京つう

  イベント  |  伏見区

新規登録ログインヘルプ



Posted by いざぁりん  at 22:57
デフレが加速します。
報道は、こちらです。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190702-00022380-asahibcv-bus_all
  


Posted by いざぁりん  at 00:05
年金が、減額されます。
報道は、こちらです。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190702-00000096-jij-pol
  


Posted by いざぁりん  at 00:04
1月の報道です。
年金が減っています。
報道は、こちらです。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO40161660Y9A110C1MM0000/
(以下は、コピーです)
厚生労働省は18日、2019年度の公的年金の受取額を18年度比で0.1%引き上げると発表した。厚生年金を受け取る夫婦2人のモデル世帯では月額22万1504円と227円増える。4年ぶりのプラス改定となったが、年金の伸びを抑える「マクロ経済スライド」を4年ぶりに発動。改定率を賃金や物価の伸びより抑え、将来世代の給付に備える。
厚生年金のモデル世帯は、夫が平均的年収(賞与含む月額換算42.8万円)で40年間働き、その間、妻が専業主婦だった場合。自営業者などが入る国民年金は、満額なら1人月額6万5008円で67円増える。満額を受け取れるのは40年間保険料を払い続けた場合。

年金額は毎年度、物価や賃金の変動率に応じて改定している。総務省が18日、18年の消費者物価指数を発表したことをうけ、厚労省が19年度の年金額を決めた。

改定率の指標となる物価と賃金の変動率はいずれもプラスだった。改定率は賃金上昇率の0.6%からマクロ経済スライドによって0.5%分の伸びを抑え、0.1%の微増にとどまった。厚生年金の受取額でみると、月額1362円増額するところがマクロ経済スライドで1135円減額された計算になる。

マクロ経済スライドは物価と賃金が下がるデフレ下では発動しない。18年度からは、発動しない場合に調整分を翌年度以降に繰り越す「キャリーオーバー制度」も導入。19年度は04年の導入以来、2度目の発動となり、19年度の調整率に加えて18年度の未調整分0.3%をまとめて差し引く。

年金額がプラス改定となるのは15年度以来4年ぶり。15年度は消費税を引き上げた14年の消費者物価指数を用いたため、プラス改定になりやすい環境だった。

年金額を決める際の指標とする賃金の変動率は、厚生年金加入者の標準報酬月額のデータを基にしている。不適切な調査を続けていた問題が明らかになった厚労省の毎月勤労統計は用いていない。

  


Posted by いざぁりん  at 00:04
少子化スライド。
高齢化スライド。
少子高齢化スライド。
報道は、こちらです。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190702-00000010-kyt-soci  


Posted by いざぁりん  at 00:03
墓穴は、良いことです。
人口減少スライド、と言うべきでした。
やがて、年金額は、現在の半分になります。
報道は、こちらです。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190702-00010003-newsweek-int
(以下は、コピーです)
「マクロ経済スライド」というのは、ストレートに言ってしまうと、将来の年金を減額するための仕組みである。

日本の公的年金は賦課方式と呼ばれており、自身が積み立てた保険料を将来受け取るものではない。現役世代から徴収した保険料を高齢者に配分する仕組みなので、高齢化が進むと制度の維持が難しくなる。このままでは公的年金を維持できなくなるので、現役世代の減少に合わせて、年金の額を減らすために作られたのがマクロ経済スライドである。

マクロ経済スライドと聞くと、景気の動向に合せて年金の額を調整するようなイメージを持つ人が多いと思うが、実態は異なる。制度の導入が議論された際、名称が誤解を生む可能性があり、不適切だという批判の声が一部から出ていたものの、結局は、この名前が採用された。

厚労省側に姑息な意図があったのかは何とも言えないが、このネーミングに問題の本質を見えにくくする効果があったのは間違いないだろう。同制度は2004年に導入され、すでに年金減額もこっそり実施されているが、この制度が年金減額のために作られたことを知らなかった人も多かったはずだ。

主観を交えず、状況を冷静に分析した場合、現役世代から極めて高額な保険料を徴収するか、大増税(あるいは国債の永続的な大量発行)を実施しない限り、現在の年金水準を維持することは不可能である。年金制度を維持可能なものにするためには、将来の年金減額はほぼ必至といってよいだろう。

だが、年金を減らしてしまえば、それで問題は解決するのかというとそうはいかない。現時点における年金受給者の6割近くが年間150万円以下の金額しか年金をもらっていない。この状況で受給者への給付を削減すると、生活に困窮する人が続出してしまい、生活保護費の増大を招くことはほぼ確実である。

  


Posted by いざぁりん  at 00:03
蓄えの目標を、2000万円にしていたら、それは勘違いです。
蓄えの目標を、1億2000万円に、修正しなければなりません。
100年安心なのは、国民であるとしていたら、それは勘違いです。
100年安心なのは、政府である、と修正しなければなりません。
以下の報道の記者も、もはや自己責任ではこの問題は解決できないのに、勘違いしています。
報道は、こちらです。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190702-00065509-gendaibiz-bus_all&p=1  


Posted by いざぁりん  at 00:02
結婚しないこと。
子供を持たないこと。
家を持たないこと。
車を持たないこと。
携帯を持たないこと。
物を買わないこと。
報道は、こちらです。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190630-00287890-toyo-bus_all
(以下は、コピーです)
 日本は世界でも富裕層が多い国です。2015年のボストン コンサルティンググループの世界の家計金融資産に関する調査によると、100万ドル(約1億円)以上の金融資産を有する富裕層の世帯数は、アメリカ(約690万世帯)、中国(約360万世帯)、日本(約110万世帯)の順。日本は3番目に多いのです。
 ただし、私が知る限りでは、金融機関に勧められて投資信託を購入した人の多くは損失を出しています。金融庁が都銀・地銀の計29行を対象に、2018年3月末時点の運用実績を調べたところ、損失を抱える顧客は46%と全体の半分近くに達していることも明らかになっています。  


Posted by いざぁりん  at 00:01
そもそも、紅白には、NHK固有の問題があります。
今の時代は、紅白に出ないアーティストの方が、優秀です。
報道は、こちらです。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190702-07020223-nksports-ent
(以下は、コピーです)
上西は丸山議員の発言に、1日更新のツイッターで「丸山穂高議員の和田アキ子さんへのツイートは常軌を逸している。『紅白すら出てないようですが』って紅白出なきゃ歌手として認められないのかよ。ふざけんな。人の仕事をばかにするなんて一番やっちゃいけないこと」と非難。「アッコさんの丸山穂高議員への発言の真意はわからないけれど、国民の代表という肩書を持つ人が女性に対する卑わいな言葉を連発したことに対する嫌悪感から丸山穂高議員を『見たくない』女性は一定多数いる」とした上で、「議院運営委員会の事情聴取をスルーして他で人に文句言うなんて最低だ。元気なら出てこいよ」とした。  


Posted by いざぁりん  at 00:00