措置を講じると通告したということだった」(ティラーソン長官)

中国は依然として北朝鮮の同盟国であり、重い制裁を科されている同国経済の大部分を支えている。

トランプ米大統領はロイター通信の取材に対して27日、中国の習近平(シーチンピン)国家主席を「とてもいい男」と評し、習主席が北朝鮮に圧力をかけようとしていると語っていた。

ティラーソン長官は中国の協力に期待していると述べ、北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長については「殺人者かもしれないし、我々の基準からすると理性を欠く人物かもしれない。だが正気を失っているわけではない」と分析した。

トランプ政権の北朝鮮への対応については、オバマ政権時代とは違うと強調し、「中国は限られた行動しか取らないというのがかつての前提だったが、我々はその前提を試す」としている。

中国にとっても北朝鮮の脅威は増大しているとティラーソン長官は述べ、トランプ政権も中国も、「核のない北朝鮮」を目指すという目標は同じだと指摘。「我々は北朝鮮の体制の崩壊は模索しない」と言明した。  


Posted by いざぁりん  at 08:08
こちらです。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170427-35100436-cnn-int&pos=4
(以下は、コピーです)
平壌(CNN) 北朝鮮の政府高官は27日までにCNNのインタビューに答え、同国の核実験について、米国が「侵略行為」とみなされる動きを続ける限り「決して止めることはない」と明言した。6回目となる核実験をいつ実施するかは明かさなかったものの、外的な要因で左右されるものではないと語った。

26日に行われたインタビューに答えたのは、北朝鮮の社会科学院人権研究所所長を務めるソク・チョルウォン氏。CNNに対しあらゆる問題についてコメントする権限を与えられた同氏は「核実験は、核戦力の増強に向けた我が国の継続的な取り組みにおける重要な部分を占める」「米国が侵略という敵対行為を続ける限り、我が国が核とミサイルの実験を止めることは決してない」と述べた。

米国のトランプ政権は空母や原子力潜水艦を含む大規模な戦力を朝鮮半島周辺に展開している。こうした状況下で新たな核実験が行われれば、地域の緊張は一段と高まることが予想される。

ソク氏はまた、25日に北朝鮮軍が実施した大がかりな実弾砲撃演習に言及し「米国による侵略行為に直接反応したものだ」と指摘。トランプ米大統領への警告だったとの見方を示した。

現在北朝鮮に拘束されている米国籍の3人について質問されると、ソク氏は他の拘留者と同じ状態でとどめ置かれているとだけ答えた。

脱北者が声明で言及した強制収容所の存在については、これを強く否定した。そこには子どもを含む12万人が収容され、過酷な扱いを受けているとされている。

ソク氏は「あの人々(脱北者)は脱走した犯罪者で、金をもらってうそを言う。米国とそれに従う国々がそうさせているのだ」と主張。その上で「国連は人権問題を政治利用したがっている。我が国の内政に干渉する口実としたいのだ。彼らの報告は捏造(ねつぞう)以外の何物でもない」と批判した。  


Posted by いざぁりん  at 08:05
こちらです。
https://news.yahoo.co.jp/byline/hantonghyon/20170429-00070420/
(以下は、コピーです)
「コリアン」に的を絞った調査

Yahoo!ニュースのコメント欄について、立教大の木村忠正教授とYahoo!ニュースが共同で分析した結果が報じられた。嫌韓・嫌中の言説がはびこる現状が浮かびあがるとともに、「1週間で100回以上コメントを投稿した人が全体の1%いた。この1%の人たちの投稿で全体のコメントの20%が形成されていた」という事実が注目されている。

つまり、この1%について対策すれば現状が改善されるように思える。だが、Yahoo!ニュースの場合、そう一筋縄ではいかないという分析結果もある。

立教大学で木村教授と同じ研究グループに所属するチョウ・キョンホ氏の「インターネット上におけるコリアンに対するレイシズムと対策の効果」(『応用社会学研究』2017年第59号)は、同じルートで入手した別の期間のデータを利用し、とくにコリアンに関するコメントに的を絞った分析を行った。

その結論は、大量に投稿する一部のヘビーユーザーがヘイトスピーチの常連であることは間違いないが、そのような大量投稿者のヘイトコメントのうちの少なくないものはすでに運営側によって削除されているのが現状で、ヘビーユーザーを中心とした対策には、効果があまりないというものだ。

全体の8.3%、常連の15%は削除

2016年7月の2週間に配信された76,012件のニュース記事と245,536人による3,129,588件のコメントを分析した同論文ではまず、「コリアンに関するコメント」として、コメント本文に「在日」「韓国人」「朝鮮人」「チョン」のいずれかを含むものを抽出した(35,834件、投稿者は11,496人)。

