京つう

  イベント  |  伏見区

新規登録ログインヘルプ



こちらです。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161206-00000091-mai-kr
(以下は、コピーです)
 朴槿恵(パク・クネ)大統領が6日、与党セヌリ党幹部に「4月退陣」と、9日に予定される弾劾訴追案採決の受け入れを表明したのは、「任期短縮」を打ち出した先月29日の国民向け談話でも世論が変わらず、さらなる譲歩が必要と判断したためとみられる。弾劾訴追案の可決はほぼ確実な情勢で、青瓦台(大統領府)も打つ手がなくなりつつある。

 朴氏は6日午後、セヌリ党の李貞鉉(イ・ジョンヒョン)代表、鄭鎮碩(チョン・ジンソク)院内代表の2人と約55分にわたって会談した。鄭院内代表が「先週末に(弾劾や即時退陣を求める)集会があり、一部議員から弾劾に参加するほかないとの意見が出ている」と説明。その上で「9日採決の場合、与党議員も自由投票とする」と伝えると、朴氏はうなずいて受け入れたという。

 弾劾可決には議員定数(300)の3分の2となる200人の賛成が必要だが、すでに「220~230人が賛成する見通し」(6日付の文化日報)とも報じられている。

 与党は弾劾よりも「4月退陣、6月大統領選挙」との日程を望んでいた。関係者によると、次期大統領選をにらみ、与党内の立て直しを図る時間が必要だと考えているためだ。李代表は6日の議員総会で「弾劾案が可決された場合、憲法裁での審議がどのくらいかかるか不明確だ。政治日程は予測可能であることが望ましい」と強調した。早期に憲法裁が罷免を決定し、準備不足で選挙に突入せざるを得ないことを警戒しているとみられる。

 一方、最大野党「共に民主党」側は弾劾訴追案が可決されても、即時退陣を求め続ける姿勢だ。大統領が退陣すれば60日以内に大統領選が行われる。国民の反発が朴氏と与党に集中しているうちに、大統領選を実施する方が望ましいとの判断があるとみられる。  


Posted by いざぁりん  at 00:41
こちらです。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161204-00000016-zuuonline-bus_all
(以下は、コピーです)
韓国経済スローダウン 2017年「本格的な限界」に直面か?

ZUU online 12/4(日) 17:50配信

韓国株が停滞している。米大統領選でトランプ大統領が勝利、世界の株式市場は「リスクオン」ならぬ「トランプオン」とも言うラリーが始まった。11月のNYダウは5.4%の上昇となり史上最高値を更新、日経平均は5.1%の上昇で2016年大発会以来の高値をつけ、上海総合指数は4.8%の上昇で1月7日以来の高値だ。一方の韓国KOSPI指数は1.2%の下落、11月末は9月につけた年初来高値から7%ほど下の位置にある。もちろん朴槿恵(パク・クネ)大統領のスキャンダルの影響もあるが、韓国経済が行き詰まりはじめたことが根底にありそうだ。

■韓国経済はスローダウン顕著

韓国のGDP成長率は2010年代に入り低下傾向が目立っている。実質GDPは2010年の6.5%増をピークに2?3%台で推移しており、OECD予想では2016年は2.8%増、2017年は2.6%増と回復の兆しはない。OECDの世界経済成長予想は2016年が2.9%増、2017年が3.3%増であり、韓国経済は世界平均より下になる。

2010年代前半まではサムスン、現代自動車などが世界に向けて拡大していたが、後半になると主力企業の不振、海運・造船などの構造不況、さらに政治不安までが重なって危機感が広がっている。韓国はもはやアジアにおいて高度成長国とは言えない。

■「コリア・ディスカウント」株価が相対的に過小評価

パク・クネ大統領のスキャンダルで韓国企業は「コリア・ディスカウント」に苦しんでいる。本来、「コリア・ディスカウント」は北朝鮮の核問題で韓国企業の株価が相対的に過小評価されるなど、国家レベルでの問題で企業評価が低下することを指している。

