京つう

  イベント  |  伏見区

新規登録ログインヘルプ



人災ということになります。
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=4&id=4015628&from=home&position=2
(以下は、コピーです)
 ファンの男に刺された冨田真由さん(20)は事件前、警視庁に相談していたが、ストーカー事案として扱われず、事件当日も現場のライブ会場の警備は行われなかった。警視庁は対応が適切だったか検証する方針を示しており、捜査幹部からも「食い止められたかもしれない事件が起きてしまった」と悔やむ声が上がっている。


 「ツイッターへの執拗(しつよう)な投稿をやめさせてほしい」。冨田さんは今月9日、岩埼友宏容疑者(27)=殺人未遂容疑で送検=からの書き込みを印刷した紙の束を抱え、警視庁武蔵野署を訪れた。1月以降、書き込みは数百件に及んでいた。


 警視庁はしかし、身の危険を感じているような相談ではなかったとして、「緊迫性は高くない」と判断。ストーカー事案を一括して扱う「人身安全関連事案総合対策本部」には報告しなかった。


 冨田さんは岩埼容疑者の住所も伝えていたが、警視庁は本人と接触していなかった。理由について「本人か確認中だった」と説明している。


 事件の2日前、警視庁は冨田さんに連絡。21日にライブがあることを把握したが、「岩埼容疑者は最近ライブ会場には来ない」と話していたため、当日の警備は行わなかった。


 捜査幹部は「ストーカー対策の専門部署はできたが、対処する警察官の判断次第で結果が大きく変わってしまうのが現状だ。組織内部の認識を変えていくしかない」と話した。 



Posted by いざぁりん  at 00:13