京つう

  イベント  |  伏見区

新規登録ログインヘルプ



Posted by いざぁりん  at 00:27
政府は304万円と試算。
実際には、450万円。
http://www.j-cast.com/2016/05/16266953.html?p=all
(以下は、コピーです)

専業主婦の評価をめぐるアンケートの結果が波紋を広げている。専業主婦(主夫)の妥当な年収について聞いたところ、女性では「200万円」という回答が最も多かったのに対して、男性で最も多かった回答は「0円」だった。

過去に家事を金銭に換算しようという試算は複数存在するが、男女の意識の差とともに、男性の側に専業主婦の労働価値をいまだに「タダ」と見ている人が多いことに、当の主婦から強い反発も起きている。

男性の12%強が「ゼロ」と回答

アンケート調査を行ったのは、ニュースサイト「マイナビウーマン」。16年4月に25歳~35歳の働く男女を対象にウェブサイト上で調査を行い、女性201件、男性203件の有効回答を得たという。結果は5月13日に記事として掲載された。それによると、

“「専業主婦(主夫)の年収はいくらぐらいが妥当だと思いますか?」

という問いに対して、女性の回答で最も多かったのが「200万円」(9.5%)。「100万円」(8.0%)、「300万円」(8.0%)が続いた。これに対して男性で最も多かったのが「0円」(12.9%)で、「100万円」(10.0%)、「200万円」(9.5%)が続いた。

記事によると、「0円」と回答した男性の一人は、アンケートで

“「労働を評価するべきというのなら、外で稼いで家政婦を雇うべきである」

などと主張したというが、家事の価値を金額に換算するというアンケートの趣旨とは、相当距離があるように見える。「0円」と答えた男性で、ほかに理由を紹介されている人はいない。

この「マイナビウーマン」の記事が掲載された「ニコニコニュース」には1000件以上のコメントが寄せられ、

“「0円...ベビーシッター兼ハウスキーパーが0円で雇えればいいのにね?」
「主婦は丸一日何もしなくて良い休みの日ってのは無いし、子供がいたら大変だよ。0円はさすがに下に見すぎじゃないかな」

といった主婦とみられる人たちからの反発が上がる一方、

“「たしかに家事労働は無価値ではないが女一人にかかる維持費(飯代、宿泊代、他税金など)を考えれば0かマイナス」

など、「0円」に賛同する男性とみられる声も上がった。


内閣府の試算では専業主婦の年収は304万1000円相当

政府も、過去に家事の価値を試算したことがある。内閣府の経済社会総合研究所は2013年、家事、介護・看護、ボランティア活動などを指す「無償労働」を金額に換算する試算を発表している。それによると、無償労働を行うことによる逸失利益(企業などで労働していれば稼げたはずの金額)は、2011年は総額138兆5000億円だった。1人あたりに直すと、女性が年間で192万8000円、専業主婦の場合で304万1000円という結果になった。男性は51万7000円だった。

家事を業者に外注したとすると、さらに多くのコストがかかりそうだ。例えば家事代行業大手では、一般的なコースで1時間あたり4000~2500円を設定している。日本の年間総労働時間は、年間1800時間程度で推移している。これを単純に自給2500円で換算すると450万円程度だ。

税制面でも、専業主婦の働きを評価する制度がある。見直しが本格化している配偶者控除だ。参議院事務局が発行した「立法と調査」2014年11月号では、

“「納税者(以下「夫」とする。)の所得稼得への妻の貢献(いわゆる内助の功)を税制上評価するなどの趣旨で導入された」

などと説明されている。現時点では配偶者の給与収入が103万円以下であれば、38万円の控除が受けられることになっている。
  


Posted by いざぁりん  at 00:27
こちらです。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160525-36376047-bbc-int
(以下は、コピーです)
ゾーイー・クラインマン、テクノロジー担当記者、BBCニュース

パソコン基本ソフト(OS)ウィンドウズのアップグレードを利用者に促すポップアップ・ボックスの仕様について、マイクロソフトを批判する声が上がっている。ウィンドウズ10への更新を推奨するポップアップ右上の赤い「x」をクリックすると、ボックスが閉じるのではなく、更新手続きが始まるからだ。

赤い「x」をクリックするとポップアップは閉じるのが、これまで通常だった。それだけに、ウィンドウズ利用者の間に混乱が広まっている。

マイクロソフトによると、アップグレード開始時間を知らせるポップアップが開くので、そこでアップデートをキャンセルできる。

ポップアップ・ボックスの仕様が変わったのは、このアップグレードが「推奨」に分類されており、今では多くの利用者がセキュリティー対策として「推奨」更新を受け入れるようパソコンを設定しているからだだ。つまり、ポップアップを不要扱いしても更新を不要扱いしたことにはならない。

ウエブサイト「PCワールド」の編集者、ブラッド・チャコスさんは「汚いトリック」だと批判する。

「こういう汚いトリックは、長年のウィンドウズ・ユーザーを怒らせるだけだ。おなじみで大好きなOSを使い続けるだけの理由がある人たちなのだから」とチャコスさんは書いた。

マイクロソフトは、「ウィンドウズ10への無料アップグレード特典が7月29日に期限切れとなるので、ウィンドウズの最良バージョンへのアップグレードを手助けしたい」と説明している。

「10月に情報共有したように、『推奨』アップグレード受け入れを設定しているウィンドウズ7と8.1の利用者に、ウィンドウズ10を提供する。ウィンドウズ10の更新を受けるか拒否するか、利用者は選ぶことができる」
  


Posted by いざぁりん  at 00:26
こちらです。
http://mainichi.jp/articles/20160524/k00/00m/040/126000c
(以下は、コピーです)
折りたたみナイフ「インターネットで購入した」

 アイドル活動をしていた大学生の冨田真由さん(20)が刃物で刺され意識不明の重体となっている事件で、岩埼(いわざき)友宏容疑者(27)が「(冨田さんに)ツイッターをブロックされた」と供述していることが捜査関係者への取材で分かった。警視庁小金井署は、書き込みを拒絶されたことで恨みを募らせたとみて調べている。

<一方的に好意示す…書き込みエスカレート> .