国政が事実上停滞する中、企業トップが相次いで検察に出頭を求められており、贈賄罪が適用される可能性もある。韓国企業が配当や投資に資金を回さずに資金を収賄に使っているとすれば、外国人投資家が不利益をうけている可能性が指摘されている。また、企業の損益計算書やバランスシートを100%信じてもいいものかと現地でも報じられている。

実際、11月1-29日に韓国株式市場では外国人の売り越し額が1.1兆ウォン(約1000億円)に達した。5大財閥の関係者は「韓国が『崔順実(チェ・スンシル)ディスカウント』に陥った格好だ」と漏らしている。

■韓国経済はパラダイムシフトが必要

11月22日、ソウル大のイ・グン教授など経済専門家43人が『2017年、韓国経済大展望』 という本を出版、「韓国資本主義の危機」として、韓国経済に対する診断と解決法を提示した。

イ・グン教授は、「2017年下半期から韓国経済が長期低成長基調に本格進入するだろう。2017年は危機に瀕した韓国経済にとって体質改善できる最後の機会だ」としている。「新しい成長動力の確保は、政府が無条件に資金を注ぎ込む既存の方式では期待できない」として「米国のようにベンチャー企業に対する果敢なストックオプション付与、差別議決権の許容を通じた経営権安定、長期株式保有者に対する誘引策提供、大企業出身者の創業誘導が必要だ」としている。

イ・ジュンヨプ政策補佐官は、「韓国経済は、数年間にわたり政府の追加補正予算、金利引き下げ、不動産活性化に依存してかろうじて耐えてきたが、2017年下半期からは長期低成長基調に本格進入して限界に直面するだろう」として「2017年は韓国経済の体質を変える最後の機会になるだろう」という見通しをだしている。来年の大統領選挙で経済パラダイムの転換が核心問題として浮上するだろうとし、所得不平等の緩和と包容的成長を提示した。

また、中央大のリュ・トクヒョン教授は「大統領選挙で経済民主化と同伴成長が核心問題として提起されるだろう」として「構造調整は特定不良産業に限定された問題ではなく、金融と産業を包括する経済全体に対して必要だ」と指摘している。

■外需に頼らざるを得ない韓国の悩み

韓国の本質的な問題点は、人口が5000万人と少なく、国土も狭く天然資源が乏しいため、外需に成長を求めざるを得ないことだ。貿易依存度は90%を超える。

韓国の高度成長は5大財閥が牽引してきた。5大財閥系列企業の売上高がGDPの70%以上を占めている。特にサムスングループのウェイトが高く、GDPの20%程度を占めている。サムスングループの代表の三星電機は、時価総額がトヨタを超え、韓国株式市場の時価総額の約3分の1を占めている。

先端技術では日本、人件費などコストの安さでは中国に勝てず、「日中サンドイッチ論」がある。1990年代後半のアジア通貨危機以降の経済回復は、半導体やインターネットといったハイテク部門が牽引した。その結果、貧富の差が拡大傾向にある。 こうした問題点をパラダイムシフトで克服していかなければ、韓国の将来はない。

パク・クネ大統領の父親は朴正煕(パク・チョンヒ)だ。1965年に日本と国交を樹立し、「漢江(ハンガン)の奇跡」といわれる経済成長を行った人だ。パク・クネ大統領の退陣は、韓国は父親のとった成長路線から完全に脱却しなくてはならないということを示唆しているのかもしれない。   


Posted by いざぁりん  at 00:40
つるの剛士氏は、社会保障に冷淡な日本政府が大好きだ、ということなのでしょう。
彼は、選挙に行っても、与党に入れるのでしょう。
自国が好きだということは、他国が嫌いだということに繋がります。
正しい立場を採りたいならば、全ての国と地域が好きだ、ということでなければなりません。
反日と主張される方々は、実は、反世界、なのです。
つるの剛士氏は、受賞の国会議員が嫌いだ、ということなのでしょう。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161204-00000006-jct-soci
(以下は、コピーです)
 タレントのつるの剛士さん(41)が「ユーキャン新語・流行語大賞」で「保育園落ちた日本死ね」のトップ10入りに違和感を訴えたことは、ネット上で大きな反響を呼んだ。しかし、つるのさんがその後にツイートした内容が、発言を謝罪したと受け止められて、ネット上で論議になっている。

