京つう

  イベント  |  伏見区

新規登録ログインヘルプ



自民党にしては、ましな意見です。
しかし、間違った意見です。
73条への自衛隊書き込み案は、行政組織は当然に行政権の下にあるので、書く意味がありません。
73条へ書き込んでも、自衛隊違憲説、自衛隊違憲判決は、出ます。
従って、無駄にしかならないので、73条への書き込み案は、間違った案、間違った意見、です。
報道は、こちらです。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181102-00000060-mai-pol
(以下は、コピーです)
 山本幸三元地方創生担当相は2日、憲法9条改正について「9条改正の前に戦争回避の議論が先決」として不要だとする考えを明らかにした。安倍晋三首相が9条改憲を掲げるなか、首相とも近い自民党の閣僚経験者が不要論を展開した。

 毎日新聞ニュースサイトの「政治プレミア」に寄稿した。

 山本氏は、9条1項と2項を維持して自衛隊を明記する案、9条2項を削除する案のいずれも「自衛隊はどこまで出かけるのかという議論が噴出し、国民の理解と支持が高まっている自衛隊が翻弄(ほんろう)され、怨嗟(えんさ)の的になる」と懸念。9条については新条創設も含め一切手を付けるべきではないと主張した。

 自衛隊の文字を憲法に書き込みたいのならば、自衛権の範囲などの議論を起こさないよう憲法73条(内閣の職務)に「自衛隊を指揮・監督すること」と「そっと書き込むことで十分」と提案した。

 自衛隊を憲法に明記しても戦争に勝てるわけではなく、9条2項を削除して他国と同じ軍事力を持っても戦争は回避できないとも強調した。

 山本氏は首相の経済政策を強く支持し、「アベノミクスを成功させる会」も主宰している。  


Posted by いざぁりん  at 00:40
「9条改正では戦争は回避できない」というのは、その通りです。
9条があるのに戦争している、というのが、現実ですから。
報道は、こちらです。
https://mainichi.jp/premier/politics/articles/20181101/pol/00m/010/002000d  


Posted by いざぁりん  at 00:38
安倍色を払拭すれば、石破色になります。
安倍色と石破色、いずれも、軍国主義復活ですので、危険です。
安倍色払拭での全国行脚について、総理は、どう思っているのでしょうか?
自民党内で、議論がまとまっていないことが、露呈したことになります。
下村氏は、「『自衛隊は国民の9割が認めており、合憲化させるべきだ』と改憲の必要性を訴えた」とのことで、国民も、自衛隊のソフト路線&災害救助路線に騙されて、自衛隊を肯定しているから、憲法改悪の場面で、上げ足を取られるのです。
自衛隊は、違憲です。
自衛隊を、直ちに廃止しなければなりません。
報道は、こちらです。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181103-00000046-asahi-pol  


Posted by いざぁりん  at 00:38
自身の所属する政党の、党内手続きを経ないものを、しかも行政府の長が国会に出すことは、ダメです。
報道は、こちらです。
https://mainichi.jp/articles/20181102/k00/00e/010/267000c?inb=ys  


Posted by いざぁりん  at 00:37
自衛隊が憲法に明記されて、戦争が始まって、自衛官の父親が死んだ方が、その子供に違憲性を批判されるよりも、可哀そうです。
自衛隊には、いじめがあり、日報改竄があり、非正規雇用が多く、退職時期も早く、低学歴のままにされ、つまり、ブラック企業なので、そうした視点からも、自衛隊の隊員は、可哀そうです。
自衛隊を、直ちに廃止しなければなりません。
報道は、こちらです。
https://mainichi.jp/articles/20181003/dde/012/010/006000c
  


Posted by いざぁりん  at 00:36
総理の改憲発言は、違憲です。
憲法が、「(憲法とは)国の未来、理想の姿を語るものだ」とする、総理独自の憲法解釈(珍説です)も、違憲です。
総理には、そもそも、憲法学の知識がありません。
そのような人物に、憲法を語る資格が、有るのでしょうか?
報道は、こちらです。
https://mainichi.jp/articles/20181030/k00/00e/010/223000c#cxrecs_s  


Posted by いざぁりん  at 00:34
国会で3分の2があるだけでは、改憲はできません。
そして、国民を激しく分断する形での改憲も、できません。
もちろん、日本国憲法の三大理念を変更する改憲は、できません。
報道は、こちらです。
https://mainichi.jp/articles/20181026/k00/00m/010/171000c
(以下は、コピーです)
(伊吹氏の発言)「新憲法制定を綱領で言っている党に属し、(与党で)3分の2(の議席)を持っているのに一体何をしてるんだ、という焦燥感が安倍晋三の腹の中にある」と述べて首相をそんたく。「首相が国会に対して言うのはいいのか、という感じはした。内閣には(憲法の)決定権や提出権はない。全て皆さんに委ねられている」  


Posted by いざぁりん  at 00:33
総理は、小学生レベルの社会科の知識を、欠いておられます。
報道は、こちらです。
https://mainichi.jp/articles/20181103/k00/00m/010/122000c#cxrecs_s
(以下は、コピーです)
 安倍晋三首相は2日の衆院予算委員会で、「私が今ここに立っているのは、『立法府の長』として立っているわけだ」と答弁し、直後に「行政府の長」と言い直した。首相が国会で自身を「立法府の長」と言い間違えるのは2007年5月、16年4、5月に続き少なくとも4回目。今回は議場の「あー」という嘆声で気付いてすぐに訂正した。  


Posted by いざぁりん  at 00:32
珍説です。
報道は、こちらです。
https://mainichi.jp/articles/20181101/k00/00m/010/055000c#cxrecs_s
(以下は、コピーです)
 稲田朋美・自民党筆頭副幹事長が10月29日の衆院本会議で、聖徳太子の十七条憲法にある「和をもって貴(たっと)しとなす」を引用して「民主主義の基本は日本古来の伝統」などと主張した。しかし、1400年前の日本にそもそも民主主義という考え方はあったのだろうか。歴史をひもとくと、さまざまな矛盾が浮かび上がる。
  


Posted by いざぁりん  at 00:31