京つう

  イベント  |  伏見区

新規登録ログインヘルプ



くい打ちが、信用できなくなりました。
金儲けのために、安全や人命が軽視されているということです。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151030-00000101-jij-soci
(以下は、コピーです)
東京都江東区は30日、旭化成建材がくい打ち工事をした区内の学校1校でデータ流用の疑いが判明したと発表した。
 関係者によると、同社が3年前に校舎改築工事を行った区立中学校という。区は現地調査の結果、建物の傾きや柱、外壁のひびなどの不具合はなく、現時点で安全性に問題はないと説明している。同社のデータ流用発覚は北海道2、横浜2に続き5件目。
 区によると、同社が過去10年間にくい打ち工事を実施した区有施設は保育園1、小学校4、中学校2の計7施設。区が施工記録などを確認したところ、1校のくい46本のうち2本で同じデータが使われているのを見つけた。
 切り貼りの形跡はなかったが、電流計の波形図や掘削深度、電流量など6種類の数値が完全に一致した。施工日とくいの番号が異なるだけで、いずれかのデータを転用した疑いがあるという。
 区は30日、完全一致はあり得ないとして同社に説明を求めた。現地調査の結果、構造的に問題はないため校舎の使用を続けるとしており、学校を通じて保護者に説明文を配布した。
 旭化成建材がくい打ち工事をした施設は都内で356件。都などによると、横浜市の傾いたマンションでデータ改ざんに関与した社員が担当したのは、事務所と工場・倉庫の2件でいずれも民間の施設。今回の判明分について、区教育委員会の担当者は「実際に流用があったとすれば、別の担当者が関与した可能性がある」と話している。 



Posted by いざぁりん  at 03:02