京つう

  イベント  |  伏見区

新規登録ログインヘルプ



なるほど。
報道は、こちらです。
https://weathernews.jp/s/topics/201809/280205/?fm=tp_rec&tpid=201809280205
  


Posted by いざぁりん  at 23:13
JRの場合、「前日夕までに全線運休を知らせる」する基準が、950ヘクトパスカルとのことです。
報道は、こちらです。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180926-00000040-mai-soci
ちなみに、24号は現在950ヘクトパスカル。
https://typhoon.yahoo.co.jp/weather/jp/typhoon/
(以下は、コピーです)
同社(JR)は台風の中心気圧が950ヘクトパスカルより強い勢力で近畿を縦断すると予想される場合などは、前日夕までに全線運休を知らせる指針を策定している。

 今月の台風21号では、JR西に続き、南海電鉄が3日正午に、京阪電鉄も同日午後5時に、それぞれ計画運休実施を公表。両社とも4日正午過ぎから全線で運転を見合わせた。

 ただ、京阪は告知が夕方になったとあって、広報担当者は「『もう少し早く教えてもらえるとありがたかった』という利用者の声があった」と明かし、「どの程度の台風の規模の時に計画運休の判断をし、いつ公表すべきかが課題だ」と話す。

 一方、阪急電鉄、阪神電鉄、近鉄は「安全が確認できる間は走らせる」として事前告知は見送り、台風の影響が大きくなった4日正午前後にいずれも全線運休した。これに対し、大阪府北部の自治体で働き、阪急京都線で通勤する女性は「事前に知らせてもらった方がありがたかったかも」と振り返る。朝出勤はしたが午後の運休で帰宅できなくなると判断し、ほとんど仕事をせず午前中のうちにとんぼ返りしたという。

 ある鉄道会社幹部は「運転中に台風による飛来物で架線が切断され、停電で電車が駅間で止まったり、冷房が利かなくなったりする可能性があった。乗客に線路を歩かせるわけにもいかない」と語り、計画運休に理解を求めた。
  


Posted by いざぁりん  at 10:46
報道によると、100人に調査した結果、
応募する=8人
やりたい=37人
やりたくない=55人
とのこと。
大学生が、仮に200万人いるとして、その8%が応募すれば、16万人。
ブラックボランティア募集は、11万人なので、十分に集まる、という結果になってしまいます。
学生時代のうちに、ブラック企業を体験することは、勉強にはなるでしょう。
しかし、懸命な学生さんは、東京五輪のボランティアには、参加しないでください。
ボランティア先には、公益性のあるところ、人道上の要請があるところ、災害被災地など、を選びましょう。
報道は、こちらです。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180926-00010002-tokyomxv-soci


  


Posted by いざぁりん  at 03:12
深夜番組で、そのように語るチェロ弾きの方がおられました。
オーケストラが維持できなくなり、音大・音高が維持できなくなり、となるでしょう。
演奏会の開催、CDの販売・音楽配信、楽器や楽譜の販売、音楽教室、にも影響することでしょう。


  


Posted by いざぁりん  at 03:11
セリーナの人柄が悪いからだ、とされています。
セリーナ氏は、どう反論するのでしょうか?
報道は、こちらです。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180926-00038290-theanswer-spo&pos=2
(以下は、コピーです)
「確かに、かつての憧れはセリーナ・ウィリアムズだったわ。昔は、ね。2016年のオリンピックでセリーナに会う機会があったのだけど、彼女はただただ感じが悪かったの」
「個人的には子供の頃から彼女を尊敬していた。そこで実際には会うと、彼女がいかにファンに対してフレンドリーじゃないか分かって……。オリンピックでは彼女は多くの人に最低の態度を取っていた。それで私のような人間にも、彼女のようにはなりたくないと思わせてしまったの」
「私は(セリーナとは)全く違う。偉大なアスリートとしては彼女のファンだけど、人間としてはファンじゃないだけ。それでいいかしら」  


Posted by いざぁりん  at 03:10
24号が接近中。
報道は、こちらです。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180926-00000002-ykf-soci
(以下は、コピーです)
「堤防は1959年の伊勢湾台風の規模に対応できる基準でできている。本来なら6メートルの波に対応できるはずが、高度経済成長期以来、地盤沈下が進んでいるため、3メートルくらいの波で堤防を越えてしまう恐れがある」
「河川の氾濫よりも高潮の方が多くの死者が出る恐れがある」「台風の進行方向の東側で湾が南に向く場所は高潮が起こりやすい。満潮の時は堤防を越えてくると思わないといけない。海水は無尽蔵にあるから海岸堤防や護岸が壊れても海面が下がらない」
「台場や豊洲などでは高層マンションでも3階程度まで水没する恐れがある。埋め立て地にある娯楽施設も浸水の危険性がある。さらに海岸部の火力発電所や工場では、火災や爆発が起きてもおかしくない」  


Posted by いざぁりん  at 03:08