京つう

  イベント  |  伏見区

新規登録ログインヘルプ



ヒカキン氏は、猫の命と健康を大事にしなければなりません。
スコティッシュフォールドは、「この軟骨の異常は、都合よく耳だけに現れるわけではない。正式には『遺伝性骨軟骨異形成』と呼ばれ、容赦なく四肢にも症状が現れる。早ければ生後数ヵ月で発症することもあり、痛みによってジャンプができない、痛くて歩きたがらない、触ると嫌がる、などの症状が起ってしまうのだ。折れ耳の猫には、ほぼ100%の確率で、何かしらの症状が出ると言われている」、とのことです。
ヒカキン氏は、「軟骨異常で、一生、体は痛み続ける」猫に対して、責任を持たなければなりません。
報道等は、こちらです。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180803-00056785-gendaibiz-bus_all&p=1
https://www.youtube.com/watch?v=2-Am8llw87c
https://www.youtube.com/watch?v=78y5jcV1Dmg
https://www.youtube.com/watch?v=fG7eCt26Vrk



Posted by いざぁりん  at 02:11