京つう

  イベント  |  伏見区

新規登録ログインヘルプ



総理は、説明責任を果たさなければなりません。
現時点で、総理は、説明責任を果たしていません。
総理がやるべきことは、声を荒げることではなくて、全事実の開示です。
具体的には、誰が口利きをして、便宜を図ったかを、明らかにすることです。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170227-01784912-nksports-soci
(以下は、コピーです)
 安倍晋三首相は27日の衆院予算委員会で、大阪市の学校法人「森友学園」が開校を予定する小学校の土地取得問題に絡む、昭恵夫人の名誉校長辞任について「本質は、これ以上つつかれたくないからではないか」と民進党議員に指摘され、24日の同委に続き、再び声を荒らげて反論した。

 福島伸享議員が、小学校のホームページから夫人のあいさつ文が削除されたことに関し「怪しげといわざるを得ない」と指摘。すると首相は、気色ばみ、「福島議員は怪しいと言ったが、ホームページから(夫人のあいさつ文を)消したのは、私でも妻でもない。そういうレッテル張りはやめましょうよ。印象操作を、一生懸命、一生懸命、一生懸命、一生懸命、されているが、それは何もないんですよ」と、民進党の対応を批判。本来の質問に答えるよう指摘されると、「それくらいは反論させていただきますよ」と、いらだった様子で答えた。

 福島氏は、「レッテル貼りというが、総理は、レッテルを貼られているような被害妄想を持っている」と指摘した。

 首相は、今井雅人議員に対しても「疑惑、疑惑というが、私も妻も一切(土地取引などに)関わっていない。それを疑惑と言うなら、今井さんも職をかけてほしい」と、反論した。

 今井氏は、海外の主要メディアが今回の問題を報じている現状に触れ、「幼稚園の人権と詐欺スキャンダルにリンクしている総理夫人」という見出しを付けた新聞もあると指摘。「国益を損ねている。私はこの取引に総理夫妻が関与しているとは思っていないが、道義的には責任があると思う」と道義的な責任を指摘すると、首相は「報道(している行為)は事実でも、(見出しの)中身は事実ではない。事実ではない報道を前提にされても、答えようがない」と答えた。



Posted by いざぁりん  at 17:22