京つう

  イベント  |  伏見区

新規登録ログインヘルプ



こちらです。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170428-00000128-mai-int
(以下は、コピーです)
中国が北朝鮮に「6回目の核実験を行えば独自制裁を科す」と通告していたことが27日、明らかになった。ティラーソン米国務長官が中国側から伝えられた話として、米FOXテレビのインタビューで語った。中国はこれまで、国連安全保障理事会の決議に基づかない各国の独自制裁に反対しており、異例の対応で北朝鮮に自制を迫ったといえそうだ。

 また、トランプ米大統領は27日、ロイター通信のインタビューで、台湾の蔡英文総統が意欲を示している電話協議について「中国の習近平国家主席との間で問題を作りたくない」と否定的な見解を示した。トランプ政権は当面、北朝鮮への圧力強化に向けた中国の取り組みを見守る方針で、それを象徴する発言といえる。

 一方で、トランプ氏は「(北朝鮮と)大きな軍事衝突が起こる可能性は当然ある」とも警告。北朝鮮に挑発行為の自制を求めると同時に、中国に北朝鮮への一層の影響力行使を促した。

 中国外務省の耿爽(こう・そう)副報道局長は28日の定例記者会見で、ティラーソン氏の発言の真偽を問う質問に「仮定の問題には答えられない」としつつ、「我々は国連安保理決議違反のいかなる行為にも反対する」と強調し、中国が圧力を強めることを示唆。一方で「対話による解決が唯一の正しい道だ」と従来の立場も強調した。トランプ氏が蔡氏との電話協議の可能性を否定したことについては「台湾は米国の反応に注意を払うべきだ」と歓迎した。



Posted by いざぁりん  at 01:45