京つう

  イベント  |  伏見区

新規登録ログインヘルプ



なるほど。
こちらです。
https://www.youtube.com/watch?v=LIfENJkJMTw  


Posted by いざぁりん  at 22:56

2019年07月17日

うちわん 10周年

Posted by いざぁりん  at 22:55
行政を、信頼してはなりません。
行政は、為政者のために存在しているのであって、国民のために存在しているのではありません。
報道は、こちらです。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190716-00023342-tokaiv-soci
(以下は、コピーです)
 岐阜市が、がん検診の結果を誤って通知。「異常なし」と誤った通知を受けた女性1人が、「がん」だったことが分かり、女性は16日夜、死亡しました。

 岐阜市によりますと、2017年7月からのおよそ1年半の間に市が行った「がん検診」で、検査結果が「要精密検査」などと判定された5人の女性に誤って「異常なし」と通知していました。

 このうち50代の女性は、1月に岐阜市の胃がん検診を受診し「異常なし」とされていましたが、4月に医療機関を受診した際に、胃がんが元となった肺がんが見つかり、その後治療を続けていましたが16日夜、胃がんのため死亡しました。

 7月10日に、この女性の家族から「がん検診の検査結果を確認したい」と問い合わせがあったことでミスが発覚しました。

 岐阜市では、検診結果の通知書を作る際、2人の職員で読み合せしながら入力していますが、今回ミスをした岐阜市中市民健康センターでは、職員が1人で入力していたということです。

 このセンターでは、少なくとも9年前から入力を職員1人で行っていたとみられていますが、検診結果は過去5年分しか残っていないため、それ以前の通知については確認できないということです。  


Posted by いざぁりん  at 12:08
飛ばなくて良いです。
報道は、こちらです。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190716-00010005-friday-soci
(以下は、コピーです)
航空自衛隊が誇る名物アクロバット飛行チーム「ブルーインパルス」が飛べなくなっている。

今年4月19日、航空自衛隊は〈T‐4中等練習機のエンジンに不具合が発生〉と報道発表。以来、同機によって編成されている「ブルーインパルス」のイベントが、4件連続で中止となったのだ。

「4連続での中止は前代未聞です。T‐4中等練習機は全国に約200機配備されていますが、総点検することが決まっている。点検は1ヵ月に4機程度が限界ですから、すべての機体の安全を確認するには4年近くかかってしまうかもしれません」(航空自衛隊中堅パイロット)

イベントキャンセルの直接的な原因は〈エンジンの不具合〉なのだから、不具合を起こした1機だけをチェックすれば済むはずだ。なぜ、200機すべてを総点検しなければならないのか。エンジン部品を製造している総合重工業メーカー「IHI」のベテラン社員が言う。

「不具合の大きな要因は、航空自衛隊が3年ほど前から実施している『燃料切り替え』にある可能性が否定できません。T‐4中等練習機は『JP‐4』という燃料を使っており、IHIもこの燃料を使う想定でエンジンを設計していた。しかし、航空自衛隊が急に、『JetA‐1』という燃料に切り替えたんです。エンジンと燃料は密接に関係している。ハイオクガソリンを使うべきクルマにレギュラーを急に入れたら、故障が起きやすくなるのと同じです」

燃料を切り替えた理由について、広報室報道班の山本晋司三佐はこう回答した。

「不具合はエンジン内部の振動が原因で発生したもので、燃料の切り替えに起因するものではないという認識です。燃料を替えた理由としては、『JetA‐1』が民間航空機などで広く利用されているため、取得が容易だからです」

つまり、燃料切り替えについて深い理由はない、というわけだ。だが、「JetA‐1」は米空軍で使用されている燃料であることから、背景にアメリカの“ごり押し“があると見る向きもある。ジャーナリストの青木理氏が語る。

「4月9日に発生したF35Aの墜落の原因は未だ明らかになっていません。それでも安倍政権はアメリカから超高額なF35の大量購入を見直そうとしない。今回明らかになった燃料の分野でも、“アメリカ・ファースト“が進行しているおそれはあるでしょう」

7月21日のイベントで「ブルーインパルス」の飛行再開は予定されているが、6機編成のうち飛べるのはわずか1機か2機。不具合の本当の原因を見直さない限り、完全復活する日は遠そうだ。


  


Posted by いざぁりん  at 00:08
MMTは、正しいのです。
報道は、こちらです。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190716-00000113-jij-pol
(以下は、コピーです)
「自国通貨を発行できる国は、低インフレ下ならいくら借金をしても問題ない」という「現代金融理論」(MMT)の提唱者、ステファニー・ケルトン米ニューヨーク州立大教授は16日、日本が抱える巨額の公的債務について「問題があるならインフレという形で具現化されるはずだが、一切その兆候は見られない」と述べ、懸念する必要はないと訴えた。

 東京都内で講演した後の記者会見で語った。

 ケルトン氏はさらに、日本は財政赤字なのに金利が上昇していないと指摘。「日本が実践してきた多くの政策はMMTの予想の正しさを立証した」と述べ、経済成長に向け、一段の財政支出が必要と訴えた。

 大半の学者や当局者は財政赤字が膨らむと物価や金利の上昇を招き、景気が悪化すると考える。しかしMMTは、国が発行する通貨で自国通貨建て債務を返済できるため、インフレ率が低い間はいくら借金しても問題はなく、増税に頼らず歳出を増やせると主張。日本では、消費税増税の中止と歳出拡大を求める一部の学者らが共鳴している。

 ケルトン氏は講演で、日本の消費増税にも言及。「徴税の目的は誰かの支出能力を奪い、インフレをコントロールすることだ」と持論を展開。「消費支出を減らし、インフレ圧力を減らすのが(増税の)目的なら理にかなうが、インフレを抱えていないなら意味がない」と批判した。 
  


Posted by いざぁりん  at 00:07
消費税を、直ちに廃止しましょう。
報道は、こちらです。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190716-00000005-moneypost-bus_all  


Posted by いざぁりん  at 00:06
高いです。
報道は、こちらです。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190716-00010000-sentaku-bus_all  


Posted by いざぁりん  at 00:05
日本では、子供を産まないことが、年金対策になります。
報道は、こちらです。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190716-00012201-toushin-life&p=3  


Posted by いざぁりん  at 00:05