京つう

  イベント  |  伏見区

新規登録ログインヘルプ



同時降板は、非常に不自然です。
政権からの圧力、政権の意向を忖度させるという圧力、が働いたのでしょう。
http://bylines.news.yahoo.co.jp/usuihiroyoshi/20151225-00052806/
(以下は、コピーです)
12月24日、『報道ステーション』(テレビ朝日系)の古舘伊知郎キャスターが、来年3月末で降板することを発表した。番組はタイトルを変更せずに継続され、キャスターのみが交代する形だという。

同日夕方、新聞社からの取材を受け、以下のような内容の話をさせていただいた。

「NHK『ニュースウォッチ9』の大越健介キャスターに続き、古舘さんも降板。安倍政権は2015年のうちに面倒なことを一気に片付けることができて、“年末大掃除完了!”と喜んでいることでしょう。残るはTBS『NEWS23』の岸井成格さんくらいですか。とにかく、古舘さんのことを官邸が快く思っていないことくらいテレ朝は分かっているので、ホッとしていることは間違いありません」

そして一夜明けた25日、「残るは『NEWS23』の岸井さんくらい」と言ったばかりの岸井氏が、古舘氏と同様、来年3月末に降板との報道があった。もしこれが事実なら、安倍政権の“年末大掃除”は、いよいよシャレでは済まなくなる。

●異様な意見広告

11月の中旬、紙面全体を使った意見広告が読売新聞と産経新聞に掲載された。題して「私たちは、違法な報道を見逃しません」。

広告主は「放送法遵守を求める視聴者の会」という団体で、『NEWS23』のキャスター、岸井成格氏(毎日新聞特別編集委員)を非難する内容だった。

今年9月、参議院で安保関連法案が可決される直前、岸井氏は番組内で「メディアとしても廃案に向けて声をずっと上げるべきだと私は思います」と述べた。意見広告はこの発言を、番組編集の「政治的公平性」の観点から、放送法への「重大な違反行為」に当たると断じていた。

確かに放送法第4条には「政治的に公平であること」や、「意見が対立している問題については、できるだけ多くの角度から論点を明らかにすること」が規定されている。

しかし、それは一つの番組内における政治的公平ではなく、事業者が放送する番組全体のそれで判断されるべきものだ。その意味で、岸井発言は決して“違反行為”などではない。

2つの全国紙に、全面広告を打つ費用は決して小さくはない。個人に対する意見広告というのも異例だ。この組織にとって、是が非でも訴えたい内容だったということか。

個人に対する新聞での意見広告というのも異例だったが、それ以上にこの意見広告を目にした時の違和感は、“視聴者(市民)の意見”という形をとりながら、メディアコントロールを強める現政権の思惑や意向を見事に体現していたことだ。

『NEWS23』は、『報道ステーション』と並んで、政権に対しても“言うべきことは言う”姿勢を持った貴重な報道番組だ。その姿勢は、故・筑紫哲也氏がキャスターを務めていた頃と比べて弱まってはいるが、現在も岸井氏が孤軍奮闘で引き継いでいる大事なカラーである。

昨年の11月、同番組に出演した安倍首相は、VTRで紹介された街頭インタビューで自身にとって厳しい意見が流れると、生放送中にも関わらず「これ、ぜんぜん(国民の)声を反映していませんが。おかしいじゃないですか」と抗議した。そうした経緯も、この異様な意見広告で思い起こされた。

また、この広告が出た時期も絶妙だった。10日ほど前の11月6日に、BPO(放送倫理・番組向上機構)が、『クローズアップ現代』(NHK)のやらせ問題に関して「重大な放送倫理違反があった」とする意見書を公表。この意見書の中で、放送に介入しようとする政府・与党を、「放送の自由と自律に対する圧力そのもの」だと強く批判したのだ。意見広告は、BPOの意見書に対する政権の反感・反発を“代弁”したかのようなタイミングと内容だった。

そして、もう一つ気になっていたのは、この意見広告に対して、TBSがきちんとした反論や抗議を行ってこなかったことである。本来なら、岸井発言についてはもちろん、放送法や報道番組に対する認識を、放送事業者の見解として示すべき事態だった。

そして、いきなり今回の「岸井氏降板」報道である。

●視聴者に対して説明を

現在、政権の露骨なメディアコントロールが続いている。昨年11月の各局報道局長に対する公平中立要請。今年4月、『クローズアップ現代』に関する総務大臣からの厳重注意。自民党情報通信調査会が行った、NHKとテレビ朝日の幹部への事情聴取。また6月には自民党の勉強会で「マスコミを懲らしめるには広告収入がなくなるのが一番。経団連に働きかける」という暴言。さらにBPOの意見書も、政権中枢は真摯に受けとめてはいないことが、いくつかの発言で明らかだ。

