京つう

  イベント  |  伏見区

新規登録ログインヘルプ



こちらです。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150702-00000084-spnannex-ent
(以下は、コピーです)
SB工藤監督が初告白 ダイエー残留署名17万人に感謝の手紙

プロ野球・ソフトバンクの工藤公康監督(52)が4日に放送される関西テレビ「ヒルスパ! 拝啓○○様」(後3・00、関西ローカル)に出演。現役時代、ダイエー残留の署名活動を行ったファン17万人に感謝の手紙を送った秘話の“真相”と心境をテレビ初告白する。

【写真】現役時代の「47」を背負いマウンドに登場したのは…

 名古屋電気高校(現愛知工業大学名電高校)から1981年のドラフト6位で西武入り。82~94年、日本シリーズMVP2回、最優秀防御率3回、最高勝率3回など輝かしい成績を残し、西武の黄金期を支えた。

 95年、当時のダイエーに移籍。99年には4回目の最優秀防御率を獲得し、ダイエーの福岡移転後初のリーグ制覇に大きく貢献。MVPに選ばれた。

 99年オフ、フリーエージェント(FA)宣言し、巨人への移籍が決定。この時、工藤のダイエー残留を願うファンが署名活動を行い、17万3000人もの署名が集まった。その後、ファンの元に工藤のサインが記されたメッセージ入りの手紙が届く。工藤は署名に参加したファンに全員に手紙を送り、感謝の気持ちを表したのだった。17万通、住所と宛名はすべて手書き。全員に手紙を送るのには約7年間かかったという。

 工藤監督は当時、ダイエーファンに直接、何の話もできず。それでも、ファンの気持ちに対して気持ちで応えたいと思っていたという。雅子夫人に相談したところ「皆さんに手紙を出せたらいいよね」と提案され、決意。手紙を送った後、野球教室などで九州を訪れた際、ファンから「届きました!」「本当にみんなに送ったんですか!?」などとたくさん声を掛けられ、うれしかったという。

 巨人ファンのことを思い、この手紙のことは公言していなかった。今季から“古巣”の指揮を執り、当時の心境をテレビ初告白。番組のインタビューに「こんなにたくさんの署名してくれた人たちに何年かかっても返事を書こうと思いました」「忘れないでいてくれた人たちに、少しでも報いられるよう、そんな野球がやりたいと思っています」と語った。

 関西テレビの加藤麻衣プロデューサーは「16年ぶりに指揮官として福岡に戻られたこのタイミングだからこそ実現した今回の企画。17万通と口で言うのは簡単ですが、なかなか実行できることではありません。“何年かかっても書く!”と手紙を書き続けた工藤監督のファンを大切にする姿勢に脱帽しました」と話している。  


Posted by いざぁりん  at 23:41
その通りです。
安保法制に賛成の方は、自衛隊に入隊されると良いのです。
http://www.bengo4.com/other/1146/1307/n_3311/
(以下は、コピーです)
梅雨の長雨が途切れた6月27日午後、東京・渋谷のハチ公前広場を、安保法制に反対する人たちが埋めつくした。10代・20代の学生を中心とした自由と民主主義のための学生緊急行動(SEALDs)が呼びかけた「戦争法案反対」の街宣活動。「憲法をまもれ!!」「戦争立法絶対反対」「戦争させない」など、様々なプラカードを掲げた老若男女が、若者たちの言葉に耳を傾けた。


SEALDsのメンバーは次々に街宣車の上に登壇。マイクを握って「憲法違反の法律は、いくら議論したって憲法違反なんだよ!普通わかれよ!」「へらへらと議論して、自衛隊の人たちを戦地に送るつもりか!」などと叫び声を上げた。聴衆たちは「そうだー!」「頼むぞ!」と声援を送っていた。


SEALDsメンバーの佐竹美紀さん(23)は次のように、安保法制に反対する理由を述べた。


「この国の平和と国民の命を守るために、友人やそのまた友人が戦地に行くことに、私は耐えられません。やられたらやり返す、やられる前にやる。そんな報復合戦に参加し、これから先も誰かの犠牲の上に自らの平和が成り立っていくことに私は耐えられません。私たちの憲法は先進的ですばらしいものだと信じています。徹底して武力行使をしないことこそが、世界の平和と安全を形作ると信じています」


