京つう

  イベント  |  伏見区

新規登録ログインヘルプ



こちらです。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160122-00000017-nksports-ent
(以下は、コピーです)
 不倫報道があったタレントのベッキー(31)がCM出演していたコンビニエンスストアチェーン・ローソンが、今月14日に広告代理店を通じて契約解除の申し入れをしていたことが21日、分かった。ウェブサイトにあったCM動画も21日までに削除された。

 7日にバンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル川谷絵音(えのん=27)との不倫疑惑が週刊文春に報じられ、同社は翌日からベッキー出演の弁当のCM放送を取りやめたが、あくまでも一時的措置だった。契約解除の申し入れについて同社は「いろいろなお声を頂戴した結果」とした。

 また、関西電力の通信子会社ケイ・オプティコムが、ベッキーとのCM契約を更新しないことを21日、明らかにした。契約は昨年1月からの1年間で、更新が検討されていた。広報担当者は「騒動をかんがみて更新しないことを決めた」とした。契約は今月末で満了する。ソースネクスト、スタジオアリスは契約中だが、ベッキーの公式ホームページからは、CMに関する情報が削除されている。

 21日発売の週刊文春にはベッキーが6日に行った釈明会見前日に、川谷とやりとりした、関係継続を疑わせるようなLINEのやりとりが掲載されるなど、疑惑がまだ尾を引いている。  


Posted by いざぁりん  at 00:47
副社長も、謝罪すべきです。
独立や解散の方が、芸能界民主化にとっては、有意義でした。
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/01/18/kiji/K20160118011878940.html
(以下は、コピーです)
SMAPの分裂騒動で事態をこう着化させている最大の要因は“独立派”メンバー4人がメリー喜多川副社長(89)に直接謝罪していないことであると17日、分かった。周囲の関係者は「早く会いに行って事態を打開してほしい」と望んでいる。木村拓哉(43)のメリー副社長への直接電話で新局面を迎えている今回の騒動。双方の対面がグループ存続に向けた大きな一歩になる。

 今回の騒動が長期化している決定的な理由に、「なぜ顔を出さない」という疑問が根底にある。実は独立問題がこじれて以降、中居正広(43)稲垣吾郎(42)草なぎ剛(41)香取慎吾(38)の4人はメリー副社長に直接会いに行って、今回の事態について謝罪していない。それは騒動発覚後も変わらず、周囲の関係者は「早く行っていれば、こんなことにはなってないかも」と話している。

 なぜ早く会いに行かないのか――この理由にこそ、今回の騒動の根本的な原因がある。

 メリー副社長は、長女で同じく事務所副社長の藤島ジュリー景子氏を事務所の次期社長に就任させたいという意思がある。そんな中で、問題になったのがジュリー氏との確執がささやかれていた女性マネジャーの存在だ。

 そこで、SMAPの契約更新の時期である9月を前にした昨年8月、女性マネジャーとSMAPを円満に独立させる話が持ち上がった。ただ、メンバー全員に意思確認したところ木村に独立の意思がなかったため、この話は立ち消えになった。

 これで終わったはずの独立話。しかし、女性マネジャーは木村さえ口説ければ独立できると水面下で独立工作を続けた。そんな中、中居が円満に独立する方策がないかを芸能界の重鎮に相談した。ただ、このふたつの動向をメリー副社長は知り、一度立ち消えになった独立を極秘で画策しているように捉えた。

 もちろん中居とすれば、円満独立を目指していただけで、画策をしているつもりなど一切なかった。しかし、メリー副社長に“謀反人”とみられてしまった女性マネジャーは自身の生き残りを懸け、激しく動き回ったため事態は複雑化した。

 独立できず、事務所にも戻れず、行き場を失った4人。中居から相談を受けていた芸能界の重鎮がメリー副社長に「事務所に戻してやっていただけませんか」と依頼。メリー副社長は一度断ったものの、メンバーが謝罪に来るとも聞いたため、この要望を受け入れた。