テレビ朝日は、そして(岸井氏の件が事実であれば)TBSも、こうした背景と両キャスターの降板が無関係だと言い切れるのか。政権への”恭順”を示すための、トカゲのしっぽ切りではないのか。それは放送の自律や報道の自由を自ら放棄することに繋がらないのか。両局は、視聴者に対して明確な説明を行うべきだろう。
  


Posted by いざぁりん  at 23:03
正しいことを言う人が、次々と、右翼勢力にいじめられています。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151225-00000009-nksports-ent
(以下は、コピーです)
TBS系「NEWS23」でアンカーを務める岸井成格(しげただ)さん(71=毎日新聞特別編集委員)が来年3月いっぱいで同番組を降板することが24日、分かった。13年4月からニュース解説を担当し、メーンキャスターの膳場貴子アナ(40=産休中)を支えてきた。同局系「サンデーモーニング」のコメンテーターを長く務め、同局系の選挙特番の解説も務めてきた。

【写真】報道ステーションのメインキャスターから降板することになった古舘伊知郎氏

 9月16日放送の「NEWS23」で「安保法案は憲法違反であり、メディアとして廃案に向け、声を上げ続けるべき」と発言したことを、作曲家すぎやまこういち氏が代表を務める団体「放送法遵守(じゅんしゅ)を求める視聴者の会」(代表呼び掛け人)が放送法に違反するとして問題視。全国紙に意見広告を掲載し、公開質問状を出す騒ぎになっていた。

 岸井さんの降板についてTBS広報部は「番組の制作過程についてはお答えしていません」としている。  


Posted by いざぁりん  at 10:01
こちらです。
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151224-00010003-jisin-pol
(以下は、コピーです)
「上西議員は今もテレビでウソをつき、言い訳をしていますが、ウソは百遍ついても本当にはならないんです」

‘15年3月13日の衆院本会議を“病欠”。ところがその翌日から秘書と旅行していたことを週刊誌に報じられ、一転して窮地におちいった上西小百合議員(32)。

翌月に維新の党を除名処分になった彼女はこれまで一貫して、自分の正当性を主張。だが、冒頭のような告発を本誌に実名で語るのは、6月まで上西議員の公設秘書を務めていた山本秀一さん。

「国会を欠席したのは“本当に病欠だった”と彼女はくり返し発言していますが、事実とは全く違っています。『嘔吐、下痢、発熱、悪寒が続き、本会議に耐えられる状態ではなかった』というマスコミへの弁明は、すべて私が考えたものなんですよ」

現在、彼女は疑惑もどこ吹く風と、バラエティ番組に出ずっぱり。そんな彼女に、山本さんの怒りは爆発。沈黙を破ることを決心したという。

「実はあの週、上西議員は実に元気でした。3月の11日には東日本大震災の犠牲者追悼式がありましたが、嘔吐や下痢にさいなまれている様子は一切ありませんでした。翌日は、朝から元気に六本木のエステへ、衆議院の公用車で出かけていました。事務所に帰ってきてからは、旅行相手の秘書と楽しそうに電話をしていましたよ」

 そして“疑惑”の当日、山本さんには上西議員から1通のメールが届いたという。

「朝8時半ごろ、“体調不良で17時からの本会議を休むから欠席届を提出しておいて”というメールが届きました。携帯も切られ、議員宿舎の電話も出なかったので、メールを送った時間には既に東京にいなかったようです。ズル休みだったんですよ」

 8月、本誌は上西議員に“医師との結婚歴”があったこと、そして彼女がその結婚を「お金目当てだった」と知人に話していたことを報じた。山本さんも上西議員の“銭ゲバ”ぶりをこう語る。

「本会議欠席騒動の直後に『サンデー・ジャポン』(TBS系)出たときは3万円の出演料でした。国会議員がテレビに出演するギャラの相場としては妥当です。ところが、いまでは高額のギャラを要求していると聞き、呆れています」

 実際にテレビ局関係者を取材すると、裏付ける話が次々と出てきた。

「10月3日に出演した『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ系)のギャラは、40万円だったと聞いてますよ。上西議員の方から“私はタレントなんです”と、“タレント並み”のギャラの支払いを求めてくるそうです」(テレビ局関係者)

国会議員のイスにしがみつくいっぽうで、テレビ出演料だけは“タレント並み”とは――。上西議員に事実確認を求めたが、締め切りまでに返答はなかった。これでは、厚化粧がはがれ落ちるのも時間の問題!?  


