京つう

  イベント  |  伏見区

新規登録ログインヘルプ



こちらです。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160509-00000121-nksports-ent
(以下は、コピーです)
 ゲスの極み乙女。川谷絵音(27)が9日、公式ブログを更新し、離婚を発表した。

 「ご報告」と題したブログでは、「私事ではございますが、我々夫婦は話し合いの末に離婚しました事をご報告致します。これからもミュージシャンとして、1人の人間として、成長していけるように頑張ります。ファンの皆様、関係者の皆様、これからもよろしくお願いいたします」とつづっている。

【写真】ゲスの極み乙女。川谷吹っ切れた?笑顔の写真公開

 今年1月発売の「週刊文春」で、ベッキー(32)との不倫が報じられた。その際、昨夏に一般女性と結婚していたことを明かし、「ベッキーさんとは、親しい友人としてお付き合いさせていただいておりましたが、既婚の身でありながら、私の軽率な行動によって、このように世間を騒がせる事態となりましたこと、深く反省いたしております」とコメントを発表。その後、妻とは別居し、離婚協議中であることを認めていた。

 川谷は、8日にゲスの極み乙女。全国ツアーが地元長崎で千秋楽公演を迎えており、区切りとしてこの日発表したと思われる。  


Posted by いざぁりん  at 22:24
こちらです。
http://www.jyofukuji.com/10zengo/2005/11.htm
(以下は、コピーです)

 本当に徳のある人は孤立したり、孤独であるということは無い。純一高潔な人や

謹厳実直な人はとかく近寄りがたく敬遠されがちなこともあるが、しかし、如何に

峻厳、高潔で近寄りがたいと言っても真に徳さえあれば必ず人は理解しその徳を

したい教えを請う道人や支持するよき隣人たちが集まって来るものである。


 横浜を本店として東京・秋葉原に進出して、出版活動にも実績を

作っている「有隣堂書店」はこの論語の必ず隣有りから名づけ

られたことは昔からよく知られることである。

 承福寺の開山と仰ぐ月庵宗光禅師は峰翁祖一禅師のもとで出家し、

厳しい鉗鎚を受けて印可(悟りの境地が認められること)が許されて、

さらに大虫宗岑禅師の下でさらに悟境を磨き、宗岑和尚の法を

継がれた。その後、行脚して悟境を磨き、但馬(兵庫県北部)の

幽深静寂な黒川の里に小さな草庵を結んで枯淡の生活を送って

いました。



 しかし、いくばくも無くその道香は自ずから発揮され、宗光禅師の下に雲水

(修行者)たちが集まり、民衆はあい寄って伽藍を造営しまもなく黒川の山中は禅の

一大道場となったと言います。それは今もある雲頂山・大明寺である。

 その後、師の峰翁禅師は博多・崇福寺に入寺され、宗光禅師は師の峰翁禅師を

崇福寺に訪ねられたとき、承福寺の創開に当たり、禅師の徳風の大いなるを仰ぐ懇請に

よって承福寺に入寺開堂説法されて承福寺の開山(初祖)となられたのである。

時の朝廷は開山様の徳を讃えて「正続大祖禅師」の贈名を賜わっている。



 人はおうおうにして、自ら学び得たことや、技量が世間に

省みられず、認められないことは耐え難いことである。

ところが、それまで己の主義主張や心操を曲げて、世間に

妥協し世間に迎合してしまいがちになることも少なくない。

しかし、意志堅固に道を求め続け、学において究め続けて

いれば、身に光は備わりおのずから理解者は現れ、支持する

人も出てくるものなのだ。




 陰徳陽報ということばがあるが、目立とうが当が目立つまいが、人の嫌がる

ことや、避けて終いがちなことでも、喜んでさせていただく下座行、陰徳の行を

修めることによって自ずから身に光は備わり徳は高まり、人々は慕い集ってきて

孤にしてはおかないものである。

  


Posted by いざぁりん  at 04:08
堀江氏の発言は、強者の論理、です。
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=8&id=3981756&from=pickup_news
(以下は、コピーです)
 医師でタレントの西川史子(45)が、ホリエモンこと実業家の堀江貴文氏(43)の“高飛車”発言を「考えられない」と非難した。


 堀江氏は8日放送のTBS系「サンデー・ジャポン」に生出演。元宮崎県知事で前衆院議員の東国原英夫氏とネット上で大げんかを繰り広げるなど、発言がたびたび物議をかもすことが話題にのぼった。


