京つう

  イベント  |  伏見区

新規登録ログインヘルプ



総理補佐官を、更迭すべきです。
徴兵制は、実施されると考えるべきです。
そもそも、憲法を簡単に違反する総理が、徴兵制は憲法違反だと言っても、全く説得力がありません、
自衛隊を、他衛に活用することは、自衛隊員に対する、意に反する苦役となります。
この点、総理はいかがお考えでしょうか?
集団的自衛権は、違憲となりますよ、総理。
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20150730-00000865-fnn-pol
(以下は、コピーです)
安保関連法案 礒崎首相補佐官の参考人招致で与野党合意
フジテレビ系(FNN) 7月30日(木)21時41分配信
安全保障関連法案について、礒崎首相補佐官が「法的安定性は関係ない」と発言したことに対し、批判が相次いでいた問題で、8月3日に、礒崎氏を国会に参考人招致することで与野党が合意した。
礒崎氏は26日の大分市での講演で、安保関連法案について「法的安定性は関係ない」と発言したことに、野党側が反発、礒崎氏の参考人招致を求めていた。
さらに、与党内からも「総理を補佐する人が、総理の足を引っ張っている」などと、批判の声が上がり、夕方の参議院・特別委員会の理事懇談会で、8月3日に礒崎氏を参考人招致することで、与野党が合意した。
この協議に先立ち行われた、安保関連法案の集中審議でも、礒崎氏の発言に批判が相次いだ。
民主党の広田 一参議院議員が「これだけ重要な発言でございます。安倍総理、礒崎総理補佐官を更迭すべきでないでしょうか」とただすと、安倍首相は「法的安定性を確保することはもとより、当然のことでありまして、昨年7月の閣議決定においても、明確に記載をしています。このことをふまえて、しっかりと職務に取り組まなければならないと考えております」と述べ、野党側の礒崎氏の更迭要求を重ねて否定した。
また、30日の集中審議では、野党などが問題視する将来の徴兵制導入の可能性について、「全くあり得ない」と、明確に否定した。
安倍首相は「たとえ総理大臣が変わって、また政権が変わっても、徴兵制の導入はあり得ないわけであります。子どもたちが、兵隊に取られるという徴兵制が敷かれることは、断じてないということは、明快に申し上げておきたい」と述べた。
安倍首相は「徴兵制は憲法18条が禁止する、意に反する苦役に該当する、明確な憲法違反だ」と述べた。.



Posted by いざぁりん  at 11:14