Posted by いざぁりん  at 00:07
こちらです。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151224-00000069-spnannex-spo
(以下は、コピーです)
 正月恒例の箱根駅伝が目前に迫ってきた。毎年この時期になると必ず「箱根不要論」が聞こえてくる。「駅伝練習ばかりしているから世界に通用する選手が育たない」「箱根に集中しすぎて燃え尽き症候群に陥ってしまう」など「不要論」の根拠は様々だが、とどのつまりは「箱根のせいでマラソンが弱くなった」ということだろう。

【写真】今年の箱根駅伝5区で、フラフラと歩きながらゴールへ向かう駒大・馬場

 マラソンの低迷と箱根駅伝の人気に因果関係があるかどうかはわからないが、個人的に1つだけ提案したいことがある。山上りの5区を走る回数を制限したほうがいいのではないかということだ。

 これまで「山の神」とあがめられた5区のスペシャリストは多いが、卒業後も活躍した選手はほとんどいない。05~07年大会の今井正人(順大=現トヨタ自動車九州)しかり、09~12年の柏原竜二(東洋大=現富士通)しかり。今年、3代目山の神を襲名した青学大の神野大地も2月に左大腿骨、6月に右すねを疲労骨折して苦しんだ。骨折の直接の原因はともかく、山上りダメージが影響していることは間違いないだろう。

 平地とは違い、酷寒の中で高低差860メートルもの天下の険に挑めば体に想像以上の負担が掛かる。上りはもちろんつらいが、最後の数キロが下りになっていることが更に問題で、ここで一気に足への負担が増すのだ。ダメージから完全に抜けきるには長期間の休養が必要だが、5区を走る選手はほとんどがチームの主力で、立場上いつまでも休んではいられない。無理して走り、結果足を痛める。それでも走る、また故障。そんな悪循環を3年も4年も繰り返していたら、どんなに素質がある選手でもつぶれてしまう。「昔も4年連続で5区を走った選手はいるじゃないか」という声もあるかもしれない。確かにそうだ。だが、昔と今ではタイムが違う。スピードが違う。その分、足へのダメージは比較にならない。だからこそ、本当に選手のためを思うなら、4年間のうち5区を走れるのは1回か2回までに制限すべきではないのか。そうすることで選手の負担は軽減されるし、どの選手をどの区間に配置するかの妙味も増す。

 賛否両論はあるが、高校野球もようやく選手の健康に目を向けるようになってきた。同じ人気競技の箱根も選手の健康を本気で考えるべき時に来ていると思うのだが、箱根ファン、そして箱根不要論者の皆さんの考えはいかがだろうか。  


Posted by いざぁりん  at 00:07
こちらです。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151221-00000141-sph-ent
(以下は、コピーです)
俳優の阿部寛(51)が主演したTBS系連続ドラマ「下町ロケット」(日曜・後9時)の最終回が20日に放送され、今年の民放連続ドラマで最高となる平均視聴率22・3%(関東地区)を記録したことが21日、ビデオリサーチの調べで分かった。瞬間最高は25・8%。20日夜には阿部ら出演者の打ち上げパーティーが都内で開かれ、早くも続編を望む声が上がった。

 日本中に勇気と感動を届けた「下町ロケット」。最終回はこれまで最高だった第8話(6日)の20・4%を上回り、今年の民放連続ドラマ1位となる22・3%をたたき出した。瞬間最高は午後10時11分の25・8%。医師の一村教授(今田耕司)が、心臓の人工弁「ガウディ」の移植手術に成功した場面だった。

 佃航平(阿部)率いる下町の工場が、大企業を相手に、ロケットに必要な部品の開発競争を繰り広げる様子などを描いた。TBSは20日、計6時間半の特別編成でアシスト。午後2~5時まではダイジェストなどを放送。7~9時までの直前スペシャルは裏エピソードを描いて本編につなげた。

 撮影現場には本編に負けないドラマがあった。通常、連続ドラマは前日の午後5時には編集済みの素材を納品することが義務づけられているが、今回は前日の19日朝4時半まで撮影が行われたこともあり、放送当日(20日)の午後8時過ぎだった。ギリギリの状態だが、「時間がない」という理由で編集作業を妥協することは一切なかった。

 ドラマの最後は、小泉孝太郎(37)が演じる椎名が、自ら開発したロケット用の新型バルブを手に登場。佃(阿部)に挑戦状をたたき付け、続編を示唆する形で終了した。

 20日夜、都内のホテルに関係者200人近くを集めて行われた打ち上げパーティーでは、阿部ら出演者も9月から4か月ほど続いたハードな撮影を乗り越えた同志との再会を約束していたという。また、制作に協力した医師や関連企業の関係者から続編を希望する声も続出した。

 伊與田英徳プロデューサー(48)はスポーツ報知の取材に「(原作の)池井戸先生が続編を書いてくれて、阿部さんのスケジュールをもらえたら、ぜひやりたい」と前向きな姿勢を見せている。池井戸潤氏(52)も先日、撮影現場を訪問した際に「次につながるようになればいいと思っています」と明言していた。  


