京つう

  イベント  |  伏見区

新規登録ログインヘルプ



いやいや。
愛があれば体罰が許されると、誤解しているのは、世界的体罰勝者・日野皓正と、被害者中学生と、その父親です。
愛があれば、学校教育法11条・体罰禁止の適用を免れる訳ではありません。
愛があれば、刑法208条・暴行罪の適用を免れる訳ではありません。
愛により和解していれば、問題が解決している訳ではありません。
当事者親子と、世界的体罰奏者・日野皓正氏にこそ、誤解があるのです。
当事者親子と、世界的体罰奏者・日野皓正氏は、①事件を起こした上に、②世間を体罰肯定に導くという、二重の意味での罪を犯したのです。
話をややこしくしているのは、メディアではなく、当事者3人、なのです。
報道は、こちらです。
https://www.youtube.com/watch?v=KbUdSsosm54



Posted by いざぁりん  at 22:29