京つう

  イベント  |  伏見区

新規登録ログインヘルプ



国会議員の特権意識。
報道は、こちらです。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190708-00000003-pseven-soci
(以下は、コピーです)
 参院選公示前の6月28日、総務省に新設された「地方議会・議員のあり方に関する研究会」の初会合がひっそりと行なわれた。この日の会合では、地方議会代表が「議員年金復活」の法制化をこう主張した。「若い人が政治に参加する意欲を持てるように、早く国会で議論を進めてもらいたい」

「議員特権」と批判された国会議員と地方議員の退職年金は公的年金とは別の制度で、かつては「国会議員年金」は在職10年で年間約412万円、「地方議員年金」(在職12年以上で受給資格)は都道府県議に平均約194万円、市議なら平均約103万円が退職後に支給されていた。

 しかし、小泉政権の年金改革で公的年金の保険料アップと年金カットが決まると、「議員だけ特権年金をもらうのはおかしい」という批判が高まり、2006年に国会議員年金、地方議員年金は2011年に廃止された。

 議員も自営業者などと平等に国民年金で老後の生活を支えることになった。だが、それでは我慢ができなかったらしい。特権を復活させる動きが始まったのは、前回総選挙(2017年10月)で自民党が大勝した直後からだ。

「若くして国会に出た議員は退職したら全員生活保護だ。ホームレスになった人もいる。こんな国は世界中にない」
.
 自民党の竹下亘・元総務会長がそうぶちあげると、手始めに地方議員の年金復活にとりかかった。同党地方議員年金検討プロジェクトチームで法案をまとめ、昨年12月に自公幹事長会談で法整備の方針で一致した。

 国民年金では生活を支えられないというのであれば、公的年金制度全体を改めて国民全体にセーフティネットをかけるのが政治というものだろう。しかし、国民そっちのけで自分たちの老後保障に走ったのである。
  


Posted by いざぁりん  at 00:08
おっぱい議員の丸山議員は、ワロタピーポー。
自民党に入りたいおっぱい議員は、ワロタピーポー。
東大卒のおっぱい議員は、ワロタピーポー。
おっぱい議員は、今日も元気です。
報道は、こちらです。
https://netallica.yahoo.co.jp/news/20190708-87036659-sirabee  


Posted by いざぁりん  at 00:06
だから、芸能人に噛みついて、存在をアピールするマーケティングを、しているのです。
自民党は、おっぱい議員を入れてあげてください。
総理、よろしく。
報道は、こちらです。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190704-00010001-friday-ent
(以下は、コピーです)
和田や坂上への暴言は…何らかの狙いがあるのか? 丸山氏を知る政界関係者が語る。

「もちろん、しっかり計算しています。彼が噛みつく相手は、アンチの多いタレント。大多数は『おまえが言うな!』でしょうが、ごく一部では『よく言った』という意見もある。北方領土を“戦争で取り返す発言”は前代未聞ですが、右寄りの方たちの中には『正論だ』という人もいる。作家の百田尚樹氏や高須クリニックの高須克弥院長なんかも、彼の発言自体をコキ下ろすことはしませんでした。丸山議員は“今後”を見据えた時に、そうした極端な方達の支持を得ようと考えているのでしょう」

同議員は5月24日から適応障害で2カ月の休養をとったが、6月25日に国会に突如姿を現し、衆院本会議で採決された安倍晋三内閣の不信任決議案に反対票を投じた。散会後は記者団に「体調は万全ではないが、非常に重要な採決なので、きちんと投票すべきだ」と説明し「最後まで野党はぶれていた。そんな姿勢では到底賛成できない」と熱弁をふるった。

「この期に及んで、丸山氏は自民党に接近したいそうです。自民党にも丸山議員と似た思想観を持つ人はたくさんいますから。不信任案に反対票を投じたのも、自民党へのアピールでは? 和田さんや坂上さんという、いわゆるアンチの多い大物にモノ申すのも、自民党の支持者ウケを狙ったものでしょうね。まあ、そんな彼の“皮算用”が通じるわけもありませんが(笑)」(同・政界関係者)

当然のことながら、現時点で自民党は丸山議員のことなど眼中にない。一般紙の政治部記者によると、

「誰も彼に関わろうとはしません。以前からですが、国会でも“独りぼっち”なことが多いですね。本人いわく『自分の信念に基づいて議員辞職はしない』そうですが、孤立する彼にできることは何1つありません」

という。6月6日には国会で糾弾決議案が可決され「国会議員の資格なし」との判断が下されたにもかかわらず、辞職するつもりはまったくない丸山議員。こうした“税金ドロボー”に国民はいつまで振り回されなくてはならないのか…。  


Posted by いざぁりん  at 00:05
おっぱい議員は、今日も元気です。
報道は、こちらです。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190708-00000077-dal-ent
(以下は、コピーです)
 丸山氏は「議員歳費について浅すぎる議論。これぞワロタピーポー。下記の出来高制にしてしまうと丸山は他議員の何倍も出席・発言・法案作成してるので他議員より貰えてることになりますよ」とツイートした。
 7日の「サンジャポ」では、丸山氏が今後も任期の2021年10月まで「月給約130万円、文書通信交通滞在費・月100万円、期末手当約314万円(ボーナス・年2回)」が支払われると伝え、議論を行った。  


Posted by いざぁりん  at 00:04
おっぱい議員は、今日も元気です。
報道は、こちらです。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190708-00000077-dal-ent  


Posted by いざぁりん  at 00:03
Posted by いざぁりん  at 00:02