ここでもコメントの25%は全投稿者の1%にすぎない114人の投稿者によって投稿されていた。だがこの論文において重要なのは、コリアンに関する悪質なコメントへの対策の効果が分析されていることだ。

Yahoo!ニュースのコメント欄においては、「禁止語」使用などの理由から運営側が削除の判定をし、実際に削除しているが、コリアンに関するコメントについてみると、全体の8.3%が削除されている。

また前述したように投稿コメント数が投稿者によって大きく偏っているため、同論文では1人当たりコメントが多い層から「最上位1/4」「上位1/4」「下位1/4」「最下位1/4」にわけて分析しているのだが、この層別に見ると、「最上位1/4」の削除率が他の層に比べて15%と著しく高い(とくにこの層の「侮辱語」コードに該当するコメントの削除率は22.2%にのぼる)。

ライト層もコリアンには否定的

だがYahoo!ニュースのコメント欄では、「そう思う」の赤ポチがつくほど上に表示され、閲覧者の目に触れる。「そう思う」がつくのは、先の層別で見ると「最下位1/4」「下位1/4」「上位1/4」「最上位1/4」の順だ。つまり、ライトユーザーのコメントほど多くの人々の賛同を得て、人々の目に触れていることになり、ヘビーユーザーのヘイトコメントは仮に削除されなくても人目につかない。

なお、コリアンに関するコメントのうち1,000ケースを無作為抽出し、当該コメント内容のコリアンに対する態度をポジティブ、ニュートラル、ネガティブの3タイプに分類したところ、ネガティブな態度を示すものが9割近くにのぼる一方で、ポジティブな態度を示すものはきわめて低かった。

先ほどの層別に見ても、「最下位1/4」のライトユーザーであってもネガティブが77.7%という高い数字で、ポジティブは0.7%にすぎない(ちなみに「最上位1/4」のネガティブは94.9%。下位に行くほど下がってはいく)。

つまり、ヘビーユーザーの悪質なコメントをいくら削除しても、ライトユーザーが広くコリアンへのネガティブな態度を共有している限り、効果的な対策を探るのが困難なのが現状だ。

民間、そして国や行政も対策を

被害当事者でもある筆者の立場からすると、ライトユーザーこそが元凶だという指摘には暗い気持ちにならざるをえない。だが同論文によれば「コリアンに関するコメント」の8.3%、ヘビーユーザーについては15%が削除されているのだから、運営側がただ手をこまねいているわけではないのはわかる。何よりも、専門家らとこのような共同研究を実施していること自体が、対応に苦心していることの証左だろう。

来月、ヘイトスピーチ解消法成立から1年を迎える。Yahoo!をはじめとしたネットメディアにはさらなる研究と対策を期待しつつ、国や行政によるより抜本的な施策を求めていきたい。

韓東賢
日本映画大学准教授(社会学)

はん・とんひょん 1968年東京生まれ。大学まで16年間、朝鮮学校に通う。卒業後、朝鮮新報記者を経て立教大学大学院、東京大学大学院で学び、現職。専攻は社会学。専門はナショナリズムとエスニシティ、マイノリティ・マジョリティの関係やアイデンティティの問題など。主なフィールドは在日外国人問題とその周辺、とくに朝鮮学校とそのコミュニティの在日朝鮮人。最近は韓国エンタメにも関心。著書に『チマ・チョゴリ制服の民族誌』(双風舎,2006 *現在は電子版発売中)『平成史【増補新版】』(共著,河出書房新社,2014)『社会の芸術/芸術という社会』(共著,フィルムアート社,2016)など。
  


Posted by いざぁりん  at 01:32
ネット内は、ネトウヨが多数派。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170429-00027202-hankyoreh-kr
(以下は、コピーです)
ハンギョレ新聞 4/29(土) 7:01配信

日本“嫌韓”がこれほどだとは…侮蔑コメントの8割が“韓国”関連

2013年、東京のコリアタウンである新大久保で行われた嫌韓デモ。排外主義的発言に対する批判により出版物やデモでの嫌韓は最近大幅に弱まったが、日本のインターネット空間には嫌韓と嫌中の文があふれている=資料写真

立教大-ヤフー共同調査

 日本のインターネットニュースのコメントのうち、侮蔑的なコメントの8割を韓国関連が占めているという調査結果が出た。

 ネットワーク社会論を研究する立教大学の木村忠正教授とインターネットポータル企業のヤフーが共同で調べたところ、韓国と中国に対する排外主義的なコメントが多かったという結果が出たと朝日新聞が28日伝えた。