 「こんな汚い言葉に国会議員が満面の笑みで登壇、授与って。なんだか日本人としても親としても僕はとても悲しい気持ちになりました」。つるのさんは、ツイッターで2016年12月2日にこう訴えたのに続き、その後もこの件でのツイートを何度かしている。

■一部ニュースでも「批判に謝罪」と報じられ

 「日本死ね」の意味を考えない言葉狩りではないかと批判されると、つるのさんは、こう反論した。

  「現社会の歪みから生まれた悲痛なワードであれば尚更流行語なんかで一括りしたり国会議員が笑顔で受賞は違和感です」

 一方、保育園に落ちたからといって親がブログで「死ね」というのはおかしいとつるのさんに同意する声も出た。これに対し、つるのさんは、自分も子供が保育園に落ちて大変な思いをしたがそうは思わなかった、政治を変えるため選挙に行こうと思ったとツイートを返した。

 そして、「死ね」ではなく、きれいな言葉を使おうと言っているのかと別の人から問われると、つるのさんは、そんなことは一言も言ってないと反論したうえで、次のようにつぶやいた。

  「ただ、死ねが流行語?? と。そんな声に国会議員が満面の笑みで登壇に違和感を覚えたというイチ視聴者の感想ツイートでした。。すいませんでした」

 最後の一言について、つるのさんは流行語大賞に異議を唱えたことに謝罪したと受け止める声がいくつか出て、一部のネットニュースでも「批判に謝罪」などと報じられた。
.

「日本好きで何が悪いんだろ。。?」

 つるの剛士さんが謝罪したと受け止められたことは、ネット掲示板などで論議となり、様々な意見が出ている。

 「待機児童問題を軽視」「言動は慎まなきゃな」として謝罪しても当然とする向きもあったが、謝罪する必要はないとする声の方が多い。「子を持つ親として至極真っ当な意見を発言しただけ」「まさに言いたいことを表現してくれたなと言う感じだった」「謝るべきはつるのじゃなくてユーキャンだろ」などと書き込まれている。

 一方で、つるのさんが「日本死ね」への違和感を強調し続けていることから、「すいません」は謝罪とは別の意味ではないかとして、「自分の意見が間違ってたとかそういう風には言ってないな」との指摘も出ている。

 つるのさんはその後も、「少なくともウチの子供が『◯ね』なんて言葉を吐いたらスペシウム光線でブッ飛ばします」「そもそも日本好きで何が悪いんだろ。。?」と持論をツイートしている。




  


Posted by いざぁりん  at 00:40
こちらです。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161205-00000007-jct-soci&pos=2
(以下は、コピーです)
「ユーキャン新語・流行語大賞」で「保育園落ちた日本死ね」がトップ10入りした問題は、いまだに賛否がくすぶっている。

 一度は「とても悲しい気持ちになりました」と違和感を表明したタレントのつるの剛士さん(41)は、反響の大きさに「すいませんでした」と軌道修正を余儀なくされた。受賞に理解を示す声もあるが、選考委員のツイッターアカウントには批判が相次いでいる。

■古市氏「そうするしかない悲痛な叫び」

 つるのさんは授賞式から1夜明けた2016年12月2日、

  「こんな汚い言葉に国会議員が満面の笑みで登壇、授与って。なんだか日本人としても親としても僕はとても悲しい気持ちになりました」

とツイート。これに対して多くの反響が寄せられ、12月3日朝には

  「『綺麗な言葉を使おうね』なんて一言も言ってないです。そもそも僕も言葉使い良い方ではないですし。。ただ、死ねが流行語?? と。そんな声に国会議員が満面の笑みで登壇に違和感を覚えたというイチ視聴者の感想ツイートでした。。すいませんでした」