<当初の供述は>「贈り物返され殺意」 .

<ネット上では>回復祈る声 .

<容疑者「駅近くで2、3時間待ち伏せした」> .


<母親は警察に相談>「執拗に嫌がらせ」 .

<書き込みの攻撃性が激化>「もっと見下しばかにしてみろよ」 .

 また岩埼容疑者が同署の調べに「冨田さんに会うため(事件のあった)当日に京都から新幹線で上京した。JR武蔵小金井駅近くで2、3時間待ち伏せしていた」と供述していることも判明。現場に残されていた刃渡り約8センチの折りたたみナイフについて「インターネットで購入した」とも説明しており、同署は岩埼容疑者が計画的に冨田さんを襲ったとみている。

 同署は23日、京都市右京区にある岩埼容疑者の自宅マンションを家宅捜索。女性用の腕時計を押収した。岩埼容疑者は「(プレゼントした)腕時計を送り返された」とも供述。押収した腕時計について、岩埼容疑者が冨田さんに贈って返送されたものかの確認を進める。

 冨田さんのツイッターには1月18日、「腕時計をプレゼントする意味を知っていますか? 大切に使ってください」との岩埼容疑者のものとみられる書き込みがあった。その後も冨田さんへの好意を示すような書き込みが続いたが、4月28日には「郵便局から荷物が届きました。差出人不明。腕時計と本3冊が入ってました(中略)ほんと、嫌な女」とあり、翌日、岩埼容疑者のものとみられるブログに「Twitterをブロックされた」とする書き込みがあった。同署はこうした一連の流れが事件の背景にあるとみて裏付けを進めている。

 同署は23日、岩埼容疑者を殺人未遂と銃刀法違反容疑で東京地検に送検した。送検時、岩埼容疑者は「彼女、死にましたか」と周囲の警察官に尋ねたという。同署はこれまで「不詳」としてきた同容疑者の住所を「京都市右京区」、職業を「会社員」と発表した。【
  


Posted by いざぁりん  at 00:26
こちらです。
http://mainichi.jp/articles/20160526/k00/00m/040/094000c
(以下は、コピーです)
芸能活動をしていた大学生の冨田真由さん(20)が東京都小金井市で刃物で刺された事件では、「ツイッターやブログへの執拗(しつよう)な書き込みをやめさせてほしい」という冨田さんの相談がストーカー事案として扱われていなかった。警視庁は「切迫性はないと判断していた」としているが、容疑者の男の激しい嫌がらせが明らかになるにつれ、対応を疑問視する声が強まっている。


 逮捕された京都市の会社員、岩埼(いわざき)友宏容疑者(27)=殺人未遂などの容疑で送検=は今年1月からツイッターで冨田さんへの書き込みを始めたとみられる。はじめは好意的だったが、やがて一方的に不満や怒りを示すようになり、書き込みは数百回に上った。

 冨田さんは武蔵野署に相談に訪れた際、岩埼容疑者の名前や住所などを伝えたうえで、ツイッターやブログの内容を説明し、「やめさせてほしい」と訴えた。しかし相談はストーカー事案とされず、ストーカー被害に一元的に対応する同庁の「人身安全関連事案総合対策本部」に報告されなかった。警察官による岩埼容疑者の所在の確認や同容疑者への接触もなかった。

 ストーカー規制法は、執拗な電話やメールの送信を「つきまとい行為」として規制し、警告などの対象にしている。しかしツイッターなどソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)で繰り返し書き込みをする行為は規制対象になっていない。ストーカー対策を検討する警察庁の有識者検討会は2014年8月、「SNSによるメッセージの連続送信も規制対象に含めるべきだ」と提言する報告書をまとめたが、これを規制の中に盛り込むための法改正には至っていない。

 捜査関係者は「SNSの書き込みでも内容によってはストーカーとして対応している。今回の事件もSNSであることを理由にストーカー事案として扱わなかったわけではない」と話す。だが規制が必要との声は根強い。ストーカー犯罪に詳しい常磐大学元教授の諸澤英道さんは「今回の事件は世界的にみると典型的なストーカーだ。警察が主体的に動かなかった背景に法律の不備があることは明らか。SNSを対象から外している日本のストーカー規制法を早急に改正すべきだ」と指摘する。

 一方、事件への対応を巡っては、事件発生時に冨田さんから助けを求める110番を受けた警視庁通信指令本部が、携帯電話の位置情報を確認せず、事件現場を特定していなかったことも判明した。

 21日午後5時5分に冨田さんの110番を受けた通信指令本部は、緊急通報登録システムに登録されていた冨田さんの名前と住所地をもとに、武蔵野市にある自宅に警察官を向かわせるよう武蔵野署に指示。しかし、事件現場に向かうよう小金井署に指示したのは、現場近くにいた目撃者からの110番で現場を初めて確認した後だった。目撃者の110番は冨田さんの110番の1分45秒後で、現場の到着が遅れたことになる。警視庁は「手順にミスがあった」としている。
  


Posted by いざぁりん  at 00:25