 一方、「4対1」に分裂したメンバー間のわだかまりは、実は年明けに解消されていた。スポニチ本紙スクープで今回の騒動が発覚する1週間前の1月6日。中居と木村がフジテレビ「SMAP×SMAP」の楽屋で会い、一緒にやっていくことでまとまった。その後、ほかのメンバーと女性マネジャーも交えて話し合い、独立に対する考えの違いはあれど、互いの不信感はここで解消された。

 メンバー同士も、事務所とも「互いの誤解」から生まれた今回の騒動。あとはメリー副社長に4人が謝罪に行けば終わるはずだった。ところが、独立工作をしたつもりがない4人は罪の意識がなかったため行動に移すことがなく、誤解が誤解を生み、修復不可能な事態にまで陥った。

 4人が行き場をなくしている状況を知った木村が、メリー副社長に電話したことで事態は好転。メンバー間の分裂状態は回避できた中、今度は事態を修復させる方向に向かうことになる。そのためには一刻も早くメリー副社長に直接謝罪するしかない。それがグループ存続への一歩になる。   


Posted by いざぁりん  at 00:45
こちらです。
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160118-00022866-jprime-ent&pos=2
(以下は、コピーです)

解散騒動の渦中にあるSMAPの5人が、1月18日の22時15分から放送される『SMAP×SMAP』(フジ系)に一部生出演するという。番組では、日本を巻き込んだ一連の騒動についての経緯説明と謝罪の言葉をメンバー本人が自ら、視聴者に伝えるとみられている。

 ニュースサイト『週刊女性PRIME』でSMAPの解散についての意見調査したところ、3日間で7000人以上がアンケートに回答(1月15日より緊急実施)。回答者の性別割合は女性が84.6%、男性が15.4%(小数点第2位を四捨五入、以下同)。10代から70代まで幅広い年代からの意見が集まったことからも、老若男女問わずこの騒動に関心を持っていることがうかがえる。

 さて、設定した質問項目は3つ。解散には賛成か反対かとその理由、そしてSMAPの今後についてどう思うか。以下で、それぞれの回答結果を紹介したい。
.

■解散に賛成か反対か

反対:6492票(90.3%)
賛成:695票(9.7%)
*全体の有効回答数:7187票
 解散に賛成する票のうち女性は422票、男性は273票。解散に反対する票のうち5657人が女性、835人が男性によるものだった。
.

■解散に反対する人の理由

「解散してはいけないグループ。アイドルを超えた存在、個人の好き嫌い関係なく日本には存在していないといけない人たちだから。ましてや本人たちがやりきったと自分で思い自分で線引きをするならともかく今回のようなことはありえない。誰もSMAPという存在を傷つけたり無くそうとするべきではない」(20代男性・大学生)

「解散する理由が無い。人を楽しませるのがエンタメなのに悲しませるのはおかしい」(20代男性・学生)

「SMAPは僕の人生、生きる希望です。SMAPはインフラ、空気、太陽、水、森、なくてはならないものなんです」(30代男性・会社員)

「15年前に突然母をガンで亡くしたとき、亡くなる前によくライオンハートを母が聞いてました。"この歌すごくいいの!!"SMAPを拝見する度にどこかで元気だった母を思い出せるのでこれからも出来ればSMAPでいていただきたいです」(30代女性・主婦)

「どうせ週刊女性はどこかの誰かの都合よく書くから、ここで何を書いてもちゃんと反映させないことはわかってますが、あえて。解散させる理由が彼ら発信ではなく、周囲の都合により無理やりさせられてるようにしか見えない。私は他のグループのファンでもありますが、SMAPのようなグループはやはりなかなか現れない。もっともっと彼らを、『ジャニーズの』彼らを見続けていたいから、です。さて、報道の方たちは真実を書けるのでしょうかね? 私たちのアンケートですら、まともに集計できるのでしょうか? あまり期待せずお待ちしています。報道に携わる者としてのプライドが週刊女性に存在するのか、大変楽しみです」(30代女性・会社員)