そして、戦争を止められるのは日本国民自身だとして、聴衆に向かって次のように呼びかけていた。


「過ちは繰り返さないと、70年前の犠牲者に私たちは誓ったはずです。私たちなら止められる。私たちが止めるんです。2015年6月27日、私は戦争法案に反対します」
  


Posted by いざぁりん  at 01:23
政府による、ネットいじめです。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150629-00000028-wow-kr
(以下は、コピーです)
韓国兵務庁は29日、正当な理由もなく兵役義務を忌避した人物の人的事項が来月からインターネットに公開されると明かした。

 兵役忌避者として公開対象となる人物は、入隊時期になっても帰国せず、海外に違法滞在している場合、正当な事由もなく決まった日程に徴兵検査を受けない場合、現役兵入営通知書を受けても応じない場合などだ。

 兵務庁は兵役忌避者の姓名、年齢、住所、兵役忌避日時、要旨などを兵務庁のウェブサイトに公開する予定だ。

 兵務庁関係者は「今回の制度により、誠実な兵役履行の定着と拡散に繋がると見ている」と述べた。
  


Posted by いざぁりん  at 01:22
世の中の全ての人が、兵役を拒否すべきです。
http://www.amnesty.or.jp/news/2015/0515_5340.html
(以下は、コピーです)

良心に従って兵役につくことを拒否した若者ら数百人が投獄されているのは不当であり、韓国政府当局は、こうした投獄をやめるべきである。アムネスティ・インターナショナルは5月13日、良心にもとづく兵役拒否者に関する報告書を公開した。この報告書の中で、武器を取ることをよしとせず、兵役を拒否して投獄された韓国の若者たちが受けている厳しい現実を詳述した。

北朝鮮との間で張りつめた緊張が続く中で、同国の男性は兵役を義務づけされており、ほとんどの場合20歳代初めに徴兵される。兵役期間は21~24カ月で、この期間を満了すれば、予備役として軍務に、8年間、年最大160時間就くことを求められている。

「良心的兵役拒否者に対する代替服務制度を導入すれば、国の安全保障が脅かされ、社会的結束が揺らぎかねない」と政府は主張しているが、国連機関はこの考え方をたびたび否定してきた。

投獄と罰金

韓国は諸外国と比べて、兵役拒否を理由に投獄する件数が多い。現在少なくとも600人が収監されていて、そのほとんどが20~24歳だ。拒否する理由のほとんどは、宗教もしくは平和主義の考え方に基づく。

最初の兵役を拒否すると3年以下の実刑に処せられる。予備役を拒否しても重い罰金が科せられる。

敵意と苦難

多くの兵役拒否者にとって、投獄や罰金は、厳しい試練のはじまりに過ぎない。兵役は、社会的に愛国的義務と考えられている。背景には、朝鮮半島の治安情勢がある。兵役義務を果たさない男性たちは、裏切り者の烙印を押されることが多い。

経済情勢の厳しさが増し若者は深刻な就職難に直面しているが、兵役拒否は犯罪歴として残るため採用を拒否されることが多く、2度処罰を受けるようなものだ。

この犯罪歴があるために、政府系機関の多くは良心的兵役拒否者を雇用しない。主要な民間企業は、採用に際し、就職希望者に兵役の詳細説明を求めるのが通例だ。

代替服務規定

兵役に替わる正当な制度がないために、若い男性は国に奉仕する機会を奪われている。

2007年に、韓国国防部は、「2009年までに、良心的兵役拒否者のための代替役務規定を導入する」と発表した。だが、2008年2月の大統領選挙後、政府は国民の支持が得られないことを理由に、この計画を無期限に保留すると発表した。

国際法では、すべての人には、刑罰などの罰を受けることなく、良心もしくは個人的な強い信念を理由に兵役を拒否する権利が認められている。

アムネスティは、韓国政府に以下を要請する。
• 良心的兵役拒否者が、懲罰を目的としない、あくまで非軍事的性格の、適切な代替役務に就くことができる規定を設けること。
• 良心に従って兵役を拒否したために投獄されているすべての人たちを即時、無条件に釈放すること。
• 良心的兵役拒否者全員の犯罪記録を抹消し、相当額の賠償金を支払うこと。

アムネスティ国際ニュース
2015年5月13日
  


Posted by いざぁりん  at 01:21
こちらです。
http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPTYE97R06N20130828
(以下は、コピーです)

韓国・水原の裁判所は7月、兵役義務を拒否したとして、21歳の男性に禁錮18月を言い渡した。被告は世界で約800万人の信者がいるとされるキリスト教の一派「エホバの証人」の信者だ。