 元衆議院議員でタレントの杉村太蔵は「堀江さんは問題提起の天才。(主張について)一理あるなと思うんだけどなかなか納得できない。共感できないんですよ。自分の言いたいことをいってるだけ。オピニオンリーダーを意識してるかわかりませんけど、思春期・反抗期の主張に近い。言論人としては限界を感じる」と分析し、「せっかく良いこと言ってるんだから、せめて論拠を聞かせてくれれば」とコメントした。


 すると堀江氏は苦笑いしながら「あなたたちには理解できないことをやってるから、僕は上手く行ったりするわけですよ」と上から目線で発言。これには共演者たちから驚きとともに非難の声があがり、西川は「なにその発言。ちょっと考えられない」と唖然。テリー伊藤は「3階から見下ろしてましたね」と笑いながらその高飛車発言をイジった。


 出演者からは非難轟々だったが、テリーは「ホリエモンはネットで人格が育ってきた。僕なんかテレビマンは、どこかで(発言を)抑える気持ちがある。でも彼はそういうところが全然なくて、パーッと言っちゃう。これも面白いんですよ」とフォローしたが、「ただし、うちの隣には引っ越してきてほしくない」と笑いながら落とした。
  


Posted by いざぁりん  at 04:08
こちらです。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160316-00000013-asahi-soci
(以下は、コピーです)
 北海道立オホーツク流氷科学センター(北海道紋別市)が主催した写真コンテストで、クジラの死骸の上に立った男性がポーズをとる姿を撮影した作品が最優秀賞に選ばれたが、取り消された。「生命に対する侮辱だ」などと批判が相次ぎ、出品者が受賞を辞退したという。

 この作品は、9日に審査結果が発表された第25回「オホーツクの四季」写真コンテストで最優秀賞を受けた「征服」。北海道北見市の男性が出品した。受賞作品がセンターのホームページなどに掲載されると、「生命を侮辱している」などと批判的な意見が電話で寄せられ、ツイッターでも批判が相次いだ。

 審査した北海道写真協会の女性会員は「クジラは生きていると思った。その上に乗っかるなんて勇気があると思ったし、感動したので選んだ」と話した。

 同センターによると、一部職員から異論が出たが、「専門家が選んだので、この作品にしかない何かがあるのだろうと考えた」(担当者)という。

 同センターは15日付で高橋修平所長名の文書を出し、「自然や環境を研究する機関でありながら、それらへの配慮や認識が欠如し、多くの方に不快な思いをさせてしまい、猛省している」と陳謝。審査員と出品者に事情を説明し、出品者から賞を辞退するとの申し出があり、「該当作品なし」に決めたという。

 コンテストには、北海道を中心に全国の62人から計118点の応募があった。  


Posted by いざぁりん  at 04:06
こちらです。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160325-00000565-san-bus_all&pos=4
(以下は、コピーです)
 米IT大手のマイクロソフト(MS)がインターネット上で一般人と会話させた人工知能(AI)が、ヒトラーを肯定するような発言をするようになり実験が中止された。AIとしてはしごく当然、「素直な成長」の結果だ。

 同社が開発したAIは「Tay(テイ)」と名付けられ、ツイッターに23日に登場した。「ヒトラーは間違っていない」。ツイッターで会話を重ねるうちに、差別的な発言を繰り返すようになったという。

 今月、米グーグル傘下の企業が開発した囲碁ソフトが、韓国人棋士に4勝1敗で勝利したニュースが話題になった。これら最近の人工知能は「ディープラーニング(深層学習)」や、その基本となる「マシーンラーニング(機械学習)」により、急速に人間に近づいている。

 囲碁ソフトの学習は、優れた棋士同士が対戦した棋譜という良質の“教科書”を大量に読み込んで行われた。大量の情報を整理して特徴をつかんでいくことで、「盤面を優勢に運ぶには、ここに打つのが最善手である」という棋力を得ていく。つまり、優れた棋士がいなければ人工知能もこれほど強くならなかったわけで、「ソフト(AI)が人間を超えた」と単純には言えないのが真実だ。

 AIに一般の人から知識を吸収させていくとどういうことになるのか。マイクロソフトともあろう世界的企業がうっかりしていたとすれば失態ともいえる。しかし、「これがネットの世界だ」という学習経験は決して無駄ではない。

 最近、「教科書検定」があったが、AIも子供と同じだ。良質な教科書を与え、良質な教師に習わないと、なかなか正しい判断ができるようにはならない。  


Posted by いざぁりん  at 04:06