京つう

  イベント  |  伏見区

新規登録ログインヘルプ



トランプ政権は、直ちに退陣すべきです。
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017020400440&g=use
(以下は、コピーです)
 コンウェー米大統領顧問は2日のテレビインタビューで、実際には起きていない米国での「虐殺」事件を持ち出し、テロ対策としてイスラム圏諸国からの入国を一時禁止した大統領令を擁護した。コンウェー氏は3日、間違いを認めたが、トランプ政権の事実軽視の傾向が再び露呈した。
 コンウェー氏はMSNBCテレビの番組で、「ほとんど報道されていないが、イラク人2人がこの国に来て過激化し、ボーリンググリーンの虐殺の首謀者となった後、オバマ大統領はイラク難民(受け入れ)プログラムを6カ月間禁止した」と述べた。
 ケンタッキー州ボーリンググリーン市当局は3日の声明で、2011年に同市に住むイラク人2人がイラクのテロリストへ資金や武器を送ろうとして逮捕されたが、「虐殺はなかった」と説明。ワシントン・ポスト紙によれば、オバマ前政権は当時、イラク難民の入国審査を強化したものの、禁止はしていなかった。
 このため、コンウェー氏は3日、ツイッターで「ボーリンググリーンのテロリストと言うつもりだった」とだけ弁明した。 
 コンウェー氏は昨年の大統領選でトランプ氏の選対本部長を務め、メディアで頻繁にトランプ氏の代弁者となってきた。1月にもNBCのテレビ番組で、大統領就任式の聴衆が少なかったという報道に反論したスパイサー大統領報道官の事実として疑わしい発言を、「オルタナティブ・ファクト」(もう一つの事実)と言い張って批判された。(2017/02/04-15:00)



Posted by いざぁりん  at 00:02