Im Chang-jo被告は裁判で、「良心に従うことは私にとっては名誉なこと。エホバの証人が別のことで奉仕することを国はできるだけ早く認めてほしい」と訴えた。

6月の国連人権理事会の報告書によると、韓国では兵役拒否で収監されているエホバの証人の信者は約670人。「良心的拒否」で収監されたケースは、全世界の中で同国が93.5%を占めているという。

Im被告の母親Kwon Young-soonさんは、被告の兄Bosukさん(32)も兵役を拒否して裁判に至ったことを踏まえ、「末っ子には同じことが起こらないでほしいと願っていた」と涙ながらに話した。

Bosukさんは、前科があり兵役拒否という不名誉な烙印を押されたことで、希望する職に就くことができなかったと考えている。最終的には父親の会社で働くことを選んだ。

韓国兵務庁によると、2004年─13年半ばまでの期間で、宗教的・道徳的理由で兵役を拒否した男性は6090人。その93%が禁錮刑を受け収監された。

ただ、良心的拒否に対する世論の反応は厳しく、韓国国防大学のKim Byung-ryull教授は「良心は義務を回避する便利な言い訳にすぎない」と批判する。

判決前、Im被告はロイターに対し、「われわれが行っていることは、ガンジーのような非暴力的な抵抗だ。痛みを伴うが、最終的には意義深いこと」と述べ、判決を冷静に受け止める姿勢を示していた。
  


Posted by いざぁりん  at 01:20
自民党は、報道統制が正しいことだと考えるのならば、まずは、正々堂々と国民に説明しなければなりません。
http://digital.asahi.com/articles/ASH6X5QSHH6XUTFK001.html
(以下は、コピーです)
 安倍晋三首相に近い自民党議員でつくる勉強会で、沖縄の地元紙を含む報道機関を威圧する発言が出ていた問題をめぐり、自民党執行部は勉強会の代表者らを処分したことで早期の幕引きを図る。ただ、党内では「恐怖政治だ」との不満がくすぶり始めたほか、野党も国会で引き続き追及する方針。余波は今後も続きそうだ。

 「軽率な議論で自民党の姿勢に誤解を与えた。まことにけしからん事件だ。申し訳なかった」

 自民党の谷垣禎一幹事長は28日のNHK番組で、25日の「文化芸術懇話会」に出席した議員が「マスコミを懲らしめるには広告料収入がなくなるのが一番」と発言したり、講師に招かれた作家の百田尚樹氏が「沖縄の二つの新聞社は絶対につぶさなあかん」などと述べたりしたことについて陳謝した。

 自民党は27日、懇話会代表の木原稔・党青年局長を1年の役職停止に、問題発言をした議員3人を厳重注意とした。28日に秋田市で講演した菅義偉官房長官は勉強会問題には触れず、安保関連法案について「今国会で何としても成立させていただきたい」と訴えた。

 党内には、勉強会の発言について「面白かった」と賛同する声がある一方、閣僚経験者の一人は「同じ自民党として恥ずかしい」と批判する。さらに、党内で主立った政権批判は出ていないものの、安倍首相(党総裁)や谷垣氏らの判断で代表者更迭などとした対応には不満の声が上がりはじめた。

 ある派閥領袖(りょうしゅう)の一人は党幹部に「木原氏が発言したわけでも、発言を促したわけでもない」と抗議。首相に近いベテラン議員も「処分すると責任を認めたことになる。一気呵成(いっきかせい)に更迭するのは問題だ」と話す。

 また、党執行部は問題発言に過敏になり、若手議員の番組出演にまで締め付けを強める。27日未明放送のテレビ朝日の討論番組「朝まで生テレビ!」では、出演を決めていた複数の議員を呼び出し、出ないよう指示。議員は「日程の調整がつかない」という理由で出演をとりやめた。これに対し、党三役経験者は「圧力だ」と批判。閣僚経験者の一人は「恐怖政治だ」と指摘する。

 野党は攻勢を強める。28日のNHK番組で、民主党の福山哲郎幹事長代理が「トカゲのしっぽ切りではまったく収まらない」と批判。民主は勉強会の発言内容に関して謝罪を拒む安倍首相を追及する方針だ。安保関連法案を審議する衆院特別委員会は7月6日に沖縄県で参考人質疑を開く。民主幹部は「問題はまだ終わらない」と話す。
  


Posted by いざぁりん  at 01:20