京つう

  イベント  |  伏見区

新規登録ログインヘルプ



こちらです。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160717-00000075-jij-eurp
(以下は、コピーです)
 フランス南部ニースで80人超が犠牲となったトラック突入テロをめぐり、仏メディアは17日、実行犯のモハメド・ラフエジブフレル容疑者(31)が事件の2週間前から酒をやめていたと伝えた。

 容疑者が離婚や経済的な困窮のために落ち込んでいた可能性も浮上。当局は、容疑者が精神的に不安定な状態に陥り、過激主義に傾倒したとの見方を強めている。

 周辺住民の証言などから、容疑者は宗教への関心が薄く、イスラム教で禁じられているアルコールや豚肉を摂取していたことが分かっている。しかし、仏ラジオ局「ヨーロッパ1」は、容疑者が「不可解なことに事件の2週間前から酒を断っていた」と報道。当局は容疑者が「極めて急速に過激化した」(カズヌーブ内相)とみており、断酒が過激化の兆候を示していた可能性もある。 



Posted by いざぁりん  at 04:17