京つう

  イベント  |  伏見区

新規登録ログインヘルプ



こちらです。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170905-00050966-jbpressz-soci&p=3
この人、我が国では、私的制裁が禁止されていることを、知らないのでしょうか?
この人、東大教員でありながら、体罰肯定論者。
この人、「日頃、私のコラムを読んでくださっている方の中には『伊東が体罰容認。何かの間違いでは?』と思われるかもしれません」、と、自らが体罰肯定論者であることを、実名で名乗り出ています。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%8A%E6%9D%B1%E4%B9%BE_(%E4%BD%9C%E6%9B%B2%E5%AE%B6)
この人、子供に手をあげることが少ない時代になったと言っていますが、それでは、しつけと称して実行される児童虐待の多さを、どう説明するのでしょうか?
この人、「こういうこと(言葉の暴力、および、実際の暴力)がなければ、私は誓って言えますが、芸術家を育てることはできません」と主張しています。
こんにち、怒らず叱らず全国金、という高校吹奏楽部もあるのに。
暴力が無ければ、芸術家が育たないならば、芸術家を育てることは、辞めてしまえばいいのです。
体罰は、いかなる理由があれど、犯罪です。
いかなる、体罰ソフト化の工夫がされていても、犯罪です。
ソフトな体罰であれば許される、ということにななりません。





Posted by いざぁりん  at 08:23