京つう

  イベント  |  伏見区

新規登録ログインヘルプ



安倍総理は、直ちに辞任してください。
報道は、こちらです。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190702-00000059-sasahi-pol&p=3
  


Posted by いざぁりん  at 00:13
改憲勢力は、3分の2を、遥かに下回らなければなりません。
報道は、こちらです。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190702-00000059-sasahi-pol&p=3  


Posted by いざぁりん  at 00:11
逆風は、強くなければなりません。
報道は、こちらです。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190702-00000059-sasahi-pol  


Posted by いざぁりん  at 00:11
おっぱい議員は、今日も元気です。
報道は、こちらです。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190703-00000093-sph-ent  


Posted by いざぁりん  at 00:10
最悪の場合を想定すれば、1億2000万円以上、貯金が必要です。
報道は、こちらです。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190703-00000002-asahi-pol  


Posted by いざぁりん  at 00:09
差別のためです。
国民監視のためです。
携帯&スマホは、やめましょう。
報道は、こちらです。
https://www.asahi.com/articles/ASM6X0HNNM6WULFA03T.html?ref=yahoo
(以下は、コピーです)
 8千万人のユーザーを抱える無料通信アプリのLINE(ライン)が、ユーザーの信用度を点数化する「LINEスコア」の提供を始めた。LINEが提供するサービスの利用状況などから独自にスコアを算出し、それに応じた特典や融資を受けられるという。スコアは1千点満点で、ユーザーであれば、それまでのサービスの利用状況などからすぐに算出され、加えて生年月日や職業、年収など15個の質問に答えると加点される仕組みだ。ただし、LINEでの通信・通話内容はスコアには使われない。

利用者の「信用」数値化、LINEが開始 ローン事業も
サイト利用者の信用を点数に 「ヤフースコア」批判噴出

「プライバシー配慮」強調

 出沢剛・最高経営責任者(CEO)は「スコアでふるいにかけるのではなく、日常を豊かにするポジティブなサービスだ」と、27日にあった事業説明会で意義を語った。

 出沢氏が繰り返し強調したのは、「ユーザーの同意なしにスコアの算出も、パートナー企業との連携もしない」「プライバシーに配慮している」という点だった。

 信用スコアをめぐっては、今月3日にヤフーも「Yahoo!(ヤフー)スコア」を発表したばかり。そして、スコアの作成方法などを巡って批判を浴びた。

 ヤフースコアはLINEスコアとは異なり、ユーザーは何もしなければ、スコアの作成に同意したことになる。専用ページを開き、設定を変更しなければ、スコアの作成に同意したとみなされる。

ヤフーの「教訓」生かす?

 ログイン前の続きこの「オプトアウト」と呼ばれる仕組みに対し、「勝手にスコアを作られる」との批判の声が強まった。同意なしに外部事業者にスコアが提供される、といった誤った情報もSNSで拡散した。本来は同意なしには提供されない。結局、ヤフーは21日、説明不足への謝罪と追加の説明を余儀なくされた。

 今回、LINEが事業説明会でユーザーの同意やプライバシーを強調したのは、ヤフーの「教訓」を生かしたようにもみえる。

 ただ、LINEスコアの説明を聞くと、ヤフースコアにはなかった懸念もいくつか感じられる。

 一つ目は、スコアの算出方法の不透明さだ。

 ヤフーはスコアの作成で利用するデータとして、ヤフーのクレジットカードの利用金額や飲食店の予約キャンセル率など、具体的な項目を例示している。

 一方、LINEは「LINE上のコンテンツ、広告、金融の行動傾向データと質問への回答」と漠然とした説明だった。

どうやってスコアをつくるのか

 LINEのアプリには、家計簿やクーポンから投資や保険まで多くのサービスが入っている。それらの利用履歴の全てがスコア算出の対象というわけではない。中核サービスの通信や通話の内容は対象ではない。では具体的に何が対象かといえば、「具体的な項目やサービス名は非開示」(広報)と明らかにしていない。

 二つ目の懸念は「ミッション」の機能だ。

 LINEスコアのホーム画面では、自分のスコア表示の下に「1週間に1回以上家計簿を入力すると次週に20点を追加」などと書かれたカードのような四角い枠が現れる。こうした「ミッション」をこなすとスコアが上がる。

 お得な特典を得るためのスコアのはずが、スコアを上げるためにサービスの利用を促されているようで、本末転倒にも感じられる。ユーザーの行動がコントロールされるようでもある。

スコアに振り回される?

 事業説明会で慎ジュンホ・最高WOW責任者(CWO)は、「LINEはメッセンジャーを超えて、ユーザーの生活を24時間支えるライフインフラになりたい」と話した。

 ユーザーは朝起きてから夜寝るまでの間、LINEアプリを使って便利さを享受する半面、多くのデータをLINEに渡すことになる。そのデータをもとにスコアが算出されるだけでなく、スコアを上げるための行動もとるようになったら――。

 便利な生活を得るためのスコアが、あなたの生活を振り回す結果になるかもしれない。スコアは私たちの暮らしをどう変えるのか。今後も様々な論議を呼びそうだ。
  


Posted by いざぁりん  at 00:08
まもなく辞任する総理が、それを言う資格はありません。
安倍総理は、嘘をついています。
報道は、こちらです。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190703-00050236-yom-pol  


Posted by いざぁりん  at 00:07