「SMAPというメンバー一人一人もすごく大きく国民のほとんどが共有が出来るアイドルグループが居てくれるだけでどんなときも安心感がある。常にファンのことやファンじゃない人にも安心感を与えられる数少ないグループをなくしてほしくない」(20代女性・学生)

「なぜ本人達が望んでもいないのに経営陣の揉め事に巻き込んだあげく解散なんてさせるんですか? SMAPの存在は一事務所だけのものじゃないです」(40代女性・専業主婦)

「20年以上私達ファンも彼ら自身もスマップというグループを大切に守ってきました。私達の宝物です。彼らがそうしたいならともかく。私達の宝物を奪わないでください」(50代女性・パート)


■解散に賛成する人の理由

「各々独立して己れの非力を、思い知ればいいのでは。今の自分があるのは自分のまわりのいろいろな人々のおかげです。勿論、本人の努力もあります。しかし、お陰様の心を忘れているようです。本人達には良い薬になるのでは? 人生は長いですから」(50代男性・歯科医師)

「もうグループの役目は終わったと思うし、10年後に50代で続けてる彼らを見る必要はないと思うから」(40代男性・会社員)

「いい年の男がいつまでも群れて生きるより、わだかまりがあるのなら、すっぱりと自立する! 世に脱サラの同世代は数多居る! 巷間いわれる程、SMAPは国民的存在では無いとワシは思う!」(50代男性・自営業)

「個々で活躍できる。なにより結婚して家族もつことは、日本人に大きく影響する」(20代女性・学生)

「解散してグループから離れることで、グループのことを見直すきっかけにもなるのではと感じます。それに、ジャニーズ事務所にいるより、それぞれの私生活が充実するのでは(結婚など)と思う。」(20代女性・学生)

「縛られず 個人個人で新たに頑張るのが、年齢的にも今がちょうどいいのでは?」(40代女性・兼業主婦)

「もう十分活動したと思う。これだけ騒動になってもとに戻るような茶番は見たくない。バカバカしすぎる。注目を集めてSMAPの価値を高めるようなファン無視の宣伝になるのは避けて欲しい」(50代女性・会社員)
.

■SMAPへのメッセージ

 今回のアンケートでは賛成・反対に限らず、SMAPの今後についての意見も募集した。ここでは一部だけ紹介したい。

「下積み時代からいっぱい苦労を重ねて今がある5人だから、どんな荒波にも耐えられると思う」(30代女性・会社員)

「自由に好きな仕事を伸び伸びとして、いつまでも、輝いていて欲しい」(50代男性・会社員)

「今まで通り5人でCDを出したりバラエティーに出たり、SMAPの誰々としてドラマや映画に出てほしいです」(10代女性・学生)

「ジャニーズ事務所に残ってもいいし、残らなくてもいいからこれからもSMAPとして5人で活動してほしい」(10代女性・学生)

「今まで通りで十分です。ただみんな働きすぎなところがあるので、それぞれの体を大切にしてほしいです(特に中居くん)」(40代女性・主婦)

 アンケート結果を見ても、解散を嬉しく思わない人がその大半を占めている。果たして、"想い"は本人たちに無事届くのだろうかーー。
.

  


Posted by いざぁりん  at 00:45
独占寡占に対して、アマチュアになってでも、SMAPは独立を果たして欲しかったです。
今後の独立に、期待します。
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160119-00010004-agora-soci
(以下は、コピーです)

芸能ネタにはまったく興味がないのだが、SMAP騒動はどうやらジャニーズ事務所の勝利に終わり、飯島マネジャーがクビになってメンバー5人が戻るようだ。これは「独立したタレントは他の芸能プロでは使わない」というカルテルに敗北したといわれている。

