京つう

  イベント  |  伏見区

新規登録ログインヘルプ



「普段の打撃練習の8割をバントに費やすというバント職人。上位打線へつなぐ9番としての仕事を果たすため、常に10種類ぐらいの場面を想定して練習をしていたという。チームとしても全体的にスクイズの練習は積んでいた。「サードに取らせるのが理想だなと思った。イメージ通りだった」としてやったり。ただ、二走の菊地彪まで生還できたことは「想定していなかった」といい「感謝したい」と語った」、との報道。
さすがです。
報道は、こちらです。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180818-00000102-dal-base
  


Posted by いざぁりん  at 01:37
スクイズ以降の判断は、「選手の判断」、とのことです。
報道は、こちらです。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180818-00000084-asahi-spo  


Posted by いざぁりん  at 01:36
10数秒の間に…。
報道は、こちらです。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180818-00000145-spnannex-base
(以下は、コピーです)
 9回無死から連打が出て一、二塁となると球場には金足農の逆転を期待する大声援が渦巻いた。投手・林優樹(2年)が制球を乱して四球を与え、満塁となると全体のボルテージはさらに増した。スクイズを処理した三塁手は一塁送球前に一つ多く、ステップを踏んだ。打者走者のアウトをあきらめ、塁を離れて本塁送球する選択肢もあった一塁手は、一塁から送球。その送球もわずかながら三塁方向にズレた。結果的に普段通りのプレーにはならなかった。

 サヨナラ負けの瞬間、呆然と立ちすくみ、その後、号泣した林は「サードの“行った”という声が聞こえたら、外す練習もしていたが、声援で聞こえなかった。(2ランスクイズは)頭になかったし、想定外の仕掛けが来た」と振り返った。有馬は「(林と)自分たち二人が飲み込まれて、サヨナラ負けした。3年生に申し訳ないし、悔しい」としたうえで「空気にのまれないように、アイコンタクトのみでプレーできるようなことに取り組んでいけば、声が聞こえなくてもいい結果につながる」と前を向いた。

 投手、捕手、三塁手。プレーに関わった一塁手・北村以外の選手は全て2年生。特殊な経験は必ず、今後の糧になる。  


Posted by いざぁりん  at 01:36
詳細は、「「おれらと全然ちゃうな」、「あいつ半端ないって!」、「こういう時に使わな」」、と報じられてます。
なるほど。
報道は、こちらです。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180818-00000109-dal-base  


Posted by いざぁりん  at 01:35