京つう

  イベント  |  伏見区

新規登録ログインヘルプ



世界的体罰奏者になるまでの、学校教育法11条を無視の、道のりです。
https://ezumin.com/archives/1983  


Posted by いざぁりん  at 23:42
体罰肯定論者・松本人志への反論が、こちらにあります。
http://lite-ra.com/2017/09/post-3434_2.html
非常に説得力があり、納得できるものです。  


Posted by いざぁりん  at 23:36
「明治期の感化法で暴力が肯定された以外は教育界で体罰は認められたことはない」、というのは、なるほどー、と思いました。
http://tanemura.la.coocan.jp/re3_index/2K/ka_kankain.html
勉強になりました。
それなのに、事実上体罰が行われているのは、軍事教練の影響およびその名残である旨、尾木ママが指摘されています。
勉強になりました。
世界的体罰奏者・日野皓正氏に教えてあげたいです。
報道は、こちらです。
http://lite-ra.com/2017/09/post-3434_2.html
  


Posted by いざぁりん  at 23:33
校則でがんじがらめの学校の中に、ジャズやロックや軽音やポップスを持ち込むのは、矛盾です。
持ち込むならば、校則を無くしてからにすべきでしょう。
今回の事件は、当事者間で解決したからとて、問題が終わるわけではありません。
愛があれば暴力が許され、世界的であれば暴力が許され、親子のような関係であれば暴力が許され、熱血であれば暴力が許され、後に当事者が和解すれば暴力が許され、学校教育法11条が体罰を禁止していても暴力が許され、という風潮を世間に撒いた当事者2名の責任は、極めて重いのです。
さらに問題なのは、法令順守しなければならない、行政の教育イベントにおいて、このようなことが発生し、以後うやむやにされると、行政が体罰を肯定したことになるのです。
行政が体罰を肯定したことについては、今後、厳しくとがめられなければなりませんし、再発防止のために、世界的体罰奏者・日野皓正氏を解雇することも、しなければなりません。
報道は、こちらです。
https://news.nifty.com/article/item/neta/12189-20161278978/

  


Posted by いざぁりん  at 23:12
「爆笑問題の太田光(52)が世界的ジャズトランペット奏者・日野皓正(74)は たいした音楽家じゃない と不快感を示した」との報道がありますが、全くその通りです。
音楽的力量や、指導力が無い者ほど、体罰を使うのです。
日野氏は、世界的体罰奏者ですから、たいしたことはありません。
日野氏は、むしろ、体罰や往復ビンタの、専門家です。
報道には、「太田は『じゃあ日野さんのやったことが気に入らなかったら、日野さんをビンタすればいいわけ?』」と質問した、とありますので、世界的体罰奏者・日野皓正氏は、この質問に答える必要があります。
報道は、こちらです。
http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170903-OHT1T50095.html  


Posted by いざぁりん  at 22:53
「中学生は正しい。ジャズ的でない行動をとったのは、むしろ日野皓正のほう」というのは、全くその通りです。
16小節ずつ回すなんて、いったい誰が決めたのでしょうか?
そういう約束を必ず守るという立場を採ってしまうと、ジャズの即興性が失われ、クラシック音楽のようになってしまいます(バロック音楽や現代音楽は除く)。
ドラムソロが延々と続くことは、ジャズ的魅力にあふれていて、正しいことなのです。
間違っているのは、世界的体罰奏者・日野皓正氏だったのです。
そして、世界的体罰奏者・日野皓正氏のいう学校のスリッパのしつけ。
これは、次の人が使いにくいように、無茶苦茶に散らかしておく方が、ジャズ的です。
綺麗に並べたら、クラシック的になりますので、ジャズの立場から見たら、間違いです。
世界的体罰奏者・日野皓正氏は、スリッパは、ばらばらにせよと、しつけなければならなかったのです。
報道は、こちらです。
http://lite-ra.com/2017/09/post-3434_3.html
http://lite-ra.com/2017/09/post-3434_4.html
  


Posted by いざぁりん  at 22:43
世界的ビンタ奏者・日野皓正事件について、世論がおかしいです。
世界的体罰奏者・日野皓正氏を、支持する人が多いのです。
いったい、国民の何%が、世界的暴力奏者・日野皓正氏を支持するのか、知りたいところです。
そして、世界的往復ビンタ奏者・日野皓正氏がその結果をどう思うのか、聞いてみたいです。
報道は、こちらです。
http://lite-ra.com/2017/09/post-3434.html  


Posted by いざぁりん  at 22:33
世界的体罰奏者・日野皓正の居る国、日本。
体罰は、無くなりません。
体罰禁止の、学校教育法11条があるのに…。
残念です。
http://www.huffingtonpost.jp/2017/09/04/why-it-is-wrong_a_23196624/

  


Posted by いざぁりん  at 16:36
世界的体罰奏者の日野皓正氏は、己が悪くないならば、体罰は正しいのだと、今後も体罰し続けると、もっとはっきり仰るべきです。
世界的体罰奏者の日野皓正氏は、体罰普及の活動を、されるのでしょうか?
武井氏も、以下の報道では、体罰を認めても良いような発言をされています。
隠れ体罰肯定論者・武井荘氏。
報道は、こちらです。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170905-00000102-spnannex-ent
  