これは日本社会の縮図である。サラリーマンも専門能力を問わない新卒一括採用で、入社後しばらくはコピー取りなどの「雑巾がけ」をやりながらOJTで仕事を学ぶ。それは先輩を見て習得する社内調整などの企業特殊的技能だから、他の会社では役に立たない。また他の企業も中途採用はほとんどしないので、独立したら干される芸能界と同じだ。

これは経済学では、退出障壁と呼ばれておなじみだ。未開社会でも、共同体に贈与することによって忠誠心を示す「ポトラッチ」などの慣習は広くみられる。これは個人を共同体に囲い込むシステムなので、贈与するのは他で役に立たないサンクコストでなければならない。

サラリーマンも、他社では役に立たない企業特殊的技能に投資することで、自分を会社にロックインして忠誠心を示している。企業にとっては、先輩が教えた技能を他社に転職して使われてはOJTのコストが回収できないので、タコ部屋で人的投資を守るわけだ。

芸能界では、こうした人的投資のリスクが特に大きい。ジャニーズ事務所のタレントのうち、収益を上げているのは1割ぐらいだろう。彼らの高額のギャラを他の9割の売れないタレントの給料として分配しているから、当たったタレントだけが独立すると無名のタレントを養成するコストがなくなるのでカルテルを組むのだ。

ハリウッドでも興行収入が黒字になる映画は15%といわれるが、タコ部屋にはなっていない。スタジオ(日本の芸能プロに当たる)は当たれば大もうけし、はずれたらつぶれる。俳優やスタッフは映画1本ごとにスタジオと契約し、当たったら大きなリターンを取る。大部屋俳優は保険に入って、そのリターンを分配してもらう。

これは芸能界だけの問題ではない。これからサービス業が経済の中心になると、もっとも高い収益を上げるのは、ITや金融などのハリウッド型産業だが、それは芸能界に劣らずハイリスク・ハイリターンの世界だ。ジャニーズ型システムは、業界のメンバーが固定してカルテルが維持できる後進的な産業でしか成り立たない。

日本の会社も、いつまでもタコ部屋システムを続けているかぎり未来はない。SMAPの敗北は、日本の企業システムの「脱構築」の道がまだまだ遠いことを示す出来事だった。
  


Posted by いざぁりん  at 00:44
SMAPは、再度の独立を画策し、今度こそ、独立を果たしてほしいと思います。
他のグループも、ブラック企業からの独立を、果たしてほしいと思います。
ブラック企業に、居続ける必要はありません。
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160120-00005794-sbunshun-ent
(以下は、コピーです)
 1月18日夜、フジテレビが生中継したSMAPの緊急謝罪会見。ダークスーツ姿で神妙な面持ちのメンバーたちはそれぞれに謝罪の言葉を述べたが、「存続」は明言しなかった。週刊文春はSMAP存続の条件について、同日正午、ジャニーズ事務所の顧問であり、関連会社「ジャニーズ・エンタテイメント」代表取締役の小杉理宇造氏(68)にインタビュー。小杉氏は独立騒動の顛末についても子細に答えた。

「一度独立を表明した(木村拓哉以外の)4人のメンバーが事務所に戻るには、当然条件があります。まずは国民的スターの自覚もなく、曖昧な言動でファンや関係者にご迷惑、ご心配をかけたことを謝罪すること。“内”に向けた謝罪も必要です。社長のジャニー(喜多川氏)をはじめ、事務所の社員にも許しを乞うこと。

 さらに今回は木村君が残るという形でメンバーが4対1に割れてしまった。寂しい思いをした木村君、大切な仲間である彼にも謝るべきだと申し入れました」

 生中継前日の17日夜、木村以外のメンバーは東京・渋谷区にある関連会社に集合。草なぎ(弓へんに剪)剛が会見で「今回ジャニーさんに謝る機会を木村君が作ってくれて今僕らはここに立てています」と明かした通り、この晩、4人は木村の仲介でジャニー社長に騒動後初めて会っていた。