Posted by いざぁりん  at 00:06

2015年12月25日

ロケットが垂直に着陸

こちらです。
https://www.youtube.com/watch?v=9pillaOxGCo
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=3733837&media_id=218
(以下は、コピーです)
途中に有人飛行をイメージしたCGを挿入しているので、動画全体がうさんくさい。でもどうやら事実らしい。

Amazonの創業者ジェフ・ベゾス氏が設立した、宇宙機開発会社Blue Originがロケットの飛行実験に成功した。

どのような実験かというと、高度32万9,839フィート(約100.5km)まで上昇し、カプセルを射出し、そして地表にもどってきて、鉛直の姿勢のまま着陸したのだ。

カプセルを打ち上げたロケットが帰ってくる

ご存じの方も多いと思うが、ロケットというのは基本的に使い捨てだ。

スペースシャトルは、飛行機型の大きいオービターが帰ってくるが、結局そっちのほうがコストがかさむこととなってしまったため廃止された。

従って、いま実用化されている宇宙機は、すべて使い捨てのロケットで運用されている。

しかし、これはちがう。ロケット本体が上昇し、上空でカプセルを射出したあと、また下降してきて、平地に着陸し、回収されるのだ。

ロケットを帰還させるための工夫

今回テストに成功したBlue Origin社のロケット『New Shepard』は、自力で下降、着陸するために、いくつもの工夫がなされている。

まずは、上部に設けられたリング状のフィンだ。これは圧力中心(※おそらく空気抵抗によるものを指していると思われる)を後部寄りにすることで、再突入と落下の際のコントロールを容易にする。

次に、8つのエアブレーキを使って、落下速度を387mph(約623km/h)にまで減速させる。そして油圧制御するフィンを使って正確に着地点に向かわせ、高度5,000フィート(約1,520m)まで下降する。

そこで、メインエンジンを再び点火して減速し、ランディングギアを出して、最後の100フィート(約30m)を4.4mph(約7.1km/h)で下降して着陸するというのだ。

ちなみにカプセルは将来的には有人飛行にも使用する予定のようだ。そしてカプセルのほうはロケット本体とは別にパラシュートを使って帰ってくる。

もちろん、スペースシャトルは国際宇宙ステーションのある高度400km以上まで飛行することができたので、それにくらべればこのNew Shepardが実現した高度は低い。

しかし、ロケット本体が繰り返し利用できれば、宇宙飛行のコストは従来より下げることができるだろう。

本当に有人飛行を実現するためには、安全対策のために莫大なコストがかかることも予想されるので、この形式のロケットが実用化するのかどうかはわからない。

しかし、ロケットが垂直に着陸するなんて、SFのなかの荒唐無稽な設定のように思われたが、このNew Shepardはそれを実現してしまった。

もしかしたら、これはひとつの画期的な成功となるのかもしれない。
  


Posted by いざぁりん  at 00:06
こちらです。
http://www.asahi.com/articles/ASH6Z6X2DH6ZUTIL08G.html
(以下は、コピーです)
 東京都議会で昨年6月、晩婚化対策を質問した女性議員に「早く結婚した方がいい」と女性蔑視のヤジを飛ばしたとして、都議会の自民会派を離脱していた無所属の鈴木章浩氏(52)=大田区選出=が30日、自民会派に復帰した。

 復帰を認めた理由について、自民会派の相川博幹事長は「報道などによって社会的な制裁を受けており、本人の言動も反省していると判断した」と説明している。6月25日に鈴木氏から会派への入会願が出ていたという。
  


Posted by いざぁりん  at 00:05
こちらです。
http://www.asahi.com/articles/ASHDQ3PGHHDQUTIL00W.html?iref=com_rnavi_arank_nr01
(以下は、コピーです)
 国立市議会で石塚陽一議長が陳情者にヤジを飛ばした問題で、石塚氏は21日深夜、議長を辞職した。後任には副議長の中川喜美代氏が選出された。

 この日は12月議会の最終日。夕方、婚外子差別の撤廃を求める陳情が採択された後、ヤジ問題を受けて野党議員らが議長の不信任決議案を提出する構えを見せ、紛糾した。約5時間の休憩の間に石塚氏が議長辞職願を副議長に提出。午後10時40分に再開した本会議で辞職が認められ、新議長が選出された。午前10時に始まった本会議が閉会したのは約14時間後の22日午前0時前だった。

 ヤジがあったのは10日の総務文教委員会。陳情に立った事実婚の女性(68)が、かつて「子どもがかわいそうだ」「ひどい母親だ」と同僚に非難されていたと説明すると、石塚氏が「当然だよ」と発言したという。

 女性は「非難を浴びせられて当然だというヤジは私の生き方を踏みにじり人格を傷つける」などと抗議。石塚氏は21日の本会議で謝罪した。  


Posted by いざぁりん  at 00:05