京つう

  イベント  |  伏見区

新規登録ログインヘルプ



昔の曲の場合、そういうことは、よくありますね。
「モーツァルトの子守歌」も、モーツァルトの作曲ではありません(正しくは、オーストリアの作曲家ベルンハルト・フリース作曲「子守歌」。「フリースの子守歌」、と言えば正確です)。
http://www.worldfolksong.com/classical/mozart/wiegenlied.html
アルビノーニについては、こちらです。
http://www.muramatsuflute.com/shop/c/c10020601/
(以下は、コピーです)
「アルビノーニのアダージョ」はアルビノーニの作品ではありません。「バロック名曲集」には必ずと言っていいほど収録されているこの名曲、以前は残されたアルビノーニの作品の断片を基に音楽学者レモ・ジャゾットが復元した作品という触れ込みで出版・演奏されていました。しかし、今では完全にジャゾットの創作だということが分かっています。ジャゾットがアルビノーニの研究家だったことが、この“逸話”の信憑性を高めてしまったのかも知れません。



Posted by いざぁりん  at 00:29