京つう

  イベント  |  伏見区

新規登録ログインヘルプ



こちらです。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160223-00000594-san-pol
(以下は、コピーです)
 女性タレントとの不倫を認めた宮崎謙介元衆院議員=自民党を離党=の議員辞職に伴う衆院京都3区補選(4月12日告示、24日投開票)に、約2億6千万円の経費がかかることが、各選管の試算で分かった。

 京都3区は京都市伏見区と京都府長岡京市、向日市、大山崎町が選挙区。京都市は職員の時間外勤務手当やお知らせはがきの印刷費など9700万円を24日開会の市議会に提案する。

 また、長岡京市は2200万円、向日市は1750万円、大山崎町は600万円の経費がかかり、平成26年の前回衆院選と同程度の予算となる見通し。このほか、政見放送や選挙公報作成、投票用紙印刷の費用など府選管が約1億2千万円を予定、総額で約2億6千万円程度になる。

 府は、2月議会に補選に必要な総額を盛り込んだ補正予算案を提出し、議決後に市町に分配するが、財源は国負担となる。

 補選をめぐってはこれまで、民主党京都府連が泉健太衆院議員(41)=比例近畿=の擁立を決定。共産党とおおさか維新の会がそれぞれ擁立作業を進めている。自民党は主戦論を展開する府連と慎重姿勢の党本部との間で議論が続いている。元塾講師の郡(こおり)昭浩氏(55)も無所属での立候補を表明した。
  


Posted by いざぁりん  at 00:51
こちらです。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160223-00000001-eiga-movi
(以下は、コピーです)
鈴木亮平と福田雄一監督がタッグを組んだ映画「HK 変態仮面」(2013)の続編「HK 変態仮面 アブノーマル・クライシス」が、5月14日に公開されることが決定した。前作で映画初主演を飾った鈴木をはじめ清水富美加、ムロツヨシ、安田顕、片瀬那奈、池田成志といったキャスト陣が躍進を遂げ再結集し、柳楽優弥、水崎綾女、皆川猿時、新井浩文、やべきょうすけら実力派俳優が参戦する。

 1992~93年に「週刊少年ジャンプ」(集英社刊)で連載された、あんど慶周氏による伝説的人気漫画「究極!!変態仮面」を実写映画化。前作は全国12館での公開ながら、累計観客動員約12万人、興行収入2億円というスマッシュヒットを記録し、世界13の国と地域で配給された。

 前作公開後、「3部作の構想がある」と宣言していた鈴木と福田監督は再会を誓っており、昨年8月に念願かなってクランクイン。「TOKYO TRIBE」「俺物語!!」の鈴木、NHK連続テレビ小説「まれ」の清水、「映画 みんな!エスパーだよ!」「俳優 亀岡拓次」の安田ら、この3年間でキャリアを積み重ねてきたキャスト陣が再び集った。

 変態仮面こと主人公・色丞狂介役の鈴木は、「ついに念願の続編が完成しました」と感無量の様子。“7変化”と形容される役作りで知られるだけに、今作でもハードスケジュールの合間に肉体を鍛え上げており「前作よりも身体を一回り大きくし、そしてアメリカのヒーローたちと並んでもひけを取らない世界標準の身体を目指しました」と説明する。さらに「現場で専属のトレーニングパートナーについてもらい、筋トレ用テントも用意していただき、そこで撮影の合間にトレーニングをして、万全の態勢で撮影に臨みました」とコメントを寄せた。

 ヒロイン・姫野愛子役の清水も「3年ぶりに、真面目で変態な狂介くんと、最高にクールで変態な変態仮面に会えて、気分はエクスタシーでした」と振り返る。物語について「世界からパンティが消えてしまうという大事件が起きますが、最後はパンティと愛の大切さを実感できる作品だと思います」と明かし、「私は今回もパンティを脱ぐのでしょうか」と含みを持たせている。

 メガホンをとった福田監督は、「奇跡は起きるものです」と喜ぶ一方で、「出てくれていた役者さんたちが皆さん売れてしまいました。売れてから変態と名のつく映画に進んで出る役者はいません」と吐露。それでも、「朝ドラに出ても、ゴールデンに出ても、映画で主役やっても、変態仮面をやりたいという馬鹿な役者たちは存在しました! そう、鈴木亮平はこれっぽっちも続編を諦めていなかったのです」と興奮を語り、「彼は死ぬほどの思いをして変態をやっています。その思いを受け止めて共演者、スタッフ、皆死ぬほど頑張って、変態を極めました」と称えた。

 「HK 変態仮面 アブノーマル・クライシス」では、愛するパンティを被り悪を打ち倒す変態仮面に、世界中からパンティが消えるという未曾有(みぞう)の危機が振りかかる。5月14日から東京・新宿バルト9ほか全国で公開。  


Posted by いざぁりん  at 00:51
こちらです。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160222-00000081-dal-ent
(以下は、コピーです)
政務活動費をだまし取ったとして詐欺罪などに問われた、“号泣県議”こと元兵庫県議の野々村竜太郎被告(49)の第2回公判が22日午後、神戸地裁(佐茂剛裁判長)で開かれた。