と追加説明を試みていた。ただ、

  「少なくともウチの子供が『◯ね』なんて言葉を吐いたらスペシウム光線でブッ飛ばします」
  「そもそも日本好きで何が悪いんだろ。。?」

ともツイートし、やはり違和感を隠せない様子だ。

 社会学者の古市憲寿氏(31)はツイッターで、批判している人の多くは実際にブログを読んでいないと指摘した上で、

  「人格攻撃でもなく、あくまでも比喩としての『死ね』と、具体的な他者や人格を貶めるために使う『死ね』は全然違うよ。しかも、他にどうしようもなく、そうするしかない悲痛な叫びとしての『日本死ね』でしょ」

と、「日本死ね」という表現に理解を示した。

 しかし、これには、古市氏を批判するツイートが殺到している。
.

俵万智氏のアカウントには「『サラダ記念日』泣いている」

 選考委員を務めているやくみつる氏(57)は12月5日、「羽鳥慎一モーニングショー」(テレビ朝日)に電話出演。自身も「日本死ね」には「嫌悪感を示した方」だったと明かしながらも、流行語を選ぶ際には「過激」「穏当」といった事柄は「何の尺度にもならない」とした。

 同じく選考委員の俵万智氏(53)は、現時点はツイッターでは流行語大賞については触れていない。にもかかわらず、俵氏のアカウントには、

  「『サラダ記念日』泣いている」
  「言葉を紡ぐことを生業にしている人が、『死ね』という言葉を含むものを流行語として選んだことに、驚きに耐えません。詩人としてのプライドや矜持が無い人だとわかりました」

といった選考結果を非難する声が相次いでいる。

 J-CASTニュースが12月2日から行っているワンクリック投票には5日18時時点で2万票以上が寄せられ、最も多かったのが「問題提起としては有効だったが、言葉が汚すぎる。受賞は不適切」で全体の52.8%を占めた。次に多かったのが「問題提起としても意味があったとは思えない。単に不愉快になるだけ」という答えで31.2%。「この言葉をきっかけに待機児童問題に焦点が当たった。受賞は妥当」と受賞に理解を示す声は15.2%だった。
  


Posted by いざぁりん  at 00:39
こちらです。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161201-00000120-sph-soci
(以下は、コピーです)
 「2016ユーキャン新語・流行語大賞」の発表・表彰式が1日、東京・内幸町の帝国ホテルで行われた。

 ノミネート30語の中からトップ10に選ばれた「保育園落ちた日本死ね」。今年2月15日に匿名で日記を書き込めるネットサービス「はてな匿名ダイアリー」に待機児童問題に悩んだ育児中の母親が書き込んだと見られる文章から発生したワード。後に国会でも取り上げられるなど、社会問題化した。

 表彰式には、この匿名ブログについて2月19日の衆院予算委員会で取り上げた民進党の山尾志桜里議員(42)が青のジャケットスーツで登場。「私が賞を受け取っていいのかとも思うんですけど、声を上げた名もない一人のお母さんの言葉と、それを後押ししてくれた2万7862人の署名を下さった方たちに代わって、この賞を受けたいと思います」と話した。

 「奇跡のような流れの中、安倍総理に質問したら、たくさんの人たちが私たちも名前を名乗るよと署名が集まって。そこから待機児童問題が政治問題の隅っこからど真ん中に移動できた。これからは解決する段階と思う」と山尾議員。「私は質問する役割でしたが、できる人ができることをする形でアクションを起こしていけたらと思っています」と宣言した。  


Posted by いざぁりん  at 00:39
こちらです。
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=4326253&media_id=168&from=widget&widget_type=1&widget_setting=0
(以下は、コピーです)
 4日の沖縄地方は、南からの湿った空気の影響で、各地で気温が上昇した。沖縄気象台によると、那覇では「夏日」(25度以上)となる28・2度を記録し、データが残る1914年12月1日の28・0度を超え、12月の最高気温を102年ぶりに更新した。
 沖縄気象台によると、県内28カ所の観測所のうち15カ所で、12月では最も高い気温を観測した。
  


Posted by いざぁりん  at 00:38