京つう

  イベント  |  伏見区

新規登録ログインヘルプ



この作品には、科学を扱う者への警鐘、原発批判、が含まれていると思いました。
主人公のメアリは、「魔法なんかいらない」と叫ぶのですが、その「魔法」からは、原発やロボットやAIや軍事研究など、こんにち懸念されている科学技術が連想されます。
映画「君の名は」とともに、3.11を忘れないための映画であると思いました。
原発に絡める解釈は、こちらにあります。
http://tyoiniji.hateblo.jp/entry/meari_and_majyonohana_review
映画予告編は、こちらです。
https://www.youtube.com/watch?v=WfCNyIQ6yzU
  


Posted by いざぁりん  at 02:47
風圧の危険について、知っておくべきです。
報道は、こちらです。
https://www.youtube.com/watch?v=wRjJDFhs7nw  


Posted by いざぁりん  at 02:47
妊娠させた者の責任も、問われなければならないと思います。
小学校から大学院まで、妊婦生徒・妊婦学生・妊婦院生の無制限の受け入れが、出来なければなりません。
多様な生き方が、認められなければならないからです。
社会的弱者の問題解決のためには、排除・孤立化ではなく、社会的包摂でなければなりません。
報道は、こちらです。
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=2&id=4669271&from=home  


Posted by いざぁりん  at 02:46
本当は、29.9%よりも低いのだけれども、総理を追い込まないために忖度した数字、29.9%に加工されているのではないかという説が有り得ます。
逆に、追い込んだけれども、少しだけですと言う言い訳説も、成り立ち得ます。
こちらです。
https://www.youtube.com/watch?v=KECODnYbwbo
予算委員会を開いて、かつ、内閣改造をすれば、30%に乗るので、その30%に載せやすい数字としての、29.9%。
そういう忖度も、働いているのかもしれません。

  


Posted by いざぁりん  at 02:46