京つう

  イベント  |  伏見区

新規登録ログインヘルプ



こちらです。
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20170328/dms1703281530004-n1.htm
(以下は、コピーです)
「幼稚園も自宅も破産」籠池氏妻も嘆く森友学園の金欠 法曹関係者「学校法人の倒産は珍しくない」

 学校法人「森友学園」の財務状況が厳しさを増しているようだ。証人喚問に出席した籠池泰典氏が、小学校建設で生じた巨額の負債額を明かしたほか、妻の諄子(じゅんこ)氏も、安倍昭恵首相夫人とのメールのやりとりで学園の窮状を訴えている。専門家は「学校法人の倒産は珍しいことではない」と指摘する。

 23日の証人喚問で自民党の西田昌司氏は、森友学園が小学校を建設できるほどの財務状況になく、安倍晋三首相の名前を使って寄付金を集めていた疑いがあると迫った。

 証人喚問での籠池氏の発言などによると、総資産は10億円程度とみられるのに対し、負債額は17億~18億円で、このうち幼稚園関連は3億円程度だという。小学校建設に関する負債が重くのしかかっている様子がうかがえる。

 ある経営コンサルタントは「森友学園の昨年度の利益金は1000万円あまり。小学校開講後の経営計画が崩れて投資額の回収が困難になった以上、経営の存続は相当厳しくなっている」と分析する。

 小学校の建設費用をめぐっては、金額の異なる3種類の契約書があったことが分かっているが、施工業者は大阪府に対し、「約15億5000万円が正しい」としたうえで、「これまで約5億円しか受け取っていない」と証言した。この施工業者は、学園が運営する幼稚園の土地・建物や保育園の土地を仮差し押さえしている。

 弁護士の高橋裕樹氏は「仮差し押さえとは、債権者が債務者に資産を勝手に処分させないように、またほかの債権者に資産を取られないよう、裁判で判決が出るまで仮に差し押さえることをいう。判決が出るまで債権者は売却することはできない」と解説する。

 既存の幼稚園運営も厳しさを増している。関係者によると、退園者や入園辞退者が続出し、4月から運営できるか不透明な状況だという。副園長を務める籠池氏の妻、諄子氏は、安倍昭恵氏とのメールのやりとりのなかで「私学審議会が通らなかったら幼稚園も自宅も破産です」(2月28日)などと発信していることも明らかになっている。

 前出の高橋氏は、「学校法人の倒産は珍しいことではない。裁判所が破産申し立てを受理すれば、裁判所から選任された弁護士が破産管財人となり資産の整理を行った上で、金融機関や学校を建設した施工業者などの債権者に分配する流れが一般的だ」と説明する。

 通園に支障が出る場合、園児や保護者も被害者となるが、高橋氏は「保護者らが債権者として十分な損害賠償を受けられる可能性は低いだろう」という。

 高橋氏は「学校法人の代表者が連帯保証人になっていた場合、代表者個人も破産をし、財産を処分されてしまうことになる」とも話している。

 学園は苦境から脱することができるのか。



Posted by いざぁりん  at 00:04