 木村教授とヤフーは、ヤフージャパンで2015年4月の1週間に配信された政治・社会分野の記事1万件と、そこに付けられたコメント数十万件を分析した。コメントにしばしば登場する単語を見ると、1位から3位までが日本、韓国、中国だった。韓国、朝鮮など韓国に関連した単語を含むコメントは全体の20%に達し、中国関連まで合わせれば25%に達した。このうちの多数は“嫌韓”や“嫌中”意識が濃厚なコメントだった。特に、侮蔑的コメントだけを見れば、全体の80%は韓国関連だった。

 今回の分析で1週間に100回以上コメントをした人が全体の1%いたが、その1%が付けたコメントがコメント全体の20%を形成していた。一方、頻繁に投稿しない人のコメントにも嫌韓や嫌中の言葉が含まれていた。

 朝日新聞は、日本の出版界で10年ほど前から相次いで出された嫌韓出版物は、2015年ごろには差別的言説への批判や意識が高まり下火になったが、ネット空間では排他的な言葉が依然として飛び交っていると伝えた。今回の研究を進めた木村教授は新聞に「日米欧に共通するのは、少数派や弱者に対するいらだちだ。底流には自分たちは多数派なのに、利益を享受していないという不満がある。ネットニュースへのコメントには、こうした社会心理が表れている」と話した。
  


Posted by いざぁりん  at 01:32
こちらです。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170429-01815461-nksports-soci
(以下は、コピーです)
 橋下徹前大阪市長が29日、北朝鮮のミサイル発射を受け、ツイッターを更新し「トランプ氏と金正恩とのチキンレース(我慢比べ)を止めることができるのは、安倍首相しかいない」「一時沸き起こる弱腰批判に耐えてでも、トランプ氏にチキンレースを止めさせるべき」と訴えた。

 橋下氏は韓国・ソウルに滞在中とみられ、この日の朝の状況を「皆、普通」ともツイート。「ソウル市民は、北朝鮮のミサイル発射実験を脅威に感じていない。アメリカの攻撃による北朝鮮の暴発だけを脅威に感じている。ワシントンや永田町だけで判断すると間違う。トランプ氏も安倍首相もいったんクールダウンすべきだ」とした。

 また、「今回のチキンレースでは北朝鮮の勝ちだ。政治家はメンツにこだわるべきではない。いったん負けを認めて次を考えるべき」とも記している。  


Posted by いざぁりん  at 01:31
こちらです。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170430-00000052-sph-soci
(以下は、コピーです)
 ゴールデンウィーク初日に、日本国内がミサイルに脅かされた。北朝鮮は29日午前5時半ごろ、内陸部の平安南道北倉付近から北東方向に弾道ミサイル1発を発射した。米メディアは政府当局者の話として、発射されたのは新型中距離弾道ミサイル「KN17」とみられると報道。ミサイルの正体はよく分かっておらず、飛距離が約50キロだったのも実験失敗と意図的な飛距離抑止との双方の見方があるが、米朝間の緊張がさらに高まったことは確実だ。

 「Xデー」とも言われた25日が何事もなく過ぎ去ったのもつかの間、最大9連休となるゴールデンウィークを迎え、各地に繰り出そうとしていた人たちをヒヤリとさせる“謎のミサイル”発射が実行された。

 米太平洋軍や韓国軍などによると、米軍が「KN17」と呼ぶミサイルは高度約70キロまで上昇。数分間飛行した。聯合ニュースは空中で爆発したと報じたが、日本政府は約50キロ飛行し、北朝鮮内陸部に落下したとの見方を示して、厳重抗議した。

 KN17の性能などについては、詳細なデータがなく、北朝鮮が保有する新型兵器とみられている。北朝鮮のミサイル発射は今月に入り5、16日と行われており、16日に東部新浦から発射され、4~5秒で爆発したとされるミサイルもKN17だったと伝えられた。

 米専門家や韓国メディアは、KN17は今月15日の故・金日成主席の生誕記念日「太陽節」の軍事パレードに登場した、弾頭部分に4枚の羽が付いた対艦ミサイルと分析。移動する標的を追って針路修正する機能を目指している可能性がある。一方で、これがKN17かどうか、懐疑的な見方もある。