 前回1月26日の初公判に続き検察、弁護側双方による被告人質問が行われた。前回は「右耳でないと言葉の意味が理解できない」と、左側にいる検察官の方向に窮屈なまでに体をひねって右耳を向ける“新型・聞こえませんポーズ”を繰り出した野々村被告だったが、この日は、証言台の前に座り、特段おかしなポーズは見せずに「記憶にありません」「分かりません」と連発していた。

 ただ検察側が、取り調べ時に、調書への署名を拒んだことを問い、質問が“微妙”な内容に入ると「今の精神状態では、一部の言葉の意味が分からず、右耳を集中させますので、もう1回質問をお願いします」と、体をぐるりとひねって、左側にいる検察官に右耳を向けた。

 これに検察官は「その格好はもういいです。私が右側に行きます」とピシャリとはねつけ、場所を移動。それでも野々村被告は、しばらくして検察官が左側に戻ると、再び“聞こえませんポーズ”をとりはじめ、素直にはやめなかった。  


Posted by いざぁりん  at 00:50
こちらです。
http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160221-OHT1T50222.html
(以下は、コピーです)
 ダウンタウンの松本人志(52)が21日、フジテレビ系「ワイドナショー」(日曜・前10時)で、一部で20年間の不倫疑惑が報じられた落語家・桂文枝(72)について「本来は触れたくない話題」と困惑の表情で語った。

 所属事務所の先輩なだけに「フォローするなら『文枝さん』としては(12年に襲名して)5年」とジョークを交えながら「『新婚さんいらっしゃい』で色恋ネタが出た時、どう対応するのか気になる」と歯切れは悪かった。この日、テレ朝系で「新婚さん―」が放送されたが、文枝はこれまでと変わらない進行ぶりだった。
  


Posted by いざぁりん  at 00:49

2016年02月24日

桂文枝、離婚も覚悟!

こちらです。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160222-00000078-sph-ent
(以下は、コピーです)
 元演歌歌手の紫艶(38)との不倫疑惑の渦中にある落語家の桂文枝(72)が22日、大阪市内で「創作落語の会」のPR会見に出席。その席で「十数年前にしたことが今になってこういうことになって…。私の考えが浅はかだった。調子に乗っておごり高ぶっていた」と謝罪した。

【写真】21日、涙を浮かべ不倫を否定した桂文枝

 19日発売の写真誌「フライデー」で紫艶との「20年不倫」を報じられた文枝は、21日に都内で疑惑について初めて取材に応じ、不倫報道を完全否定した。一夜明けたこの日、会見場に詰めかけた大勢の報道陣を見て、「落語会の記者会見にこんなにたくさん来ていただいたのは初めて」と自嘲気味にあいさつすると、「おめでたい記者会見がこういうことになり、本当に申し訳ない。すべて私の不徳のいたすところ」と一連の騒動について頭を下げた。

 また、今回の報道が家族の日常生活にも影響を与えていることを明かし、「正直、家庭の危機を迎えている。嫁さんにはこれ以上、苦労はかけられない。楽にさせてあげたい思いもありますし、そういうこと(離婚)を言ってきたら、それは仕方ない」と、離婚も覚悟していることを明言。「まさか72歳でこういうことが起こるとは思っていなかった。これからは独居老人として心安らぐような老後を送っていきたいので、どうかそっとしておいて」と、“泣き”を入れる場面もあった。

 現職を務める上方落語協会の次期会長選については「これだけ皆さんに迷惑をかけたのでどうなるか分からない」としながら、「まだまだやり残したことがあるので、選ばれれば続けたいと思う」と未練ものぞかせた。

 一方、紫艶はこの日、テレビ朝日系「羽鳥慎一モーニングショー」の電話取材に応じ、「20年付き合っていた。父であり恋人でした」と告白。男女関係については「世間の方の判断に任せます」と否定も肯定もしなかった。  


Posted by いざぁりん  at 00:49
こちらです。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160222-00000035-dal-ent
(以下は、コピーです)
 落語家の桂文枝(72)との不倫疑惑が一部で報道された演歌歌手の紫艶(38)が、22日のテレビ朝日系「羽鳥慎一モーニングショー」の取材に応じ、「父であり恋人でした」と告白した。

 番組の電話取材に応じた紫艶は、恋人でしたか?という質問に「はい」と不倫関係であったことを認め、恋人であった期間は?という質問にも「20年間です」とはっきりと答えた。「思いやりもあって優しくて、相談にも乗ってくださる。尊敬しています」と、文枝への思いも語った。

 デートは大阪近辺で行っていたといい、34歳という年齢差についても「師匠はお若い方なので、話が合わないということは全くなかった」という。

 紫艶の自宅に来たことはあったのか?という質問にも「そうですね…」と認め、男女の関係だったのかと問われると「それは世間の方の判断に任せます」と、否定はしなかった。

 売名行為ではないのかという憶測も呼んでいるが、すでに芸能活動は行っていないことと、今後も芸能活動を再開する予定がないことを挙げ「売名する必要はない」ときっぱり否定していた。

 文枝は、21日に会見を開き、「娘というか、そういう感じで応援してきた」と、不倫関係を否定していた。  


Posted by いざぁりん  at 00:48