 独立の動きが表面化した全てのきっかけは、ちょうど1年前、週刊文春が掲載した藤島メリー泰子副社長のインタビューだった(2015年1月29日号)。週刊文春は最新の1月28日号でSMAPクーデター鎮圧の全内幕を詳報する。
  


Posted by いざぁりん  at 00:43
SMAPは、お金儲けとは離れて、つまり、事務所から独立して、アマチュアとして、ボランティア・ライブ活動をして行かれれば良いと思います。
そもそも、芸術は、お金儲けとは関係ありません。
テレビラジオに出ないアーティストは、沢山居ます。
アーティストとしての評価は、ファンの人数だけで決まるわけではありません。
SMAPは、既に、お金持ちなのですから、ボランティア団体化は、可能です。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160120-00000502-sanspo-ent
(以下は、コピーです)
中居、キムタクへの感謝コメント拒否していた!楽屋も1対4で別々

 分裂、解散危機騒動に揺れ、18日放送のフジテレビ系「SMAP×SMAP」(月曜後10・0)でグループ存続を宣言したSMAPに19日、新事実が発覚した。番組で草なぎ剛(41)が語った「(社長の)ジャニー(喜多川)さんに謝る機会を木村(拓哉)くんが作ってくれた」との言葉は中居正広(43)が言うはずだったが、断っていたという。残留を決断していた木村拓哉(43)と中居ら独立に動いた4人で、楽屋が1対4に分かれていたことも分かった。

 5人はSMAPの「存続」も「解散」も口にしなかった。木村が「何があっても前を見て進みたい」と事実上のグループ存続宣言した前夜の生“謝罪会見”。その裏側が判明した。

 複数の関係者の話を総合すると、生放送は18日午前7時に急きょ決定。草なぎは放送で「ジャニーさんに謝る機会を木村くんが作ってくれた」と、木村がジャニー喜多川社長(84)との橋渡しになってくれたことに感謝したが、当初はリーダーである中居に、そのニュアンスの言葉が託されたという。

 だが、中居は難色を示したため、その場の雰囲気を察知して、草なぎが感謝の言葉を話す流れになっていったという。中居としては、今後起こるであろう自分と木村との“関係性”の変化について、消化しきれない気持ちが残っていたのだろうか。

 楽屋も当初から残留を決断していた木村と、独立に動いた4人は別々だった。楽屋が1対4になっていたのは、感情的なしこりがまだ完全になくなっていないことを裏付けるのか、それとも周囲が気を使ったのか…。

 中居ら“造反組”の4人には今後、イバラの道が待ち受ける。生放送前夜の17日、ジャニー氏とメリー喜多川副社長(89)に謝罪したが、一度は女性チーフマネジャー、Iさん(58)とともに独立に動いた事実は重い。

 事務所との契約が切れる9月までが“猶予期間”で、10月以降の契約延長は4人が今後見せる姿勢にかかるとみられる。これまではIさんのマネジメントでジャニーズの他グループとは距離を置くスタイルが“容認”されていたが、今後は他グループとの活動も求められる。

 4人はソロも含めて多くのレギュラー番組を持つが、改編期である4月以降の継続は騒動の影響で不透明になった。新しい仕事のオファーはほとんど来ない可能性が高い。テレビでの露出が減れば、ファン離れも少なからず進むだろう。

 それでも今ある仕事を懸命に取り組むかを、ジャニー氏やメリー氏の長女で事務所の“後継者”藤島ジュリー景子副社長(49)ら幹部は見ることになる。

 SMAPは9月に25周年を迎えるが、現在、新曲のリリースやツアーは予定されていない。今からツアーを組むとなると、現実的には来年の可能性が高い。コンサートはファンと直接触れ合える大切な場所。ファンの機運が再び高まるかにもかかっているが、ファンへの恩返しする場所を事務所が与えるかは4人の姿勢次第だ。


  


Posted by いざぁりん  at 00:42