Posted by いざぁりん  at 16:32
体罰肯定論者は、この法律を、どう解釈するのでしょうか?
世界的体罰奏者の日野皓正氏らに、聞いてみたいです。
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S22/S22HO026.html#1000000000001000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000
解説はこちら。
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/seitoshidou/1331908.htm  


Posted by いざぁりん  at 16:24
悪いのは、世界的体罰奏者・日野皓正氏であって、坂上忍氏ではありません。
世の中、体罰肯定論者が多いです。
これでは、いつまで経っても、体罰が無くなることはありません。
残念なことです。
報道は、こちらです。
https://matome.naver.jp/odai/2150449869828943501?page=2  


Posted by いざぁりん  at 16:15
Posted by いざぁりん  at 16:13
こちらです。
http://wedge.ismedia.jp/articles/-/10513
体罰肯定芸人の松本人志氏には、ぜひ読んでいただきたいです。
そして、反論があるならば、ぜひ、反論していただきたいものです。  


Posted by いざぁりん  at 16:09
松本人志氏も、私的制裁の禁止や刑法を、ご存知無いのです。
世界的体罰奏者・日野皓正氏と同じです。
報道は、こちらです。
https://www.nikkansports.com/entertainment/news/1882243.html  


Posted by いざぁりん  at 16:03
こちらです。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170905-00050966-jbpressz-soci&p=3
この人、我が国では、私的制裁が禁止されていることを、知らないのでしょうか?
この人、東大教員でありながら、体罰肯定論者。
この人、「日頃、私のコラムを読んでくださっている方の中には『伊東が体罰容認。何かの間違いでは?』と思われるかもしれません」、と、自らが体罰肯定論者であることを、実名で名乗り出ています。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%8A%E6%9D%B1%E4%B9%BE_(%E4%BD%9C%E6%9B%B2%E5%AE%B6)
この人、子供に手をあげることが少ない時代になったと言っていますが、それでは、しつけと称して実行される児童虐待の多さを、どう説明するのでしょうか?
この人、「こういうこと(言葉の暴力、および、実際の暴力)がなければ、私は誓って言えますが、芸術家を育てることはできません」と主張しています。
こんにち、怒らず叱らず全国金、という高校吹奏楽部もあるのに。
暴力が無ければ、芸術家が育たないならば、芸術家を育てることは、辞めてしまえばいいのです。
体罰は、いかなる理由があれど、犯罪です。
いかなる、体罰ソフト化の工夫がされていても、犯罪です。
ソフトな体罰であれば許される、ということにななりません。


  


Posted by いざぁりん  at 08:23
朝中露VS米韓日、の戦争が起きる可能性があります。
第三次世界大戦になる可能性があります。
「金正恩を守るのが、現時点でロシアの国益」とのことです。
報道は、こちらです。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170904-00140798-diamond-int&p=2
  


Posted by いざぁりん  at 00:09
北朝鮮の認識は、「アメリカからの空爆が確定した時点で、わが国から先制攻撃する。すなわち、核兵器を搭載したICBMを、アメリカ帝国の首都ワシントンに向けて撃ち込む。『ただ一発だけワシントンにブチ込めれば本望だ』と、元帥様も常々おっしゃっている」、とのこと。
ワシントンを攻撃すれば、アメリカの猛反撃を受けることになるけれども、北朝鮮は、「それは覚悟している。アメリカとの問題は、究極的にはプライドの問題なのだ」、とのこと。
いやいや、プライドのために、死を覚悟しなくて良いですよ。
プライドと言う言葉は、主権や自治権に置き換えられると思いますが、命を捨ててそれを守る覚悟があるのならば、その命がけのエネルギーを、北朝鮮は、非核化し国際社会に対して建設的な態度を取ることに、費やしなさい。
北朝鮮は、3人のアメリカ人人質を捕えているとのこと。
アメリカは、人質を見捨てる国であることを、お忘れなく。
核弾頭を搭載したICBMを北朝鮮が実戦配備すれば、アメリカは、和平協議をすべきですが、トランプ政権はそうではなくて、先制攻撃するかもしれません。
北朝鮮は、そこの分析が、楽観的すぎます。
報道は、こちらです。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170904-00052784-gendaibiz-int  


Posted by いざぁりん  at 00:08
北朝鮮は、挑発行為をやめよ。
アメリカは、北朝鮮の挑発が実害を伴わせることを狙っています。
アメリカの誘導に、北朝鮮は載せられていることに、北朝鮮は気づかなければなりません。
北朝鮮がこれ以上の挑発行為を行うことは、北朝鮮にとって自殺行為です。
報道は、こちらです。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170904-00000072-yonh-kr

  


Posted by いざぁりん  at 00:07
ネトウヨが喜びそうな、分析です。
いかなる戦争にも、反対します。
戦争は、意図的に始められるものなので、意図的に回避できるのです。
報道は、こちらです。
http://bunshun.jp/articles/-/3969?page=2
  


Posted by いざぁりん  at 00:06