 韓国軍は発射は失敗と報道。ただ、今月3回の弾道ミサイルがいずれも飛距離が極端に短かったり直後に爆発したことから、失敗を装った可能性を指摘する防衛省の幹部も。「不自然なくらい失敗続き」なのは米国を刺激しすぎないためと推測する。また、別の幹部は発射地点が最近は使用されておらず、住民に被害が出かねない内陸部だったことに注目。国内のどこからでも発射できると誇示する狙いもあったと指摘し「新しい技術を試そうとした可能性もある」と話した。

 この日、米空母カール・ビンソンは長崎県沖の対馬海峡を抜け日本海入り。一連の発射は、接近に対抗する狙いもあると推測される。海上自衛隊の護衛艦と日本海で共同訓練を実施した後、韓国海軍とも訓練を行った。トランプ米政権は軍事、経済、外交の全方位で圧力を強めているが、北朝鮮が実力行使し、挑発していることから、日米韓は強い警戒感を持っている。  


Posted by いざぁりん  at 01:30
格差社会は、日本も同じです。
https://news.yahoo.co.jp/byline/kohyoungki/20170430-00070434/
(以下は、コピ-です)
金正恩氏の外見を遠慮なくけなし始めた北朝鮮の若者たち

高英起 | デイリーNKジャパン編集長/ジャーナリスト

4/30(日) 9:41

北朝鮮には、「チャンマダン(農民市場)世代」と呼ばれる人々がいる。概ね1990年代半ば以降に生まれた若者たちだ。

かつての北朝鮮では、国家が食べ物や日用品の配給を握り、それをもって国民を支配していた。しかし90年代の大飢饉「苦難の行軍」により配給システムが崩壊。半ばなし崩し的に市場での商売が解禁され、国民は本来なら禁じられているはずの私有財産を蓄えるようになった。

その流れの中で、人々は国家への依存から脱して自律性を強めてきたわけだが、とりわけ「以前の北朝鮮」を知らない若者たちは、年長の世代よりも強い自我を持っているとされる。彼らは国や社会のことよりも、個人の暮らしを大切にし、現状に対しては非常に批判的で、大人たちを慌てさせる場面も少なくない。

(参考記事:金正恩センスの制服「ダサ過ぎ、人間の価値下げる」と北朝鮮の高校生)

米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)によれば、最近中国を訪れた平壌在住の情報筋から、「最近の若者は大胆過ぎる」との言葉が聞かれたという。

若者は中高年層に比べると開放的で、批判精神にも富み、プライベートな場では金正恩党委員長や体制に対する批判も平気でする。もちろん、バレたら大変なことになる。政治犯収容所に送られるか、公開処刑になるかもしれない。

(参考記事:謎に包まれた北朝鮮「公開処刑」の実態…元執行人が証言「死刑囚は鬼の形相で息絶えた」)

もちろん、そのことは若者たちも知っている。そのため、誰かの発言が外に漏れて問題になると、仲間を売った密告者を探し出して徹底的に問い詰め、報復するという。具体的にどのように報復をするかについて情報筋は触れていないが、恐ろしくて二度と密告する気が起きないほどのことをされるようだ。

気になるのは、北朝鮮の若者たちの批判が、いまどこへ向いているかだ。情報筋が説明する。

「当局は、貧富の差がないのが社会主義で、貧富の差が激しい資本主義の国は人の住むところではないと宣伝している。それなのに、国内でも貧富の差が日に日に大きくなっている。これではわが国こそ、もはや資本主義国家ではないかと憤っているのだ」

平安北道(ピョンアンブクト)の情報筋によると、金正恩氏を称える「足取り」(パルコルム)という歌に出てくる「金大将」という歌詞を「キム・トゥンボ」(トゥンボは太った人のことを指す)に変えて歌う若者もいるという。

(参考記事:金正恩氏の「ブタ工場視察」に北朝鮮庶民が浴びせる酷い悪口)

当局は、こうした替え歌問題を深刻に受け止めているようで、国家保衛省は「替え歌禁止令」を出している。

平壌出身で現在は韓国に住んでいる脱北者のイさんは、今時の若者について次のように説明した。

「北朝鮮の人々の中に、社会主義と資本主義の正確な概念を理解している人は多くない。外国からの情報に頻繁に接している若者たちは、庶民にとって暮らしにくいのは自分たちの国の方だと感じている。そのため、社会主義と資本主義の概念はさておいて、とにかく北朝鮮の体制がいけないのだと、ことあるごとに批判の声を上げるのだ」

その怒りが、金正恩体制をひっくり返すほどに強くなる日が待ち遠しい。
  


Posted by いざぁりん  at 01:30
Posted by いざぁりん  at 01:30